障碍児の出産について~新薬たんの私見~

①長谷川氏一人を100%悪としてセンシティブな事象に幕を下ろすことは簡単です。しかし、根底に流れる倫理的課題は依然解決されていないことを知って頂きたいのです。 ②長谷川智恵子氏の、「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないんでしょうか。4カ月以降になるとおろせないですから」という不適切な発言から、私は「論を待つ『障害児の出産は減らすべきか?』茨城県教育委員の発言を受けて」と題したまとめを作成しました。 大変真摯なコメントを頂き、私自身が勉強になったと同時に、なるべく多くの方に議論をして(見て)頂きたいと感じました。
社会学 障碍者 生命倫理 フェミニズム 乙武洋匡 選択的中絶 長谷川智恵子 差別
9
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見①】 まず、長谷川智恵子氏の発言についてです。出生前診断は『障碍児が産まれた際準備しやすくする』という側面もあるため、「茨城では減らせる方向に」という意見は一面的すぎると考えます。
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見②】 また「予算がかかる。職員が大変そう」という発言も障碍者への配慮を欠いたものと思いますし、その点を批判する方も多くいらっしゃったことも事実です。 しかし、私は長谷川氏が100%悪いとは思いませんし、彼女一人を悪役にして幕を引く問題では無いと思います
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見③】 政治や行政の人間なら、今回の障碍者問題であれ、介護保険であれ、医療費であれ、どこかから財源をねん出しなければなりません。 また、その財源を負担する方を決めなければなりません。 国や県あっての福祉政策であり、『医は仁術』で全てが解決する問題では無い
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見④】 個人的には今回の問題についての理想的な解決法は、 『障碍児が産まれ、両親が療育を拒否した場合、私(或は我々)が引き取り十分なケアと生涯に渡る支援をする』という個人や団体が現れることだと思いました。 両親、子供、行政皆が幸せになります。
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見⑤】 実際はそのような神にも似た慈愛無限の財力を持ち合わせた団体など存在するはずもなく、当然もめることになる。 この種の議論は『正論VS正論』、或は『正義VS正義』と言い換えても良いと思います。どちらの側に立っても受益者と負担者が生じるためです。
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見⑥】 ニュースを見る限り、またツイッター検索をかけてみたところ、『生まれる前の障害胎児への選別が、『現に生きる障碍者への差別とならないか?』が最大の焦点となりました。
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見⑦】 結果的には、「障害はない方がいい」「子どもは障害を持って生まれてこない方がよい」という判断が「すでにいる障害者もいなくなった方がいい」という判断へと変化する可能性が生じました。 帰結として、選択的中絶が優生思想であるという批判生じました。
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見⑧】 この世論が間違っているとは思いませんし、反駁する材料もありません。 但し、今後出生前診断を受ける妊婦さんと、苦渋の決断で中絶を選択する方並びに医療スタッフに「優性思想に加担した」というレッテルが貼られる危険性が生じたことは事実だと思います。
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見⑨】 妊婦さんに限れば、『女性の(本人の)利益 VS 胎児の利益』であった問題が、乙武氏を始めとする現に生きる障碍者から「自分の存在を否定するのか!」という障碍者全体から痛罵を浴びせられないか、さらなる十字架を背負わせることにならないかと強く危惧します
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見⑩】 今後の社会情勢について心配することが2点あります。 一つは政治や行政サイドがこの問題をタブー視してまともに議論しなくなることです。長谷川氏は非難されるべき所も多々あったとは言え、行政サイドから一石を投じたことは事実です。
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見⑪】 2点目は科学の進歩により、『受精卵の異常がゲノム編集によって解決し、通常なら障碍児として生まれる赤ちゃんが、健常児として産まれるようになった時』これは選択的中絶の逆パターンですが、障碍者の排除という意味においては同一です。
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見12】 このような技術的革新がなされた際、今回の世論に従えばこの技術は優生思想にあたる方法のため、使用できないということになります。 あるいは、選択的妊娠中絶がダメで、生殖細胞の改変がOKな理由を探す必要が生じます。
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見13】 今回の辞任騒動で一旦騒ぎは鎮静化するでしょうが、倫理的問題は変わらずに存在し続けます。 私が『論を待つ』と題してまとめを作成したのは、この問題が『論を俟たない=議論の余地が無い』と思われたくなかったためです。
新薬たん @ShinHiroi
【障碍児の出産について、私見14】 私は愚者ですが、千回くらい考えれば何か一得あるかもしれません。 コメントを書き込んで頂いた皆様にこの場で御礼申し上げます。 また、拙いまとめをへの引用を快諾してくれた方々、閲覧頂いた方々にも同じく御礼申し上げます。以上。
新薬たん @ShinHiroi
女性として、一科学者として、この問題は人ごとでは済まされないと思うわ。私の知らない意見を表明する方がいらっしゃって、(変な表現だが)嬉しい。 論を待つ『障害児の出産は減らすべきか?』茨城県教育委員の発言を受けて togetter.com/li/902197 ぜひ覘いて下さい。

コメント

新薬たん @ShinHiroi 2015年11月21日
まとめを更新しました。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
概ね同意なのですが、私見2に関して、オレは「障碍者への配慮を欠いたもの」とは解釈しません。現実問題として足りないモノを足りないと認めるのは必要な事ですし、事実として多くの障碍者は経済的ないし社会的支援を受けています。それを単純に非とするのは、政治家ないし行政の仕事に理想を求めすぎなのではないかと。ただまとめ主さんは私見3、10で含意を認めているので、大同小異かなとも。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
現実問題として、「障碍児?どんどん産んでいいよ!どんな子供が生まれても国が最後まで責任を持つよ!」となるためには、「その代わり税金がうんと高くなって日々の暮らしは大変になって、下手すりゃそれが原因で死ぬ人も出るかも知れないけど、当然我慢してくれるんだよね?」としかならないんですよね。私見4~5はその現実問題への皮肉と、理想論ばかり口にする人たちへの良い問題提起になればいいなあと切に願います。
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月22日
福祉や医療、各種インフラという一個人や一団体で出来ないことを行うために行政は税金集めていると思ったのですが、4は「行政ではもう障害者の面倒見られないから誰か善意のある人たちが救ってください、いないなら親子共々あきらめろ」と仕事放棄してませんか
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月22日
これ実行したとして、国や納税者達は障害者を育ててくださる善意の第三者に何をして報いるんでしょうか?障害者を認める連中だけが多く税金払って障害者を育てさせ、払わない人間は障害者の問題から開放された世界にタダ乗りしていいとこどりしているだけかと
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月22日
実際財源足りなくなったら軽い障害者を切り捨てて事件を起こしやすい重症障害者に財源を集中させるだけでしょう。それでも足りなくなったら福祉全カットするしかないでしょうね。残念ながら障害者の数は少なく、健常者多数の納税者から生活が困窮するほど税金をぶんどれませんよ
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
諦めてるワケではなく、現状展開されてる理想論を叶えるためには、善意の第三者が名乗り出てくれないとどうしようもないという話でしょう。あと、元まとめで他の方にも何度も云ってますが、そうやって書かれてない事を作文して、その作文を批判するやり方をいい加減止めませんか? RT blanc003506caf:4は「行政ではもう障害者の面倒見られないから誰か善意のある人たちが救ってください、いないなら親子共々あきらめろ」と仕事放棄してませんか
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月22日
出生前検診で判明した障害者を(どのような形であれ)取り除いていけば、取り除かれた障害を持った者達は近い未来に消えます。この未来を怖いと障害者が表明するのは仕方なくありませんか。この怖いという気持ちを言論封殺・理想論という理由で否定されるのは納得いきません
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
「善意の第三者」とは本来「当事者間の事情を知らない非当事者」という意味であり、「善意をなす事情を知らない者」という意味ではありませんが、仮に後者の意図で用いたのだとして、見返りを求める事を善意とは呼ばないでしょうね。見返りを求めるのはただの取引=ビジネスです。 RT blanc003506caf:これ実行したとして、国や納税者達は障害者を育ててくださる善意の第三者に何をして報いるんでしょうか?
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月22日
「そんな障害ないほうが幸せだろう、不幸な未来を取り除いてやっただけ」「何故不幸な障害者の親を増やすのか」「不幸だと表明する障害者もたくさんいる」これらは多数派健常者側の理論です。多数派の幸福を追求するのは構いません、数や力で負けているこちらの意見を切り捨てられるのは仕方ない。けれど少数派の意見を多数派の意見に強制変更しようとするのはやめていただきたい
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月22日
そもそも障害者が増えているように見えるのは「救われる障害者が増えた」だけのことで、障害者の発生確率自体は劇的に増えていないのでは?どこかで頭打ちになるものを「障害者増やす気か!」と憤られても困ります。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
税金?4の話は民間慈善団体による共同基金の考え方ですが、一体何と勘違いされてるでしょうか? RT blanc003506caf:障害者を認める連中だけが多く税金払って障害者を育てさせ、払わない人間は障害者の問題から開放された世界にタダ乗りしていいとこどりしているだけかと
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
意図する懸念の根拠がよく判りません。そも「事件を起こしやすい重症障害者」とは一体何の話なのでしょう?何か、個人的偏見に基いて作文されていませんか? RT blanc003506caf:実際財源足りなくなったら軽い障害者を切り捨てて事件を起こしやすい重症障害者に財源を集中させるだけでしょう。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
「障碍者の数が少ない」のに「財源が足りなくなる」、「健常者が多数」なのに「税金をぶんどれない」とするのは、言葉の帰結が全く成立してないどころか、その論理を認めるならば、「(行政の)仕事放棄」という貴方自身が吐いた言葉を否定できなくなりますね。作文をするならするで、もう少し論点と意図をまとめてからにしませんか? RT blanc003506caf:それでも足りなくなったら福祉全カットするしかないでしょうね。残念ながら障害者の数は少なく、健常者多数の納税者から生活が困窮するほど税金をぶんどれませんよ
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
だから作文を止めろと。 RT blanc003506caf:「そんな障害ないほうが幸せだろう、不幸な未来を取り除いてやっただけ」「何故不幸な障害者の親を増やすのか」「不幸だと表明する障害者もたくさんいる」これらは多数派健常者側の理論です。多数派の幸福を追求するのは構いません、数や力で負けているこちらの意見を切り捨てられるのは仕方ない。けれど少数派の意見を多数派の意見に強制変更しようとするのはやめていただきたい
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
長谷川氏は「障害者増やす気か!」などと発言していませんが、一体同氏のどの発言を読まれてそう解釈したのでしょうか?多分、問うても答えてはくれないでしょうけども。 RT blanc003506caf:そもそも障害者が増えているように見えるのは「救われる障害者が増えた」だけのことで、障害者の発生確率自体は劇的に増えていないのでは?どこかで頭打ちになるものを「障害者増やす気か!」と憤られても困ります。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
発想が飛躍しすぎ。「インフルエンザを防ぐためのワクチン接種を呼びかけたら、インフルエンザで死ぬハズだった人たちが間引かれる」っつーてるのと同じ話なんだけど。 RT blanc003506caf:出生前検診で判明した障害者を(どのような形であれ)取り除いていけば、取り除かれた障害を持った者達は近い未来に消えます。この未来を怖いと障害者が表明するのは仕方なくありませんか。この怖いという気持ちを言論封殺・理想論という理由で否定されるのは納得いきません
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年11月22日
理想論(というか、オレは被害妄想だと思ってるけどさておき)として否定される云々はともかく、誰が言論封殺しているの?いちいち、話の主語を大きくするのが好きな人っているよね。 RT blanc003506caf:この怖いという気持ちを言論封殺・理想論という理由で否定されるのは納得いきません
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月24日
私見④読んだときの感想が「親が育てられないなら捨て子確定」というのは障害者本人にとってちっとも幸せに思えない、親と行政側の理想じゃないか?+行政が提供すべき福祉サービスを無償で完璧にやってくれる完全無欠の神様に任せるのが理想というのは、絵に描いた餅にもなってないんじゃないかというだけなんですがね。行政側が障害者を全員引き取るサービスを用意する→でもそれは無理、というロジックであればまだ納得できたのですが
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月24日
私の考える重度知的障害者への理想的な対応は「介護ロボの導入」ですね。出生前に障害者を生むの生まないのを議論するのは不毛なぐらい揉めるようですし、子宮に居る間に遺伝子を治療することも実際研究をしようとすると生命論理でもめそう、というか人体実験のように思いますがこれ倫理的にいけるんですかね研究。まあそこはともかく、出生前の問題を技術で解決できればという提案があるならば、出生後の問題も技術で解決できればという提案もありでしょう。
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月24日
正直人、特に親が重度知的障害者を介護し続けるのは人生を食いつぶしてしまうほどの負荷がかかっています。今後も数が増えていく(※個人的にこの部分は結構懐疑的なのですがさておきます)ということであれば、人を投入しつづけるのも限界があるでしょう、というかすでに限界状態です。だったら機械化してくしかないと思います。目指しましょうよ介護の機械化
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月24日
私あまり重度知的障害者の実態に詳しくないので、今後の提案は推測推論をかなり含みますが理想物語ということでお許しください。重度知的障害者と介護者のコミュニケーションが完全断絶しているのが高い介護負荷を起こしているのではないかと考えます。なので、重度知的障害者と介護者の間に、互いの意思疎通を行うための「翻訳技術装置」を挟むことで介護負荷の軽減化を目指します
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月24日
具体的には、重度知的障害者側の脳波を測定し、たとえば過剰な衝動を可視化して介護者に知らせる。さらに障害者側の要求を脳波から推定し、要求を満たす行動をするロボットを作る。また、ロボットには人間と違って「同条件下では同行動を取らせる」ことができます。これは、同じ対応を何万回何億回と繰り返すことにより、重度知的障害者側に「これは○○すると△△するものである」と介護ロボットの使い方を学習できる可能性があります。これは人間の介護者にはできないことです
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月24日
究極的には介護ロボが重度知的障害者の意志を汲み取り必要な介護を行い、家事ロボットが身の回りの世話をすることで、重度知的障害者が1人で生活できるシステムが構築できるかもしれません。……しかしここまで書いて思ったのですが、これ障害者より普通の人たちのほうがめちゃくちゃ欲しがりそうだw
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月24日
これはもうただのSF空想でしかないでしょうけれども、出生前の技術を追求していくよりは、出生後障害者の欠損部分を補う技術の研究を進めたほうが反発が少ないと思います。実際、現時点でさえ障害者のコミュニケーションを補助するツールが作られ使われています。顔認識技術とウェアラブルコンピュータを組み合わせることで、「顔が見分けられない障害者の代わりにコンピュータが相手を認識する」とかもいけそうです
むぎてぃー @blanc003506caf 2015年11月24日
当然ですが技術開発には時間がかかりますので、今困っている障害者の親や障害者自身を即座に救えるものではありません。ですからとりあえず障害児中絶の是非は現状維持し、出産関連の判断材料は容易に獲得できるようにし、行政はその判断を尊重し干渉しない。というか正直現状ここまでもめるのを議論したり変更するのはぶっちゃけ 面 倒 く さ い と思いました。これだけもめるなら弄るのやめようよもう
新薬たん @ShinHiroi 2015年11月24日
blanc003506caf コメントありがとうございます。自分からまとめておいて何ですが、ぶっちゃけコメント数1000とか、本音を申せばもう2度とやりたくない部類の企画です。あ、もちろん『論を待つ~』は完走するつもりです。つこりす様の仰る通り、『介護ロボット』は良い案ですね! 私はその点を軽視していたのかもしれません。私の専門外の分野ではありますが、ロボット工学の発展はめざましいものがあります。早く実用化が行われ、健常者も、いわゆる障碍者も幸せな生活が送れる未来を期待したいものです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする