Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

漫画や小説などのコンテストで編集者が頭を抱えている問題とは? 作品を最後まで読ませるためのお話

まとめました。
258
たかまち @PSYCO_NANOHA

えっと、エラソーなことは言いたくないのだけど、一応漫画描きとして賞を獲ったりデビューしたりした経験があるので、初歩的なことをつぶやきますね 漫画にせよ小説にせよ、ゲームブックにせよ、作る以前の問題として心得ておかなければならない初歩中の初歩というものがあります。それは、

2015-10-19 13:16:46
たかまち @PSYCO_NANOHA

それは、作ったものを「必ず全部読んでもらえるとは思わないこと」です。当たり前過ぎて何言ってんだ?と思われるかもしれないけど、これができていない人が多すぎて、漫画やラノベのコンテストの第一審査で編集さんたちが頭を抱えているのも事実です。大抵の人は全部読まずに本を置いてしまいます。

2015-10-19 13:26:08
いづみ上総(ラノベ作家) @gold_9_tail

@PSYCO_NANOHA ほんとにそれだとおもいます アマチュアの作品で序文に設定とか持ってこられるとゲンナリします

2015-10-19 14:21:28
たかまち @PSYCO_NANOHA

@gold_9_tail ですよねー。まぁ、愛があるのは素晴らしい熱量ですが、少なくとも商業に挑むのであれば、他の商業作品と見比べて添削してからの方が、編集者も助かると思うのですよね(^^;

2015-10-19 14:28:54
いづみ上総(ラノベ作家) @gold_9_tail

@PSYCO_NANOHA 伝わらないと、本としての意味がない。 売れないと、商業としての意味がない。 というのは、ボクも心がけてます。

2015-10-19 15:24:11
たかまち @PSYCO_NANOHA

編集者でさえそうですから、一般の人だったらなおのことです。確かに、我慢して全部読んだら面白いのかもしれませんが、何で読者が我慢しなければならないのか?という話になってしまいます。自分が新訳聖書を渡されたと考えてください。キリスト教や宗教に関心がなければ、全部読む人は稀有でしょう。

2015-10-19 13:30:19
たかまち @PSYCO_NANOHA

映画なら観る前に高い金を払ってしまうので、客は余程でなければつまらなくても最後まで我慢して観てくれますが、漫画や小説、ゲームブック等は、最初で興味が引かれなければ読み飛ばされて終わってしまいます。そうさせないために、特に小説やラノベ、ゲームブック等には序章というものがあるのです。

2015-10-19 13:35:39
たかまち @PSYCO_NANOHA

漫画なら最初の8ベージ(私的には4ページ)で読者を引き込めなければ失格です。小説も最初の20ページくらいが勝負ではないでしょうか?どんな作品にせよ、最初で読者の関心を引くことができなければ、例えラストに感動が待っているのだとしても、そこまで読むエネルギーなんて溜まらないのです。

2015-10-19 13:40:49
たかまち @PSYCO_NANOHA

無論、才能のある人なら、セオリーに従わなくても、その文体や醸し出す雰囲気などで読者を牽引できるのかも知れませんが、それができるのなら今すぐプロになれるでしょう。つまり、私が言いたいのは、ゲームブックにおいても最初の序文が一番肝心なのだということです。感動よりも関心が大事なのです。

2015-10-19 13:45:01
たかまち @PSYCO_NANOHA

では、序文でやってはいけないこととは何か? ・長すぎる序文 ・必要以上のキャラ紹介 ・必要以上の文章演出 ・テーマとは関係ない演出 ・テーマとは関係ない序文(論外) テーマというのは、何を伝えたいかというのもありますが、序文では「これはこういう作品です」という紹介をすべきです。

2015-10-19 13:55:39
たかまち @PSYCO_NANOHA

・長すぎる序文 読者は付き合ってくれない ・不必要なキャラ紹介 知らない人間の身長体重趣味なんかを最初に羅列されても、読者にとっては何の感慨も沸かない。 ・不必要な文章演出 その文章を歌の歌詞にしてみたらどうでしょう?何分で聴き終わります? ・テーマとは関係ない演出 省こうよ。。

2015-10-19 14:01:17
たかまち @PSYCO_NANOHA

・テーマとは関係ない演出 必要のない人や情報は出さない。読者が混乱します。 ・テーマとは関係ない序文 論外。冒険物で序文がグルメ物とか、ミステリー物なのに序文がラブコメとか、読者を序文から驚かせたいのでしょうけど、序文は「期待値を蓄積する場」なのです。それを裏切ってどーするよ?

2015-10-19 14:07:07
たかまち @PSYCO_NANOHA

要は、序文で読者を引き込めなきゃゲームブックだけでなく小説や漫画も、余程の才能がない限りは落第点です。1クールアニメだって最初の3話までが勝負でしょう。だからマミさんも3話でマミられたわけです。数ページの序文は表紙の次に大事なアピールの場です。酔っぱらって壇上に立っちゃ駄目です。

2015-10-19 14:16:17
たかまち @PSYCO_NANOHA

あわわ、有り難いことにたくさんフォローしてもらえたけど、私、普段はそんなに大したこと話せてないです。漫画の話は自分の心掛けの話なので、ツイッタではなるべくしないようにしてるのですが、今回はゲームブック製作仲間の方々にお伝えしたくて自分の土俵から話してしまいました。畏れ多いのです。

2015-10-19 15:43:45

紫_芋@ @murasaki_imo_JP

つかみの部分のお話ですね

2015-10-19 15:27:19
紫_芋@ @murasaki_imo_JP

あらゆる物語の冒頭で、大なり小なりの「事件が起きる」のはこのためです。

2015-10-19 15:29:17
久倉 @hisa_reg

「全部読んでくれるとは限らない」ってめっちゃ言われた気がするなあ・・・最初が肝心って

2015-10-19 15:26:10
ヒスタミンC @histamineC

同人誌即売会に行くと、目の前で「それ」が起こるからな

2015-10-19 14:02:17
ほっぺげ☕🍄 @hoppege_R

全ページおもしろくする、誰にでもうけるなんてものやろうとおもっても無理っぽいよね

2015-10-19 14:03:12
夜継@土場 @yotugi

不必要な露出演出もいらんです

2015-10-19 23:31:56
富岡ヤイア @TheNEET

あらゆる物作りは要素を足すのではなく削る事によって完成度を上げる的な

2015-10-19 23:38:39
すたーきー @Sexyturkey

手にとって読んでもらうっていう関門さえ突破できればあとは随分と楽ではある

2015-10-19 23:54:59
残りを読む(19)

コメント

亜印屋@猫を撫でたい @ajirusiya 2015年10月20日
所謂萌えアニメが開始3分でヒロイン脱がすのはつかみのためらしいのよね
5
球磨川 雪 @Sosogi_K 2015年10月20日
『脱がないよりは脱ぐ方が良いでしょう。中身の有る無しは関係無い。必ず少なからずハッピーエンドに近い構成にはラノベ原作ならなるのだから。(偏見)』
3
CD @cleardice 2015年10月20日
脱ぐのも死ぬのも「後の展開に繋げる」のが目的のスパイスだからその流れを考えずにただ放り込んでも美味しいシーンにはならないけどね。ホラー映画のお色気/死亡シーンはあざとさの象徴みたいに言われてるけどストーリーの緩急を踏まえるとちゃんと計算されてたりする。
13
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2015年10月20日
体験版はなぁ。体験版はクソゲーなのに本編はすごく面白いってのもあって体験版無い方がいいだろってケースもままあるのが。The Wonderful 101とか。
1
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2015年10月20日
《その文章を歌の歌詞にしてみたらどうでしょう?何分で聴き終わります?》 さだまさしは短編小説を書き上げてからエッセンスだけ残して歌詞にするとか何とか
8
文里 @wenly_m 2015年10月20日
これは小説家(主にラノベの)になりたい人必読。
1
いりす 砲雷撃戦お疲れ様! @iris_taske 2015年10月20日
私は「書く」「描く」人じゃないけどなるほどなー、と。
0
鐘の音@C99受かれ @kanenooto7248 2015年10月20日
小説は最初の1行、1Pが勝負だと思ってるなあ。漫画の場合、80年台には最初の1Pしか見ないで封筒に戻されたって話もある。
3
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2015年10月20日
マジで新約聖書1ページ目から読み始めてそのままよみ進められたらすごい。退屈な礼拝中ですら飽きるレベル。
9
梅村直仙水 @777ume777 2015年10月20日
丁寧にポイントを解説してくれて有難い。要は「読んでもらう」
1
ラナ・クアール @rana_kualu 2015年10月20日
ランジーン・コードとこのライトノベルがすごい!文庫を馬鹿にするのは辞めるんだ!
0
奥山犛牛 @bogyu 2015年10月20日
「全部読んで損した!」と言われるのは望むところってことか。
2
みすた @misuta0809 2015年10月20日
逆にtogetterは、まとめの趣旨がわかりづらくても最後には見えてくるだろうと頑張って読むんだけど、スクロールの果てに【残りを読む(600)】とか出て力尽きる。
52
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月20日
投稿の漫画は普通ページ数がそんなに長くないのと流し読みが文字に比べると容易なので、ラノベほどには最初の1ページで読まれなくなるということはないのではないかと思います。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年10月21日
映画では「アラビアのロレンス」冒頭のオートバイ・シーンが「主役が事故死したら大変なので」という理由で一番最後に撮影されました。小説の冒頭も一番最後に書いたほうがいい。
4
たちがみ @tachigamiSama 2015年10月21日
最近読んだハーレムだかラブコメ系のラノベも特に意味やキャラを掘り下げるでもない掛け合い漫才みたいなのを一ページ続けてたんで放り投げた ここを乗り越えても同じような掛け合いがまたあるのかもしれないと思うだけでもう無理って気分だ
3
たちがみ @tachigamiSama 2015年10月21日
だから我が家には1巻しかない漫画やラノベが多い …古書店使わんようにしているけどうーん 1巻だけ電子書籍で配信とかしてくんねぇかな…
0
狼吼 @wolf_howling 2015年10月21日
荒木飛呂彦に対してマシリトは表紙しか見ないで「中身読みたくなるような表紙書いてこい!」って言ってつっかえしたらしい
3
漆原竹子 @shedemons 2015年10月21日
まず大地震を起こせ。話はそれからだ…ってパルプ小説を書くときの心得だっけ? これは肝に銘じている。
0
Yd @Yd_am777 2015年10月21日
説明が上手く組み込まれて無くて 読み手を置いてっちゃって何が何やら解らないって奴も困る。 まぁその場合【いずれ】解るだろうと付き合えるだけマシなのか?
0
飛鷹隼 @junhiyoh 2015年10月21日
小説の「20ページ」はぶっちゃけまだ考え甘いと思うな ラノベならそれくらい我慢するかもしれないけど、文芸だと最初の一文で掴みそこなったらそれで終り感凄いし。なにしろ尺が全然違うから
1
◎▼◻︎× @z_rou_chakb 2015年10月21日
井上梅次監督いわく2時間ドラマ演出のポイントは、22時直前に女のハダカを入れるだったとか…そんなのなくても監督の明智シリーズは傑作でしたけど(;^_^A
0
エビゾメ @ABzome 2015年10月21日
以前ほかのTogetterまとめで「新人作家はモノローグを封じて描いて欲しい」という話があったのを記憶してますけど、それに近い話かもしれませんね。
6
エビゾメ @ABzome 2015年10月21日
最近またメタルマンの人のゆっくりクソ映画レビューを見返してたんだけど思い当たるものが結構あるので、きっと話作りなら何にでも言えることなのね。
0
エビゾメ @ABzome 2015年10月21日
まどマギは話題性によって爆発的に広まったから特殊というかSNS時代の現代的ではないかなーと思いますねー。それを成功させるのはすごく困難なんだけど、それさえ成功させれば導入で読者を手放すようなつくりも吹き飛ばせるほどの注目度を得られますよね。悪用すれば炎上アフィブログも作れる。
1
のぶさ @nobu_azuma 2015年10月21日
まどマギは例外的なツイートがあるけど第三話が衝撃的だったせいで忘れられがちだが、第一話アバンは物語の核心のワルプルギスの夜のシーンで掴みとしては充分だった気がする
8
goya4 @goya4 2015年10月21日
なるほど、だからダグラムの1話冒頭は…
1
アザラシ@毒 @AzaraSeals 2015年10月21日
指輪物語はいきなりワールドガイドから始まってたから、好き者はいいけど…新訳になって変わったかな?
0
荒野の名無し @shugyousuruzo 2015年10月21日
つかみのテクニックは、小説だと夏目漱石の『明暗』の冒頭なんかがテクニック本で紹介されていたりする。100年前から既に冒頭には気を使っていたのだから、今日日はもっと気を使うべきなんだろうな。海外ドラマは競争が激しい分、冒頭の構成が非常に巧いので参考になると思う。
3
よんいー@柚畑はっさく @ep_meister 2015年10月21日
作品冒頭のつかみはたしかに大事だが、派手な描写や展開を用意しとけばOKとの結論に至るのは短絡的だろう。 静かながらも強く印象に残る冒頭のシーンや一文はいくらでもある。
1
名無し岩手県民(手を洗おう)(飲み会を止めよう)(合唱を止めよう) @iwatekenmin01 2015年10月21日
正直最近のラノベの1ページ目からいきなりヒロインが脱ぐ展開はつかみとしては最悪だと思っています。
10
是通 @z2oldtimer 2015年10月21日
TRPGのシナリオにも活かしていきたいお話しである。
0
てつまよしとう∃xist @godspeedtetsuma 2015年10月21日
ライトノベル新人賞だとあらすじを添付させることがあるが、本編とは多少違っていてもソレだけで面白く読めるあらすじを書くと一次選考は突破出来るし、上手くいくと佳作入選くらいはイケる。根拠は自分(^^;
1
人形使い @doll_player 2015年10月21日
読者が読みたいのは物語であってキャラ紹介でも世界観設定でもましてや作者の知識自慢でもないということは忘れずにおこうと思います
1
KAMON @KAMON_Yammani 2015年10月22日
見習いたいつかみは、夏目漱石の『坊っちゃん』。「この主人公は無鉄砲ですよ」という紹介と、「無鉄砲すぎてやらかす変な行動」の両方を完璧にこなしている。
3
Dsan159 @psidDsan159 2015年10月22日
むしろ、なんでも直ぐに投げ出してしまう現代人の心。落ち着いて読むことも出来ない、どんな作品でもつまみ食いしてポイ捨て。どんどん消費しておしまい。そこに寂しさを感じませんか?私は感じないですけど。
1
taka @Vietnum 2015年10月22日
すごく納得できるお話なんだけど、それでもなんで最初から世界設定の説明始めたり(SFに多いけど)、やたらキャラクターを出してそれぞれの見た目とどうでもいい会話ばっかで数ページとるような小説が本屋で普通に売られてるのかも知りたいな。「驚いた」という言葉での説明ではなく仕草や表情の描写で示しましょうとか、都合のいい(主に助かる場合の)偶然を出すなとか、人として当たり前のリアクションをさせましょうとか言うのに、そのダメな例がそのまま載ってるお手軽学園ミステリとかが多すぎて嫌になる。
3
茨 二科 @ibaranika 2015年10月22日
Vietnum それこそ量産しないとやってけない世界だからじゃないっすかね…。年に一冊か二冊、練りに練られた作品を書けば安泰て時代じゃないですし…。たとえば名前をあげて支障のないとこだとミステリーなら赤川次郎御大とか。初期作品のマリオネットの罠なんかはつかみからラストまでムダのない構成ですけど、売れっ子になってからの量産作品は正直…ですし…
2
茨 二科 @ibaranika 2015年10月22日
じゃあ赤川次郎の量産作品が全部箸にも棒にもかからない駄作で読む価値がないかというと、そうでもなくて、普段読書しない人や小中学生くらいの読者には手に取りやすく、読みやすい平易な作品なわけですよ。実力のない人が量産したスカスカの小説と違って地力があるから読みやすいんですわな。でもそれを基準に新人が話のペース配分を真似したらいかんですよねえ…という話ではないかと
2
冨田望■ステルビヤ @nozubeya 2015年10月22日
作り手はまず「誰もお前(の作品)にそんなに興味ねえよ」と思われてることを自覚して、その上で特別な印象を持たせて継続させなければいけない、っていうのは、きっと思ってる以上に辛いことなんだろうとしみじみ思う
1
カッコカリ@筋肉は一生の相棒 @kakkokari_kyoto 2015年10月22日
読者はクソ作品はスルーすれば良いだけなので、これは編集者を、しいては業界全体を保護するための忠告でしょうかな。審査員のキャパシティは有限。
2
ただただし⋈ @tdtds 2015年10月22日
「初歩中の初歩」というからには、商業アニメの脚本家とかはとうぜんこれくらいクリアしてるんだよねぇ(棒
6
Dcdcxr @Dcdcxr 2015年10月22日
このまま放っておけば、読む価値のない作品をサッサと没にできて編集者は楽なんじゃないかな?
0
言葉使い @tennteke 2015年10月22日
昔は「同人誌」と言えば小説・文学の同人誌で、みんなで合評会やって、こういうのは仲間内で言われていたんだろうけどね。でも筒井康隆は「批評眼ばかり鋭くなって創作には益がないから同人会はすぐ辞めなさい」みたいなことを書いていた。今の「同人誌」の人たちって「原稿が間に合うか!」て話しは多く聞くけど、合評会なんてやっているのかしら?
5
山北篤 @Gheser 2015年10月22日
さすがに、『指輪物語』や『銀河英雄伝説』を使って反論している人はいないな。あれは、例外だから意味がある。後、応募作品のあらすじで、「○○は××を得て△△と対決できることになった。さて勝敗はいかに」って結末まで書いてない人もいたなあ。アレもひどかった。応募作品のあらすじと、作品紹介のあらすじは違うのよ。
3
まるい りん @maruirin 2015年10月22日
たしかに指輪物語は修行小説ですね…。たくさんの偉大な先駆者が良さをアピールしてくれたので頑張って読んではみました。
1
ウミドリくん @umidori_kun 2015年10月23日
ibaranika SFオタは物語ではなく世界設定の説明が読みたくてSFを買うので冒頭で世界設定の説明をするのはむしろ当然。具体的にどんなシーンが読者をつかむのにふさわしいかは客層が違えば全く違う。
2
ウミドリくん @umidori_kun 2015年10月23日
古典文学は「有名だし、退屈だけど最後まで読めばきっと価値がわかるんだろう」、「全く話に入り込めないが当時の教養を持たない自分が悪いんだろう」という部分で冒頭のつまらなさが相殺されているので、これから小説を書く人が参考にしちゃ駄目だな。
1
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年10月23日
「必ず読んでもらえるとは限らない」って、編集者が全部読まないとかダメだろって思ったけど違った。一般の読者が、か。大丈夫、そんなのは編集者が出版にGO出さないから!で、そんなこと同人でもやったら身に染みてるから!つまりそれがわかってないやつってまともに作品作ってないから!心配無用!
3
さるたに @Sarutani_tweet 2015年10月23日
『坊っちゃん』や『走れメロス』などといった古典作品が現代まで残っている所以がよく分かるお話。
0
さるたに @Sarutani_tweet 2015年10月23日
あと昔のアーケードゲームが最初に100円入れたプレイヤーに次の100円を入れてもらえるよう試行錯誤してたことも思い起こしてみたり。
0
ポーキー大澤 @pokey0sawa 2015年10月23日
シンフォギアGXの1話冒頭が「6分でわかるシンフォギア」なんて言われてたのを思い出した
1
bun🍃 @bun3559 2015年10月23日
先日までポーランドでショパンコンクールをやってましたが、音楽は冒頭の5秒で判断できますので、あとはみんな寝てます。最後まで審査員を眠らせなかった人が優勝です/審査員をしたことがある中村紘子さんは、5分でわかると言ってましたが、彼女は優しいからそういうだけで、5秒どころから最初の1音で聴衆を引きこむことができるかどうかが勝負な世界です。マンガや小説も同じで、最初の1ページが重要でしょう。
2
Hrathnir @Hrathnir1 2015年10月23日
アーケードゲームも、コイン入れてどれだけ短時間のうちにプレイヤーを惹きこめるかが勝負の世界。内容が分かり易くインパクトがあって当然面白い。そういう「何度でもプレイしたい」意欲を全力で惹起しないとインカムが見込めない。
1
駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 2015年10月23日
冒険物でグルメ、と聞いて最初に浮かんだのが鷹見先生の『時空のクロス・ロード』だった。異世界冒険記みたいな話だけど、たしか冒頭20P以内ではお好み焼き焼いてたなと……思い出したら腹へった(違) まあ、グルメシーンが冒険物で伏線になるとか想定しないよね
0
Maulwurf @a7m167509498 2015年10月23日
つかみで主人公がヒロインの着替えや入浴をのぞいたりされても困る。裸で釣る一昔前のサスペンスドラマの手法w
1
Maulwurf @a7m167509498 2015年10月23日
大江健三郎の「17歳」はすごかった
2
椋鳥のジェプ @jeptlu 2015年10月23日
小説20p待ってくれる人は、気が長い方だよなあ……
1
釣本直紀 @turimotonaoki 2015年10月23日
社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』 http://www.nintendo.co.jp/wii/interview/smnj/vol2/index4.html 中郷 キノコは土管に当たって跳ね返って戻ってきますからね。そもそもワールド1-1には『スーパーマリオ』のすべてのネタが惜しむことなく全部入っているんです。  岩田 ワールド1-1はやっぱり最後のほうでできたんですか?  中郷 そうです。間違いなく最後です。それにいちばん最後まで修正をかけたのも1-1ですね。
1
🈂トリ @satori_Lv35 2015年10月23日
まずタイトルで読むか読まないかが決まっちゃうんだけど
0
TENNOたまに謎狩 @XH834 2015年10月23日
多くの人が指輪物語を読むのを挫折する理由ですね。あれ古文で書かれた物語の現代語訳の序章と同じ構成でして訳者/研究者がいろいろ解説するパロディなんですよね。適当な図書館行って古事記や日本書紀を頭から読むと判る
1
TENNOたまに謎狩 @XH834 2015年10月23日
今回の話は"消耗品""暇つぶし"としての娯楽作品の製作上の最重要点ですね
0
ふぉい @soama39 2015年10月23日
たんなるサラリーマンの私も「取引先や上司に読んでもらいたい書類は、1枚目上半分だけで面白がらせねばならない」と理解してます。何枚も読まなきゃわからん文書って、読んでもらう気あるのかと。
2
犬沼トラノオ@liberalism @inunohibi 2015年10月23日
少年ジャンプの当時編集長だった鳥嶋和彦氏は、雑誌のインタビューで「最初読んだとき面白いと思ってもらわなければいけない」から、「これは後から徐々に面白くなっていきます、という作品は・・・」というインタビュアーのふりに、認めないと答えた。飽きっぽい子どもに、とにかく分かりやすく面白いと思ってもらう工夫。それを徹底しているからジャンプは売れてるんだろうが、一方で「バトルの串団子」といった作品傾向のパターン化もある。
1
瀬川深 Segawa Shin @segawashin 2015年10月25日
一般論としては全くこの通りだと思うので、いきなり主人公のプロフィールから入りくだくだしい独白が何ページも続く作品でデビューさせていただいたことにはありがたみしかない。
1
牛野小雪 @cowfieldtinysno 2015年11月12日
まとめツイートを逆に考えれば興味があるなら拙くても最後まで読めるということだ。ならどうやって興味を湧かせられるかということだけど☆
0