10周年のSPコンテンツ!
37
泉信行 @izumino
少女漫画読んでると、可愛くてモテるヒロインを作者が描くことには「可愛い同性を描きたい、見てもらいたい」という動機があると察せられるんだけど、そこをよく分かってない人が読むと「自己投影」とか願望充足だと解釈しようとするし、「じゃあ女が好きなの?」と理解の糸口が性愛しかなかったりする
泉信行 @izumino
これはエロ漫画とかも同じで、「作者の願望」でしか解釈できない人というのは、自分でも他人でも利己的な発想をするとしか思ってなくて、「他人のために描く、他人のハッピーエンドを描く」という商業作家なら越えてなきゃいけないハードルも目に入ってないんだろうなと思うしよく考えてほしくなる
泉信行 @izumino
だったら私小説だけを読んでろ、ってことなんだけど、「私小説で自分を美化するな!」っていうのも「人間(自分の以外の)はすべからず苦労してるべき、してるはずだ」という信念が潜んでて性格悪いし、私小説にかぎるような批判のロジックを他の創作物に敷衍させる行為も全然ものの分別がついてない
@oriak9
@izumino 作者の言いたかったことはなんでしょう式の、国語教育の成果かと思ってます…。
泉信行 @izumino
@oriak9 そもそも学校のテキストに娯楽作品は好まれなくて、小説の読み方が、文学者の私小説のように読むものという刷り込みが与えられているということかもしれませんね
@oriak9
@izumino 確かに、国語教育では私小説に重きをおく読み方が推奨されてますね。娯楽も文学も、読み方次第とは思うのですけど。いっそ文学もその他の芸術も歴史的に時系列を辿って教えればいいのに、とよく思います。
泉信行 @izumino
学校の国語教育が「作者の気持ちを答えなさい」だから、という説はそんなに支持してない(本当にそんな問題ばっかり出てるのか調べてない)んだけど、「物語は作者の私小説のように読むものである」という読者だらけになったフィクション界、考えてみればまぎれもない地獄
泉信行 @izumino
まぁ単に「可愛い同性を描こうとする少女漫画家は神だし、絶対どうでもいい読者からつぶされてほしくない」と言いたかっただけです (男描く方に気合入ってて女主人公を可愛く描くことにはあんま興味なさそうな人も実際いるけどね)
泉信行 @izumino
完全に主人公と自分を同一視できるようにして創作し、物語を読むといえば本田透さんの著作がまさにそうだけど、それにしたってまさにあの人の文学的背景に私小説的なものがあるからであって、ようは「ジャンル」にかぎった話にすぎないんですよね
泉信行 @izumino
少年漫画でも、好かれる共感される主人公は「強くて負けない主人公」じゃなく「仲間を助けようとする主人公」で、荒木飛呂彦も「他人を見捨てる主人公を読者は絶対に好きになりません」と断言してる。つまり読者も「主人公になりたい」より「自分が主人公の友達だとしたら」くらいに感じてるということ
泉信行 @izumino
逆に少女漫画でも顕著だけど、ヒロインの恋愛を自分のことにように喜べる(ニマニマできる)友達と、「なんで私がお前の立場じゃないんだ」って嫉妬する女ってのが大抵出てくるけど、作者や読者が感情移入できるのは明らかに前者で、自分は脇役より主人公がいいんだってのは読者のダークサイドなんだな
泉信行 @izumino
しかし改めても「他の女が恋愛うまくいってる話を作者が喜んで描くはずがないし、可愛い女の子を描くのが目的なら作者は同性愛者なのでは?」という仮定から導き出される結論、明らかに「もっと単純に考えろよ」という話
泉信行 @izumino
twitter.com/izumino/status… この例、主人公の立場に嫉妬するライバルヒロインには大抵「その空回りを生暖かく見守る別の友達キャラ」が設置されていて読者はそのキャラに近い位置からライバルを好きになったりもする、という意味も考えてみるといいかもしれませんね
泉信行 @izumino
つまり主人公に対して、そのまま眺められる態度と、「そこ代われ」って態度が読者の中にあって、後者は私小説的に読みすぎなんだけど、嫉妬キャラを描き、さらにそのキャラを眺める人物も設置することで、読者の態度も客体化して見られるようになる。ライバルが可愛いと思えるのは客体化が成功した証拠

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年7月4日
そうなの? 「確かに、国語教育では私小説に重きをおく読み方が推奨されてますね」
万華庵:EP至高 @mangekaren 2015年7月4日
まあ、要するに読み手が歪んでいるだけ(理解していないorz)でFAなんでしょうけどね、究極的には
ドンドコ @n0yujin 2015年7月4日
ここに日高万里という漫画家がいます。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年7月4日
こういう「正しい見方(理解)」をすべからくに求めることが国語教育の問題点であって「間違った見方」をすることが問題ではない。簡単に言えば表現されたものをどう解釈するかは受け取り側の自由。レズ願望だとか自己投影だとか虚栄心の成れの果てだろうがどう思おうが自由だーーーっ!w。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年7月4日
関係ないけど『ソラリス』のソラリス学のくだりが、テキスト解釈の進化のメタな話になっていて面白いです。
ウミドリくん @umidori_kun 2015年7月21日
何でもかんでも「作者の自己投影」で済ます奴はむしろ国語の成績は悪いんじゃないかと。
ウミドリくん @umidori_kun 2015年7月21日
「作者の気持ちを答えよ」って、登場人物の心情と作者自身の目的を峻別できる論理的な感性が無きゃ解けない問題だよ、基本。つか作者の意図すら読み取れない馬鹿がいるから「小説に書かれているのは全部作者の願望なんだ!」という言説がいつまで経っても無くならないわけで。
ウミドリくん @umidori_kun 2015年7月21日
読者は「自分が主人公の友達だったら」という視点からも主人公の性質を査定しているというのは本当にその通りだと思う。なぜか安易な小説ヒョーロンカの頭からは常に抜け落ちているが。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2015年8月2日
小学校の国語の勉強なんての、本の楽しさの前に適当に脇にやってたけど...そこまで私小説的だったかな...文章理解頭脳パズルだった感はなくはないけど、それで読み方までどうこう、ってこともないような。(だって問題は後で読むことになるので、どの作品もまず作品を読む、からなぁ、少数派?)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする