ニセ科学批判とは何か

ニセ科学をインターネットで精力的に批判しているひとのツイートのなかから、注目すべきものを選びました。私の意見と立場は、次のブログ記事をお読みください。 「ニセ科学を批判すること」 2010年6月 http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-267.html 「ニセ科学にどう向き合うべきか 火山防災の目から考える」 2010年7月 http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-268.html
29
kikumaco(8/8ビッグアップル) @kikumaco

なぜニセ科学を問題視するか、ニコ動後に言ったことをひとつだけ。オカルトが基盤の社会や原理主義的宗教が基盤の社会はありえて、そこでニセ科学を問題にしても意味はないかもしれない。一方、我々の社会は合理的精神に基づく民主主義を選択したのだと思う #lv17001565 #synodos

2010-05-18 10:32:03
早川由紀夫、この夏の読書に『火山はめざめる』 @HayakawaYukio

@kikumaco ニセ科学を問題にしすぎるあまり、ファンタジーを否定しているようにみえます。

2010-05-18 10:38:08
kikumaco(8/8ビッグアップル) @kikumaco

@HayakawaYukio 少なくとも僕に関する限り、ファンタジーを否定などしていません。相手をお間違えではないですか

2010-05-18 15:05:56
早川由紀夫、この夏の読書に『火山はめざめる』 @HayakawaYukio

@kikumaco ニコニコ動画は見ていません。kikulogは拝見しています。「我々の社会は合理的精神に基づく民主主義を選択したのだ」と認めたとしても、それだけでニセ科学を問題視することの正当性が立証されるわけではありません。問題視が行きすぎてるように感じます。

2010-05-18 15:49:30
kikumaco(8/8ビッグアップル) @kikumaco

@HayakawaYukio 「科学と神秘のあぃだ」を読んで、ファンタジーを否定しているかどうか判断してください。

2010-05-18 18:03:40
早川由紀夫、この夏の読書に『火山はめざめる』 @HayakawaYukio

@kikumaco kikulogで「はじめに」を読みました。星占いを「楽しむなら、なんの問題ないはずだ」「振り回されたり、他人に押し付けたりし始めたら、やっぱりまずい」。同意しますが、程度感覚が違うようです。(第三者による)水伝バッシングを私はやりすぎだと感じます。

2010-05-18 18:31:06
kikumaco(8/8ビッグアップル) @kikumaco

なにをなぜニセ科学と呼ぶかについては、当然、個々の実例ごとに説明が必要で、それはこれまでもちゃんとなされてきたと思いますし、してきたつもりです。単に「間違いだから」ではないです。 http://togetter.com/li/28001

2010-06-10 09:56:03
kikumaco(8/8ビッグアップル) @kikumaco

本来なら科学の土俵に乗るはずがないのに、科学を装っているものについては、僕は「ニセ科学」と呼びます。「科学を装っている」ところが重要だと思います。 http://togetter.com/li/28001

2010-06-10 09:58:22
kikumaco(8/8ビッグアップル) @kikumaco

差別問題としての血液型性格判断は科学的な正否と関係ないし、「ニセ科学かどうか」とも関係ないと言ってもかまいません。 http://togetter.com/li/28001

2010-06-10 10:00:31
菊池誠(多言) @kikumaco_x

ちなみに僕は、どんなでたらめな説でも提唱する自由がある、と言っています。それを真に受ける人が多いことのほうが問題で、そのために「批判」を行うわけです。しかし、最後の判断が受け取る個人の自由であることは当然の大前提。 @HayakawaYukio

2010-06-10 10:43:39
早川由紀夫、この夏の読書に『火山はめざめる』 @HayakawaYukio

思いつきですが、水で薄めれば薄めるほど効果がある薬の話。あ、あれはアボガドロ数で反証されるのか。RT @kikumaco_x: 早川さんの考える「ニセ科学」に含まれるものとしてどういう例があるのか、なんですけど

2010-06-10 16:04:44
菊池誠(多言) @kikumaco_x

「科学を装っているが科学ではない」はいわばキャッチフレーズで、詳細は個々の事例ごとに検討するのが前提だと思います。それでも一連の問題群を「ニセ科学」というカテゴリーで整理するのは有益と考えるわけです @HayakawaYukio

2010-06-11 12:45:03
菊池誠(多言) @kikumaco_x

実例に基づかない考察ではだめだと思うのですが。だって、滑稽な例外はいくらでも見つかる。先に定義をしてしまうから、そういう妙なことになるので、まずは実例をたくさん集めて、よく眺めてみること。理論より先にまず観察。

2010-06-13 10:17:19
闇のapj @apj

@hietaro 立入禁止でもプロは入るらしい。例えば火山だと、一般人に避難命令が出てても火山学者が集まってきてる間は大丈夫だそうで、学者が逃げ出したらマジでヤバイんだそうな。もっとも、学者の予想が常にアテになるとは限らないので、用が無いなら逃げた方が安心かと。

2010-06-24 19:23:39
菊池誠(多言) @kikumaco_x

ところで、思い出したように「定義」の話をしますが、「定義しない」ことと「どういうものであるかも言わない」こととは違います。「だいたいこういうもの」と言うことはできる。しかし、「定義」にこだわると、例外を発見するたびに意味のない「再定義」に労力を費やすことになる。

2010-06-28 11:13:21
菊池誠(多言) @kikumaco_x

いずれにしても、実例の詳細な検討なしに定義だけを先に決めてしまおうとするのは、いわゆる「頭でっかち」な態度であって、有益とは思えません。そもそも、定義が先にあるのではなく、実例の集合体が先にあったはずです。「先に定義」というのは、いわば博物学を軽視するようなものです。まずは観察。

2010-06-28 11:15:38
闇のapj @apj

@HayakawaYukio 元々水伝は悪徳商法の商材の理屈付けに多様されています。また、水が、水以外の物質を現実に含む事なしに情報を記憶するというのはホメオパシーの基本的な考え方で、ホメと水伝(とその背後の「波動」)の親和性は高く、ホメが原因の死人は既に出ています。

2010-08-20 12:50:31
早川由紀夫、この夏の読書に『火山はめざめる』 @HayakawaYukio

@apj 波動測定器という悪徳商法のこと、ホメオパシーのこと、どちらも承知しています。道徳の授業で水伝をつかうと危険だとする意見について、詳しく知りたいと思いました。

2010-08-20 12:55:02
闇のapj @apj

@HayakawaYukio 道徳を通じて水伝が正しいと信じた人は、水伝を使って宣伝されるいんちき商品を買うことに対するハードルが下がります。道徳を教えることによって、詐欺のカモを増やすというのはどうかと思います。

2010-08-20 13:08:37
早川由紀夫、この夏の読書に『火山はめざめる』 @HayakawaYukio

@apj 本音が出たとみました。その種の消費者問題に私は関心がありませんので、お引取りください。

2010-08-20 13:12:59
闇のapj @apj

ではこちらからも言います。消費者問題に興味がないなら、詐欺の被害を増やすことを容認するような主張はやめて、引っ込んでて下さい。 @HayakawaYukio その種の消費者問題に私は関心がありませんので、お引取りください。

2010-08-20 13:21:45
早川由紀夫、この夏の読書に『火山はめざめる』 @HayakawaYukio

@Mihoko_Nojiri 1新聞記事だけからは確かなことはわからない。だから他者の非難は慎重に。非難するなら自分で調査してから; 2ただし、記事が書いた大学の応答はまったくオソマツ。でも、これだって、大学がホントに言ったかどうかわからない; 3それと学問の自由は別問題。

2010-09-19 16:10:50
みほちゃん @Mihoko_Nojiri

@HayakawaYukio 新聞記事(報道)は一次情報と考えていいというのが一般的は考えですね。そうでなければ、我々は何も発言できなくなる。私は早川さんの1には不同意です。

2010-09-19 16:21:05
みほちゃん @Mihoko_Nojiri

@HayakawaYukio 報道をベースに発言して報道が変われば修正します。では。

2010-09-19 16:27:11
名取宏(なとろむ) @NATROM

そんな曖昧な定義が許されるなら、「ニセ科学:血液型性格診断や水伝のような科学を装っているが科学でないもの」でも十分ですね。「良い」「成功した」も定義ではなく、単に言い換え。QT @HayakawaYukio :黒:墨や木炭の色。

2010-12-10 12:21:23
残りを読む(38)

コメント

早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011年1月5日
私がみずからニセ科学批判者に意見ツイートしたのは、2010年5月18日に菊池誠さんにメンションした1回だけ。それ以降のツイッター会話はすべて、彼らからのアプローチで始まりました。ニセ科学問題についてツイッターでひときわ明確な意見を表明している責任から、(紳士的な)問い合わせには必ず答えるようにしました。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011年1月5日
上で拾ったツイートは、その過程で発せられたものを主に集めていますが、私とは無関係に発せられたツイートも少数含んでいます。
0
DENCHIクン(RN:柳川えっぐす) @denchikun_2010 2011年1月5日
「(紳士的な)問い合わせには必ず答えるようにしました。」…「紳士的」の基準を回答者本人が決めるなら、それは「答えられるものだけ答えます。」と大差ない。
2
@rbmio 2011年1月5日
さりげなく水伝について重要という強調つけてる肯定意見をのせた時点で紳士的も何もない気がしますがね。
1
ほしみん @hoshimin 2011年1月6日
「ニセ科学批判とは何か」より、「『ニセ科学批判』批判とは何か」をまとめ主さんのツイートから理解できるね……。ははは……。
1
名取宏(なとろむ) @NATROM 2011年1月7日
「ニセ科学は悪くない」。なるほど。では、ニセ科学批判は悪いことなのだろうか?言論の自由という点で、何かを批判することも誰にでもが許された行為だ。
2
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011年1月7日
悪くないものを悪いとレッテル貼って非難するのは、悪いんじゃない?
0
名取宏(なとろむ) @NATROM 2011年1月7日
悪くないものを悪いとレッテル貼って非難することが悪いのなら、詐称も悪いことですね。詐称が許される行為なら、悪くないものを悪いとレッテル貼って非難すること(ニセ科学批判はレッテル貼りではないが、それは置いといて)も許される行為。
2
医学博士・野島尚武(のじまひさたけ) @Nojimahisatake 2011年1月7日
今の医学はこの50年間ガン、糖尿病、自己免疫疾患、アレルギー性疾患等の現代病の原因を見失っている。微量元素欠乏が原因だったと、現代病を超ミネラルで治して、確信もって、今の医学が栄養障害を無視して治せない。健康食品がある程度正解だったのには理由があった。
0
名取宏(なとろむ) @NATROM 2011年1月7日
商標登録や著作権や特許を理由に、科学を詐称することを許すのであれば、レッテル貼りによる非難も、言論の自由や刑法に触れないことを理由に許すべきだろう。まあ、早川さんは、ダブルスタンダードはそれほど悪くないとお考えなようですが。
2
kato takeaki @katot1970 2011年1月7日
批判に「悪い」とレッテルを貼って封印する事は言論統制ですね。良い事も悪い事も言われる覚悟でpublicに出すべきです。で、悪い批判も当然甘受する。それが嫌なら、科学を装って世の中に出てくるべきではありません。
2
@YuuzaKaeta 2011年1月7日
科学は名乗るものでも称するものでもない。人間の手で都合のよいデータだけを出してそれが全てだと主張するのは科学ではない。「科学だから正しい」と勘違いしているのでは?
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011年1月7日
詐称はもちろん悪いことです。しかし科学を詐称しているかどうかを客観的に判断することは困難です。科学の定義がきちんとできないことがその理由です。NATROMさんは、水伝を初めとしてニセ科学だとされるどれひとつも、科学でないことを証明することができませんでした(2010-12-10)。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011年1月7日
あれ~ なんかいろんなひとがきて、会話がわけわからなくってる。場所を移したほうがいいみたいだ。
0
@YuuzaKaeta 2011年1月7日
NATROM氏が証明しないと科学じゃないのですかね?
1
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011年1月7日
NATROMさんは、私が最近接触した人物の中でもっとも優秀なひとだから、そのひとに証明できないなら、誰にも証明できないだろうと思う。
0
@YuuzaKaeta 2011年1月7日
たとえば水伝については、実験者の恣意によらない実験事実があることと、恣意的との批判に耐えていないことは当然ご存じだと思うのですが、他にどうすれば証明になりますか?
1
@10110120 2011年1月7日
率直に言って、ちょっと唖然とします…。
1
名取宏(なとろむ) @NATROM 2011年1月7日
×科学でないことを証明することができませんでした→○科学でないことを早川さんに納得させることができませんでした
2
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011年1月7日
はい、その表現がより正確です。「科学でないことを早川さんに納得させることができませんでした」 そのとき12月10日のツイートをいくつか追加しましたので、ご確認ください。
0
医学博士・野島尚武(のじまひさたけ) @Nojimahisatake 2011年1月7日
水からの伝言を「水伝」とはよく言ったものである。水が氷ったら、水分子の大きな動きは止まったが、電子は相変わらず動いている。力と電流(電子)と磁気との関係はフレミングの法則があって、水が結晶化して形がいろいろあるのは磁気の状態を現していると考えられる。磁気には元素が自然にもっている交番磁気があって、我々人間は殺気、気功、第六感と多彩に使っているが、今の科学はその交番磁気の測定が出来ない。マイナスイオンを便宜的測定するが、それは磁気でマイナスに帯電した空気分子を数えただけで完全には磁気とは相関してない。
0
名無し岩手県民(手を洗おう)(飲み会を止めよ) @iwatekenmin01 2011年9月15日
>科学でないことを証明することができませんでした これジョーダンだよね______
1
りょうと @ryoto_bs 2011年10月20日
物理学者と地質学者の化学に対する許容度の差かなぁ?所詮科学なんて同人活動と同じです。学会なんてコミケと同じです。先端分野の最初の一歩なんて時代を先取りしすぎてて…
0
白雉微 @Hakuchi_Vi 2011年10月30日
「にせ科学批判」とか大げさに言ってるけど、べつに学問というほどのものではないですね。大学の先生が時間をかけて大まじめでやる話には全然思えません。私たち素人さんがああだこうだ言うレベル(^^;
0
白雉微 @Hakuchi_Vi 2011年10月30日
菊池先生ご自身が「定義はなく個別例で判断」という風におっしゃってるようなので、その時々眼についた科学を称する怪しい商売に対して「ニセ科学批判コミュニティ」が「批判をする」という事のようです。選び方は恣意的で大企業等あまり強い相手は選ばないみたい。
0
白雉微 @Hakuchi_Vi 2011年10月30日
そのとき大事なのは「訴訟をもいとわない覚悟」と「科学者という名前で一致団結」と、あとできれば「大学等公的機関の支援」だそうです。なんとも。。。あまりにくだらないので、もうやめます。
0
闇のapj @apj 2012年5月14日
「ニセ科学批判コミュニティ」なんて存在しません。気がついた人が声をあげてるだけだし今後もそう。問題は科学かどうかじゃなくて、不確かなことをいい降らして他人を騙すことの方にあるので。たまたま科学に詳しい人が気付きやすいだけ。だから、科学に限らず他の分野でも同じことはできるしあっていい。
9
闇のapj @apj 2012年5月14日
いい降らして→言いふらして、です。
0
半ソデABS減量中 @ABS_half_s 2012年5月14日
手を替え品を替え、しばしは被害者の善意を利用して拡散するニセ科学に対して「これこれこーゆー物がニセ科学です」って定義したらその「定義の隙間」突かれるだけ。そこを理解せず「明確な定義=簡単な見分け方」を求める「素人さん」は何度でもニセ科学の餌食になる。あるいは「定義の隙間」を狙ってる側かな。
0
青谷三郎 @aotanisaburo 2012年5月15日
問題は科学かどうかじゃなくて、不確かなことをいい降らして他人を騙すことの方にあるので。。←全くその通りなのだが、そこで「騙すこと」を批判する為に「科学的に間違っているから」と言いだすから話がこじれる。科学的是非に関わらず「ダメな物はダメ、いいものはいい」とだけ言えば良い。科学はこの世界のほんの一部。全て科学で決着がつけられると思うのは科学者の傲慢か世間知らず。
0