編集可能

イラレで表組みとOfficeデータを2c印刷するTLのまとめメモ。

まとめました。
53

高橋さんによるスクリプトでテキストから表を作るあれこれ

高橋としゆき @gautt

うーん。手数を減らすことはできた感じだけど、ボックスの枠がずれることがある現象はまだ解消できないなぁ pic.twitter.com/LeSrMxXFMK

2015-12-20 05:56:55
拡大
高橋としゆき @gautt

これはアウトラインをかまさないテキストの帯と同じ問題をはらんでいるので解決は無理な気がする

2015-12-20 06:23:55
樋口泰行 @higuchidesign

@gautt やはりそうなんですね。小さい表なら誤差の範囲で済みそうですが気持ち悪いんですよね…

2015-12-20 09:06:55
あかつき@おばな @akatsuki_obana

@gautt @higuchidesign これ、もう一つ問題が…yとかlとか、ディセンダ/アセンダが高い文字があると位置がズレますね。つまり、テキストにオブジェクトのアウトライン→形状に変換を適用したトキと同じ問題が起きてます…

2015-12-20 11:47:21
樋口泰行 @higuchidesign

@akatsuki_obana @gautt 手法が同じで文字の全体の上下幅で見てしまうので、そうなんです。日本語だけならいいけど数字とか英語だけだったり特殊なフォント使うと位置がずれたり、逆にボックスからはみ出す場合があります。

2015-12-20 11:49:47
高橋としゆき @gautt

@higuchidesign @akatsuki_obana もう文字バウンディングボックス下のアキ具合の相対的な比率をフォントごとにデータベース化するくらいしか思いつかないw(力技でねじ伏せる)

2015-12-20 15:59:40
樋口泰行 @higuchidesign

@gautt @akatsuki_obana あのあと考えて1000%拡大と10%縮小を塗りと前と後に入れることで、中央に寄せるところまで出来ました。まだ色々テストしてないのですが… pic.twitter.com/BHcMsJDwoF

2015-12-20 16:09:08
拡大
なんでやねんDTP/おぢん @works014

@higuchidesign @gautt @akatsuki_obana 文字を選択した場合のバウンディングボックスは書体毎に異なりますし、同じ書体でもPro/Pr5/Pr6でそれぞれ異なります…情報パネルの数値から読み取り可能… pic.twitter.com/kkOvd4FSv8

2015-12-20 16:24:10
拡大
なんでやねんDTP/おぢん @works014

@higuchidesign @akatsuki_obana @gautt いえ、InDesignは異なる情報を元にしていると思いますよ(きっと文字サイズのみ)…

2015-12-20 16:31:48
高橋としゆき @gautt

@works014 @higuchidesign @akatsuki_obana そうなんですよね。手動で計算すれば比率を合わせられるので、これを自動で処理する方法さえあれば…… pic.twitter.com/MIDpqod8Sa

2015-12-20 16:27:31
拡大
樋口泰行 @higuchidesign

@works014 @gautt @akatsuki_obana InDesignでフレームの中央位置にした場合というのも、このバウンディングボックスのフレーム端からの上下空きを同じにしているということでいいんですか? pic.twitter.com/e6rCkfVQwN

2015-12-20 16:29:50
拡大
高橋としゆき @gautt

@higuchidesign なるほど、前後で処理するんですね。自分のはこんな感じです。下のアキを半分にして残りを上に分配するイメージ @akatsuki_obana pic.twitter.com/Ugb156H432

2015-12-20 16:31:05
拡大
高橋としゆき @gautt

Illustratorのバウンディングボックスの計算がinDesignをのようになってくれればかなりの問題が一気に解消するのに

2015-12-20 16:33:43
あかつき@おばな @akatsuki_obana

@gautt ポイントテキストからエリア内テキストへの変換時の計算もどっから計算しているのか分からないですしね…

2015-12-20 16:42:35
高橋としゆき @gautt

文字サイズとバウンディングボックスの天地ギャップの比率を計算するスクリプトできた。ついでにライブエフェクトで変形追加するようにしたけど、ダイレクトに塗りに適用するのができない…… pic.twitter.com/sxizHeCp45

2015-12-21 07:34:24
高橋としゆき @gautt

選択している塗りに変形効果が直接入れば最高なんだけどなぁ

2015-12-21 07:35:16
高橋としゆき @gautt

相対値なので文字サイズや内容を変えても大丈夫です。フォントの種類変えるとやり直しだけど pic.twitter.com/y2ilNNa7sW

2015-12-21 07:37:02
高橋としゆき @gautt

フォント決めうちになるけど、自分としては今のところこれが最適解かなぁ

2015-12-21 07:45:05
高橋としゆき @gautt

形状に変換もスクリプトから追加するバージョン。一度ダイアログを開き直さないと描画が反映されないのが残念 pic.twitter.com/hykfzkH10e

2015-12-21 07:48:50
高橋としゆき @gautt

変にスクリプトで効果追加するより、こういう感じで比率を出して必要なときに自分でコピーしてもらうのが一番いいかもな(まだやっとんか) pic.twitter.com/7gsPfg497k

2015-12-21 08:31:36
高橋としゆき @gautt

真っ当な使い方としてはこんな感じなんだろうけどちょっとコントロールが難しいかも。使う人の力量に依存しちゃうなぁ pic.twitter.com/n8FR1g6SQX

2015-12-23 05:11:37
高橋としゆき @gautt

ちゃんと仮想ボディ相当の天地比率を計算して補正するようにしていますので、上下のアキは均等になるはず

2015-12-24 00:04:01
高橋としゆき @gautt

アピアランスでの文字の下地は天地の位置合わせとか面倒なところもあるので、文字と下地を分けて作るためのスクリプトを書いている。文字を選択して実行すれば自動でベースとなる長方形を作ってくれる。しかも最初から形状に変換の効果付き pic.twitter.com/igK5BhiuIM

2015-12-24 00:02:24
残りを読む(96)

コメント