10周年のSPコンテンツ!

神槍「ブリューナク」は日本人が考えた名前!?

「ブリューナク」という名称が日本で創作されたという話をまとめました。 名称が日本の創作という話であって、日本でブリューナクと呼ばれている「ケルト神話の神ルーの武器」はケルト神話にちゃんと出てきます。そこは誤解の無きよう。 長いという人が多いので要約版を作りました。 「ブリューナクまとめのまとめ」 続きを読む
神話 アイルランド ゲーム TIF ケルト神話 新紀元社 truthinfantasy ファンタジー 架空武器
82
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80
「ブリューナクまとめのまとめ」をトゥギャりました。 togetter.com/li/871608
Aquavit @akuavit
【もえようごもとねた】光槍ブリューナク:ケルト神話の光の神ルーの物とされる武器、として知られているが、ルーの槍の名が「ブリューナク」であるという説は実は日本だけでポピュラーな出典不明の物のようである。槍ではなくスリングショットの一種とする説もある。 #MasterofEpic
たかまち @PSYCO_NANOHA
デュラハンは首のない騎士として有名な魔物だけど、何故か日本の某書には首のない女性でもあるとされている。はて、アイルランドのどの文献に書いてあったのだろう?あとブリューナクの名前も日本の文献以外に見当たらなかったのを覚えている。。
平塚風歌 @yomogi_fumika
「ブリューナク」「クラウソラス」は確か日本でつけられた名前
EKZ@姫騎士がクラスメート!4巻発売中 @ekz_h
そういや、無数のゲームその他で使われてる魔槍「ブリューナク」が1990年に日本人によって創作された名前(それ以前にこの名称がどの文献にもない、元ネタはおそらくエターナルチャンピオンシリーズの魔槍ブリオニック)って衝撃の事実は、もう時効にして皆で墓まで持っていった方がいい気がする
ひみこ @oyomesa
あれ?ブリューナクて神話の槍じゃなかったっけ?ケルトだったっけ忘れたけどそうなん?
うにゅんは夏インテ一般コス @0unyun0
え?ブリューナクってなにかの神話じゃないの?
夕凪@B級眼鏡 @yu_nagi2
マジすか。つまり、ケルト神話におけるルーの槍には名がなくて、ここで創作されたってこと? にわかには信じ難いが…… mobile.twitter.com/ekz_h/status/6…
うにゅんは夏インテ一般コス @0unyun0
ね!!ブリューナクってケルトだよね!!
くりぐ @skrige
ブリューナクはケルト神話だなぁ
奏@帰ってきた三国志 @syncroniciteen
ブリューナクはケルト神話でバロールが使う槍でしょ。クロウ・クルワッハさんが貫かれて自滅してったやつ
くりぐ @skrige
ブリューナクといえばトゥアハーデダナンだっけ、これ聞いて思い出すのはフルメタ
四月しづき @shidukichan
ブリューナクないの???
メネア・ザ・ドッグ @meneathedog
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96… 普通にブリューナクの出典あったけどこれはどういうことだ
どるひ @DurchfallKanone
ブリューナクってケルト神話だと思ってた
七節@間借り人 @77_nanafushi
マジで!!?って思って調べて見たら、光の神ルーが槍を持っていることは確かであるものの、それの名前がブリューナクであると言及してる文献が1個しかない、とかなんとか
松田シン @xxmsin2289xx
ブリューナクってケルト神話のルーの武器でしょ。むしろマイクル・ムアコックがケルトから引っ張ってきたんじゃねえの?
門松 @xephieDF
ブリューナクちゃんと神話由来じゃなかったっけ
9/21 @oh_Enu
まあブリューナクで検索したら一番上にケルト神話のブリューナクについての記事出てくるけどね
米屋 @komeya_kangan
ケルト神話だろ?って思ったけどもしかして文献だとルーの槍としか書いてないとかなのか
だめえぽ @tameepon
もともと神話で持ってる槍の名前(不明)を「ブリューナク」と明記したのが90年の学者 ってい話っぽい
残りを読む(833)

コメント

竹永@2 @takenaga51 2015年9月6日
このまとめを見て最初に思い浮かんだのが「バハムートは竜じゃない」だけど、あれとはちょっと違うか。
catspeeder @catspeeder 2015年9月6日
ググってみたら外人さんが「Brionac」をどう発音したものか相談しあってる図を見かけてワラタ。http://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=875350
ArgentBrand @ArgentBrand 2015年9月6日
中途半端に引用されててちと泣けたという(spellingからゲール語にないか調べたりしたんだよ!これでも!)
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月6日
@ArgentBrand まとめを修正しました。基本的にtogetterの検索機能(けっこう精度低そう)で「ブリューナク」でヒットしたTweetをまとめたものなので不備はご容赦を。
ArgentBrand @ArgentBrand 2015年9月6日
177t80 っと、失礼。ハッシュタグとかないから仕方ないですよね……
のなめ/鈴木耀P @CodeName_NoName 2015年9月6日
和製英語みたいなものじゃなかろうかと
聖夜 @say_ya 2015年9月6日
これを期に紅衣の公子コルムの知名度が少しでも上がりますように
聖夜 @say_ya 2015年9月6日
和製英語というかもともと神話の武器の殆どは固有名詞を持ちません。グングニルはガンガンとかゴロゴロという意味の擬音で、エクスカリバーも様々な呼び方がありますがどれも硬い/光る/炎の剣という意味です
聖夜 @say_ya 2015年9月6日
日本の草薙の剣も記紀の伝承からついたあだ名で本来は天叢雲剣ですが、それすらもヤマタノオロチがいた場所がいつも霧で曇っていた高い山の上という意味に過ぎません
Yoshi_せんしゃぶ!連載中 @Yoshikun21c 2015年9月6日
takenaga51 あれはもともとビヒモスという聖書由来の陸の怪獣だったわけで表現が変化していった例になるかと。
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月7日
Tweetもしたけど ケルト神話の神ルーの武器を整理すると ①エリン四秘宝の一つの「槍」 ②魔神バロールを倒した「石」 ③父を殺された贖いとして入手した「槍」 ④クー・フーリンの救援に現れた時に使用した五叉の「槍」 それぞれが混同されてるようだ。①と②の同一説も虚空の神々が初出らしい。 「灼熱の槍」という性質は③、五叉槍は④。
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月7日
虚空の神々の時点では①と②の同一視だけだったが、 その後のゲーム向け資料ではさらに③④まで混同されている。 もともとの①は名前が無いのはもちろん持てば負けることがない「不敗の槍」くらいの記述しか無い。
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月7日
②の魔神バロールを倒した「石」が魔法の弾丸「タフルム」になったのは19世紀かららしい。20世紀の日本で「ブリューナク」が創作されたのとそう違わないくらいの新しさ。
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月7日
代々伝わる秘宝でラスボスを倒すというのはいかにもRPGのシナリオっぽい感じだが、初出である「虚空の神々」の著者、健部氏がゲーム畑出身だったので、①②同一説を唱えたのかもしれない。
たまごをたべる @tamagowotaberu 2015年9月7日
ソースがブログであるという事で疑ってる方がいるので一応補足を。少なくとも英語圏においてはブリューナクの名は完全にマイナーです。例えば"Lugh brionac"でgoogle booksを検索すると2件しかヒットしません。一つは日本語の文献なので英語の文献は2010年の"Merlin:Master of Magick"1件のみとなります。(ウェールズ系の出版社が出したマーリン本に載ってしまうなんて罪深さを感じます・・・!)
たまごをたべる @tamagowotaberu 2015年9月7日
また、archive.orgの書庫で"Lugh brionac"を検索すると( https://www.google.co.jp/?hl=ja#hl=ja&q=lugh+brionac+site:archive.org%2Fstream )なんと0件となります。ブリューナクの名がいつどのように生まれたのかはさておき、英語圏以外で広まったというのはほぼ確定事項であると思われます。
たまごをたべる @tamagowotaberu 2015年9月7日
これは余談ですが、新紀元社のTruth In Fantasyなんかを信頼できるソースであると捉えている人が意外と多いことに衝撃を覚えましたね・・・!単に実物を読んだことがない人がそう思っているだけだと信じたいです。
腐ってもエビ @kusattemoevill 2015年9月7日
ああ、まえにルーの槍について調べた時、いろんな情報が錯綜してるうえにブリューナクの名前がないなと思ったらこういうことだったのか。神話類は間違いが本になって伝わってたりするからややこしいよなあ
腐ってもエビ @kusattemoevill 2015年9月7日
たとえばアルテミスの弓の話だと、日本では“アポロンが金の弓、アルテミスが銀の弓を使う”という説が一般的だけど、アポロン大好きシシンさんによれば「古代ではアポロンが銀、アルテミスが金という表現が一般的」らしい
腐ってもエビ @kusattemoevill 2015年9月7日
それとアルテミス関連で有名なオーリーオーンとの恋愛話も、別の逸話では恋愛関係に発展せずぬっ殺されたりする話もあったりするし、有名なアポロン陰謀暗殺説ではなくアルテミスの嫉妬心からぬっ殺される話もあったりで、調べてるとかなり混乱する
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月7日
>「新紀元社のTruth In Fantasyなんかを信頼できるソースであると捉えている人が意外と多いことに衝撃」 というかWikipediaを信頼できるソースであると捉えている人が意外と多いことに衝撃w
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月7日
あと同じく「虚空の神々」が初出と思われる「ブリューナクは槍ではない」と言ってる人も多いね。「虚空の神々」の影響力がここからも読み取れる。そもそも「ブリューナク」を①エリン四秘宝の一つの「槍」 ②魔神バロールを倒した「石」 のどちらと捉えるかで答えが変わる話だけど。
sekiryo @sekiryo 2015年9月7日
ある件に対する反応を片っ端から拾ってくるという事が必要な時もあるけど、体験ではなく考察がメインなら感想は省いて重要な発言だけピックアップした方が見やすいと思う。マジかよ系は米欄でも出来るし。残りが250超えるとウヘェ…ってなるよね。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2015年9月7日
嘘を嘘と見抜けないと(Wikipediaを使うのは)難しい
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年9月7日
へーへーへー!これはタメになるまとめだ。マジで疑った事すらなかった、面白いなあ。がしゃどくろやAAのキャラクターと同じで、最初に創作した人が権利を主張しないと「最初からあった」ように浸透するから面白いよね。
にるば @nirvanaheim 2015年9月7日
コルムのはBryionak(こっちから攻めた方が色々いいのではないかとは思った
狼吼 @wolf_howling 2015年9月7日
Wikipediaや書籍にはこう書いてある!(キリッ て何で原典原語側にあたらないで証明になると思うのだろう?
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月7日
Brionachの意味がゲール語で「嘘つき」ってのは大爆笑だなw
trycatch777 @trycatch777 2015年9月7日
say_ya 「神話の武器の殆どは固有名詞を持ちません」ホントこれに尽きますよね。TRPGゲームシナリオなんかで「伝説の武器」「伝説のモンスター」とかでいろいろと名前が付けられたのが輸入されて、和製RPGなどから広まったのが多いですよね。
聖夜 @say_ya 2015年9月7日
trycatch777 D&Dや初期WizardryのLongsword+1がMacintosh/FC版でSword of Slicing(きりさきのけん)になるんですよね。
聖夜 @say_ya 2015年9月7日
そして4枚刃のフードプロセッサだったBlade Cusinart(クィジナート)はいつしかMURAMASA BLADE!(むらまさ)をモデルに鍛えられた名工カシナートの剣ということに・・・w
たまごをたべる @tamagowotaberu 2015年9月7日
wolf_howling 一般人が一次資料に当たるのは現実的に無理でしょうしそもそもそういう人は証明をする気もないんじゃないですかね。だからこそ二次資料を選ぶ目は備えておきたいものですが。
myrmecoleon @myrmecoleon 2015年9月8日
1873年に刊行された本に"Gae Buaifneach"という名のルーの槍が紹介されている。Buaifneachがブリューナクと読めるかはアイルランド語分からないので分からないが,字の並びはよく似てるので伝達の過程でBrionacに変形することは十分考えられる。これが元だとすれば健部氏の創作というのは言い過ぎな気がする。 https://books.google.co.jp/books?id=03QBAAAAQAAJ&dq=Gae%20Buaifneach&hl=ja&pg=PA324
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月8日
Gae Buaifneachか。これの初出は19世紀のオカリー。この人は前にもコメしたけどバロールを倒した「石」を魔法の弾丸「tathlum」にした人でもあるんだよなあ。19世紀なんて近代だしね。Gae Buaifneachが指してるのは③父を殺された贖いとして入手した「槍」だな。コルムのBryionakも敵に命中した後、自分の手元に戻ってくるという性質は③のGae Assailと同じ。
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月8日
あと水槌氏の幻想の武器博物館の受け売りになるけど「虚空の神々」が初出と思われる創作は「ブリューナク」名のほか、①エリン四秘宝の一つである「不敗の槍」と ②バロールを倒した「石」の同一説もあることを再度言及しておく。
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2015年9月8日
忍殺でいうと、ミヤモト・マサシの刀、ナンバンとカロウシみたいなもんだということか…
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月8日
同じく水槌氏の幻想の武器博物館の受け売りでクラウ・ソラスをヌアザに剣名にしたのも「虚空の神々」が初出。クラウ・ソラスは「輝く剣」の意味でアイルランド民話ではお馴染みのアイテムらしい。他の文献ではエリン四秘宝の一つであるヌアザの剣はルーの槍と同じく「不敗の剣」という性質の言及しかない。ヌアザの剣は「輝く剣」ですらなかった。「虚空の神々」から日本に浸透したイメージの影響は大きそう。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2015年9月8日
今でこそ外国語の音訳は比較的実際の発音に近く表記されるようになっているが、昔はゲームとかも結構翻訳ひどかったからなあ。(有名なところだとシャドウゲイトのベエマスはビヒモスの読み間違いとか)
黒虎(くろとら)@177t80 @177t80 2015年9月10日
コルムは未読だけどケルト神話からそのまま拝借した固有名詞とオリジナルが混在してるんだな。 それまでケルト神話の文献を読んだことがない人が コルム → 「虚空の神々」の順で読んだら 「あっ、あの名前はこれから取ったのか。」と思った中にブリューナクが含まれても不思議じゃない。 確信犯的な愉快犯というか。
カイント@サンクリE3a @EightKind 2015年10月1日
面白いので暇がある人は読んでみるといいと思います
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする