Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

『機動戦士ガンダムUC』第1話感想

aomeyuki氏(http://twitter.com/aomeyuki)のガンダムユニコーン感想は あまりにも素晴らしいですので、勝手にまとめました。 いいところも悪いところも周到に語っており、とてもタメになる視点です。 また、少しだけ富野由悠季監督の作品と演出との比較論もあります。
7
aomeyuki @aomeyuki

「ガンダムUC」終了。時間をかけて丁寧に作られた作品。元はOVAシリーズみたいだが、近くに掛かってる劇場があってガンダムが好きなら観にいく価値はあると思います。ただし、富野的なものを期待すると肩透かしを食らうかも。コレは「宇宙世紀ガンダム」ながら「非富野ガンダム」でもある。

2010-02-28 16:54:09
aomeyuki @aomeyuki

「ガンダムUC」続き。原作の福井晴敏は執拗にファーストと富野ガンダムに目配せしながら作ったと分かるストーリーで、一部「ラピュタか!」と突っ込みたくなる展開があるも、それなりに良くでいている。だが、それ故に「富野で無い」部分が強調されているようにも感じた。

2010-02-28 17:08:24
aomeyuki @aomeyuki

「ガンダムUC」もう少し。一番残念なのは人物を描いた部分で、キャラ中心にお話が回っておらず、ドラマ自体が分断され、ダイジェスト版を観ているような錯覚を覚える。安彦良和の古めの画(アニメの作画は良くトレースしていたが)と合いまってボンヤリとした感じが強調される。

2010-02-28 17:48:57
aomeyuki @aomeyuki

「ガンダムUC」。キャラの芝居が弛緩して見えるのは、会話が少ないコトに起因している。所謂富野節の特徴の一つである「チョットした説明セリフ」による掛け合いも無く、ある時は言い放しのまま、ある時は言わなくても相手が理解する。脚本と言うより編集に問題があるように思える部分もあった。

2010-02-28 17:55:02
aomeyuki @aomeyuki

行きます!「ガンダムUC」。昨日つぶやいた内容は簡単に言っちゃうとキャラの作画が全般にユルくて、画面は思いのほか古かったということ。それに加えてストーリーの展開がゆっくりしすぎていて、第1話とは言え、もう少し緩急がないといけないなあという感想。

2010-03-02 01:24:50
aomeyuki @aomeyuki

「ガンダムUC」続き。当然ストーリー全体についての評価はなし(まだ1話だから)。でもボーイ・ミーツ・ガールの始まりとしては「F91」ぽいと感じた。ガンダムの伝統に丁寧に則りながらも、今の段階では主人公がガンダムに乗る必然を明示できていない(血統的には意味があるが)のが残念。

2010-03-02 01:27:54
aomeyuki @aomeyuki

では「ガンダムUC」のいい面。とにかくメカについては丁寧な作画で、見せ場の分量も1時間の尺の中でよく考えられている。今作の中心は間違いなくネオジオンの「クシャトリア」。クィン・マンサ系の複雑なデザインの重MSが良く動く。敵役のジェガンも珍しく活躍する。

2010-03-02 01:33:30
aomeyuki @aomeyuki

「ガンダムUC」まだまだ。ただしメカシーンがカッコいいかというそれは疑問。週1のアニメでは絶対に出来ないレベルの作画ではあるが、丁寧に綺麗にみせることを重視しているか、その分スピード感やケレン味とでも言うべきものが無い。ファンネル中心の戦闘も単調で工夫が無い。

2010-03-02 01:36:06
aomeyuki @aomeyuki

「ガンダムUC」。ネオジオンのNT専用機が数で勝るとは言えジェガンや青いメタスモドキに苦戦したりは無し。その上結局ビームサーベルで切り合うような戦闘はいかがなものか。もっとこうファンネルをキチンと使って、1対多でも相手を圧倒するのがNT専用MSだろうがと小1時間ほど...

2010-03-02 01:42:36
aomeyuki @aomeyuki

「ガンダムUC」よ。そういう意味では富野由悠季のメカ演出は良く出来ていて、まず観た目のカッコ良さが段違い。今回もデザインや作画には「劇場版Zガンダム」のスタッフが参加しているはずなので雰囲気は似ているが、描くべき視点が大きく異なるので、全般的に凡庸。

2010-03-02 01:46:21
aomeyuki @aomeyuki

「ガンダムUC」続く。分かりやすい例を挙げると「劇場版Zガンダム」の1本目。クライマックスのアッシマー戦やその前のギャプラン戦ぐらいのインパクトが欲しかった。目標にするなら「逆シャア」のサザビー対νガンダム、「F91」のラフレシア戦ぐらいはやってほしい。

2010-03-02 01:50:48
aomeyuki @aomeyuki

考えてみると富野ガンダムの映画って編集もの+αが基本で完全新作は「逆シャア」と「F91」しかない。でも「F91」は作画面が弱くて、決してよい画ではない。それでもメカ戦闘のシーンはスピード感、緩急、そして機体(MS)の動きが良く出来ている。

2010-03-02 01:54:07
aomeyuki @aomeyuki

だからアニメの面白さや優秀さは、単に「美麗な作画」にある訳ではない。「ガンダムUC」は正確に言えば映画でないが、映画並の予算と手間をかけた作品で、CG臭い感じのしない丁寧な一品ではある。(コロニ—建設の場面は単純にスゴい作画だと思う。)

2010-03-02 01:58:14
aomeyuki @aomeyuki

「ガンダムUC」もう少し。それだけにちょっとこじんまりとまとまってしまったのは残念。最後のユニコーンのデストロイドモード移行はカッコ良かったけど。できればもう少しクシャトリア相手に苦戦してもよかったと思うけど、それは次のお楽しみということなのでしょう。

2010-03-02 02:05:47
aomeyuki @aomeyuki

富野由悠季のメカ演出は本当に面白い。彼の作るアニメでいつも驚かされるのが登場する機械(ガンダムの場合はMS)がパイロットの工夫で独自の動き(戦闘)をする。設定で決められたことを理解した上でこんな使い方もできるんだというのをスマートに見せてしまう。これが氏の演出の神髄なんだと思う。

2010-03-02 02:19:15

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?