『ノートルダムの鐘』オーディオコメンタリーまとめ

2016.3.20 更新 2016.2.29 更新 2016.2.14 更新 『ノートルダムの鐘』US版DVDに収録されているオーディオコメンタリーの内容をまとめます。ネタが見つかったときに随時更新していきます。 映画で割愛された要素がミュージカル版で復活している場合もあるため、ミュージカル版の内容に言及する箇所も今後増えていくと思います。ネタバレを避けたい方はご注意ください。 また続きを読む2016.3.20 更新 2016.2.29 更新 2016.2.14 更新 『ノートルダムの鐘』US版DVDに収録されているオーディオコメンタリーの内容をまとめます。ネタが見つかったときに随時更新していきます。 映画で割愛された要素がミュージカル版で復活している場合もあるため、ミュージカル版の内容に言及する箇所も今後増えていくと思います。ネタバレを避けたい方はご注意ください。 また、US版DVDにはコメンタリーの字幕がないので私が聞き取れた範囲で書いております。間違いありましたらすみません&情報くださると嬉しいです。
アランメンケン 美女と野獣 アラジン ライオン・キング ディズニー ノートルダムの鐘
morisato_snow 2175view 0コメント
3
ログインして広告を非表示にする
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2015-10-20 19:24:53
    では、『ノートルダムの鐘』オーディオコメンタリーの内容報告を。 正確に聞き取れたと思う箇所だけ、少しずつ書いていくことにします。間違え等もあるかもしれないのでご了承ください。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2015-10-20 19:25:16
    ④エスメラルダとフィーバスのラブソングがあった。 一ヶ所めは鐘楼でのカジモド失恋確定シーン、それから奇跡の法廷のシーンでもあったそうです。でも、「ラブストーリーではなくカジモドの物語なのだからスポットを当てる人物が間違っている」からカットされたのだそう。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2015-10-20 19:25:38
    奇跡の法廷のシーンは、原作にあった「ジプシーと結婚したら無罪」のシーンをエスメラルダとフィーバスでやるというもの。カジモドが二人の手を結び合わせる役目になるが、(フロローの突入で)中断され…という流れ。途中には、水面(?)に「普通」のカジモドが映る場面などもあったとか。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2015-10-20 19:25:41
    ラブソングながらも、失恋を受け入れられないカジモドの苦悩が描かれるという形だったようです。映画のラストでカジモドがエスメラルダとフィーバスの手を結び合わせるシーンは、本来奇跡の法廷での結婚式シーンと対になるものだったとか。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2015-10-20 19:26:11
    以下は私見。こんなラブソングだらけじゃカジモド傷口に塩塗られまくりじゃん(^^;それに鐘楼のあのシーンは、(原語版では)『天使が僕に』のフレーズの繰り返しが非常に効果的なので、今の形の方がよかったような気がします。 「普通」のカジモドの姿も、描写するとテーマと齟齬を起こしそう。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2015-10-20 19:26:15
    ただ、手を結び合わせるシーンの意味付けに関してだけは、生き残っていて欲しかったかもです。二つの場面が対になる美しさもあるし、二人を心から祝福できるようになったカジモドの成長をも示せるので。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2015-10-20 19:26:22
    そして、その場面があるなら、ラストのあのシーンは「貴族のフィーバスとジプシーのエスメラルダがノートルダムの神の前で結婚式を挙げる場面」ということになります。非常にロマンチックですし、異なる者同士の共生というこの作品のテーマも分かりやすく示すことができます。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2015-10-20 19:26:28
    ちなみに、原作の最終章の一つ前は『フィーバスの結婚』という題だったりします。ただ原作のフィーバスはエスメラルダのことは完全に遊びで名前すら覚えようとしない屑野郎なので、この章の内容も「処刑されたエスメラルダのことは忘れて婚約者と式を挙げましたとさ」というひどいもの。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2015-10-20 19:26:34
    そしてその次の章が、エスメラルダの亡骸とそれを抱き締めるカジモドが白骨状態で見つかるという最終章『カジモドの結婚』です。こうして考えると、ラストがフィーバスとの結婚というのはエスメラルダにとっても原作の雪辱を晴らす形になるわけですね。なんだかアリエルみたい。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-01-27 18:46:58
    突然ですが、『ノートルダム』オーディオコメンタリートリビアを投下します。アメリカ版ミュージカルについて語るための前提に必要なので。まずは、以前ミスがあったので消してしまったツイートを再投下。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-01-27 18:47:02
    ①フロローの黒い馬の名前はSnowball。 ②フィーバスの馬・アキレスに名前がついたのはケヴィン・クラインの提案から。 ③この二匹はめっさ仲が悪い。 (祭りの直後のシーンでの二匹の表情からわかる) ケヴィン・クライン氏は、他にもアドリブでかなりキャラを膨らませたようです。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-01-27 18:47:09
    では新ネタ。 ⑤『ノートルダムの鐘』の歌のカジモドの母親を殺したフロローが神の怒りを感じる場面で、マリア像がカッと目を見開く描写がある。 なお、私の中での通称は「マリア様のガンつけ」だったりします(^^;
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-01-27 18:47:13
    この場面、スタッフさんたちがホラー映画の恐怖シーンみたいに「来るぞ、来るぞ」と盛り上がっていて楽しかったです。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-01-27 18:47:17
    ってかこの人たちトーク面白すぎます。実はわざわざ海外版まで買って『ノートルダム』のコメンタリー聞こうと思ったのは、『美女と野獣』のコメンタリーが今まで聞いた中で一番笑えるコメンタリーだったからです。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-01-27 20:18:41
    オーディオコメンタリーのまとめ作ってて思い出したけれど、この前久しぶりに観た『ノートルダムの鐘Ⅱ』にはラ・フィデルの鐘に「普通」のカジモドが映る場面がありました。あれは本編からカットされたシーンの使い回し?『Ⅱには』1939年の白黒実写そっくりな鐘の鳴らし方してる場面もあったし。
  • 映画ランナー @eigarunner 2016-02-04 18:39:11
    『ノートルダムの鐘』 カメオ出演。 画面右下に『美女と野獣』のベル。 そしてその少し左上に『アラジン』の魔法のじゅうたん。 pic.twitter.com/OK6RpP6elZ
     拡大
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-02-05 00:09:11
    ⑥そして、画面左上から来る台車にはプンバァ「だったもの」が。『三匹のこぶた』でウインナーの下に「FATHER」って書いてあったり、母親の写真には一緒にこぶたが三匹以上写ってたり、というの並みのダークさ…。 twitter.com/eigarunner/sta…
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-02-05 00:13:42
    ⑦なお、同じ『僕の願い』でカジモド作のジオラマと実際の街並みが重なる場面で、パラボラアンテナがついてる家がある。 『The Art of the Hunchback of Notre Dame』という大型本にもこの場面が見開きで掲載されてる頁があるのですが、バッチリ写ってます。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-02-21 11:17:49
    この流れでUS版DVDコメンタリー小ネタ。 ⑧ガーゴイルトリオは、原作の「カジモドが石像に話しかけている」との記述から着想。 原作ではカジモドと大聖堂の精神的結びつきが強調されているので、恐らくその表現。でも原作者があんなけったいなトリオを想定してたとは思えないかも(^^;
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-02-27 22:05:42
    ディズニー映画版の楽曲を使ったミュージカル『ノートルダムの鐘』、劇団四季が2016年冬より公演開始! ぜひ今から予習しておきましょう。音楽は映画よりさらに重厚に感動的にパワーアップしています! amzn.to/1oOsNZm
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-03-13 13:21:11
    『ノートルダム』オーディオコメンタリー小ネタ。 ⑨鐘楼でエスメがフロローの偏見について指摘する台詞は 「Frollo's wrong about both of us」 石像は「Frollo's nose is long and he wears a truss」と聞き違える。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-03-13 13:23:09
    trussは色々な意味があるけれどここでは恐らく「ヘルニア用ガードル」(笑) ただこれ、欧米でも小さい子供はあまり知らない単語だろうとのことで、「『dress』と聞き間違えられてもギャグとして成立するようにした」とのこと。ちみっこたち、あれはローブっていうんだよ?
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-03-13 13:25:27
    ちなみに『Ⅱ』の悪役であるサルーシュはメタボ腹をガードルで矯正して人前に立っている設定で、かつヅラでごまかしているけれど頭は原作フロロー同様のハゲ。マデリンにとってのサルーシュはカジモドにとってのフロローなので、意図的に重ねたのかも。…サルーシュは基本ギャグキャラですけど(^^;
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-03-13 13:28:31
    なおこの箇所の日本語字幕は エスメ「フロローが間違ってるのよ」 ラヴァーン「『フロローが寝違えた』って」 吹替は エスメ「フロローは自分だけが正しいと思ってる」 ラヴァーン「『あなたは優しくていい人ね』だって」 です。
  • 森野智子(本名ではなくHNです) @morisato_snow 2016-03-19 18:46:09
    そういえば、『ノートルダムの鐘』公開時のパンフには、「悪役が歌い出すと浮くことが多いのに、フロローは全く浮かない。この作品自体が歌劇として成立しているからだ」みたいな話が書いてありました。でも、今思うと別の理由があったような気も。 twitter.com/J_kindan/statu…

コメント

アプリならコメントをいいね順で見られます。

カテゴリーからまとめを探す

「マンガ」に関連するカテゴリー