10周年のSPコンテンツ!

君はノストラダムス・ブームを覚えているか?

『ノストラダムスの大予言』が日本にどれほど大きな影響を与えたか、 今の若い人にはピンとこないらしいです。でも、忘れちゃいけないと思うんですよ。人々が熱中し、マスコミも持ち上げた挙句、最終的にオウムを生み出し、多くの人を殺傷するきっかけとなった、あのベストセラーを。
人文 山本弘 ノストラダムス と学会 トンデモ オウム 原田実 五島勉
157
原田 実 @gishigaku
地下鉄サリン事件・オウム真理教関連施設強制捜査・教祖他幹部大量検挙(95)の翌年の三大ベストセラーが『神々の指紋』『脳内革命』『猿岩石日記』だったりしたわけでオウム報道ラッシュがいらん蓋を開けてしもうて20年後の今はそこから出て来たものが文部科学省まで侵している感がある
原田 実 @gishigaku
なにか、あのオウム報道ラッシュでよく取りざたされた麻原尊師の予言「一億総オウム」は今の文部科学省によって実現しつつあるとかいうことか?
みさぽん@クド和風lll @Misapon07
@gishigaku あの当時でしょうか?大予言と言うどうみても怪しさ満点な本が、大ベストセラーだったんだと聞いて驚きました…
原田 実 @gishigaku
『ノストラダムスの大予言』(73)は単なるベストセラーという以上にロングセラーでしたね。1999年までコンスタントに売れ続けた。 @Misapon07
みさぽん@クド和風lll @Misapon07
@gishigaku そ!そんなに!?普通にトンデモ本にしか見えないのに……
原田 実 @gishigaku
wikipedia先生によると『ノストラダムスの大予言』シリーズ10本の各発行部数は次の通り ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E… @Misapon07
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@gishigaku @Misapon07 『トンデモノストラダムス本の世界』を書く時に確認したけど、1973年11月初版、1998年10月の時点で454版でした。
みさぽん@クド和風lll @Misapon07
@hirorin0015 @gishigaku 山本先生リプ有り難う御座います!なんとそんなにですか!?社会的な影響すさまじかったんでしょうねぇ…
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@Misapon07 @gishigaku 映画にもなりましたしね、『ノストラダムスの大予言』。しかも文部省推薦(笑)。 『ちびまる子ちゃん』8巻の「まる子 ノストラダムスの予言を気にする」の回が、当時の子供たちに与えた影響をよく表現してます。
諸葛 均 @policedoog1971
@hirorin0015 @gishigaku @Misapon07 小学生の時は30まで生きられないものと思っていました。
原田 実 @gishigaku
私の周辺でも40まで生きられないという雰囲気ありましたな。 @keisatsuken1971 @hirorin0015 @Misapon07
原田 実 @gishigaku
西丸先生、『ノストラダムスの大予言』シリーズで推薦文を書いておられましたね @Ra_koyama @keisatsuken1971 @hirorin0015 @Misapon07
みさぽん@クド和風lll @Misapon07
@gishigaku @Ra_koyama @keisatsuken1971 @hirorin0015 えっ!!そんな有名な先生が、あんなトンデモ(当時はトンデモなんて用語は無いんでしたっけ?)本に推薦文書いたんですか………(´・∇・`)
原田 実 @gishigaku
五島勉さんの著作の推薦文、作家や学者も含め当時の有名人ばかりですよ。 @Misapon07 @Ra_koyama @keisatsuken1971 @hirorin0015
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@gishigaku @Misapon07 @Ra_koyama @keisatsuken1971 森村誠一、落合恵子、野坂昭如、丹波哲郎、徳光和夫、志茂田景樹、黒鉄ヒロシ、川島なお美、小池一夫、高橋克彦、美内すずえ、井沢元彦、森口博子……。
みさぽん@クド和風lll @Misapon07
@hirorin0015 @gishigaku @Ra_koyama @keisatsuken1971 志茂田先生は…まぁ、なんとなく、わかる感じですが…野坂昭如先生まで……
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@Misapon07 @gishigaku @Ra_koyama @keisatsuken1971 野坂昭如氏は終末論の本を書いてる人ですからね。 こんな歌も歌ってます。 nicovideo.jp/watch/nm8645510
拡大
原田 実 @gishigaku
野坂先生、『終末から』創刊号で巻頭特集構成までやっておられますからね ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82… @hirorin0015 @Misapon07 @Ra_koyama @keisatsuken1971
みさぽん@クド和風lll @Misapon07
@gishigaku @hirorin0015 @Ra_koyama @keisatsuken1971 Wikiには「と学会関係者が俎上にのせるまでの長い間、問題点は指摘されることがなく」と書かれてますが、有名な推薦者達ばかりで問題点指摘するの大変なストレス掛かりそう…
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@Misapon07 @gishigaku @Ra_koyama @keisatsuken1971 いや、推薦者が怖いとかそういう問題じゃなく、単に「オカルト本なんかわざわざ手間かけて批判するだけの価値もない」と思われてただけですよ。
みさぽん@クド和風lll @Misapon07
@hirorin0015 @gishigaku @Ra_koyama @keisatsuken1971 言われてみればそうですねー!三流タブロイド記事を笑って読む人はいても、わざわざ目くじら立てて反論する人は居ないのと同じですね。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@Misapon07 @gishigaku @Ra_koyama @keisatsuken1971 ましてや僕みたいに、ノストラダムス本を何年もかけて百何十冊も買い集めたうえで批判する人間なんてめったにいない(笑)。
原田 実 @gishigaku
批判するために「江戸しぐさ」本を買い集めたという人もたぶんいなかったんだろうなとw @hirorin0015 @Misapon07 @Ra_koyama @keisatsuken1971
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@gishigaku @Misapon07 @Ra_koyama @keisatsuken1971 ですねー。嘘をつくのは低コストだけど、それを暴くのは大きなコストがかかるんですよね。 そう考えると、五島さんってうまい商売してるよなって思います。
残りを読む(17)

コメント

前野[いろもの物理学者]昌弘 @irobutsu 2015年9月10日
あのおかしな時代を覚えているはずの世代が、やっぱりまた何かに騙されてるという、ありふれた真っ黒な心の闇。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年9月10日
小さい頃からオカルト好きでよく読んでたけど、読むほどに色々調べるクセがついたので、最初こそビビってたものの、そのうち「あー、これって要するにUFOや心霊写真と同じ、単なる飯の種なんだなー」と判るようになったというか何というか。毒は早いうちに受けてさっさと克服しておかないと、抜けるに抜けない状況になるのかなと。
taka @Vietnum 2015年9月10日
1999年のノストラ騙すと21世紀到来で、どれだけ世界が変わるかと期待したのに、なんも変わってない件について……。
BUFF @geishawaltz 2015年9月10日
と学会さんのノストラダムス本にもだいぶ助けられたな。最後の毒抜きになってくれた。
シネサル(補助金不交付なので表現の自由がないアカウント) @cine_sal 2015年9月10日
神秘主義にハマるのは、裏を返せばオカルト商売の金づるになってバカにされてるのに、信じる事で自分が一段高いレベルの人間だと感じる欲望の方が勝っちゃうから、裏に気づかないのだろう。
e10go @e10go 2015年9月10日
高木彬光の「ノストラダムス大予言の秘密」は、おもしろかったよねえ。 http://www42.atwiki.jp/nostradamus/pages/2140.html
言葉使い @tennteke 2015年9月10日
予言はともかく2巻だっけかのローマ帝国史は歴史が好きなる一因になったし、フェリーニのサテュリコンもこの本で教えて貰ったし。
シネサル(補助金不交付なので表現の自由がないアカウント) @cine_sal 2015年9月10日
オウム事件発生後も、マスコミは真剣に分析して再発防止を目指すのでなく異質ぶりを強調する報道したり、放射脳の危険ごっごを見るにつけ、事件は他人事の人達には娯楽の要素が大きいのだろ。
江頭キチジロー @yanagomi 2015年9月10日
高木さんの本は高校時代の自分の迷妄に楔を打ってくれた。もっともそれと同時にSFとかムーとかを古本屋で買い漁ってハマっていたんだけどねw
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月10日
補足。『ノストラダムスの大予言』について、若い人に誤解してほしくないのは、ごく一部の頭のおかしい人間だけが信じたわけじゃないってこと。200万人以上の日本人が読んで、多くの有名人が推薦した。映画版は文部省が推薦した!
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月10日
五島氏の本を読んでいなくても、他の本やテレビなどから、間接的に「1999年 人類滅亡」という予言を刷りこまれた人は、何百万もいると思う。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月10日
五島氏がシリーズの中でついた嘘のひとつが、「救世主は日本から現われるとノストラダムスは予言している」というもの。実際にはノストラダムスはそんなことは言ってないし、そもそも日本になんかまったく触れてない(当たり前だ、16世紀のフランス人が日本のことなんか気にするか)。
シネサル(補助金不交付なので表現の自由がないアカウント) @cine_sal 2015年9月10日
過半数の人が滅亡予言を信じると公言したらしいが、皆将来の為に貯金したり学校行ってた。騙されたと言うより自分の言動不一致とその原因である自己満足を反省すべきだが、せずに過ちは繰り返される。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月10日
でも、その嘘に騙されて、自分こそ救世主だと名乗るカルト教祖が何人も現われた。その一人が麻原彰晃だった。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月10日
五島氏が『ノストラダムスの大予言』という本を書かなければ、地下鉄サリン事件は起きなかったと思う。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月10日
あんな事件があったこともあり、1999年7月になったら大きな騒ぎが起きるんじゃないかと、僕は真剣に危惧していた。だって潜在的な「ノストラダムス信者」は何百万人もいるのだ。オウム真理教徒よりはるかに多いんだから。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月10日
1999年が近づくと、さすがにマスコミも危険を感じてきたらしく、ノストラダムスの予言を打ち消す情報を流すようになった。僕も何度もテレビに出た。そうしたマスコミの努力のおかげか、1999年7月になっても、大きな事件は何も起きなかった。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月10日
ある人から「五島勉って今、何してるんですか?」と訊かれたことがある。吊し上げられるのを恐れて外国にでも逃げたんじゃないかと思ってたらしい。「いや、今でも本出してますよ」と言ったらびっくりしてた。 http://www.amazon.co.jp//dp/4396615353/
ToTo @toto_6w 2015年9月10日
掌のシワに十字架ネタは2だったかなぁ。今でも右手にバッチリ十字架があるw 映画も見に行った、が訳わからん内容だったw
言葉使い @tennteke 2015年9月10日
記憶が不確かだけど、日テレが日曜お昼にノストラ特集番組をやって、愛川欽也さんが司会をやって、五島さんも出演した。番組無いでSFパニック映画も紹介されて、「メテオ」他一本だと思うけど、高島忠夫さんが「こういう映画が作られるのも、みなが不安に思っているからではないか」とコメントしていた。この番組のエンディングでドボルザークの「新世界より」第四楽章が流されて、クラシック音楽に興味を持った。
吃喝嫖賭はやし @PKer_hayashi 2015年9月10日
頭のおかしいのはどこにでもおるからなー。ちょっと仏教を勉強すれば麻原の教義のむちゃくちゃさは理解できると思うんだが。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年9月10日
人類滅亡の理由が「火星からアンゴルモアの大王がやってきて、人類を攻め滅ぼす」という話になったときに一気に目が覚めた(笑)けど、「人類滅亡」を実現させるために凶行に及ぼうとした人間たちが実際に存在した事実は忘れちゃダメよね。いわゆる「1999年の予言」を本気で信じてた人は少ないと思うけど、不安に思っていた人たちは確かにいて、その不安につけこんだクズもまた確実にいたのよね。
江頭キチジロー @yanagomi 2015年9月10日
1973年のフィーバーは知らないけど、その余波をテレビ番組や学習誌経由で受けていた子供時代だった。おそらく多くの人がそうしたように、「1999年に自分は何歳になって何をしているのだろう」と思いを馳せていた。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月10日
あれだけたくさんの嘘をついて読者を騙しまくったにもかかわらず、業界から干されることなんかなく、本を出し続けていられるんだよ。さすがに昔のようにベストセラーは出ないけどね。
そおさり @sos35r 2015年9月10日
そう言えば予言で富士山が噴火する日だとかでライブ中継していた放送局があったような。
吃喝嫖賭はやし @PKer_hayashi 2015年9月10日
ソ連が崩壊してから「真の社会主義ではなかった」的な言説も似たようなもんか?
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月10日
それに五島氏には、その手法を受け継いだ、いわば「後継者」が何人もいる。今なら関暁夫とか。 オウム事件から20年も経って、もうマスコミも大衆も、過去の教訓なんか忘れてる。人は何度でも騙され、歴史は何度でも繰り返す。
ヒビノノゾム @mei_remist_Noz 2015年9月10日
冷戦期と重なってるから核戦争の恐怖と結びついてかなりビビってました。五島氏に会えたらデコピンくらいはさせて欲しい。
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2015年9月10日
しかもオウムに従ったのはある種の知的エリート達だった訳で。みんなこの辺りもスルーするよね。どうしてかな?
とくがわ @psymaris 2015年9月10日
個人的には五島氏とキバヤシ氏が社会に与えた影響が大きかったと思う。もっともMMRはガチにヤバいネタ踏んでその回御蔵入りなんですが。そのガチにヤバい件とはオウムなんだよな。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年9月10日
「その日○終わり、悲しきかな」…… ○は地球のことだよきっと。
言葉使い @tennteke 2015年9月10日
1970年代って、日本では自民党がはるかに強い力を持っていて、安保闘争で革命が無力だったことが解っていた時代でしょう、そこに天変地異で地球が滅ぶって、政治も変えられないのに地球滅亡なんてもっとどうしようもないじゃないか感があったんじゃないかなぁ。オウムに参加したエリートたちだって、社会を変えられない無力感憔悴感に駆られたあげく入信したと聞くし。でも考えすぎかな。
言葉使い @tennteke 2015年9月10日
kusamura_eisei いまだって #SEALDs なんて大学生高校生が、戦争法案だとか徴兵制だとかのデマに踊らされてますがな。
野浦湘 @nora33371216 2015年9月10日
過去の教訓は別の意味で活かされているかも。「こうやって煽れば大衆やマスコミに受けて大儲けできる」って。
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2015年9月10日
mjで五島勉に損害賠償を請求したい(家にあった「大予言」シリーズでだまされた
江頭キチジロー @yanagomi 2015年9月10日
「後継者」といえば、川尻徹を指摘したい。かれはノストラダムスの詩集に加え浮世絵や『奥の細道』から「予言」を読み取っていたんだけど、しまいには読者からの手紙からも「メッセージ」を読み取って、そのための補助線を引きまくった便箋の異様さに、弟から借りて読んだ当方も引きまくったよw
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2015年9月10日
7末生まれだから四捨五入して大台乗る前に死ねるな…とか考えてたころもありました。
9さん @930_jp 2015年9月10日
(ご参考に) 訪れなかった「世界の終わり」 その歴史をたどる(12枚) http://www.cnn.co.jp/photo/10000202.html 超常現象の謎解き|終末論 http://www.nazotoki.com/doomsday_prophecies.html
アザラシ@毒 @AzaraSeals 2015年9月10日
90年くらいまで真剣に悩んでたけど、MMRのおかげで逆に冷静になれた記憶がw
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2015年9月10日
ノストラダムス…というか終末論や陰謀論がなければMMRも生まれなかったと思うと、やや複雑な気分ではある。まぁ、ノストラダムスの予言の問題は、終末論や陰謀論が宴席の場のヨタ話に終わらず、社会を動かすほどの影響力を持ったところだってのは、一応ワカッテマス
HANATARAY @hanataray 2015年9月10日
ま~教科書にサムシンググレートなんつーヨタが乗っかるようじゃ科学立国どころじゃない
うぺぽ@2月GFオンリー出たい勢 @upepo2010 2015年9月10日
昔のKバヤシ「このことはノストラダムスの4行詩にも書かれているんだ!」 最近のKバヤシ「ノストラダムスの予言は1999年を指してはいない!」「時空を超えて何度我々の前に立ちふさがるんだノストラダムス!」
うぺぽ@2月GFオンリー出たい勢 @upepo2010 2015年9月10日
マイナーだけど世紀末の詩ってドラマで死への恐怖と生きてる人への嫉妬から出鱈目予言を書いたって設定で出てきたなあ>ノストラダムス
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2015年9月10日
『嘘をつくのは低コストだけど、それを暴くのは大きなコストがかかる』 言われてみれば、確かになー
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2015年9月10日
影響という意味ではやはりテレビが大きかったと思う。今に比べてテレビが家庭での娯楽に占める割合が非常に高く、老若男女みんなテレビの影響を多かれ少なかれ受けた。そのテレビでノストラダムス特集もやっていたし、矢追純一スペシャルのUFOシリーズもやっていたし、「霊能力者」による「除霊」といったオカルティズムも、あるいはユリ・ゲラーの「超能力」に端を発した超能力ブームも、全部やっていた
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2015年9月10日
今はテレビ業界の内部的な申し合わせなどでオカルトの扱いにはいろいろ基準が設けられていて、全面的に肯定的な内容が放送されることはほぼなくなっているらしいが、一時「スピリチュアル」ブームのころにそれに関して疑問が出されたこともあり、まだ曖昧な部分もある
くう朝さんってさ、センスはあるけど不器用だよね @ichbinfumikun 2015年9月10日
いちばん最初のツイートを見て思うのは、猿岩石の片方が芸能界で再浮上、現在も生き残ってるなんてだれが予言しえたであろうか
ささきん @sasakichieda 2015年9月10日
人一倍緊張に弱かったんだけど、高校受験失敗しても数ヵ月後に地球滅びるからいいやーって開き直れたおかげで第一志望に受かりました。ありがとうノストラダムス
そおさり @sos35r 2015年9月10日
tennteke 考えすぎっすね。共産革命の夢が潰えたのは冷戦の終結とソ連崩壊からです。それと、オウムが選挙に打って出たのは1990年。この頃は雨後の竹の子のように少数政党が乱立した時期で、1993年には8党連立の細川政権が誕生し、それに対するカウンターで1994年~1998年自民党、社会党、新党さきがけによる自社さ政権が誕生します。強い力、なんてとんでもない。自社さ政権とは村山談話を述べるに至った政権であり、かの阪神淡路大震災で希代の大失態をやらかした政権です。
言葉使い @tennteke 2015年9月10日
sos35r え?革命が潰えた=学生運動の挫折で、オウムが選挙に出たときと、分けて書いてますけど?
言葉使い @tennteke 2015年9月10日
日本共産党が武力闘争を放棄したのが1955年の六全協で、東大落城が'69年で、以降日本で共産革命を冷戦終結まで夢見てたのって、一部過激派であって、もう大衆は興味をなくしていたと思っていたのだが、違うのか?
ささきん @sasakichieda 2015年9月10日
1999年のお正月、「あれ?例年と変わんない、世界滅びる空気ないな?何だやっぱ嘘じゃん!」って空気が流れてた記憶。確か隕石激突説が最有力だけどNASA的な研究機関からそんな隕石来てないってTVでいってたんだよね
そおさり @sos35r 2015年9月10日
NHKで放送していた「ニッポン戦後サブカルチャー史」http://www.nhk.or.jp/subculture/ でエヴァンゲリオンや岡崎京子の漫画に引かれる構造を説明した時は、享受する理由、裏付けがないままバブル経済に突入したので「いつかこの時代が終わってしまうのではないか」という不安感が終末思想に引き寄せられたのでは、という解説をしていたけどこっちの方が感覚的には納得します。
Naoki_O @nananao2236 2015年9月10日
もし、ノストラダムスの大予言がなかったら、オウムも、今日の反科学/オカルト指向がどうなっていたかだけど、僕は、実はそう言う指向は常に多くの人々の中にあって、ノストラダムスはただ、彼らにすがるべき形を与えただけなんでないかと思うのだな。であれば、いずれ、別の形の終末予言なりカルト教義なりが現れて、取って代わるだけの歴史があったのではなかろうか
三楽斎 @nekokagetora 2015年9月10日
日本で最大の発行部数を誇るオカルト誌を発行している会社が日本で有数の科学教材を多数発行している会社であることの矛盾。科学とオカルトは紙一重なんですよねー。学○のおばちゃんの大予言を是非発行してほしい。
そおさり @sos35r 2015年9月10日
tennteke 自分が聞く限りですとあさま山荘まではマスコミは学生運動よりだった、と。(映画「突入せよ!あさま山荘事件」での作者の佐々淳行氏の目線では少なくともそう)あさま山荘事件で総括、つまり内ゲバリンチが発覚し、学生運動に対する目線は厳しくなったと聞いてますが、サザエさんの四コマ漫画でもメーデーは普通に出てきますよ。つまり70年代までは労組活動には好意的だったんじゃないすかねえ。週休1日&就労時間も今より遙かに長かった時代ですし。
たろー @hanpa64 2015年9月10日
1999年生まれがもう高校生という事実に、なんか打ちのめされている。
もこもこ@小説家になろう @roberobe789465 2015年9月10日
ウルティマオンラインに没頭していたら何時の間にか1999年の7月が終わっていました。電話代は6万円を超えていました
CV-15 Randolph @RandolphCarter 2015年9月10日
なんか毎回「日本だけは助かる」って話になっててさすがに違和感覚えたわ。
ケイ @qquq3gf9k 2015年9月10日
ノストラダムスの大予言やMMRにしても今読むと最高のギャグ漫画です。
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2015年9月10日
「大予言」シリーズは中高生の時に6巻目ぐらいまで読んだクチだけど、あまり「騙された!」って感じじゃなかった。かえって世界情勢とか歴史とか、はたまた天文学とかの勉強のきっかけになった。いまでもふとしたきっかけで、一節を思い出したりしてる。
言葉使い @tennteke 2015年9月10日
sos35r それは解りますけど、労働者の権利意識とかにスケールダウンしたんじゃないかなぁと。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年9月10日
60年代生まれで、オカルトにハマったんだけど、ノストラダムスだけはハマらなかった。ていうのも、なんかSFの設定みたいで。デビルマンとか、ちょっと違うけど W3の反陽子爆弾で地球がなくなっちゃうとか。だから、逆に、すごいSFより設定がチャチってイメージ。
taka @Vietnum 2015年9月10日
ノストラダムスの大予言 ≒ SEALDsによる不安を煽る戯れ言
オブジェクト@図書館はいいぞ @oixi_soredeiino 2015年9月10日
「スカリー、雰囲気にカタチを与えることを妖怪化とするなら、ノストラダムスの大予言も立派な妖怪かもしれない。これは政府の陰謀だよ」「モルダー、あなた疲れてるのよ」
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 2015年9月10日
ドラえもんでもノストラダムスの大予言を取り上げた話あった。 ゲンジ通信あげだまってアニメでもベースにしてたし、 アニメではレイズナーとかライガーとか、1999年に何か破滅的なことが起こるようなの多かったな。 ヴィジュアル系が流行ったのもちょうどこの頃で。
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 2015年9月10日
恐怖の大王はスイングバイに失敗するカッシーニ、という噂があったのでネットで更新しつつ その行方を見守ってましたよ。今から考えると笑える話なんですけども、 1999年7月が無事に過ぎるまでは気が抜けない何かは多くの人が抱えてたんじゃないかと思う。
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2015年9月10日
流行ってたのは知ってるけど、まったく興味が持てずに読もうと思ったことすらないんだよなあ。なにが書いてあったのかがこの記事のせいで少しだけ気になる(笑)
Karasu @karasu15794066 2015年9月10日
TV屋はオウムで懲りずに未だに心霊商法爺の美輪明宏だの江原啓之だのを出演させてるな。
BUFF @geishawaltz 2015年9月10日
『大予言』が大流行したのは、公害問題の顕在化とオイルショックで太平楽な高度経済成長の夢が破れた最悪のタイミングで世に出たからって部分がいちばん大きいかと。そうでなければ凡百のオカルト本に埋もれていたかもしれない。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年9月10日
なんかの批判本だったかで「ノストラダムスの予言は現実に起こることの予言ではなく、日本のアニメ漫画の物語の予言だ」ってのがあって納得した思い出w
雨男 @ameot0k0 2015年9月10日
ちびまる子ちゃんのエピソードが当時の世相の全てかと。まる子みたいな信じやすい子が信じて「1999年に滅亡なら遊んで暮らす」宣言し冷めた目のお姉ちゃんや家族が「何も起きなかったらどうすんの」とツッコミ
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2015年9月10日
geishawaltz いや、その前に「日本沈没」が流行ってるんですよ。もちろん、ずっと設定が緻密。だって、本当は、沈没した後の「さまよえる日本人」を書くはずだったのが、沈没させるだけで大作になるくらいだから。
中敏悟 @shiwazanin 2015年9月10日
「世界は1999年に滅ぶ!」って断言されちゃうと、実際1999年が過ぎてみるまでは「確実に間違い」とは言い切れなくなるわけで、信じた人はその時まで不安感が続くという胸糞悪い商売でしたね。その期限指定を取っ払って、それこそ死ぬまで不安が続くようにしたのが「お前はいずれ放射能で死ぬ!」とかああいうアレ
BUFF @geishawaltz 2015年9月10日
sir_manmos ああ、それもありますね。あのころ時代が一気に暗くなったような心地がして、子供心にもきつかったのを憶えてます。(プラモマニアだったから、プラモの値段がガンガン上がっていったのも悲しかったw)
漫遊人 @manyujin 2015年9月10日
ムカシ文部省、イマ文科省、ですか。。。
CD @cleardice 2015年9月10日
確実にその通りになるとは思わなくても「もしかしたら・・・」というひっかかりはあったなあ。信じる/信じないの単純な二極化で語れるものじゃないと思う。
アロイジア @aloisia530 2015年9月10日
五島勉氏は私の出身高校(厳密には前身の旧制中学ですが)のOBの1人です。
ボトルネック @BNMetro 2015年9月10日
以降、近未来もので1999(あるいは199X)年に何かが起こって云々ってのが大量にあったことが、あの「大予言」の影響が大きかったことを示していますよね。有名どころだと北斗の拳とかメガテンとか。ヘビメタバンドの聖飢魔Ⅱもそう。2000年でなく1999年に解散、結局年末まで延びたけど当初は「1999年7月に解散」の予定だったし。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年9月10日
そろそろ正しい翻訳書が岩波文庫あたりから出て欲しいですね。
kou @kou1773585 2015年9月10日
オウムならノストラダムスの予言が無くても、他の預言書や終末思想からネタ引っ張ってくるだろうな。あれはキリスト教と仏教の表層とサブカルを混ぜあわせたようなものだし。
nm1nkanjinnno @nm1nkanjinnno 2015年9月10日
私も冥王星の原生林で王蟲やラピュタのロボットとよく戦ったものです。
foxhanger @foxhanger 2015年9月10日
ちなみに「恐怖の大王」の解釈に関しては、Wikipediaに項目が。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%90%E6%80%96%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%8E%8B
FX-702P @fx702p 2015年9月10日
五島勉の大予言シリーズは中学生の頃3が出た頃に2,1,3の順で買って読んで、5くらいまでは追っかけてたかな。でも当時内容を信じでたかというとそうでもなかったというか、今思えば小説と同じ感じで読んでたんですかね。「謎の超古代帝国アスカ」とか。「地球少年ジュン」とか電子書籍で出てくれないかな。
signal9.jp @Signal9J 2015年9月10日
ふと思い出したが、終末論の対極、A.ベリーの「一万年後」もカッパ・ブックスだったんだな。 これもそこそこ売れてた記憶が。 商売うまいなぁw
ひきがえる @ikebukuronomori 2015年9月10日
この年は、コンピュータの「2000年問題(Y2K)」なんかが流行って…。
フレーバー @stflaver 2015年9月10日
60年代か70年代の子供向け雑誌に、車が空を飛ぶような『近未来の社会はこうなる』的な記事と同じように『地球滅亡するならこうだ』みたいな記事がよく載ってたらしいんですが、本当なんでしょうか?そうだとすれば潜在的な需要みたいなものがあっても不思議じゃない気もする。高度経済成長とは裏腹の東西冷戦や四大公害病に代表するような環境問題なんてのもあったので、それと合わさると下地はあったのかなと
農民(内調用トウモロコシ) @no_mi_n 2015年9月10日
小~中学生の頃だったか。普通に信じてたなぁ。その年の正月の新聞に堂々と大きくデタラメとか言う記事が載ってた(見出しだけぼんやり覚えてる程度)からそこから「あぁ嘘だったんだ」って分かったけど。
とっち.opanpon @totty2nd 2015年9月10日
コソボ紛争が始まった当時「いよいよノストラダムス降臨じゃね?」みたいな感じでクラスでみんな騒いでたな。あの頃はアンビリで毎週のようにノストラダムス特集やってたし。確か何かのアニメのグッズで1999年の8月12日までしか日付がないジョークカレンダーもあったな。
もうだめぽ @moudamepo150701 2015年9月11日
1999年に滅亡のはずなのに2038年だかの予言もあったって聞いたがどうなんだろうか?
はいん・まいやー @reisacker 2015年9月11日
世紀末ブームみたいなものがありましたね。 なんで、西暦で世界が滅びなきゃいけないんだというw 皇紀やイスラム暦の立場がないw
トラベラー @Traveller3110 2015年9月11日
小学校の頃なぜか家にあったなぁ。突っ込みどころ満載で、とても信じられるような内容じゃなかったけど、不思議な魅力があって何度も読み返したよ。しかし、本気にしてる大人がいると知ったときは、心の底から驚いた。
康芳英 @y_yoshihide 2015年9月11日
五島勉のノストラダムス本は確かに面白いのよ。かなり強引な詩の解釈を行って、アンゴルモアの大王が来たあとも人間は滅びないし、その頃中東では日本製の銀の犬みたいなものが活躍するから日本も大丈夫みたいな事言ってたはず。秘密を握るフランスのルシフェロンという組織と接触出来たとか突拍子もない展開もあったりしたし。
康芳英 @y_yoshihide 2015年9月11日
2001年9月11日、あの日深夜のテレビの前でノストラダムスの予言が現実になったと思った人は私以外にもいたかもしれない。
藁科 英司 @hamanako 2015年9月11日
終末思想をエンタメとして消費した先にオウムがあった、という時代ではあったと思う。偽科学と向き合う時に思い出したい
橇山宗太郎(嘘つきクレタ人) @Ifniyat 2015年9月11日
終末願望って誰にでもあるんじゃないかと思う。その内容は人それぞれなんだろうけどさ。
佐藤寛 @kikainoash 2015年9月11日
山本弘批判サイトを作った方が良さそうだな。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年9月11日
原田実氏@gishigaku が書いてる「アンゴルモア」の意味は本来そうで、だから解釈の非主流説としてあった「モンゴルを意味するのだろう」という説も事実じゃないのだろうが、困ったことにそれを承知の上で、元寇を描いた漫画が「アンゴルモア」と題され、しかもさらに困ったことに、近年特筆されるような人気の傑作になりそうなのだ(笑) http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_KS00000007010000_68/ どーしたもんかね。
こんたん @kontan8823 2015年9月11日
「巨泉のこんなものいらない」でも特集してたな。恐怖の大王の正体を異常気象としてたけど。
佐とさん @satosan_oidame 2015年9月11日
友人が「ストーリーが『1999年~』から始まるゲームはクソゲー」説を唱えてたなぁ。
佐とさん @satosan_oidame 2015年9月11日
「何でこんな本が売れたんだ?」「どうしてこんなの信じたんだ?」って疑問については、当時の時代背景も合わせて考える必要があると思う。高度経済成長の歪でオイルショックや公害や環境破壊が問題になったり、東西冷戦で軍備拡張や核兵器配備で世界的な危機状態に陥ったり、そういった「これから未来はどうなってしまうのだろう」という社会に不安が溢れた所に『終末予言』がかみ合ったんじゃないかと。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年9月11日
ノストラ話では常識のことも、このスレではおさらいすべきだな。ぜひ未見の世代はドーゾ。ある意味、すごくリアルですよ、この話って。/ちびまる子ちゃん「まる子、ノストラダムスの予言を気にする」https://www.youtube.com/watch?v=rz_7aVP4Q-I https://www.youtube.com/watch?v=waaJquHMaic
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年9月11日
原作エピソードは『1990年11月号に掲載され、単行本 (りぼんマスコットコミックス) では第8巻 (pp.36-51) …文庫 (集英社文庫〈コミック版〉) では第5巻…』とのこと。http://www42.atwiki.jp/nostradamus/pages/2018.html 我々の世代では、ノストラダムスへのカウンターといえば「と学会」(こちらも重要)の本とコレだったけど、今の世代ではやはり再度いわないとね。
結城あすか @pixytale 2015年9月11日
フランス語の意味不明な四行詩が1000個近くもあって、それにもっともらしい解釈付けて「こんな恐ろしい予言が……」とか煽るのは、知的好奇心を刺激する遊びだったな。まさか本気で人類滅亡を信じてる人がいるとは思わなかったけど。
中乃井みあき/己丑より @nakanoi_miaki 2015年9月11日
五島勉氏の「ノストラダムスの大予言」シリーズはユダヤ陰謀論がメインテーマではないけれど、間接的とはいえそれに触れた本としては日本で一番売れたシリーズではないか。「日本から救世主が誕生」は2015年現在でも同様な主張してる例があるある。
白金桜花@四日目 西『む』24b委託 @YamanekoOuka 2015年9月11日
色々あったけど正直ノスタルジックさを感じるネタだった
漫遊人 @manyujin 2015年9月11日
cine_sal そうです。何も知らない若い人たちには、放射脳デマが「大予言」ブームと相似的であると言った方がいいですね。広瀬隆や武田邦彦は、五島と同じ穴の狢だって。
漫遊人 @manyujin 2015年9月11日
フクシマがチェルノブイリだと未だ言ったり信じてる人たちと、同じノリが「大予言」ブームにもあったんよ。甲状腺がんガーと言ってる人たちを見るにつけ、「大予言」ブームの時に、もうすぐ人類は滅亡するぞと真顔で迫っていたヤツらを想起して、な………
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年9月12日
hirorin0015 どうもありがとうございます。いろいろ調べたら『ノストラダムス 予言集 (岩波人文書セレクション) 』は1999年7月15日に刊行されたものに追記分があるものらしいですね。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年9月12日
ontheroadx 前に出たバージョンは持ってます。いい本ですよ。非常にまともな研究書です。
konoe @konoesyu 2015年9月14日
もはや「ノストラダムス」と「人類滅亡」ってセットになってる感がある。そんなこと本人は書いてないんだけど。
ChanceMaker @Singulith 2015年9月14日
いつの世にも「こんな世の中なくなっちゃえ!」という終末願望を持つ人は居るんですよね。今は放射脳連中がそうですね。
大海笑(鬱展開超苦手) @daikai31 2015年9月17日
正月にピクシブで「恐怖の大王=となりの山田くん」説をブチ上げましたが、見事に黙殺されましたわ。 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=47944474
渚稜 @nagisaryou 2015年9月21日
94年頃に週刊SPA!で「99年人類滅亡の予言を信じるか」というアンケートとったら、なんと70%の人が信じると答えてました。逆に言えば、あれ以降終末系の予言ネタがまったく盛り上がらないのも、ノストラで免疫ついたからかもしれません。2012年のアレも日本じゃ全然でしたし。
うすら @usura01 2016年5月25日
五島さん同じネタで40年近く引っ張ってんのか もう教祖になっててもおかしくないかい?
石膏粉末P@11/23ゲームマーケットT01 @sekkou_p 2016年5月25日
「1999」という数字も、終末感の演出に一役買ってたと思います。
藤埼 識@臥薪嘗胆 @FJyamimo 2017年6月21日
個人的に五島勉を凄いと思うのは、予言の日を過ぎても、誰からもリンチされなかった、と言うところ(マテ)
KAIJIN28GOO @babel3sei 2017年8月14日
「原作」?の「大予言」読んで、1999年は2000年の事かもしれない、と書いてあったか所でDON引いた。それなら、2001年の9.11テロはどうなんだい?北朝鮮が恐怖の大王をプレゼントするかもしれないし。
KAIJIN28GOO @babel3sei 2017年8月14日
オウム関連の本をあれこれ読んでいた時、元オウム信者で、ノストラダムスの予言と東洋占星術の一致を調べるタスクを上層部から指示された男が、阪神大震災の発生を言い当てたというが。なら、東北の震災や 同じ年のニュージーランドの地震、当てたの?
yousuké@ビースト戦士 @yt00k 2018年7月22日
認めたくない人もいるだろうけど90年代のノストラダムスブームの頃のほうがまだ世の中が平和だった気がする。
キルゴアさん @KilkilGoregore 2018年7月22日
当時は学研も小学館も、小中学生向けの雑誌でノストラダムスの大予言を五島勉の言う通りに流して子供にトラウマ植え付けまくってたからなあ。
jpnemp @jpnemp 2018年7月22日
Neko_Sencho どら焼きじゃねぇか!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする