『歳をとったら我々も演歌を聴くようになる』て話が、実際は『我々が聴いている音楽が「演歌」と同じ扱いになる』て事実

若者が音楽を聴く文化ってレコードによって作られてレコードとともに滅びるのかも。 レコードとポップミュージックの時代の最盛期と終焉を自分の目で見ることができたのはよかったな。
202
あきひろ @Werth

『歳をとったら我々も演歌を聴くようになる』て話が、実際は『我々が聴いている音楽が「演歌」と同じ扱いになる』て事実を思い返す度、中学時代の教師がビートルズを伝道しようとしていたのを思い出して渋い顔になる。かつてのボカロ殿堂入り曲を生徒に伝道する教師の姿も容易に予想できて。

2016-01-14 10:30:46
あきひろ @Werth

@Werth 老いる、ということは、我々が嗜んできた文化・ライフスタイルが過去に葬り去られる過程のことを指すのだなあ…。生命活動の停止が「死」ではなくて、老いる過程で、少しずつ少しずつ刻んで、我々の人生・思い出が棺桶に突っ込まれていく、みたいな。

2016-01-14 10:33:26
あきひろ @Werth

@Werth 自分達が「文化」のフロントラインに立てなくなっていること、もう既に「社会の主人公」ではないこと、を社会から突きつけられるのを受け入れられないおっさんおばさん見るの、本当につらい…。

2016-01-14 10:42:01
あきひろ @Werth

@Werth 逆に、自分が若いころに堪能した文化が、そのときもう既に既に日陰者・老いたる者の文化だった、という人にしてみれば「初めから生きちゃいなかったぜ」て感じでそんなに老いへの恐怖ってない気がするな…。どっちが幸せかわからんけど。

2016-01-14 10:44:37
あきひろ @Werth

@Werth 前もこれと似た話はしたけど、そういう『老い』による断絶を恐れずに、自分の世代の文化を次世代に伝えようとする姿勢それ自体尊いと思うの…(後の祭り感)

2016-01-14 11:23:14
あきひろ @Werth

@Werth どうも自分、年長者の世代が、慣れ親しんだ文化を下の世代へと伝道しようとすることに対する病的な抵抗感があるんだな…残したい文化は積極的に伝道していかなければ残らない、てのは正論だと思うし、賛同もするんだけど。凄くアンビバレントな感じ。

2016-01-14 20:30:11

 
 

殿様 ヴィトさん @odake_busho

@Werth 中2から演歌ではなく軍歌を聞いていた俺氏はなんなんでしょう(ネトウヨではない

2016-01-14 10:44:38
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

@Werth (ヽ´゜ω゜)キュッチャンなんて最初からそんなもんだったので実際趣味の老いに対する恐怖って無いですね・・・

2016-01-14 10:47:57
あきひろ @Werth

@odake_busho 軍歌は若い世代にしてみれば、老いた者の文化というより、歴史の範疇に入ってると思うんですよね…ナマの右翼すら普通の生活では見ない人多そうですし。

2016-01-14 10:48:09
殿様 ヴィトさん @odake_busho

@Werth そうなると、今から70年後には、どんな曲が残るんでしょうかねw

2016-01-14 10:50:56
ポニ萌え @ponimoe

@Werth 昔学校で、自由曲で、音楽のテストがあったその頃楽譜あったんで、ドラゴンクエストマーチとかルパン三世のテーマとかを弾いたら教師に殴られた。そんな漫画の曲弾くなお前は馬鹿かと!その教師に今の音楽の教科書叩きつけて殴り返してやりたい。

2016-01-14 10:56:06
あきひろ @Werth

@ponimoe 時代は変わりますよね…。自分もボカロ曲が合唱曲に選ばれる今現在を見ると時代に取り残された気分になります。せめて若い世代を頭ごなしに否定はしたくないものです。。。

2016-01-14 10:58:05
ポニ萌え @ponimoe

@Werth ですよね。 自分も外廻りしてる時学校から聞き覚えのある曲が聞こえてきてあれ?ブラバン部のお遊びと思ったらまさか教科書にのっていたとは。

2016-01-14 11:02:43
あきひろ @Werth

@ponimoe 一方で、そういう曲が教科書に載るようになって、自分達が子供の頃学んだ文化の痕跡が失われていく、みたいな寂寥感も微妙にわからんでもないですね…自分もおっさんになりました。

2016-01-14 11:05:39
あきひろ @Werth

@kyu190a 若者文化にガッツリ浸かってた人ほど、それが通じなくなることへの恐怖って強いんでしょうね…。よかった!枯れた趣味でよかった!(涙を隠しながら)

2016-01-14 11:15:55
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

@Werth (ヽ´゜ω゜)一緒に1930年代をイメージした服装しようや・・・(

2016-01-14 11:18:12
あきひろ @Werth

@kyu190a そんなこと言って!キュッチャンまだ若いのに!!!まあその、おっさんにも優しい格好はしたいですね…。

2016-01-14 11:19:50
銀☆彡2017 (春は何処) @nanairotonbo

@Werth @tanji_y 演歌はいつの時代になっても演歌として残ると思います。今の流行り歌が50年後に演歌に成り替わるとは思えないよ。

2016-01-14 14:48:21
あきひろ @Werth

@nanairotonbo 今更遅い反応でアレですが、「今の流行り歌が演歌に成り替わる」ということは主題でなく(書き方が悪くて申し訳ありません)、我々が聞く今の流行り歌は、次世代の若者からすると、我々の感覚でいうところの「演歌」に近いポジショニングになるのでは、という話です…。

2016-01-14 23:36:47
銀☆彡2017 (春は何処) @nanairotonbo

@Werth それなら理解できます。逆に20年30年先の音楽がどんな風に変わってるのか想像が出来ないですね。そー考えると今の音楽が古い時代のものなり得る可能性は大有りですね。

2016-01-14 23:48:31
あきひろ @Werth

@nanairotonbo 仰る通り、先のことを考えると鬼が笑いますが、もしかしたら学生時代にビートルズ推しだった教師の役を、我々が今の流行歌で再現することになるんでは、と思うと、あの時教師を笑った自分が、過去から復讐されてる気分になってとてもつらいすね…(因果応報)。

2016-01-14 23:59:04

 
 

第4インター系 @Lev1026

俺らの学年から中学の音楽の教科書に「イエスタディ」が載ったんだよ。音楽教師が「先に断っておくけど私は嫌いだ」とか言いやがってなw まあ、こっちも給食にケーキ出されたような違和感あったわいや。ミカンでええやろ給食のデザートは。 twitter.com/werth/status/6…

2016-01-21 18:33:58
渡邊芳之 @ynabe39

ビートルズが「聴いてると先生に怒られるもの」から「教科書に載ってるもの」「先生が好きなもの」に変わっていったのを小中高と経験してきた世代。

2016-01-22 07:00:33
残りを読む(12)

コメント

kartis56 @kartis56 2016年1月22日
最後の、ボサとノヴァが逆
22
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016年1月22日
ボカロ曲は評価してるおっさんだけど、あの辺は息継ぎとか人が歌うことを前提としていない・人に歌うことができない曲作りってのも多々あってその辺が味になってると感じていた。それを人が歌う合唱曲に変換なりアレンジするってのは可能なことなんだろうか。あるいは曲に合わせて人が限界を越えたりしていってるんだろうか。学生時代にコーラス部にいたこともあって興味深い。
10
まさ影 @masaeiyamagata 2016年1月22日
「ニュージャックスウィングは日本人の心のふるさと」になる日も近い
1
社会的距離を保ち、こまめに手を洗う社長 @rafcocc 2016年1月22日
みなさんRCサクセションとか「昭和の遺物」って思うんですかやっぱり。(´・ω・`)
7
赤間道岳 @m_akama 2016年1月22日
どーでもいいことだが、ラバウル小唄を短調で歌うと演歌っぽくなる事に気づいた。
3
游鯤 @yusparkersp 2016年1月22日
俺様も昭和の遺人かぁw
0
taka @Vietnum 2016年1月22日
ボカロってまだまだ発展途上な感じが強すぎて、演歌やビートルズや陽水といった本物の職人らに太刀打ちできない感じがする。さらに他の現代ミュージックに関しても、無駄を削って行間を読ませる歌詞なんてかける人が殆どいない。嬉しい寂しい会いたいのに会えない系の連呼で、ストレートの分かりやすい球しか投げないから飽きも早いのよね。。。これは若者向けの小説でも同じだけど……
9
駐日ベイシュノリア国大使館 @TKRB48 2016年1月22日
昔、「ビートルズもいつかクラシックと呼ばれる日が来るのだろうか」なんて言ってたCMもありましたね
5
シーライオン+@浮上 @sealion0313 2016年1月22日
rafcocc 中学生の我が子たちにタイマーズ聞かせた感想は「テラフリーダムwwww」でした。吉田拓郎の氷の世界、中島みゆきの世情・ファイトは「何これカッコヨス震える((((;゚Д゚)))))))」彼らが「昭和(昔)っぽい」と言ったのはさだまさし、ユーミン、オフコース。YMOは発表年を教えるまで30年以上前の楽曲だと気付きませんでした。
26
岡一輝 @okaikki 2016年1月23日
ビートルズを音楽の教科書に載せるなら、「UKロックの歌詞には英国の伝統的バラッドの形式を踏襲しているものが数多くある」あたりまで突っ込んで語ってほしいけど、どうなんだろうね。
11
岡一輝 @okaikki 2016年1月23日
今の爺ちゃん婆ちゃんが夢中で時代劇を観ているように、将来、ジジイになった俺は、エロゲやラノベ原作のアニメに夢中になっているのかなあ。
0
岡一輝 @okaikki 2016年1月23日
加齢による趣味やコンテンツとの付き合い方の変化とゆうのは、むしろ、「何を楽しむか」ではなく、「どのように楽しむか」に現れるのだろうなあ、となんとなく思ってみたり。
4
aaa @ningennokuzu800 2016年1月23日
1960年代末から72年ごろにかけて、若者向きの流行現象として音楽産業によって仕掛けられていた「演歌」が「日本の伝統」になるんだから、ロックンロールもニューミュージックもテクノも20年後には「日本の伝統」になって、50年後にはボカロとヒップホップが「日本の伝統」になっているでしょう。
4
金玉ごしごし衛門 @Furuchin_TV 2016年1月23日
今アナログレコードが若者に人気なんだってさ
0
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 2016年1月23日
歌詞を1番目2番目と刻むのはどこにルーツがあるんだろうね?軍歌は節一つが短い代わりに4番5番は当たり前みたいな感じだったり、短い方が歌いやすかったのかなあ。
1
ジョエーウ @joejoeu 2016年1月23日
時の洗礼を受けて古典になるものもあると思うんだけど、まあ残る率が低いジャンルはあると思う。
3
りょーいち @barkindog2099 2016年1月23日
20年程度しか過ぎてなく、データも大量に残ってるはずの90年代J-POP史すら歪んで伝わりつつあるように思うしなぁ 大衆文化は残らないからこその大衆文化なのかもしれない
9
忍野イツキ(イツキ☆) @animehakase 2016年1月23日
アニソンはこれに当てはまらない唯一の音楽かもね。音楽ジャンルに含まれない異様な存在のアニソン。どの世代でもある程度アニソンとして認識されている「残酷な天使のテーゼ」とか「マジンガーZ」とか あれ?アニソンって最強じゃね?
2
IJN(題字:榊莫山) @JapanNavy_Blue 2016年1月23日
今の中高生辺りが尾崎豊聴いて「なに甘いこと言ってんだコイツ」と吐き捨てる横で「やっぱり尾崎は俺たちの代弁者だ!」と感動してるおっさんの図
32
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年1月23日
この話は常識的な話だけど、要約してまとめたタイトルが秀逸だ。
5
おりた @toronei 2016年1月23日
盆栽が若い人の間で流行った時期があって、その世代が高齢化したことで老人の趣味みたいになったということよね。
3
おりた @toronei 2016年1月23日
animehakase アニメやアニソンというものそのものが、オッサンの趣味扱いされる時期が来るかもよ。
16
よんいー@柚畑はっさく @ep_meister 2016年1月23日
少子化のせいなのか、かつてほどには音楽の流行りがはっきりと入れ替わらなくなったように思う。 ボカロが今の若者の流行り音楽とはいうが、それだって00年代末からだから世に出てもう結構な月日が経つ。動画サイトの影響もあって、むしろ流行りの曲が古くなれない時代なんじゃないのか。紅白のメンツも代わり映えしなくなって久しいしね。
3
大山椒魚(制御系絶不調) @beszamel 2016年1月23日
自分が聞き込んだ音楽がそのまま加齢とともに世代的に上の層になるだけなんだろうな。つまり私の場合はアニソンだと。
0
大山椒魚(制御系絶不調) @beszamel 2016年1月23日
自分が聞き込んだ音楽がそのまま世代的に上の層になる
0
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2016年1月23日
すでにJAMprojectあたりは年寄りオタク向けの演歌的な物になってる気がする
37
深井龍一郎 @rfukai 2016年1月23日
WATERMAN1996 軍歌は行軍の時などに歌う労働歌の一種なので、作業が終わったらそこで終われるように短いフレーズの繰り返しという形になるのだと思います。
3
BUNTEN @bunten 2016年1月23日
最後にアナログレコード収集家なべ先生登場。
0
BUNTEN @bunten 2016年1月23日
アナログレコードと書いておかないとCDやらその他もレコードと呼ばれるようになったときに区別が…。ヘ(。。ヘ)☆\バキッ
0
嶺本八美 @Ryoumoto08 2016年1月23日
演歌…扱いになっても下の世代と比較しての団塊jrの人口の厚さはやっぱ強い。今、可処分所得を持つ俺らが子供の頃のモノのリメイクの多い事多い事。また60越えたぐらいでもっかい波がくるかも
0
コタ-2 @kota2yukiwo 2016年1月23日
アニソンに関しては(60~70年代の)学芸部的コンテンツが既に古典、伝統芸能の域に達していて80年代以降のものはポップスと変わらなくなっているのでなんとも。 ボカロコンテンツは多分演歌と同じ道を歩みそうだよね。
6
てらさわ @terasawa_bo 2016年1月23日
渋谷系を若い子に勧めるような真似はしないと決意
3
瑞樹 @mizuki_windlow 2016年1月23日
でも、若い頃はそうでもなかった「舟歌」なんかを「良いなぁ……」と思い出したので、やっぱり、歳を取ってから妙に気に入る(気になる)楽曲って言うのもあるのかも知れない…………今も若いけどね!w
7
にづかこたろう/こーたんP🔎🐰 @kota110131 2016年1月23日
テレビドラマだと、時代劇が廃れた代わりに「サスペンス」がその枠に入ってる感じだもんね。ウチの親もよく見てる。
6
うす曇り/N.S @usugumori 2016年1月23日
ニコ動とかで90年代にミリオンになったりしたJ−POPに、「今のAKBなんかにこんか名曲が歌えるか!」的なコメントがついてると背中が寒々として人がいかに歴史を繰り返すのかが身に沁みるわけですが、そう言うのとは違うでしょうか。
32
好古真之 @yoshiful_saney 2016年1月23日
sealion0313 マイナー(短調)主体の楽曲=昔の曲、というイメージがあるのかも知れませんね。昭和の流行歌にはマイナー進行の歌が多いので。Eテレ「亀田音楽専門学校」の受け売りですが。 http://www4.nhk.or.jp/kameon/x/2016-01-07/31/8639/1677041/ http://blog.goo.ne.jp/entertainment_2005/e/173763ea41c43f36178c68113b202623
3
Office三厘 @sangping 2016年1月23日
60歳を超えた母は、若い時分(ほぼ半世紀前)に祖父が聴いていた演歌を「年寄りの音楽」だと思っていたそうなので、演歌については「時代とともに演歌化した音楽」なのではなく、「元から演歌は演歌だった」と考えるべきだと思う
8
dice @DAIKON7748 2016年1月23日
個人的にはあのお年寄り特有のファッションは何時頃から着始めるかが気になる
1
伍長 @gotyou_H 2016年1月23日
「演歌」と書いて「古臭い」と読むという話
1
カリソメ @karisomenoaka 2016年1月23日
あれ、そうなのか。私は若い頃は演歌にそんな興味なかったけど、年とったら歌ってる事の内容が身に染み始めて、昔は文章のまま受け取っていた意味に自分の人生の投影とかして違うように聴こえてきて、そして歌唱力でガッカリする事がほとんどない、演歌もいいもんだなあと思い始めこれが歳を取ったということかとしみじみしたのだけどなあ。
6
atsuso @atsuso 2016年1月23日
ジャズ好きだった父は「エルヴィス・プレスリーが出てきてから海外のポップスがつまらなくなった」が口癖だった(笑)。そのときは「古臭いなあ」と思ったけど、ヒップホップがロックに取って代わろうとしてたときに、父の気持ちがしみじみと実感できた(笑)。まあいつの時代も、古い世代にとってのカッコよさを若い世代が否定するような動きがあればこその「大衆音楽の進化」というものだろう。
13
trycatch777 @trycatch777 2016年1月23日
どんな音楽であれ、必ず聞き返され、「懐メロ」「クラシック」といった分野になるだけなのではないでしょうか。「クラシック音楽」なんて、本来は古典っていう意味だから静的な分類ではなく動的なんですよね。
2
かえでこ @KaedekoSakura 2016年1月23日
それがあったとしても、昭和歌謡にはなれんよな。昭和の一時、国民のほぼ全員が同じ情報をTVから授けられた時代と、今は違いすぎる。
15
the loyaltouch @theloyaltouch 2016年1月23日
今現在だとニューミュージックとか歌謡曲と呼ばれるジャンルが徐々に演歌に近づいている気がする。フォークとかも。
1
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 2016年1月23日
.DAIKON7748 お年寄りは服をあちこち探すのが億劫で、昔からの習慣通りに街のスーパーとか40年前からやっているような洋品店で買うからじゃないかな?ユニクロは中高年層のおしゃれにかなり貢献していると思いますよ。
3
quantum mechanics @omega_bridge 2016年1月23日
そう言われてみれば尾崎豊の「I Love you」は演歌に聞こえなくもない。 あと「反抗の歌」はもう流行らないだろうなあ。体罰はあたりまえ、校則は軍隊並み、の時代じゃないとね。「夜の校舎窓ガラス壊して回った」と言われてもピンと来ないだろう。
7
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 2016年1月23日
あとは、やはり自分のファッションスタイルを確立していない人がいわゆるお年寄りファッションになってしまうんじゃないだろうか?体型が崩れた人ほどデニムを履けというのを見た記憶があるけど、それは、デニムはカッティング的に体型を整える効果があるかららしい。
1
るる @rurusonic 2016年1月23日
どハマりしてたアニメの主題歌をカラオケで歌うと「うわっ懐かしー!」と言われたらもうその"演歌化"じゃないかな。ハレ晴レユカイとか10年前辺りの曲とか、もう懐メロ扱いされるし。コブラとかラムのラブソングとかがいつまでも通用するのは、もう既に"古典芸能"扱いだから、とか。
5
田部大輔 @Infantrytank 2016年1月23日
まあ、教師の好みもあるだろうな。小学6年に時に、サウンドオブミュージックをさんざん見せられてエーデルワイス歌ったり、それとは真逆に夢光年歌ったこともあったな。
0
まさ影 @masaeiyamagata 2016年1月23日
「若者が音楽を聴く文化ってレコードによって作られてレコードとともに滅びる」というのでふと思ったのだが、今ハイレゾ音源買ってる客は昔レコード買ってたオジサンオバハンだけだったりして…
2
moritatsu @moritatsu 2016年1月23日
ぐう正論なんだけど、中島みゆきの歌詞を浜崎あゆみが丸パクリして、それがヒットする事例もあるわけで。日本人であるかぎり、根っこのところはあんまり変わらないような気もする
2
sudoufu @kappazizou 2016年1月23日
盆栽なんかも若者から行う趣味だったと聞く
2
yousuké@ビースト戦士 @yt00k 2016年1月23日
まあ、今のジジババと未来のジジババが求める物って当然違ってくるからなあ。
0
yousuké@ビースト戦士 @yt00k 2016年1月23日
まあ、今のジジババと未来のジジババが求める物って当然違ってくるからなあ。
0
照ZO(厨2助詞) @terzoterzo 2016年1月23日
演歌が、フォークが、歌謡曲が、ロックが、悉く“年寄りの聴く音楽”へと変遷して行ってる、と言うのは確かに其の通りで…其処に次はヒップホップが入って行くのやろねェ…。
1
hararitto @sseg14 2016年1月23日
80年代のバンドの人たちをテレビのバラエティ番組でよく見るようになった ロックが懐メロのポジションになりつつある。 当時はあまりテレビに出てなかったのにね。 これはリアルタイムでテレビに出さなかった芸能界も悪いんですが。
0
照ZO(厨2助詞) @terzoterzo 2016年1月23日
因みに、新しい演歌・フォーク・ポップス・ロック、と言うのも有って、其れは既存の伝統や価値観とは決別したモノが殆どでは有るんよなァ…。マンウィズとかベビメタル然り、ラスボス然り、パフュームやきゃりーぱみゅぱみゅ等然り…。
0
渚稜 @nagisaryou 2016年1月23日
実は、音楽の構造そのものは今の曲も懐メロもたいして変わらないんですよ。違うのは使ってる楽器と歌い回し。楽器の音色や歌い回しはその時代その時代の若者共通の心象風景と紐付けされて、独特の「懐かしい」「カッコいい」という感情を想起させるのです。同じ若い女性歌手であっても、80年代の楽器や歌い回しだと海辺の白い別荘とワンピースが似合う感じになるし、2000年代のだとワンルームで膝を抱えて携帯みてる感じになる。
9
jtoestep @jtoestep 2016年1月23日
随分昔から演歌の扱いが同じだった以上、その理論は的はずれなんだよなあ・・
3
あんとに庵 @antonianjp 2016年1月23日
先日、銀座の山野楽器いったらZEPの各アルバムの超豪華BOXLPが沢山出ていて、流石ロック界のマーケッター、ジミー・ペイジはターゲット層をよく理解してるなぁと思った。金のある爺層に懐メロ売りつけようという腹が見え見えだ。
0
mikunitmr @mikunitmr 2016年1月23日
メタルもそうなるのだろうか…と思ってよく考えたら、自分が訊くのは60~80年代のロックばかりだったので既に演歌の域か。
0
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2016年1月23日
教科書に載ってる歌ってどう思われてんだろうと曲名検索してみたら、昔流行ったらしいけどいい歌、っていうコメントもあったり。 曲にもよるのかなとか。ジャンルにもよるかなとか。 ロックとかってもう不良の音楽でないけど、演歌とイメージは違うし。。
0
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2016年1月23日
nagisaryou 謡回しだけで今風になるか、アイドルソングになるか、決まるって感じ。 曲も変わんなくて、正直、今までの音楽と大差ないものに なにかしらの色付け が多少されるかされないかだなあと思うけど、〇〇だから違うんだ、っていうことに騙された人がまぢでそういうものやってコケるイメージ。実は求められているのは今までと同じものでちょっと違う気分にしてくれるもの。
0
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年1月23日
一般人属性にも頻繁にアプローチするアニソンというジャンルこそが最強。だが『そばかす』は許さん。オルフェンズ・涙・人は悲しみを知って優しくなれる、だが『そばかす』は許さん。
6
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年1月23日
アンジェラ・アキの『津軽海峡・冬景色』カヴァーも5年前の話になった。( アンジェラ・アキ 『津軽海峡・冬景色』 https://goo.gl/8lmN7N ) どの世代がどういった目で演歌を捉えようと演歌は演歌なのだが、それはそれとして、演歌というジャンルにおいてのマスターピース・金字塔的な楽曲が今後生まれ得るのだろうかという疑問はある。そういう意味では終わっているのかも知れない。
0
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年1月23日
好みのジャンルが旧世代化して『渋い顔になる』というのは、裏を返せば「音楽という流行に何かしら依存していた」事のあらわれに過ぎんのではなかろうか。
3
atsuso @atsuso 2016年1月23日
最近のアニソンはアニメ本体と切り離しても受け入れられるように具体性を避ける傾向があって、そういうスケベ根性が嫌いなので最強とは言いたくないけどな。キャラ名や必殺技の名前連呼だった昔のアニソンのいさぎよさを見習えってんだ、と言いたくなるのも自分がオヤジな証拠なのだろうか。
5
長介 @chousuke 2016年1月23日
こと音楽に関しては、ジャンルとしてちょっと枯れて時代の先端から脱落していってる途中のあたり、ここでの言い方でいうと「演歌化」しかけてるあたりが一番味があって聞き飽きないものが出てくると思う。ロックやジャズで「時代の先駆者、歴史的名盤!」とどのガイドにも書かれてるようなものより、それ聴いてプロめざしましたって世代の人の音楽がいい具合の熟しかげんだったりする。
1
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年1月23日
『キャラ名や必殺技の名前連呼だった昔のアニソンのいさぎよさを見習えってんだ』  その点、『鉄血のオルフェンズ』の前エンディングテーマ『オルフェンズの涙』はオルフェンズを連呼しているので実際潔い。( MISIA -「オルフェンズの涙」MV - YouTube https://goo.gl/WQmGhA
4
やなぎ【虫】 @TigerkeelbacK 2016年1月23日
苦いコーヒーが飲めるようになるような、加齢による好む音楽の変化などはないのだろうか。
0
游鯤 @yusparkersp 2016年1月23日
omega_bridge 盗んだバイクで走り出すったって、今じゃバイク乗りはジジババしかいないしね、、、
7
渚稜 @nagisaryou 2016年1月23日
アニソンが「キャラ名、必殺技名連呼型」から「流行歌手のタイアップ型」に変質したのは80年代ですが(杏里のキャッツアイあたりがターニングポイント)、そこには当時の子供の需要もあったと思うんです。アニメ全体がまだ、泥臭く幼稚なイメージで捉えられてたので、ちょっと背伸びした世界観の歌が必要だった。それと当時の小学校ではなぜか流行のJ-POPが教師たちによって厳しく禁止されてまして、遠足で歌うのも放送でもアウト。でもなぜかアニソンはOK。だったらJ-POP歌手が歌うアニソンならOKだよね、ていう。
13
渚稜 @nagisaryou 2016年1月23日
なぜJ-POPが禁止されてたのかは謎ですが、基本的に当時の教師は「子供は子供らしく」という規範を重視してたので、J-POPで歌われる恋だのおしゃれだのといった大人の価値観が子供の世界に流入することを嫌ってたんですよ。少なくとも当の子供の中ではJ-POP系アニソンを歓迎する空気がありました。少なくともタッチやらみゆきやらシティーハンターの歌は、今も歌い継がれる名曲扱いですし。
13
ネットで通りすがるブラジル人 @ntbxp 2016年1月24日
ガキの頃からゲームBGMしか聞いてない俺は一体・・・
2
atsuso @atsuso 2016年1月24日
話を戻すと、『歳をとったら我々も演歌を聴くようになる』と言われていたときは、やたらと「日本人の心のふるさと」「大人なら皆これが判るはず」みたいな押し付けがあって、それに反発して嫌っていたこともあった。個々の曲では必ずしも嫌いなばかりじゃなかったけどね。今の流行ジャンルはさすがにそんな風に語られることはないから、かつての「演歌」の立ち位置とはまた微妙に違うとは思う。
15
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2016年1月24日
流行ジャンルは、ジャズやロックの立ち位置になりそう、、初期の不良感がなくなり、おっさんのきく本格的な音楽で若者は飛びつきにくい、とか。。 ジャズ好きな人に何で?って聞くと、当時、最先端の音楽で、お洒落でかっこよかった、はやってた、昔の思いで、と言っててロックもそうかなあ、とか。。
0
. @DJ_Silkworm 2016年1月24日
速くて派手な音楽を作ってる人たちは中高生の時にそれの洗礼を浴びてるからってそれ一番言われてるから。ハイスタの横山健さんや、DJジョン・ロビンソンも元気なことだしまぁ多少はね?
0
きょん@ムーミン谷 @nyaago69 2016年1月24日
大衆音楽/流行音楽として成功したジャンル/スタイルほど時代なんかと結びついて古くさいものに変化しやすいんだろうな。 演歌、歌謡曲 > ロック > クラシック
0
さるたに @Sarutani_tweet 2016年1月24日
toronei Dam_midorikawa 1990年頃のアニメ誌に『魔動王グランゾート』『獣神ライガー』の主題歌が「タイトルを連呼する古典アニソンの復権!」みたいな評があったのを思い出しましたw
1
まんりき @manriki 2016年1月24日
アンパンマンが年寄りしか観ないコンテンツになってから言え。受け手とともに齡を重ねていくジャンル、新たなファンと卒業者で新陳代謝していくジャンル、どちらも尊い。
0
さるたに @Sarutani_tweet 2016年1月24日
ゲーオタ的には「ああっ!このPSG音源がっ!FM音源がっ!SCCがっ!VRCがいいのだっ!」みたいな話だな。その一方でFM音源は嫌いだと公言した土屋昇平氏のダライアスバーストが古参ゲーオタに絶賛されたのはいい思い出。
6
セオノ@ハンマー取れない芸人 @Rinforzando_960 2016年1月24日
ジャンルによっては世代関係ないのもあるよね。 いわゆるメジャーどころではないジャンルにはなるけどさ……。
0
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016年1月24日
聞く曲って生活背景なんかも影響するように感じるのは気のせいなのかな……例えば、自分が明日から漁師になって漁船に乗る生活を送るようになったら唸りたくなるような気がするんだよね、演歌。今はたまたま聞く機会がないだけというか。そういうイメージに操られてるだけかもしれないが(笑)
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年1月24日
そういえば僕がtwitterで実に驚いたのは、専門書や一般向け新書で多大な業績を挙げている学者さんが、普通にアニメや漫画の話題でツイートやリツイートすることだったのね。(K村幹氏とかH郷和人氏とか…)学者さんなんて漫画など時間の無駄、生まれてから読んだことありませぬ…という人ばかりかと思ってたけど、これも世代のイメージで、今活躍してる学者の年齢を考えたら、普通にヤマトやガンダムを見て育ったに決まってるよね。一昔前の学者なら読んでない、も正しいでしょうけど。
9
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2016年1月24日
あまり早い時期に知らせてしまうと、より良いタイミングで「こんないい曲があったのか!」と感じてもらえる機会が減ってしまう・・・。布教の際は、おごらず、あせらず、さりげなく、最高の一品で攻めたい。
2
MUNEGASHI Isako @isako134 2016年1月24日
gryphonjapan そもそも、自分のまとめでも言及してますが1989年8月10日夜から一斉に始まったアニメ等へのバッシングが異常だったんですよ。(朝日新聞の場合はそれより前は自社施設での試写会告知どころか、天声人語でも魔女宅を好意的に扱っていたにもです。) http://togetter.com/li/750995 それから時間が経ち、日本の宇宙飛行士が宇宙戦艦ヤマトなどのSFアニメが好きだったと問題なく公言できるようにはなりましたが。
5
空弁者 @scavenger0519 2016年1月24日
堀内孝雄さんなんてアリス活動停止後はずっと演歌・歌謡曲。(^_-)
1
渚稜 @nagisaryou 2016年1月24日
この主題で思いを馳せるのは「ムード歌謡」というジャンルであり、本来ハワイアンベースで演歌とはまったく関係ない流行ジャンルであるはずなのですが、なぜか現在では演歌とほぼ同一の扱いとされてしまってます。昨今気になるのはそれらと70年代ポップスとを統合して「昭和歌謡」というジャンルで一括りにされてることです。つまり山口百恵あたりはすでに演歌とごっちゃにされつつある。
10
nekosencho @Neko_Sencho 2016年1月24日
パソコンやってると、そういうの経験してきたというか、もうBASICでプログラム書いてる人もほぼいないし、98ってWindows98?って言い出す人までいるし、MS-DOSも旧MacOSも滅んだし、そもそもパソコン自体がスマートホンやタブレットに押されてオワコン化しつつあるしで、もう何度も体験した道としか感じないw
0
渚稜 @nagisaryou 2016年1月24日
atsuso 押し付けっていうか。70年代頃から洋楽や和製ロックの台頭で、演歌が隅に押しやられつつあったんで、それに対抗する言説として「日本人なら」というのがあったと思うんです。当時流行の西海岸文化を想起させるロックに対して、演歌は日本の風景を歌うものが多かったですから。
2
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 2016年1月24日
演歌の定番と言われる「津軽海峡冬景色」は1977年「兄弟船」「北酒場」は1982年で、新しいんだよね。「函館の女(ひと)」は1965年、ほぼビートルズと同年代で、実はロック・ミュージックの方が古いんだ。こういう事から考えると演歌って現代ミュージックの一ジャンルでしかないわけだ。
13
渚稜 @nagisaryou 2016年1月24日
10代ぐらいの若い人と話してて感じるのは、今の若い人は昔の流行音楽に意外と抵抗がないっていうか、ある程度知られてるもんなら何でも聴く、という感じなのです。Youtubeの影響かもしれませんが。私あたりの世代だと、「若さとは、その時代の流行音楽をどれだけ知っててどれだけ愛せるかである」みたいな厳格な定義を信じきってますので。とかく新しいもんの方に気持ちが向いてしまうんですが。てか「若者に古い音楽を押し付け、現代の音楽を否定したら負け」みたいな感覚があります。
1
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2016年1月24日
知り合いにミュージシャンが居るせいもあって、曲はスタイルと言うよりはノリで聞いているので、ちょっと感覚が違います。
0
渚稜 @nagisaryou 2016年1月24日
若い人とカラオケ行くと変に気を使われて、昔の流行歌、それも自分が当時全然興味がなかった類の、を歌われたりするんですが、そういうのはやめてほしいと思うんです。最新の、好きな歌歌ってくれていいんですよ。昔の音楽といっても意外と多様性があって、自分が愛したのはその一部に過ぎなかったりするし。逆に今の音楽は「新しい」「流行ってる」というだけで共通言語、付加価値となる。
1
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2016年1月24日
演奏、歌自身にノレる要素、裏拍とか、楽譜からの変化や、変化をつけたり。流行りの曲と言うよりは、自分の好きな音楽、という楽しみ方をしています。
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2016年1月24日
なので、演歌とか、そういう新しい古い、という感覚が無いんですね。(多分、普通の人とはかなり違うかも。常に違う道を探索している感じ。)
0
goya4 @goya4 2016年1月24日
長距離トラック運転手が仕事中に良く聞いているのが演歌(の定番)、みたいな印象がいつまでも残っている。
0
ぎんざめ @ginzame_x 2016年1月24日
去年の紅白とか見てると70年代アニソンは童謡みたいな立ち位置になりそうな気がするなぁ…たまにNHKで由紀さおり姉妹が歌ってるような感じで
0
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 2016年1月24日
演歌が古く感じるのは古いテーマを歌っているからなんだよね。時代劇と同じなのよ。任侠や股旅なんてテーマからして時代劇だし、昭和的な価値観つまり、夜汽車、連絡船、望郷、耐える女待つ女、酒場模様といった歌が多いので、今の感覚ではいまいちピンとこないわけ。
10
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2016年1月24日
ささきいさお・水木一郎はNHKとかに出るけど、子門真人も出てきて歌って欲しいと今でも願う世代。まあ無理だろうなとは思うけど・・・。
1
言葉使い @tennteke 2016年1月24日
日本歌謡の世界で、文学で言う「純文学 vs 大衆音楽」論争がなくなっただけでしょう。演歌とは怨歌であり艶歌でありと力説する人がいなくなったから何でもありになって誰でも気軽に歌えるようになった、気軽に聞けるようになったってだけ。
2
言葉使い @tennteke 2016年1月24日
つまい今の時代、演歌とは思い入れのない歌ってことだ。
0
雅@戯雅 @Galakuta09 2016年1月24日
「Slayerは日本人の心に響くのう」「ホームの皆さん、今日のさわやか健康体操の曲は、皆さんの大好きなGG Allinですよぉ」「うちのジジイ、またカラオケスナックでNapalm Deathなんて軟弱な歌歌ってたんだぜ」などということが…!?
6
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 2016年1月24日
演歌のテーマ論に踏み込むと、演歌の歌詞というのは発祥時から大人向け、つまり若者らしさ初々しさが無いわけ。演歌とそれ以外の区別が意図的にされていたと感じられるのね。演歌における若者というのは過去の記憶として想う物であって現在進行形ではない。
5
Dcdcxr @Dcdcxr 2016年1月24日
B'zも演歌になっちゃうのかぁ
1
ヘイヘイ(自宅) @hey2m 2016年1月24日
実際ベンチャーズとかビートルズは私の中で演歌扱いになってるな。
1
渚稜 @nagisaryou 2016年1月24日
WATERMAN1996 逆もまた真なりで、J-POPのテーマの大半が若さ。つまり老いをテーマにしたものがほとんどない。
5
たるたる @heporap 2016年1月24日
主流の流行曲が〜60年代:演歌、70〜80年代:歌謡曲、90年代〜J-POPだと思うので、J-POPが "古くさい曲" になるために、違うのジャンル(曲調)が流行らないとだめなわけで。
0
娑婆助 @shabasuke 2016年1月24日
演歌は時世が反映されるので味がある差し詰め今の時代だと歌詞がシミっぽくなるね。居酒屋とかサウナでかかってると味が出る程度の物だがwなんにせよ現代の邦楽は表れては消えるユーロバンドみたいなもんなんで後世に残りすらしない。サイトランスとかダブ聞いてるような生粋の洋楽層は邦楽に一生興味でないだろうしこの話はあくまでガラパゴス的ミクロ視点でしかない。
1
聖夜 @say_ya 2016年1月24日
同じB'zでもGIMME YOUR LOVEあたりは古いというか時代を感じますけどOUT OF CONTROLなんかは今作ったのかって感じですけどね
0
渚稜 @nagisaryou 2016年1月24日
heporap 現代日本における「ポストJ-POP」はアニソンとアイドルでしたね。J-POPの背後にある欧米文化中心主義、恋愛至上主義へのカウンターとして、日本のオタク文化が作用した感じ。ただ現在のJ-POPって積極的にドラスティックな要素を取り入れてるので(世界の終わりとか見る限り)、最終的には融和しそうな気がします。
0
渚稜 @nagisaryou 2016年1月24日
そういや洋楽の衰退も気になります。80年代にはもっと身近なジャンルだったはずですが。
1
Etsu @MetaboNekomata 2016年1月24日
チャゲアスが全盛期だった頃、演歌と評していた人がいた記憶がある
1
☪️H.Sasamoto(群)🦄 ⋈ @sasa_mocchi 2016年1月24日
ジャンルで語れているだけマシって時代が来るかもしれない。CDが売れず、配信ビジネスも今ひとつの状態では、十数年後には「音楽で世代を語る」という事自体が過去のものになってしまうのではないかと。
1
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年1月24日
ラジオ・スターの悲劇、Video Killed the Radio Star。テレビの出現により仕事を奪われた歌手の話から、ラジオの黄金期を賛美する。( ラジオ・スターの悲劇 - Wikipedia https://goo.gl/7k0aH2 )ビデオ・キルズ・ザ・レディオ・スター、そしてPCやスマホへのメディア移行により、テレビ音楽が今度は死にゆく。
5
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年1月24日
「歌は世につれ世は歌につれ」というキャッチコピーもあったが、実際は「歌」は主流メディアに生殺与奪を握られている訳だな。むしろ個人主義が進んだ結果、情勢はラジオ時代、またはそれ以前に逆戻りしたとも思えてくる。そう考えると、不遇な状況をニコニコ等の利用、草の根営業で巻き返し、3年間干されていた紅白にみごと凱旋を果たした小林幸子という人間は、つくづく「強い」と感じざるを得ない。…小林幸子、演歌歌手である。そういう意味ではエンカノットデッドと言えるのかも知れない。
8
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年1月24日
「◯◯は演歌」と言うなら、私にとってGLAYや浜崎あゆみがそれにあたる。曲調や世界観的な意味で。
3
娑婆助 @shabasuke 2016年1月24日
nagisaryou 日本において洋楽は衰退したのではなく洋楽が好きな人は邦楽的な流行っているから聞いているってスタイルの人がいないが故ジャンルが細分化し皆これ聞いているという物がなくなっただけですよ。ちなみに80年代専門の人は今でも80年代って具合で洋楽専門の人は非常にコアですw
1
Noodle. @Noodle1002 2016年1月24日
良くも悪くもか変わらなさそうなのはメタラーくらいかな?
0
ぉざせぃ @hijirhy 2016年1月24日
演歌ってやっぱり特殊な音楽なんだと思うが。どっちかというと韓国民謡っぽいし。ゆずとかミスチル辺りの音楽は十年二十年経ってもそんなに古臭い感じにはならないんじゃないか?
0
お助けマン虎太郎 @spa_inquisition 2016年1月24日
大分昔に聞いた話で、米国の大学に留学していた先生が学内にあるルームメイトの部屋に行ったら地味頁のドラゴンスーツのポスター貼ってあって、丁度世の中グランジ大ブームであったにも関わらずZEPは愛されていた、と。まぁ、カート・コベイン自体がビートルズやZEPも好きだった、って話もあるので
0
お助けマン虎太郎 @spa_inquisition 2016年1月24日
97年だったか、それまでBlurがフレッドペリーとか着て「Boys&Girls」とか歌って英国的なシニズム全開で人気を博していたところ「ブリットポップは死んだ」と言い今までの路線を全否定するようなソリッドでミニマルなアルバムを出した途端米国でも大ウケ
0
お助けマン虎太郎 @spa_inquisition 2016年1月24日
時が経って映像化されている2009年のHyde Parkとかみると、いろんな変遷があったにも関わらず、時代を問わずみんな合唱してたりするのを見ると、新しいファンを掘り起こしているのか、それとも一緒にリスナーが育って来たのか、って所が気になるわな。日本に置き換えてみると、いきなり演歌を愛好するようになる、っていう事ってあるのかなぁ?
0
atsuso @atsuso 2016年1月24日
洋楽については、80年代後半から流行がラップ+サンプリングばかりなイメージになってしまい、いいメロディとかカッコいいリフとか、そういう音楽的なクリエイティビティはもう先細りなのかな?と思われてしまったのが衰退の原因かと。当時はアメリカですら、「普通の歌モノを聞きたい若者は今やカントリーを聴くようになってしまった」と言われていた。だから「歳を取ったら演歌」もあながち冗談ではないかも、と思った記憶がある。幸い日本はそうならなかったけど。
0
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2016年1月24日
演歌じゃないが、昔はまったく興味のなかった沢田研二が最近よくてねぇ。
1
daishi_hmr @daishi_hmr 2016年1月25日
「私若いけどボカロなんて聞きませんけど!?」みたいなこと言ってくる奴。
0
Maulwurf @a7m167509498 2016年1月25日
年食ったからって演歌なんか聞くわけがない。 90年代半ばあたりで音楽の進歩は止まっている。今20年前の昔の曲聞いても全然古くないでしょ。でも70年代80年代の曲はどうしようもなく古臭い。社会や文化やテクノロジーの変化が安定期に入ったからってどぅんつくぱーで新垣先生がゆってた
2
なみへい @namihei_twit 2016年1月25日
演歌がカセットテープの時代だとして、最前線はネット配信ダウンロードとボカロ? J-POPはCDと共に終了するのかしら。ついでにJASRACも消えてくれるとありがたいかも。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2016年1月25日
そもそも演歌ってそんなに古い扱いだったか? 子供のころの記憶では普通に流行ってる歌はくちずさまれたりマンガのネタになってたりしたと思うんだが。 むしろ懐メロとかじゃないの?古い扱いされてたのってさ
2
まよいみち(すきだ)🍵🍆📸🕙 @ma4i_michi 2016年1月25日
ファンが歌手とともにスライドしているだけで、自分たちより上の世代の曲を「演歌」と言って否定しているだけな気がする。 自分の中では「演歌=自分より上の世代が好きそうな曲」だったので、自分が歳をとれば上の世代の曲を聴くようになるかと思ったら、自分の好きな歌手も歳をとってそれ相応の歌を歌うようになっていて、自分も同じ歌手の歌を聴き続け、気が付くと下の世代に「おっさん向けの曲」と言われているような気がする。
4
まよいみち(すきだ)🍵🍆📸🕙 @ma4i_michi 2016年1月25日
ちょっと古いけど、エグザイルの「Ti Amo」の曲の雰囲気は演歌だと思っている。 そして、ミスチルの「抱きしめたい」が「ド演歌」になるぐらいだから、境界線なんてあいまいじゃないかな。
2
だつやん @datsu_sophia 2016年1月25日
西野カナはカントリーシンガーだと思ってます。
1
じゃりねこ @jyaricat 2016年1月25日
70年代に発表された、萩尾望都氏のSF漫画「精霊狩り」シリーズの中で、「ビートルズというクラシックを胎教のために聞く」という場面があったのを思い出しました。
0
カトウベニ@ウサヅケ @usdk 2016年1月25日
演歌とポップスはまた別な気がするんだけど、いわゆる「懐かしのヒット曲特集」で括られる年代がいまや80年代90年代になってるし、今聴かれてる音楽もすぐにその「懐かしのヒット曲」の仲間入りするよ
0
カリソメ @karisomenoaka 2016年1月25日
演歌は、ボサノバとかパンクとかテクノみたいな曲のジャンル分けのひとつであって、まったく別のジャンルの曲が聴く側が歳取ったからといって演歌と呼ばれる物に変化する訳じゃないと思うのですがなんか話がごっちゃになっているような
2
渚稜 @nagisaryou 2016年1月25日
atsuso ラップは歌詞の意味がわかんないとどうしようもないんで、洋楽っても日本じゃイマイチ流行らないし、4つ打ちもクラブ行く人以外はあまり関係ないですからねえ。それより日本じゃ後期シカゴあたりの80年代AORとストックエイトキンウォーターマンあたりのユーロビートが影響力持ちすぎて、いまだにアイドル楽曲の元ネタといえばあのへんになってるわけで。
0
ウル姉(PrayForKyoani) @boroneko7 2016年1月25日
nagisaryou 高田みづえが演歌に近い扱いされているのでむべなるかな。
0
ウル姉(PrayForKyoani) @boroneko7 2016年1月25日
ningennokuzu800 ほんとそれ>ごく短い時期の流行歌の一群を音楽ジャンルとして持て囃しているのが演歌。冬のリヴィエラとか演歌扱いされるけど、J-POPの亜流でしょアレ。今新曲で出てる演歌は… 個人的には坂本冬美あたりからごく限られた対象のための一群と思っています。
0
ウル姉(PrayForKyoani) @boroneko7 2016年1月25日
なお、アニソンって言ってもプリキュアOPみたいな正統派の後継と、アイドル声優の歌唱力を楽しむアイマスだのラブライブだのあるので一緒くたもどうかと。とはいえかのんちゃんみたいな、80年代アイドルファンを取り込む流れはアニソン独特とも思います。歌詞もメロディも丁寧ですよ。
1
渚稜 @nagisaryou 2016年1月25日
a7m167509498 90年代の曲でも古いもんは古いし、70年代80年代の曲でも古い感じがしない曲もあります。最近のCMでも昔の曲を使ってたりしますねえ(チェイスの黒い炎とかここ数年やたら聞く気がする)。
0
渚稜 @nagisaryou 2016年1月25日
Neko_Sencho 古いっていうか、年長者が聴く音楽、として差別化されてた気がします。ただ年長者の全員が演歌好きっていうかというとそうでもなく、嫌いな人はめっちゃ嫌ってたりします。むしろ若者の方が演歌に抵抗が少なかったり。若い人からすれば、紅白で年一回しか聴く機会がないんで、嫌いになりようがない。
2
渚稜 @nagisaryou 2016年1月25日
datsu_sophia 植村花菜ですね。カントリーシンガーなのは。てか植村花菜以外で売れた日本のカントリーシンガーを知らない。
0
渚稜 @nagisaryou 2016年1月25日
若い演歌歌手のインタビュー聞いてても、みんなが言うのは「子供の頃から周りが演歌ばかり聴いてて、自然と演歌好きになった」という言葉。そして地方のスナックやカラオケ教室、商店街にあるような古いレコード屋なんかじゃいまだに演歌が主流。つまり演歌好きってのは、一子相伝の必殺技みたいな感じで狭い範囲で局地的に伝播されていってる気がします。世代ってよりも環境の問題ですね。
1
こま @comamikan 2016年1月25日
演歌でなく懐メロと言えば、説明不要な部分が多かったんじゃね。10年近く前に宇多田ヒカルが当時の高校生に懐メロ扱いされて戦慄したのを思い出した。
0
りょーいち @barkindog2099 2016年1月25日
Dcdcxr 過去に「考えるヒット」で近田春夫が「稲葉の書く詞は演歌を感じさせる」的なことを書いていたような B'zもここ数年「現役感」をだんだん感じなくなってきてるんですよね(そりゃ二人とも50超えちゃったからね)
0
hogefoo @hogefoofoo 2016年1月25日
松田聖子のデビューが1980年で今から36年前。で、1980年の36年前というともはや戦中なので、そりゃもう80'sアイドル全盛の曲が懐メロどころか古典にもなりますわ。松田聖子やたのきんトリオに夢中だった人たちが「リンゴの唄」をどう感じていたかと考えればお察しです。
4
渚稜 @nagisaryou 2016年1月25日
hogefoofoo 80年代って言うほどアイドル全盛ってわけでもないですよ。http://nendai-ryuukou.com/1980/song.html ここにデータが載ってますが。アイドルで年間1位を取ったのってわらべと光ゲンジぐらい(ギリギリでチェッカーズも入るかも)。てか意外と多様性があるのが80年代の邦楽シーンです。
1
hogefoo @hogefoofoo 2016年1月26日
アイドルの新曲リリースのスピードが早かったから、曲単位で見るとそうでしょうね。っていうかリンク先のしょっぱなに「1980年代はアイドル歌謡全盛期」ってありますやんw まあいろんなジャンルが混在してたのは同意。
0
あーる・ヤマモト @aaru_yamamoto 2016年1月26日
nagisaryou だって、日本国内で生産される音楽だけで飽和状態だもの。捜せば今海外で流行っている音楽と似た邦楽なんてぽんぽん出てくるのに、あえて洋楽を聴く必要がない。
0
ネコチャキュービー @NekochaQB 2016年1月26日
『一時期に流行ったスタイルが伝統芸能的に細々と続く』ってのは『演歌』でも『クラシック』でもあるわけで。今後『ボカロ曲』がそれにならう可能性は高いと考えます。
0
ネコチャキュービー @NekochaQB 2016年1月26日
ユーミンの楽曲って一通り聞いた世代だけど、やっぱりバブル時代の作品が絶頂期に思える。この寂寥感を、いまラブライブ!やデレマスにどっぷり漬かってる人々も味わうことになるのさ。
0
ネコチャキュービー @NekochaQB 2016年1月26日
そろそろ『いいわけmaybe』あたりのAKB曲もJKから懐メロ扱いされるんじゃないか…?
0
Maulwurf @a7m167509498 2016年1月26日
K-POPはどの曲聞いても同じに聞こえる。滲み出る民族性がメロディにあらわれる。日本人の根底にも演歌的な部分が大きく、XーJAPANや矢沢永吉は演歌にも聞こえると言われていた。歌手は在日の人も多いけどwルーツは朝鮮か。中国か。
0
ネコチャキュービー @NekochaQB 2016年1月26日
『ラジオ・スターの悲劇(Video Killed the Radio Star)』のパロディーで『Internet Killed the Video Star』ってyoutube動画があったの思いだした。ビデオスター担当はマ〇ケルジャクソン?だったけど、動画公開の当時は存命だった。今では彼も歴史になってしまった。
2
康芳英 @y_yoshihide 2016年1月26日
演歌自体が六〇年代に興ったジャンルらしいのよねえ。ヒットチャートを見ると七〇年代が最盛期。六〇年代から七〇年代にかけての日本のポピュラーミュージックの最先端の一ジャンルだったと考えると、同じ時代に最盛期を迎えたジャンルであるフォークも演歌と変らない感じだし、中高年になれば聴く物という演歌への思い込みがなければ、ヒットはジャンルは移ろい変わりゆくものってだけの話だと思う。
1
nekosencho @Neko_Sencho 2016年1月26日
むしろ「俺たち若者は○○を聞くんだ、演歌なんか聞く奴は年寄り」とこだわってた人たちが、○○が最先端というか若者の流行じゃなくなって困惑してるようなイメージがある
3
ハドロン @hadoron1203 2016年1月26日
ボカロがアキバ系だっていう言い方に違和感。ボカロはオールジャンルでしょ。演歌やクラシック、オペラに至るまでカヴァーしてるもの。むしろラブライブ!なんかは、昭和歌謡のエッセンスをうまく取り入れて新しい市場を開拓して大ヒットしてる。
0
多楠@しばらく予定なし @ta_c_s 2016年1月26日
コレかなぁと思った「人は33歳までに音楽的嗜好が固まり、新しい音楽への出会いを止める傾向がある、という研究結果が話題に」→ http://amass.jp/56433/ /尾崎豊が存命だったら今ごろどんな詞を書いてたかなぁとかはときどき考える
3
m.i. @L_z_m_i 2016年1月26日
nagisaryou 個人的にも同意見ですがそれやると、少なくともこれが職場だったら年長の方で例えば最悪パワハラをちらつかせてまで怒る人がいるからなんでしょうね、それに良識的な人ほど年長者に合わせるのが社会人としての礼儀・・という意識のほうが強くなるかと。その辺り、自分は頭の柔らかい人になりたいです
0
york @york2009 2016年1月26日
由紀さおり・安田祥子の童謡コンサートなどは完全にお年寄り向けだよねぇ。 童謡って言葉がもう死語かも。
1
Maulwurf @a7m167509498 2016年1月27日
nagisaryou 全体の平均的な話なので、例外の先進的・懐古的な例外作品は除きます。
0
康芳英 @y_yoshihide 2016年1月27日
必ず演歌に流れるわけではないし、みんながみんなそうなるというわけでもないだろうけど、年をとって嗜好が変化することはあるしそれが音楽にも現われることはあるのよね。私は子供の頃死ぬほど退屈で嫌いだったジャズとかR&BとかAORとか年をとってなんか良いかなと思えるようになって聴き始めたし(+プログレとかハードロックとかヘヴィメタとかも昔と同じように聴いてる)。
4
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年1月27日
メタル≒マーティ・フリードマン≒演歌。いいね? #横暴
0
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2016年1月27日
ベトナム戦争の頃はやった曲が今このポジになりつつあるでしょ。アメリカだと、カントリーやジャズが演歌相当らしいけど。いくつになっても好きな人は好きな音楽聞き続ける訳で、テクノ黎明期にポップコーン聞いてた人は今でもポップコーンを聞けば「やっぱりイイネ」ってなる訳で。恐らく俺も、死ぬまでUnderworld聞くと思うし。
0
まさ影 @masaeiyamagata 2016年1月27日
たしかに加齢による嗜好の変化はあるな。まさか自分がモータウン・アーリー・ヒッツとか聴くようになるとは思わんかった
0
灯鳥勃地 @hitoribott 2016年1月27日
今、古典とか名作とか言われてる音楽や作品は、そういう時代による研鑽に耐えてきた物なんだよね。だからクラシックっていうのは凄いわけで
4
うごー @ugoh76 2016年1月27日
30半ば過ぎて急にAKBにどハマりする人もいるし、世の中わかりませんよ。
1
わんこ @ace_ya 2016年1月27日
思い出が棺桶に突っ込まれていくんだ・・・・・そっかー・・・・。なんか、くる言葉ですわ。
0
taka @Vietnum 2016年1月27日
盗んだマイクで歌い出す~♪
1
成瀬京太郎 @yuugekisen 2016年1月28日
認知症の高齢者のかたがこどもの頃や若いころの歌を何度も歌うと聞いたことがあるけど私たちが認知症の高齢者になったときどんな歌を歌うのだろうか・・・・
0
かえでこ @KaedekoSakura 2016年1月29日
ここで言ってる「演歌」というのは何を指すのかね?「時代と関連付けられた懐かしさ」なのか、「時代遅れに感じる古さ」なのか、「世代が違うと感じるズレ」なのか。
0
かえでこ @KaedekoSakura 2016年1月29日
氷川きよしの歌には歌謡曲もあるけれど、なるほど演歌だという歌もある。それらを古く感じるかと言うと、そうでもない。ただただ演歌だなぁと思うだけ。今聞いてるポップスがそのうちメインストリームから外れれば、聞く人も歌い手も減るだろうが、それらはポップスのままだろう。ただ、今の中年・老人が演歌や昭和歌謡に感じるような、ある種の共感を見いだせるかは、微妙な気がする。そこまでの文化の共有は、この先失われるんじゃなかろか。
1
ネコチャキュービー @NekochaQB 2016年1月29日
【2056年】『ううー、あぁああ』「おじいちゃん、もうまともに言葉も話せなくなっちゃって…」「でも、この曲を聞かせると少し正気に戻るんですよ?」えーんたーえーんたーみっしょん♪『ガルパンはいいぞ』「よりひどくなってねぇか?」
1
アンジェ @oleE6nlaIIhZkrf 2016年5月20日
こんなに夜遅い時間に、、、お邪魔して良いのかしら?!いつも私の遺跡ありがとうございます…右手、カッコイイです〜話はかつてに変わりますが、百年浪漫?って云う名前の焼酎が流行ってるみたいですね…私はフォア〜ボール?ですが、いかがなものでしょうか?!おつかれさまでした…今日も一日ありがとうございました。
0
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2016年6月12日
いつかVocaloidすら演歌枠で日本の心の故郷と言われる日が来るのだろうか?
0
中乃井みあき/神の味噌汁より孟宗汁 @nakanoi_miaki 2016年6月12日
少子高齢化がどんどん進行しているのだから「歳を取ると演歌を聴くようになる」が真実ならばどんどんファン層が拡大していきそうなものだけど、どうもそんな気配はないな。還暦過ぎたJ-POPのアーチストが演歌に移行しなければファンだって移行するわけもないし。
1
虚実歴史漢字論懐メロ @kyojitsurekishi 2016年8月12日
かぐや姫(一応、男3人)の「神田川」「なごり雪」など今じゃ演歌扱いされているかも知れない。日野美歌の「氷雨」と松田聖子の「赤いスイートピー」はほぼ同時期のヒット曲で、当時は両方聞いてたな。 #昭和の懐メロ
0
Mock_Hatter @Mock_Hatter 2020年11月5日
クラシック好きは、これ以上古くなりようがない。
0
y㍍㍍u㍍㍍_㍍㍍k㍍㍍u@緊急事態解除の福岡 @yu_ku_yu_ku 2020年11月5日
考えて見りゃ、70年代フォークってみんな40年以上前なんだもんな。中学生から見たら、親が生まれた頃くらいなわけだから遠い昔だよな。
0
ax @azurite77 2020年11月7日
そもそも昔と違って大ヒットとか知らないし知ることも無いんだけど… いくらでもいろんなジャンルの曲が聞ける時代で「これが流行っている」とか言うの自体がもう野暮な気がする 昔のJ-POPはTV全盛期の時代で嫌でもその辺で流れまくったから知らなくてもあー聞いたことあるなってなるけど、今の曲は知らない人は本当に知らんと思うよ というより他の分野みたいに小さい界隈に分かれていくんだと思う
1