Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2015年9月6日

フレッシュプリキュア!雑感(再放送分)

再放送が始まったので。 気まぐれにメモ的な感じでまとめていきます。
テリー・ライス @terry_rice88

フレプリの再放送1話。作画リソース的にも、シナリオ面においても、導入口としては情報量が過密でもなく、かといって過疎でもなく、ただ「ラブがキュアパッションになって敵を倒す」というのみに注力したような展開。この展開の前段階として、長期シリーズのプロローグとキャラ紹介がある感じの1話。

2015-09-05 19:38:35
※訂正。キュアパッションじゃなくて、キュアピーチですね。なんで間違えたんだろうか…すみません。
テリー・ライス @terry_rice88

やっぱり情報の捌き方が非常にクレバーだなあ。とりあえず「女の子がプリキュアに変身するよ」って以外、ラブがどういう子なのかくらいしか情報が与えられてない。後々の説明のための布石とフックはきちんと用意してあるんだけど、1話じゃまったく説明しないで置く辺りとか。上手いよなあと。

2015-09-05 19:42:28
テリー・ライス @terry_rice88

ラブがどういう子なのかっていう描写から演繹法で、ラブの友達とか好きな事とか身の回りの環境のこととかが押し広げられてゆく一方で、プロローグのタルトたち、ラビリンスの面々の顔見世や、プリキュアのフレーズを散りばめている。イースの占いとかもそうだよね。。

2015-09-05 20:14:03
テリー・ライス @terry_rice88

フレプリって長距離の複線と短距離の複線、そのエピソードで即時解消される複線が交錯して、ドラマを組み立てるって言う1年4クールかけてやる長期シリーズのお手本みたいな構成してるのが最大の特徴で、情報量の足し引きがどのシリーズよりも群を抜いて、「きちん」としてる印象があるね、やはり。

2015-09-05 20:17:39
テリー・ライス @terry_rice88

フレプリの再放送2話。キュアベリー回。水着とシャワーシーンがあるのが問題になった回でもあるけど、おそらく比重はシャワーの方なんだろうなあと思う。水着は競泳用だし、ちゃんと泳いでるし(それをいったら、シャワーもランニングの後してるんだけど)、必然性のある描写だから問題はないかと。

2015-09-12 01:26:07
テリー・ライス @terry_rice88

やっぱり見てて思うのは、大前提である情報を小出しにしている辺り。パラレルワールドの説明とラビリンスが敵だよという情報、それに対抗できるのはプリキュアだけだという構図を物凄く噛み砕いて説明してる。まだ説明してない部分もあるんだけど、今は骨子だけ分かっていればいい話の作りをしてる。

2015-09-12 01:31:34
テリー・ライス @terry_rice88

その一方で、美希の人物紹介にエピソードを割いていて、前回のラブ同様、どういう子で身の回りの環境がどういう風になっているかの基本情報が提示されている。両親は離婚してて、弟とは折を見て会うくらい仲が良いとか。そういえばプリキュアの中で唯一だね、両親離婚設定。あまり生かされなかったけど

2015-09-12 01:45:36
テリー・ライス @terry_rice88

さらには前回、ミユキさんを助けたことでダンスを教えてもらえることになった事に代表されるように、エピソードの連続性があることにも注目。各話毎の過程と結果がシリーズ全体の流れとして生きるのがフレプリの上手いところだよなあと思う。で、今回はブッキーこと祈里への布石に使われている。

2015-09-12 01:46:17
テリー・ライス @terry_rice88

ラブにダンスチーム結成を誘われているのに難色を示しているのと、引っ込み思案な所、あるいは家(獣医)の手伝いとかが重なっている上で、今回の中で彼女の行動が次回への引きになっているし、展開にも繋がってくるからすごい。いや、割と基本的な事なんだけど、なかなか難しいんだよね。

2015-09-12 01:50:59
テリー・ライス @terry_rice88

1エピソードの充足感を高めるより、意図的に情報量を絞って、全体の連続性と関連性を積み上げていく進み方は手法的にはベタもベタだけど、今見ると新鮮、なんじゃないのかなあ。まあ、シリーズ構成にも人によって、やり方は様々なんだけどこういう物語のコントロールが後々利いてくるから面白い。

2015-09-12 07:40:11
テリー・ライス @terry_rice88

フレプリの再放送3話。キュアパイン回。物語の前提情報の繰り返しは設定を覚えこませるための定石だけど、この辺りの丁寧さは周到。今回は祈里の紹介編、なんだけどこれまでとは違って若干変化球な見せ方。どんな子かっていうのをある程度前回消化させ、引きを作っておいて、今回に繋げてる。

2015-09-19 23:10:18
テリー・ライス @terry_rice88

エピソードの主軸は彼女の引っ込み思案というコンプレックスを絡めた作りで、他の二人とは異なって、少し踏み込んだ描写に。普段の姿と彼女の短所を浮かび上がらせて、コントラストを生んでいるのが顕著な所。そういう悩みを解決するきっかけに今シリーズのアンタッチャブル、カオルちゃんの登場。

2015-09-19 23:15:00
テリー・ライス @terry_rice88

ラブと美希は基本的に親友である祈里を信じて、待っててくれているわけで、彼女が自分から踏み出せれば、解決できることが今回のエピソードの主軸なのね。けど、一人では解決できない大きな悩みだからこそ、きっかけが必要だった。というところで「ヒント役」であるカオルちゃんが必要となったわけ。

2015-09-19 23:20:25
テリー・ライス @terry_rice88

背中を押される「きっかけ」があれば、後は簡単。その絶妙な配置が機能してるのが物語の面白さになってるわけだから、楽しいのよね。このシリーズ。あと脇キャラの使い捨てがあまりないのもいいよね。今回のラッキーも再登場するし、そういう点ではリサイクルがうまくて、物語の推移が窺えるのがいい。

2015-09-19 23:24:45
テリー・ライス @terry_rice88

でまあ、祈里のフェレット嫌いっていう設定も後々膨らませてくれるから物語の「タネ」の拾い方が安定してるし、スムーズよね。さり気にラブパパもここで登場してくるし、サウラー・ウェスターという新規情報の小出しにしてるし、カオルちゃんといい周りの世界が広がっていくのが楽しい作りだなあと思う

2015-09-19 23:28:58
テリー・ライス @terry_rice88

フレプリの再放送4話。石平信司&田中裕太演出回でシフォン回。3人が揃い踏みしてなお、前提情報のおさらいをこれでもかとしつこくする展開は定型パターンを作ってから今回のエピソードを進めるという連続ドラマの定石みたいなものだよなあ。三人の紹介が終わったから今度はシフォンとタルト。

2015-10-06 21:25:05
テリー・ライス @terry_rice88

まだ3話分の積み重ねしかないけど、しっかり各話でのメインキャラの特徴を組み入れた描写してるのは上手いよね。特に祈里のフェレット苦手描写もきちんと利かせてる所がなんか楽しい。各キャラ性格にメリハリが付いてるので、会話のやり取りもなかなか面白いのよね。

2015-10-06 21:29:06
テリー・ライス @terry_rice88

さて、この回ではウェスターさんの初出動とシフォンが不思議な能力を持ってることと、後の作中におけるパワーアイテムであるドーナッツが初めてピックアップされるのとタルトとカオルちゃんの出会いがさりげなく組み込まれていることだなあ。メインの軸はシフォンと三人のドタバタなんだけども。

2015-10-06 21:32:52
テリー・ライス @terry_rice88

一番シナリオ的に上手いなあと思うのはタルトをほとんど出さずに存在感を作ってること。ドーナッツの美味さに感激して、三人の分まで食べてしまっているけど、ちゃんとその分を返すというのをストーリー進行の裏側でやってのけている所。ここらへん、物語上の「省略」の上手さが利いてる。

2015-10-06 21:36:04
テリー・ライス @terry_rice88

しかもこの省略によって、カオルちゃんとタルトのファーストコンタクトまで省いてるのが後の物語の旨みになっているのにはなかなか舌を巻くし、タルトがどういう風にドーナッツを買ったのかというのも、オチを含めて小気味よさがあるよなあ。

2015-10-06 21:39:15
テリー・ライス @terry_rice88

そしてあくまでメインのストーリーは「シフォンは不思議な赤ちゃん」というもので、もうひとつの物語を「隠している」のはこのシリーズの構成の巧みさがよく現れているエピソードだなあと思います。メインのストーリーも今後の布石でもあるし、やってることに無意味なことがないのが凄いなと。

2015-10-06 21:42:10
テリー・ライス @terry_rice88

まあ、地味回ではあるんですがね。けど、この回のラブたちのデフォルメ絵とか崩れた表情とか味わい深くてそこも好きなエピソードなのでした。

2015-10-06 21:43:36
テリー・ライス @terry_rice88

フレプリの再放送5話。大輔たち初登場&遊園地デート回。メインキャラの紹介が一通り終わったことで、何が導入されたかというといわゆる「外部の目」だと思う。いままではラブたちの「輪」を中心にしたエピソードが繰り広げられていたわけだけど、そのラブたちを対岸から見てる役割としての大輔たち。

2015-10-18 23:14:54
テリー・ライス @terry_rice88

なのでこの回の「視点」は大輔たちにフォーカスされていて、アバンの占い館でウェスターに占いをしてもらっている大輔たちで始まっているのもそういうこと。ラブたちを「外側」から見るのが男の子たちという配置。この回に関しては、すくなくともラブたちはドラマの進行役を担っていないのが面白い。

2015-10-18 23:20:58
残りを読む(9)

コメント