「介護労働が低賃金」という教科書の問題点:追記

http://d.hatena.ne.jp/lessor/20150714/1436807193 のブログ記事に追記したツイートのまとめです。
社会問題
3240view 1コメント
4
lessor @lessor_tw
このタイミングで、福祉労働を肯定的に書いても、「つらいときも明るく振る舞おうとしている人」みたいに扱われるか、「やりがい搾取」って言われるか。
lessor @lessor_tw
けれども、「本当のことを書いて何が悪い」の大合唱はいったい誰を責めて誰を守ろうとしているのかがわからない。誰を責めてもいないといっても、構造的なことに触れられないならば、結果的に経営者が責められて終わる。
lessor @lessor_tw
古くから福祉の低賃金は指摘されていたと思うけれど、社会福祉施策の問題として批判されていたように思う。それが近年ブラック企業批判と重ねられるようになってきた。
lessor @lessor_tw
ブラック企業から労働者を守りたいという思いも「飲食業界なんてやめときなよ。ワタミのニュース知ってるでしょ」となれば、飛躍しすぎである。高級会社を乗り回す理事長、みたいな人は批判されればよいけれど。多くの福祉現場にはそんなやついない。
lessor @lessor_tw
世の中、圧倒的に中小企業のほうが多いし、共働きも増えているのだけれど、いくら稼げたら「問題視されないくらいの賃金」なのだろうか、よくわからなくなってきた。
lessor @lessor_tw
「中小企業は低賃金」って書いても「でもまあ大企業に入れるほどの能力ないし、頑張るしかないか」で済むが、「福祉は低賃金」だと個別業界での就労を避ける方に向かわせるわけで。
lessor @lessor_tw
「重労働」と「軽労働」って、どこかで定義されているのだろうか。身体介護も家事援助も外出支援もコミュニケーションも重労働?。車イスを押したら、重労働? 食事の介助は? ケアマネや相談支援は重労働?軽労働? 全部ひっくるめて「福祉は重労働」にされる。
lessor @lessor_tw
批判的なブックマークコメントがたくさんつくのも炎上と呼ぶなら炎上なのだろうが、この人たちが何と戦っているのかがようわからない。概ね「介護は低賃金で重労働であることを認めろ」ということなのだろう。全体としての低賃金はデータで示した通り。重労働は定義による。
lessor @lessor_tw
その事実認定と、教科書にどう載せるか、は別の話。教科書に載せるときにも、何を強調するかというバランスについての論点と、掲載した内容が現実社会にどう影響を及ぼすのか(そのことをどう評価するか)、という論点があるだろう。それらがきちんと区別されて議論されれば有意義。
lessor @lessor_tw
福祉業界へのネガティブなイメージを払拭しようと人材確保に頑張っている若い世代がたくさんいるのに、中途半端なブログ記事を書いて「福祉業界の大変さを美化するな」というような集中砲火を浴び、それを多くの人の目にさらしてしまうことになり、結果的にとても申し訳ない。
lessor @lessor_tw
朝からずっとしつこいようだか、「福祉現場の実態」というドキュメンタリーがあって、その中で給与が安いとか、仕事が大変だとかいうなら業界も不満は言わない。問題は「教科書」であるということなのだ。

コメント

大江戸 @ooedo123 2015年7月16日
つまり「経済成長が望めず、国家財政も逼迫し、労働環境も悪くなる中で結婚や出産を諦める人が増えている」と書いたらその教科書は少子化に加担してることになるってこと?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする