2015年10月3日

「なぜアニメ版モバマスはシリアスになったのか」という疑問に対する疑問

9
JiZan @Yoshikatsu_mas

アニメ版モバマスのTLを見ていると、「なぜシリアスになったのか」という疑問が呈されていることが多い。私からするとよっぽどそっちの疑問のほうが疑問だったのだが、最近ようやっと理由が分かってきた。

2015-10-03 20:23:16
JiZan @Yoshikatsu_mas

結論から言うと、「高雄統子と高橋龍也に頼んだ」=「アニメ版はシリアスにする、という製作(制作ではない)側の意思表示である」ということを知らない、分かっていないからである。

2015-10-03 20:23:43
JiZan @Yoshikatsu_mas

「なぜシリアスになったのか」ではなくて、「シリアスにならないほうがおかしい」。

2015-10-03 20:23:50
JiZan @Yoshikatsu_mas

高雄統子に監督を頼んだ場合、こうなる。 ・シリアス ・緻密な構成 ・卓越した演出

2015-10-03 20:23:58
JiZan @Yoshikatsu_mas

で、1期の評判が良かったのは、このうちの「シリアス」成分が少なかったためと、高雄監督がデレマスのファンであったためである。最近の成功したアニメ、もしくは漫画実写版の条件として、監督が原作をリスペクトしているか、熱烈なファンであるかというのが大きい。

2015-10-03 20:24:07
JiZan @Yoshikatsu_mas

1期も完全にシリアスが無かったわけではない。だが、量的に丁度いいぐらいだった。この丁度いいというのは、「モバマスプレイヤーの大半」と「アニメから入ってくる新規顧客向け」に丁度いいという意味である。

2015-10-03 20:24:17
JiZan @Yoshikatsu_mas

TLにも今回のシリアス具合を好むものはいるが、数は少ない。残念ながら2期はその適度な分量を超えてしまった。売り上げにも影響は出ているだろう。

2015-10-03 20:24:25
JiZan @Yoshikatsu_mas

では高雄監督でなかったほうが良かったのか? それはない。 ・原作へのリスペクト ・緻密な構成 ・卓越した演出 この3つが失われてしまう。損失は膨大である。他の監督でここまでうまく作れたとは思えない。

2015-10-03 20:24:37
JiZan @Yoshikatsu_mas

制作を依頼した側(製作側)は、「ほのぼの日常回」よりも「水着回」よりも、一貫していて質の高いアニメを望んだ。シリアスになると分かっていて高雄監督に頼んだのだ。

2015-10-03 20:24:52
JiZan @Yoshikatsu_mas

アイドルマスターは基本パラレルワールドである。今回のアニメ版は「常務」という新キャラクターを導入し、今までと違うシリアスなワールドにすることを選択した。

2015-10-03 20:25:02
JiZan @Yoshikatsu_mas

当然ながらこの選択は売れ筋ではない。だが、アイドルマスターはしばしば売れ筋ではない選択をする。我々は「9.18事件」でそれを身に浸みるほど思い知らされているはずだ。

2015-10-03 20:25:12

コメント

Karasu @karasu15794066 2015年10月3日
え!?ゲームには常務出てこないの?
0
Hoehoe @baisetusai 2015年10月4日
けいおん!でよかったんや
0
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2015年10月4日
ここさけの感想でも見受けられたコメントだけど、ステージ物のドラマを描く脚本家は「一番大きなステージの直前でそれを台無しにするアクシデントを発生させる誘惑から逃れられない」と言う物があった。 率直な気持ちを言えば事件よりもステージそのものの描写を期待しているファンが多いジャンルにもかかわらずそうなってしまうのは何か作劇場の原則か何かがあるのだろうか
0
kamekiti @kamekiti_360 2015年10月4日
長く続いてるシリーズ物だから、同じような展開を避けたかったのでは? 他の人とユニット組んだり、キラキラしてるしてない関係の話は、他にはない強烈な新鮮味だと思います。 笑顔なんて誰でも出来るじゃん、っていうのは、色々な意味で強烈なカウンターだった
0
IWANORI @8Iwanori 2015年10月5日
karasu15794066 常務どころか346プロも存在しなかったんやで
0
PIXSEL @pixselP 2015年10月7日
高雄さんによるところもあるけど、高橋さんの影響も凄く大きいなあ、と昔を知る人なら思うはず。 「雫」「痕」は人外の異能ホラー要素が絡むのでわかりづらいけど、誘惑や欲望、恐怖に対する人の心を能く描いた作品だった。 「ToHeart」に関しては言わずもがなと思うけど、ギャルゲ調の学園モノ(っていうかエロゲなんだけれども)にこんな重い話ぶっこむ奴がいるかって当時は批判もあったっけ。
0