10周年のSPコンテンツ!
49
kazutomi @kazutomi
高校生にも多分わかる「安保法制は違憲かどうか」。連投します。高校生に自分が説明するならこんな感じ、というものです。私自身の考えとは実はちょっと違う(^^;;
kazutomi @kazutomi
国会での安保法制の話には自衛隊が出てきます。自衛隊はもちろん武器を持っていますが、日本の憲法9条には武力の放棄が書いてありますね。安保法制が違憲かどうかより先に、自衛隊がそもそも違憲ではありませんか?
kazutomi @kazutomi
現在、国会も政府も裁判所も、自衛隊を違憲とは見なしていません。日本が自衛するのは違憲では?という裁判が過去にありました。最高裁はその裁判の判決で「日本は主権国として必要な自衛を、国際情勢に応じて、平和と安全を守るためにふさわしい方法で行える」と憲法を解釈しました。
kazutomi @kazutomi
さらに最高裁は、同じ判決で、「国防など国の存立に関わる高度な政治判断は国会と政府の仕事で、はっきり違憲と分かる場合を除いて(たとえば、明らかに他国を侵略する目的の法律を作るとかでない限り)裁判所が違憲かどうか判断すべきでない」としました。これが砂川判決です。
kazutomi @kazutomi
この判決によって、国会と政府は、日本の平和と安全を守るために適切な自衛の方法を決める権限を持つことになりました。国会や政府が「自衛のために適切な方法だ」と判断したものは違憲にはなりません。ですから、国会が法律を作って、政府が設置・運営している自衛隊は違憲ではないのです。
kazutomi @kazutomi
この判決の筋道に従えば、いま政府が提案している安保法制も同じです。国会では、これからの国際情勢に合わせて必要になる自衛方法が議論されています。その自衛方法が日本の平和と安全を守るのに適切だと国会が認めれば(そしてはっきり違憲でない限り)、やはりそれは違憲ではないことになります。
kazutomi @kazutomi
提案されている安保法制には集団的自衛権が一部含まれていて、それが違憲ではないかと問題になっています。砂川判決では「日本は自衛権をもつ」としていて、集団的自衛権について違憲だとは言っていません。そして憲法も、集団的自衛権をはっきり違憲とはしていません。
kazutomi @kazutomi
はっきり違憲ではなく、違憲かどうかを決める権限をもつ国会で結論が出ていないので、安保法制は現状では「違憲か合憲か分からない」状態なのです。
kazutomi @kazutomi
ポイントは、政府が提案している安保法制が定める自衛の方法が、現在の国際情勢の中で日本の平和と安全を守るのに適切かどうか、です。適切だと国会が結論すれば、政府と国会の権限によって合憲となります。不適切なら違憲ですから、法案を修正するか廃案にするしかありません。
kazutomi @kazutomi
では、いま「安保法制は違憲」と主張している人は、安保法制が「日本の平和と安全を守るには不適切だ」と示せているでしょうか? それができれば違憲である根拠になりますが…どうも、理由もなく、ただ自分がそう思うというだけで「違憲だ」と言ってる人が多いように思えます。
kazutomi @kazutomi
皆で魚釣りに出かけたとしましょう。魚が釣れました。ちょっとフグのように見えます。フグでなければその場で焼いて皆で食べたい。じゃあフグかどうか調べたり検討したりしよう、というときに、「フグなんだからフグに決まってる!」と言う人がいたらどう思いますか。それと同じように見えるのですが…
kazutomi @kazutomi
憲法の解釈は、日本というこの国の日々の動きや私たち国民の日々の生活に大きな影響を与えます。その解釈は、憲法ができてから何十年という時間の中で、国の現実とともに定まり、また逆に国のかたちを定めてきたのです。
kazutomi @kazutomi
そのような、現実の国のかたちと憲法のあり方を考慮することなく、条文の字づらだけを見て自分なりに分かったような気になっても、それはこの国における正しい憲法解釈にはなりません。
kazutomi @kazutomi
まとめます。日本という国では、国防など高度に政治的な事柄の一部については、裁判所は違憲かどうかの判断をせず、その判断は国会や政府に任されています。この国のこういうあり方は、今の憲法ができてから何十年もの時間をかけて、国会・政府・裁判所と国民の間で作られてきました。
kazutomi @kazutomi
安保法制はそのような国防に関するものなので、裁判所は違憲かどうかを判断すべきでなく、違憲か合憲かを決めるのは国会や政府の権限になります。いままさに国会で議論されている最中である安保法制は、現状ではまだ違憲でも合憲でもありません。
kazutomi @kazutomi
違憲かどうかを決めるのは、国会での議論と採決です。その基準は「この安保法制が、日本の平和と安全を守るのに適切か」です。違憲かどうかを決めるための「適切さ」の議論をしているのに、結論を先に決めて「違憲だから不適切、だから廃案にしろ」と言うのはおかしな主張です。
kazutomi @kazutomi
結論を先取りするそのようなおかしな主張に惑わされず、「この安保法制は日本の平和と安全を本当に守るのか」という本質的な議論に注目しましょう。違憲、合憲はその後に勝手についてくるのですから。
kazutomi @kazutomi
事実認識と論理に誤りがなければ、正面からこの説明に反論して「違憲」を主張する方法は多分3, 4通りある。
kazutomi @kazutomi
ひとつ。安保法制について裁判所が統治行為論を採用せずに合憲性の判断に踏み込む可能性が高い理由を示し、さらにその場合に、裁判所が安保法制を憲法の条文に照らして違憲と判断するだろうという理由を示す。法的安定性から、いずれも難しいと私は思うが…
kazutomi @kazutomi
ふたつめ。裁判所が安保法制を「明らかに違憲」と判断する可能性が高いことを示す。これなら統治行為論は採用されず、いきなり違憲となる。でも条文に明確に書いてないから(以前の政府答弁くらいしか根拠がないはず)これも難しいと私は思う。
kazutomi @kazutomi
前に書いたけど、政府は憲法解釈を変えたというより、むしろ「国際情勢に応じて」という判例(最高裁の憲法解釈)をずっと維持し続けていて、その国際情勢が変わった、と考える方が妥当だと私は思ってる。まあこの高校生を意識した説明とは関係ないけど
kazutomi @kazutomi
みっつめ。安保法制が具体的に「自衛のための措置」として不適切だという根拠を示し、適切だと思っている人々を説得する。これは是非国会でやってほしい。その結論は国会での議論&採決で出る。って、これは説明したルートそのものだけどw
kazutomi @kazutomi
私自身は、この程度の普通の国防について統治行為論を持ち出すのはおかしいと思ってる。というか、それを持ち出さなければ国が動かないことが、憲法典が不適切なことを示してる。「日本国憲法9条」が日本の憲法に対して違憲である、と言ってもいいのでは、と。
kazutomi @kazutomi
まあそういうこと言っても仕方ないので、説明では、日本を動かす実際の法的システムと憲法解釈に従ったら、いま違憲と言うのはおかしいよ、という論理になってます。

コメント

粒あん・生フラーレン(非加熱) @keroa18 2015年9月11日
高校生でもわかるレベルで書いても理解できない大学生がいるんですけどね・・・ (そっと目を逸らす
粒あん・生フラーレン(非加熱) @keroa18 2015年9月11日
時系列は逆の方がいいと思いました。
自己責任薬クロコニナール @kurokoPC 2015年9月11日
と、ありがとうございます。時系列を逆にしてみました。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2015年9月11日
ほんと「政府が提案している安保法制が定める自衛の方法が、現在の国際情勢の中で日本の平和と安全を守るのに適切かどうか」が肝なのにね。国会中継を見てもここに踏み込まないでレッテル貼りばかり……
レオン @Chamaeleon_air 2015年9月11日
中立的な視点で非常にわかりやすいまとめだと思います.
hiya @hiya4861 2015年9月11日
どんなに言葉を尽くしても、反対する人達は意図的に無視してるからなあ…。 政治は玩具じゃ無いんだぞ。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2015年9月12日
日本は「三権分立」なのですが、やはり三権(司法、立法、行政)のなかでも立法権をもつ議会が他の機関に卓越しているということを知っておかないとわかりにくいでしょう。他の国をみてみると、イギリスは露骨に立法が優位ですし(2000年代前半まで「最高裁」は議会の一部だった)、「統治行為論」もアメリカの連邦最高裁で用いられたロジックと記憶しています。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2015年9月12日
大日本帝国憲法は大陸法に属していて、最終審も大審院、行政裁判所、皇室裁判所とわかれていたと記憶しています。それを日本国憲法に「改正」し、「一切の最終審は最高裁判所」という英米法(特にアメリカ)の考えが接ぎ木されたため非常にわかりにくくなっているように思うのですが…
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2015年9月12日
大陸法に分類されるフランスやドイツは憲法裁判所をもっていて、日本のように「慰謝料請求のついでに違憲判断を求める」ような付随的違憲審査ではなく、抽象的違憲審査をしているはずですが、その実際の運用はどうなっているのでしょうか?(これまでどれくらいの違憲判決が出ているかなど)識者の方に教えていただきたいです。
ベイシル @BasilLiddlehear 2015年9月12日
要旨には概ね賛成だが、事実誤認があるので少々。まず、砂川事件在日米軍の問題だったため、自衛権を合憲だとしたものの、自衛隊(9条2項)については何も述べていない。確かに統治行為論は出たが、ここで避けられたのは日米安全保障条約の合憲性だけである。統治行為論が自衛隊に適用されたのは長沼ナイキ事件が初めてである。しかしこの判決は第二審のものであり、日本国の歴史上、最高裁判所が自衛隊の合憲・違憲について判断したことはない(だから憲法アンケートに自衛隊の是非が盛り込まれたのだが)。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2015年9月12日
統治行為論は、あくまでその裁判においては、違憲かどうかの憲法判断を避けた、というだけの話であって、砂川裁判で統治行為論から違憲判断が避けられたからといって、今後は違憲かどうかは国会が決める、という意味ではないぞ。
ぷーさん @naniwanopoohsan 2015年9月12日
いろんな突っ込みが入っていますが、分かりやすいまとめです。
neologcutter @neologcuter 2015年9月13日
違憲かどうかは最高裁が決めることなんだが…まあ「安保法制が違憲」とか言うヤツに限って歩行者天国をハイジャックとかワケわかんない事やってるから。
1431655765 @0x55555555 2015年9月13日
仮が取れるのを待ちつつ
@kattenisiyagare 2015年9月21日
木村草太教授や小林節教授の反論を入れてアップデートしなけりゃ、(仮)は取れないのでは?著書は10冊以上ある
kikuchi takeo @monster_kazu 2015年9月21日
違憲かどうかは雰囲気で最高裁は判断している、ていうふうに受け取れるまとめでした。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする