福島第一原発近傍の潮間帯生物は減少しているのか  〜 国立環境研究所のプレスリリースをめぐって 〜

2016年2月4日の国立環境研究所のプレスリリースによれば、福島第一原発近傍で潮間帯のベントスが減少しているとのこと。しかしこのデータで「原発事故の影響の可能性」を示唆できるのでしょうか。意見、疑問点をまとめました。
105
ぴぽさん@剣盾TNしゅくる @fishing_pippo

これは個人的な推測なんだけど、漁をしてなかった事によって、大型魚が増え、餌になる物が少なくなって生態系のバランスが少し崩れてるのかなーと。 福島第1原発南側で貝類など減る 国立環境研調査 sankei.com/life/news/1602…

2016-02-05 07:25:20
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

押さえておきたいのは、調査の時期が震災から2年余りが過ぎた2013年5月~6月という点だな。

2016-02-05 08:22:35
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

うーむ。環境研のプレスリリースnies.go.jp/whatsnew/2016/…では、多種の放射性核種のみならずホウ酸やヒドラジン等の化学物質の可能性にも触れてるけど、それがNHKのニュースwww3.nhk.or.jp/news/html/2016…では「今後、放射線の影響を調べる」となるのか。

2016-02-05 09:04:02
nao @parasite2006

@Slight_Bright この環境研の研究nies.go.jp/whatsnew/2016/… は是非続報欲しいですね。調査時期が一番遅いものでも2013年5月~6月で、今から2年以上前の状況だということは声を大にして言っておかないと解釈を誤まる。この後どう変化していくかが大事

2016-02-05 11:23:53
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

@parasite2006 本当にその通りですね。生態系の変化が影響しているのであれば、更に現状は違っているでしょうし。

2016-02-05 11:30:59
飯島明子 @a_iijimaa1

@parasite2006 @Slight_Bright 震災前との比較が1995年だけであることも念頭に置く必要があるでしょうね。種数・個体数はどの程度の振れ幅で変動しているのか、これだけでは分からないので。(だからこそ継続的なモニタリング調査が必要なのに、人もお金も足りず…)

2016-02-05 11:43:56
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

@a_iijimaa1 @parasite2006 確かに、他地域との比較も大事ですが、同じ地域での継続的な調査があってこそですよねえ。。。

2016-02-05 11:50:19
飯島明子 @a_iijimaa1

@Slight_Bright @parasite2006 はい。磯のベントスを対象としたモニタリング調査(環境省のモニ1000の一環)も発足していますが、従事できる職持ちのベントス屋は少なく、サイト数も少ないのです。島国で海岸線がべらぼうに長いのに…orz

2016-02-05 11:54:27
飯島明子 @a_iijimaa1

ベントスの多くは浮遊幼生期をもつので、種数や個体数の増減の原因に言及するのなら、影響の大きそうな海流の流路の変動は気にしておいた方が良いんじゃないかなぁ。

2016-02-05 12:57:36
dddo 自宅療養 @dddo2it

@a_iijimaa1 とりあえずは、最近のも年24号相当の月2回分をダウンロードしてパラパラマンガ的にみてみるとか、経度毎の流軸通過緯度情報をグラフ化して変動を可視化してみるとか、でしょうか^^; www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/q…

2016-02-05 13:54:09
飯島明子 @a_iijimaa1

@dddo2it とりあえず塩屋岬と黒潮流軸の距離を月2回分、数年間分グラフ化してみようかと…(何の罰ゲーム)

2016-02-05 14:14:25
飯島明子 @a_iijimaa1

国環研による潮間帯ベントス調査結果。岩手から千葉までの間で、福島第一原発近傍で種数・個体数共に少ない。nies.go.jp/whatsnew/2016/… 元論文はこちら。nature.com/articles/srep2… この論文からではよく分からない点がいくつか。

2016-02-05 18:41:10
飯島明子 @a_iijimaa1

@a_iijimaa1 元論文によれば、1995年の東電による生物調査結果と比較したのは、テトラポッドなどのコンクリート構造物上の固着生物。95年の東電による調査では平米あたり7158個体が、2013年には大熊・富岡2地点で特に少ない。しかし…(続く)

2016-02-05 18:51:15
飯島明子 @a_iijimaa1

@a_iijimaa1 (続き)2013年の固着生物調査では各地点で潮間帯上部・中部・下部それぞれにつき50 cm ✖ 50 cmの方形枠1つを置いてその中の固着生物を全部掻き取っている。サンプル数がとても少ない。1地点の潮間帯上部なら上部で数箇所は方形枠を置くのが普通。(続く)

2016-02-05 19:00:23
飯島明子 @a_iijimaa1

@a_iijimaa1 (続き)1地点で潮間帯上部・中部・下部それぞれ1つしかサンプルを採らなかったので、図3にエラーバーがないようだ。地点間で比較するにしても少し無理がある。(続く)

2016-02-05 19:04:39
飯島明子 @a_iijimaa1

@a_iijimaa1 (続き)1995年の東電による生物調査の精度がどのくらいのものだったのかもとても気になるところだが、固着生物平均個体密度7158個体だったという。これを今回の2013年の結果と比較すると…(続く)

2016-02-05 19:24:13
飯島明子 @a_iijimaa1

@a_iijimaa1 (続き)平均個体密度は書いていないので、グラフから読み取ることとする。図3では浦尻の潮間帯上部で平米あたり0個体、中部で30000個体、下部で4000個体。久保谷地の上部で1000個体、中部で5000個体、下部で10000個体。(続く)

2016-02-05 19:28:55
飯島明子 @a_iijimaa1

@a_iijimaa1 (続き)大熊の上部で500個体、中部で2500個体、下部で2000個体。富岡の上部で100個体、中部で2000個体、下部で1000個体くらいに見える。これを単純に潮間帯の上部から下部まで全部えいやと平均すると4842個体。(続く)

2016-02-05 19:36:51
飯島明子 @a_iijimaa1

@a_iijimaa1 (続き)1995年の東電の調査結果、平均7158個体/平米より少ないといえば少ないけれど、地点数も異なるので比較は少々難しい。また95年調査で潮間帯のどの範囲を対象としたのかも知りたいところ。(続く)

2016-02-05 19:43:54
飯島明子 @a_iijimaa1

@a_iijimaa1 (続き)論文のDiscussionの3つ目のパラグラフ。95年の調査結果と比較して「潮間帯固着生物の種数と個体密度は2011年3月以降減少した」としているが、95年から2011年の予備調査までの間に16年もブランクがあるので、言い過ぎではないのか。(続く)

2016-02-05 19:58:53
飯島明子 @a_iijimaa1

@a_iijimaa1 (続き)95年の調査で固着生物のかなりの部分を占めていたのはフジツボらしい。Discussionでは「付着基盤のテトラポッドが残っているのに津波でフジツボが全部消えるとは考えられない」とある。何というフジツボだったのか、気になるところ。(続く)

2016-02-05 20:02:33
guwati @guwati

@a_iijimaa1 原発事故や放射能と絡めた生物個体調査はすごく耳目を引きますけど、福島のシジミチョウやワタムシやモミの新芽欠損みたいに尻すぼみ的な結果にならないようしっかりやって頂きたいです。着眼点はいいのですが、結果を焦るせいかどうも結論ありきな感じになってるような・・

2016-02-05 20:03:24
飯島明子 @a_iijimaa1

@a_iijimaa1 (続き)たとえばイワフジツボは、何年も新規加入がなくて、ある年にどっと着底が起こったりする。コンスタントに新規加入があるとは限らない。津波以前にいなくなっていた可能性もあるのではないか。 疑問に感じたのは、今のところこれくらいです。

2016-02-05 20:06:28
飯島明子 @a_iijimaa1

@guwati 私もそのように感じました。これを機にモニタリング調査を継続すると良いのでしょうが。

2016-02-05 20:10:59
guwati @guwati

@a_iijimaa1青森から千葉まで津波に見舞われた沿岸部とその近傍でで棲息状態がリセットされたと仮定できることが条件なのですね。少なくとも原発周辺だけでも定期的に種類と個体数を調査してくれていれば、もっと楽に比較検証できるのにデータが無いのでしょうか。

2016-02-05 20:14:08
残りを読む(11)

コメント

もるだでぃ(・灬・ )ノ🐹 @morudaddy 2016年2月6日
素人考えで一発目に温排水の影響なくなったのかな?とか思ったんですけど、どうなんでしょう。当地の地形もなんも把握せず書きますが<却下。
10
飯島明子 @a_iijimaa1 2016年2月6日
morudaddy 稼働中に温排水によるどのような影響があったか、知りたいところですね。影響がなくなって個体数・種数が増えることもあり得るでしょうし…。
5
guwati @guwati 2016年2月6日
温排水による影響は女川、東海第二、浜岡、全国のサイト立地の沿岸部でも調べていないとわかりませんね。 原発事故の前後で減少した生物種と変わりがない生物種の放射線感受性を調べる実験はまだ実施してないのでしょうか。放射能の影響だというなら真っ先にやってほしいのに・・。 こうした無脊椎動物に対する放射性核種による感受性以外に化学物質に対する感受性も調べていただき、将来、浄化済みの汚染水を海洋投棄する可能性についての検討材料にしてもらいたいです。
6
井上リサ @JPN_LISA 2016年2月6日
やはり温排水の生態系影響調査もやったほうがいいと思う。日本では静岡県が浜岡原子力発電所の温排水を利用したクエや甲殻類の養殖事業をやっており,発電所が停止してからは成育環境に甚大な影響が出て,現在はヒーターの熱で養殖場の海水を温めている。
18
井上リサ @JPN_LISA 2016年2月6日
稚魚や稚貝は海水温度のわずかな変化で成育状況に影響がでます。2013年に実施した浜岡と静岡県温水利用研究センター(養殖場)の視察のまとめも貼付しておきます。 『浜岡原子力発電所見学と旧浜岡町歴史産業めぐりの旅』(2013年4/13〜14) http://togetter.com/li/487964 『浜岡原子力発電所見学と映画ロケ地巡りの旅』(2013年9/21〜22) http://togetter.com/li/568851
16
秋ゑびす●神佛にも、人の参らぬ日、夜 詣でたる好し。(吉田兼好) @yamashita99 2016年2月6日
あれか。昨日、宮城県の河北新報が『原発事故後にフジツボご減った! 放射能汚染水の影響だ!』って飛ばした記事への、冷静な対応ですね。ありがとうございます。
3
IOEUROPA @IOEUROPA6 2016年2月6日
温排水の影響があるのは周知の事かと勝手に思っていました。石川県の志賀原発の辺りは温排水の為に魚影が濃い事で有名なので。
8
飯島明子 @a_iijimaa1 2016年2月6日
JPN_LISA リサ先生のまとめに飛んで、いきなり飯テロにやられたw
1
飯島明子 @a_iijimaa1 2016年2月6日
「貝・フジツボなどが少なかった」という現象に対し、船底塗料の有機スズの無脊椎動物への影響を調べてきた筆頭著者は「原発事故により漏れた放射性物質の影響で減ったのではないか」、うみラボの方は「アイナメが増えてベントス食ったのではないか」、磯のベントス研究をやっていた私は「調査方法に問題あり、本当に減ったのか」「海流の年間変動もみないと」、そして何人かの方から「温排水の影響では?」。堀口さんに生態学会で会えるといいんだけれど。
27
KokyuHatuden @breathingpower 2016年2月6日
大熊町には原子力発電所の温排水を利用した養殖事業施設がありました。住民の生活排水も生き物たちの養分になっていたと思います。
7
minkkanjinno @minkkanjinno1 2016年2月6日
まあ放射能で附着生物が減るなら船舶業界はこぞって船底に放射性物質塗り付けるよね。
5
猿田彦 @saru_ta_hiko 2016年2月6日
瀬戸内において、下水道が整備され生活排水が無くなった為、漁獲量が減少した・・って説もあります。近くの猟師のおっさんも同じ感想を言ってました。非難地域周辺からの生活排水が少なくなれば、海が綺麗になる(プランクトン類が減る)可能性はありますね。
9
月陰あぽろ◆K/oR.weXaA @tsukikage_apolo 2016年2月6日
原発に限らず火力の方でも、温排水を出してる場所は絶好の釣り場として有名ですね。誰でも知ってると思ってましたが意外と知られていないのか。
3
つよし(清野剛) @tseino 2016年2月6日
「放射性物質~」は河北のトバシでこれから調査研究でしょ。http://www.nies.go.jp/rsdb/research_vdetail.php?id=23285&fy=2015 温排水や生活排水が無くなった影響なんかの視点が抜けてるから、原因調べるにはその辺の専門家もいるんじゃないのかな?
3
LCO @f_lco 2016年2月6日
陸上だと割と安直に野生生物の宝庫になるけど、海の中は色んなファクターあって一概には言えねーんだなぁ、面白い  回遊とかで圧倒的に生活圏が広がるからか
2
宇治金時 @uzikin 2016年2月6日
人の生活排水もそうですが、人の立ち入りが非常に制限されている事から田畑も肥料が与えられず、山も荒れ放題ですから河に入り込む栄養が少なくなってるのも影響しているのではないかなと思いました。環境ってあるものが増えると他が減ったり実に複雑。断言してよい事は、「環境について要因を断言することは間違いである」って事ぐらいじゃないかしら
4
山内アカネ @yamautiakane 2016年2月6日
原発の悪夢を再度見ないためにも、反原発。
0
Y・Y @y_y6181 2016年2月6日
http://togetter.com/li/340708 「奇形関連のまとめのまとめ (動植物編)」←こちらに追加させて頂きました。
2
ケルヴィン⚔ @kerubi1124 2016年2月6日
発電所付近は野菜で行ったら温室の様な極楽環境だから魚影濃くて絶好の釣りポイントなの知らないのか・・・・・・。温泉フグとかその発想じゃないの?
1
kartis56 @kartis56 2016年2月6日
北方領土みたいに寒冷でも養分さえあればそれなりだから、温排水がなくなった環境変化だろうと思う。住民排水は現場作業員分で相殺されてるかもしれない
0
月陰あぽろ◆K/oR.weXaA @tsukikage_apolo 2016年2月6日
長年人が住んでいた地域から一斉に退去したのだから、かなり複合的な影響であると思う。こう言ったらアレだけど、貴重なサンプルになるのでは。
1
reesia @reesia_T 2016年2月7日
[c2473174] あ、毎日デマを流布してるイルカイダだ。竹山さんを始めとした多くの人の発言を捻じ曲げたことや、小渕さんへの脅迫紛いなどの謝罪はしましたか?現在あなたがTogetterを利用しているのは規約違反であることは理解していますか?
9
農民学術会議 @no_mi_n 2016年2月7日
[c2473174] お前にはこんなとこでコメントする前にやる事があるだろうがhttp://irorio.jp/kaikuroiwa/20141201/183037/
6
endersgame @endersgame3 2016年2月8日
時間的変化のほうは流石に18年の開きがあると特定できそうにないな。 位置的なものは何が原因だろうか
0
neologcutter @neologcuter 2016年2月8日
少なくとも #イルカイダ みたいに何でもかんでも「放射能のせい」にしたらアカンですね。海岸・海底の方も何らかの変化が起きてるのは間違いないし、要経過観察でしょう。
1
飯島明子 @a_iijimaa1 2016年2月10日
まとめを更新しました。
0
B.cos式十字固め @bcosizm 2016年2月11日
2000年に茨城大学の卒研で北茨城の潮間帯の調査をしていたものです。調査について詳しく知りたいのは3点、①潮間帯の上部・中部・下部はどうやってわけたのか、②なぜ予備調査を肉食性の巻貝で行ったのか、③定量調査は潮間帯上部から下部まで50㎝ごとにすべて取りつくしたものなのか。(調査対象の潮間帯が4mであれば50㎝×8のデータを取るべきだと思います)。
0
B.cos式十字固め @bcosizm 2016年2月11日
③については潮が満ちるまでの時間でやらねばならないので時間がなかったのかもしれませんが(初夏は5時とか6時からやらないといけません)、決定打的なものがみえないというかなんというか。あと潮間帯っていっても岸壁の角度で傾向が変わることもあるだろうなとか、卒研のとき思いました。ベントスから離れて10年以上たってるような者がしゃしゃり出てもうしわけありませんが、もっともっとたくさんの要因があるような気がしますね。
0
B.cos式十字固め @bcosizm 2016年2月11日
あと気になるのは図1でケヤリムシやイソギンチャク、ヒザラガイ、二枚貝、巻貝は目・科レベルなのに、甲殻類と棘皮動物が大きな分類にまとめられているのかが謎ですね。同定できない種が多かったのか。関係ないけど茨城と福島でケヤリムシの仲間というとエゾカサネカンザシを思い出します。潮間帯の深いところでたくさんとれました。
0