名無し整備兵氏が読む新防衛大綱 その2 戦場の霧

新大綱は戦場の霧と摩擦を無きもののように思っているのが問題 それらを許容するドクトリンがない。 というか、そもそも明文化されたドクトリン自体、存在しないのが問題
27
名無し整備兵 @seibihei

さて、動的防衛力である。昨日に続いて、今日は中期防の方から見ていこうと思うものの、ウリの視点は地べたである。多分いろいろ異論はあるだろう。とはいえ、自分としての見方として述べてみる。

2010-12-28 23:56:29
名無し整備兵 @seibihei

陸は何と言っても「動的防衛力」のための編成替えと配置換えであろう。これ自体については反論できない。駐屯地に経済的に依存している地域からはいろいろありそうだが

2010-12-28 23:59:52
名無し整備兵 @seibihei

自衛隊の能力として、情報収集・監視能力は叫ばれている。これについてもご尤もと言わざるを得ない。

2010-12-29 00:03:13
名無し整備兵 @seibihei

やるべきことは情報収集・警戒監視、迅速な展開・対応能力の向上というのが、通常戦力に求められる事だろう。サイバー戦や特殊部隊も求められているが、それは基本的に「特別な部隊」に任されることになろう

2010-12-29 00:17:08
名無し整備兵 @seibihei

それを実行力あるものとする上で、統合の強化、情報機能の強化、科学技術の発展への対応が出てくる。もちろん基盤整備も別仕立てで出すくらいの常識はある

2010-12-29 00:19:40
名無し整備兵 @seibihei

装備品の取得については、もっと詳しい人がいるだろう。とりあえず、今回は文言として突っ込みどころは少なくされているはずだ

2010-12-29 00:21:08
名無し整備兵 @seibihei

もちろん、Performance Based Logisticsみたいな「知っている人には突っ込みどころ豊富」な部分はあるだろう。それは専門家に任せる。ねぇ、@marman_bandさん

2010-12-29 00:22:23
名無し整備兵 @seibihei

では、目立ったところを見ていこう。情報収集態勢として、「目」は重視している。他国(某国)からの情報共有があるなら、それを全体として処理する機関についても力を入れるだろう。この辺は表に出そうに無い

2010-12-29 00:29:01
名無し整備兵 @seibihei

次を見て行くと、迅速な展開・対応能力にはCHと輸送機、さらにDDHが強調されている。要するに空中機動中心である。

2010-12-29 00:31:17
名無し整備兵 @seibihei

その後の文でSSMと「機動展開訓練」は出てくる。しかしこの書き方では、それは戦闘発生以前の事前配備としか読めない。

2010-12-29 00:33:03
名無し整備兵 @seibihei

何でやと言われるかもしれない。しかしSSMは敵とのドンパチが始まってから設置するような悠長な装備品ではない。我が安全に敵を照準できる時に山あいから発射するものである。このため、兆候を察してから長距離機動して発射位置に前進できるような余裕がある装備でもない

2010-12-29 00:37:32
名無し整備兵 @seibihei

迅速な部隊展開とは何を指すか。ここまで考えるなら、「強化された情報機能により敵主攻を素早く判定し、そこに戦力を輸送して、迅速な撃滅を目指す」ことだろう

2010-12-29 00:41:17
名無し整備兵 @seibihei

そうすると非重点正面が当然発生する。そこへの攻撃は防空能力の向上と対ゲリラ・特殊部隊能力の向上で補うつもりだろう。

2010-12-29 00:43:56
名無し整備兵 @seibihei

奇麗に収まったところだが、ここで問題がある。「だれがどのように重点正面と非重点正面を見分けるか」

2010-12-29 00:45:33
名無し整備兵 @seibihei

さらに、「国際任務と防衛任務が同一正面で語られている(いずれも本来任務だからしょうがない)が、どちらに重点を置くのか」

2010-12-29 00:49:18
名無し整備兵 @seibihei

本来の自衛隊の任務で言えば、防衛任務に主軸があるべきながら、国際任務準備の情報収集に人と金が持っていかれそうな悪寒

2010-12-29 00:50:47
名無し整備兵 @seibihei

それはそれとして、「動的防衛力」の問題は、中期防でもいくつか出ている。1:量的抑止力の軽視、2:機動力の誤解、3:F2の無視

2010-12-29 00:56:23
名無し整備兵 @seibihei

量的抑止力の軽視は、以前書いたとおりである。これは「上手い事一つ成功すれば、ひょっとして」と仮想敵に思わせることでもある

2010-12-29 00:58:13
名無し整備兵 @seibihei

機動力については、ひょっとしたら誤解されていないのかもしれない。それはともかく、火力と連携して戦術的に有利な態勢を獲得する移動が機である

2010-12-29 01:02:14
名無し整備兵 @seibihei

もちろん、作戦術や軍事戦略上の移動は別だろう。とはいえ、軍隊の移動は輸送だけでは語れない。

2010-12-29 01:05:33
名無し整備兵 @seibihei

もちろん、地上移動や重装備の海上輸送だけが「機動」だというつもりはない。ただし、中期防においてAH-64Dが言及されたのはゲリラ・特殊部隊対策だというのは象徴的かもしれない

2010-12-29 01:08:35
名無し整備兵 @seibihei

次にF2について。別に我が航空部門をdisるわけではない。F2とはFog of war & Frictionである。

2010-12-29 01:11:19
名無し整備兵 @seibihei

Fog of WarとFrictionは戦争の歴史と同じくらい古い。ひょっとしたら戦争以上に古い

2010-12-29 01:13:01
名無し整備兵 @seibihei

戦争というカオスに満ちた社会現象を秩序化するとしたら、徹底的な上意下達か、最大限の指揮委任か、いずれかを目指す事になる。

2010-12-29 01:17:08
名無し整備兵 @seibihei

今回の大綱といい中期防といい、どうも通信技術で上意下達を目指しているように思える。それは我が社のドクトリンでもあるのだろう

2010-12-29 01:18:45
残りを読む(15)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?