梅津庸一「ラムからマトン」トークイベント 「対話」椹木野衣(美術批評家)× 梅津庸一[実況]

実況中心にまとめ 〈トークイベント〉 「対話」 椹木野衣(美術批評家)× 梅津庸一 続きを読む
アート 椹木野衣 梅津庸一 パープルーム ラムからマトン 安井曾太郎 アラタニウラノ 黒田清輝
3

梅津庸一個展「ラムからマトン」
・アラタニウラノ会場 2015年11月14日(土) - 12月26日(土)
・NADiff会場」 2015年11月20日(金) – 2016年1月11日(月・祝)

http://www.nadiff.com/gallery/umetsuyouichi.html
http://www.arataniurano.com/pre/press051.pdf (pdfファイル)


梅津庸一「ラムからマトン」トークイベント実況バックナンバー

■梅津庸一「ラムからマトン」トークイベント 「美術という制度と物語 ~土人の構想画からラッセンまで~」原田裕規(美術家)×梅津庸一[実況]
2015年11月20日[金] NADiff
http://togetter.com/li/902731

■梅津庸一「ラムからマトン」トークイベント『「対話」椹木野衣(美術批評家)× 梅津庸一』[実況]
12月11日[金] アラタニウラノ
http://togetter.com/li/911525

■梅津庸一「ラムからマトン」トークイベント『「絵画について」星野太(美学/表象文化論)×梅津庸一』[実況]
2015年12月13日[日] NADiff
http://togetter.com/li/912491

■梅津庸一「ラムからマトン」トークイベント「ラムnightマトン」黒瀬陽平(美術家/美術評論家)× 梅津庸一[実況]
12月19日[土] アラタニウラノ
http://togetter.com/li/914600

■梅津庸一「ラムからマトン」トークイベント「梅津庸一がホドラーを考えるわけ」新藤淳(国立西洋美術館研究員)×梅津庸一[実況]
2015年12月20日 [日] NADiff
http://togetter.com/li/914933


ウェブ版美術手帖 @bijutsutecho_
なぜ、パープルーム予備校か?【梅津庸一インタビュー・前編】 #bitecho_ @bitecho_ bitecho.me/2015/12/12_595… pic.twitter.com/G2N1Bxd2zu
拡大
ウェブ版美術手帖 @bijutsutecho_
パープルーム予備校が目指すもの【梅津庸一インタビュー・後編】 #bitecho_ @bitecho_ bitecho.me/2015/12/13_596… pic.twitter.com/q1TXWqzZ2L
拡大

URANO @URANO_TOKYO
【梅津庸一】明日12/11(金)19:30~椹木野衣氏との公的な場では初となる対談、「対話」を開催いたします。どのような展開を見せるのか、ご期待ください。※定員に達しましたので予約受付は終了いたしました。当日券は若干名余裕があるので、19時以降の先着順にて整理券を配布します。

みそむーおでん @misoni_2013
「対話」 椹木野衣(美術批評家)× 梅津庸一 12月11日(金)19:30 - arataniurano.com
みそむーおでん @misoni_2013
実況します。 実況ツイートはその場で話を聞き書き起こしているため、誤字脱字、筆者の誤読等あり、発話者の意図と異なることもあります。
みそむーおでん @misoni_2013
対談の経緯 梅津「僕から打診した。タイトル案は椹木さんから。
Kazumi Ebi @kazumi_ebi
アラタニウラノギャラリーにて 椹木野衣×梅津庸一トークイベントスタート!梅津先生からのラブコールでとのことです。 pic.twitter.com/GKRBmADdCU
拡大
🎭butuh pelukan techi😭 @kewyaki
アラタニウラノギャラリーにて 椹木野衣×梅津庸一トークイベントスタート!梅津先生からのラブコールでとのことです。 pic.twitter.com/NU7m2CP3Bi
拡大
みそむーおでん @misoni_2013
梅津「知り合って10年。展示毎に話す程度であった。 椹木「10年前?2005年、、、卒制だろうか? 梅津「それでなく岡本太郎記念館。2006年か
みそむーおでん @misoni_2013
椹木「第9回の岡本太郎記念現代美術大賞展でかな。岡本太郎の誕生日に贈呈式で、そこだった。大賞はなかなかでなくて、初回で準大賞が梅津さんで、そのあと大賞がなくて、で、出ないのは不味いだろうとなり、、、今は太郎賞と敏子賞で、
みそむーおでん @misoni_2013
椹木「五美大展が当時は都美館で行われてて、見た気がするし芳名帳に名前をかいた。直接文章を書いたのは、岡本太郎賞以降でないか。 美術手帖に短い文章を書いたのが最初では。 梅津「2006年、ゼロゼロゼネレーションでしょうか
みそむーおでん @misoni_2013
椹木「作品を見て、直接会う機会があり、、、その文章では、梅津さんがどう思ってるか分からないが、会田誠を引き合いに出しつつ、会田にあったのが93年のfo(u)rtunesで、これは四人展だったが、その前後でレントゲンに作品持ち込んでて、西原珉の展覧会に繋がり、
みそむーおでん @misoni_2013
椹木「彼はいろいろなデザインという文章を出した。小林秀雄を踏襲、つまりさまざまな意匠から。いろいろな様式が等価に並び配置し直すことで作家の表現が担保できる、と。BTやブルータスの絵など、それぞれ全くデザインを様々に並べたことを文章にたくした
みそむーおでん @misoni_2013
椹木「そして10年。梅津の卒制をみて、コランの絵で、それを形成する色々な物品が等価に置かれ、様々なる意匠が空間に置き換えられ、だから会田系譜の若い作家ではないか、と書いた
みそむーおでん @misoni_2013
梅津「その当時は自分は若すぎて持て余す感じもあった。会田世代と異なりがちなペインター気質が僕にはあり、シミュレーショニズム的に覚めた目ではみれなかった。また太郎賞や大木裕之からアラタニウラノを紹介されたり、2006年以降のアートインフラ形成でデビューして、
みそむーおでん @misoni_2013
梅津「ギャラリー、アートフェアに向けて作品を作る状況が、モチベーションが下がり、何に向かって描いてるか分からず、批評的に見れば、空白の数年間であった
みそむーおでん @misoni_2013
椹木「そのように位置付けたが、きっかけにしかすぎなかった。次に見たのはギャラリーほんじょう? 梅津「ほんじょうは太郎賞の前ですね。
みそむーおでん @misoni_2013
椹木「では、アラタニウラノの展示を見たのか。 梅津「2008年ですね。これは椹木さん的に微妙だと思う。コマーシャルギャラリーにながれて、、、みたいな
みそむーおでん @misoni_2013
椹木「そんなふうに思ってはいない。 アラタニウラノが2007年にできて、上海のブースでアラタニウラノを初めてみて、そこで梅津さんの作品をみた。 梅津「その話をメールでもらい覚えている。
みそむーおでん @misoni_2013
椹木「梅津のアラタニウラノでの個展、ポストグラデュエーション、それを見て、浦野さんに丁寧に説明もらって、、、 梅津「椹木さんが来てるってメールもらって急いで向かったらすれ違って、ちょうど山形からきてる画塾のおじさんがいてばったりとか
みそむーおでん @misoni_2013
椹木「09年の個展は見れてない、そして14年が智感情ですよね。 梅津「椹木さんはいわきからの帰りで、是非見てほしいとCメールで送って、 椹木「それを福島で受信した 椹木「そして今年のパープルーム。 梅津「ちょうど銭湯に行ってる最中で、会えなかった。 さ
残りを読む(141)

コメント

みそにこみおでん @misonikomioden 2016年2月11日
トーク実況のバックナンバーとリンクを追加しました
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする