竹熊健太郎氏が語る「電子出版の時代」と赤松健氏のJコミ

アメリカで日本のアニメを配信している「クランチロール」の8割は「NARUTO」へのアクセスだそうで。 一方Jコミに新たな動き Jコミ http://www.j-comi.jp/
赤松健 jコミ 電子出版 竹熊健太郎
wsplus 19917view 10コメント
85
ログインして広告を非表示にする
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 08:54:38
    近年、俺の周囲の出版業界人で、自作を自費出版する例が増えてきた。それもマンガ同人誌に限らない。東浩紀氏など、出版社まで作ってしまった。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 09:00:28
    マンガ同人誌の場合はすでに80年代から同人専門印刷所と即売会が用意されているので、自費出版の敷居はとても低い。コミケはマンガ以外の同人誌も扱うが、活字系同人誌に行列が出来たとかは聞いたことがない。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 09:07:36
    今まさに、多くの作家や出版業界人が、業界を変革するために声をあげ、行動を始めている。その声をあげるメディアが紙媒体でも電波媒体でもなくブログとTwitterだと言うところが、今という時代を象徴している。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 09:18:22
    僕の知人もそうでない人も、出版崩壊を見越して動いている人が何人もいる。どこまで勝算があるのかは分からない。しかしビルが火事になって煙が充満し始めたのに、どうせ助からないからとじっとしている人はいない。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 09:35:32
    同人誌即売会は、その場で現金収入になるところが作り手にとっての魅力ですね。ただ年に何度も参加できないし、これで生活するのは何千部も一度に売る人気サークル以外は無理でしょう。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 09:44:08
    自分も「マヴォ」を5冊、実験的に刊行しましたが、これは紙媒体のメリットデメリットを身をもって確認する意味がありました。結論としては、紙媒体は表現として最高だが、コストパフォーマンス的には現実的ではない、というものでした。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 09:53:22
    「マヴォ」は、そもそもは僕が出会った才能ある学生作家を紹介する目的で創刊しました。しかし原稿料が出せないことが最後までネックで、一時休刊を決めました。原稿料が出なかった「ガロ」が何十年も続いていたのは凄いことだったなあと改めておもいました。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 10:23:41
    「多くの人に読んでもらう」なら電子出版だろうが、作品をお金に換えるという意味では、まだ紙媒体のほうが効率がいいかもしれない。しかし紙媒体を1000部捌くのはとても大変だ。「マヴォ」は2000刷って1000は売れたが、そこでピタリと止まってしまう。これでは商売にならない。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 10:30:41
    アメリカで日本のアニメを配信している「クランチロール」という会員数600万人の人気サイトがある。http://bit.ly/13i2B ここでは定額料金(月7ドル)の有料会員コースがあって、日本で放映された数時間後に英語字幕つきでアップするということで人気を博している。(続く)
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 10:33:44
    (続き)著作権者にはアクセス数に応じて利益が配分される仕組みだ。ところが聞いてみると、「NARUTO」のアクセスだけで全体の8割を占めていると聞いた。ということは、残った数百本のアニメ作品は、残りの2割から配分されるしかないわけで、これではほとんど儲からない。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 10:37:14
    定額料金システムはなかなかいいと思ったのだが、こういうことも起きる。考えてみれば、映画の興業収入は宮崎駿のひとり勝ちだし、マンガも一部人気作家以外は売れない。ここまで偏った時代になると、全然違うビジョンを持って、違うビジネスモデルで勝負するしかない。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 10:48:58
    マンガ配信では、赤松健氏(@KenAkamatsu )が始めたJコミ(http://www.j-comi.jp/)はユニークな試みだと思う。l絶版作品を広告つきで無料配信すると聞いて、赤松氏は「ネットは無料経済」という本質をよくわかっていると思った。
  • 赤松健 @KenAkamatsu 2011-01-08 21:00:02
    まずは「Jコミ」TOPページの上部バナー広告だけ、Google様のものに変更しました。ここから、サーバ代くらい稼げると良いんだが。(・・・それは無理な相談だな)
  • 赤松健 @KenAkamatsu 2011-01-08 21:03:07
    来たるβ2テストでは、「新型マンガビューワー」が間に合いませんので、「PDF版」と「旧型マンガビューワー」による発表となります。そして、どちらも同じ場所に、同じ広告が入っています。(βのラブひなと同じパターン)
  • 赤松健 @KenAkamatsu 2011-01-08 21:11:46
    β2テストでも「巻末のアフィリエイト・ページ」は健在です。ここから商品を買うと、作者先生に3~4%くらいの紹介料が行きます。つまり、ここから単行本を買ってあげると、事実上13~14%くらいの印税率になっちゃうわけです(笑)。ラブひなの時も、かなりの紹介料収入がありました。
  • 赤松健 @KenAkamatsu 2011-01-08 21:17:23
    新條まゆ先生の『放課後ウェディング』(1/11)は、50ページの読み切り作品に、広告が3枠入っています。「ラブひな」を超える高画質で、巻頭カラー3枚もカラーのまま収録。まさに永久保存版と言って良いでしょう。
  • 赤松健 @KenAkamatsu 2011-01-08 21:24:23
    β2テストでは、無料配布開始から数日後、「作者さまにお渡しする金額(=広告料から得られた利益)」を具体的に公表いたします。ご注目下さい!(宣伝終わり)
  • 赤松健 @KenAkamatsu 2011-01-08 21:35:49
    ・・・っていうか、アフィリエイト収入が結構いいんですよ。「好きなマンガ家に儲かって欲しい」という善意や好意がいっぱい集まると、予想以上の出力になるようです。素晴らしいことですね。
  • 赤松健 @KenAkamatsu 2011-01-08 21:39:30
    「マンガ家が儲かれば、そのマンガ家は次回作を描く。私はそれが読みたい。」
  • 赤松健 @KenAkamatsu 2011-01-09 08:42:37
    今日はNHKの取材。明日は朝日新聞。Jコミの広告塔として、色々頑張ってます(笑)。 (そういや休日祝日なのに、メディア側も頑張ってるなぁ・・・)
  • 赤松健 @KenAkamatsu 2011-01-09 11:09:46
    @kentaro666 今月のβ2テスト三作品で、3人のマンガ家さん達にお渡しする金額を全て公表します。その金額にご注目下さい。(^^)
  • 椎名ゆかり @ceena_J 2011-01-09 12:45:20
    クランチロールの言う会員数6百万人は登録数で、会費を払っている有料ユーザーは2万人とのことです。@kentaro666 アメリカで日本のアニメを配信している「クランチロール」という会員数600万人の人気サイトがある。ここでは定額料金(月7ドル)の有料会員コースがあって(略)
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2011-01-09 12:55:41
    @ceena_J 僕の書き方が不十分でした。クランチロールの有料会員数、僕は3万人と聞いています。
  • 椎名ゆかり @ceena_J 2011-01-09 13:06:24
    @kentaro666 なるほど。わたしが去年直接聞いた時は「2万人を弱冠超えたくらい」でしたが、それから数ヶ月で1万人近く伸びたのかもしれません。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「サブカルチャー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする