衣食於奔走

備忘録です
9
カワイ韓愈 @kawai_kanyu

「文学の如き亦然り。日夕奔走に衣食する者、豈に不朽の文学を為し得んや。泰西の文人は世界を読者とす。僅に二両冊の傑作を出せば、忽ち数万部の需要あり、以て畢生糊口の資を得、悠々任意の文を作る。彼等皆な大抵恒産を有せざるなし」(幸徳秋水『兆民先生』)

2016-03-31 11:57:43
カワイ韓愈 @kawai_kanyu

上下挙って奔走に衣食するようになれば経世利民仁義慈悲の念は次第に自家活計の工夫と両立しがたくなる。(夏目漱石『文芸と道徳』 pic.twitter.com/Uqh2mSlLz2

2016-03-31 12:09:53
拡大
カワイ韓愈 @kawai_kanyu

”松本洪先生の『漢文を読む人のために』(四〇九項)という書で、この「衣食於奔走」を「奔走することによって生活してゆく」と言う意に解して「奔走に衣食す」と読んだ者があったということが書かれてありますが、一般には「衣食に奔走す」と訓まれるものであります”

2016-03-31 12:12:19
カワイ韓愈 @kawai_kanyu

「奔走に衣食し」系(『 訓蒙文章軌範』) pic.twitter.com/6h33chO1aR

2016-03-31 12:21:15
拡大
カワイ韓愈 @kawai_kanyu

「衣食に奔走し」系 「能能味フベキ一種ノ文法也」 pic.twitter.com/CGZMleFYUu

2016-03-31 12:33:08
拡大
consigliere @HanShotFirst_jp

そうそう、そういえば先日のカワイさんの「衣食に奔走し系」、小冊子にもかかわらず西田太一郎『漢文法要説』の「語位の転置」にはちゃんと載っていてさすがだと感じた。 twitter.com/kawai_kanyu/st… pic.twitter.com/4cHvUdJ7If

2016-04-02 13:27:41
拡大
Archer @Archer12521163

「奔走に衣食し」系の亜種(『漢文をどう読みこなすか』より) pic.twitter.com/CLrSQ7IGbJ

2016-04-03 00:05:10
拡大
新稲法子😷 @niina_noriko

芥川龍之介 芭蕉雑記 「鐘消えて花の香は撞く夕べかな  僕の信ずる所によれば、これは明らかに朱飲山の所謂倒装法を俳諧に用ひたものである。 紅稲啄残鸚鵡粒 碧梧棲老鳳凰枝  上に挙げたのは倒装法を用ひた、名高い杜甫の一聯である。……」 aozora.gr.jp/cards/000879/f…

2016-04-03 02:01:03
水府處士 @MethodObjective

筆者が旧制中学で漢文の時間に、「A於B」とあるときは、「AヲBニ」とよむと教えられたが、日本の史籍では、「AニBヲ」とよむ方が文意に叶うのではないかと思われる場合に屡々出会う。 ◯竹内理三「漢文史料訓読難-貴志本『全釋吾妻鏡』所感-」 ▼「衣食於奔走」で思い出した。

2016-04-03 02:27:45
望月うさぎ @usagitan

@kawai_kanyu 室ニ怒リテ、市に色ストハ(京都大学附属図書館所蔵 清家文庫 『春秋経伝集解』) 清家点というよりも、これは施行(公式の訓点)なのでしょうね。 pic.twitter.com/WOvMVY5295

2016-04-03 08:37:38
拡大
カワイ韓愈 @kawai_kanyu

室ニ於(ココ)ニ怒テ、市ニ於(ココ)ニ色ス pic.twitter.com/UcFLgngpBR

2016-04-03 09:16:01
拡大
カワイ韓愈 @kawai_kanyu

私族於謀、而立長親(私族に謀り) pic.twitter.com/RRLo50F4uY

2016-04-03 09:18:24
拡大
カワイ韓愈 @kawai_kanyu

林鶴梁 ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97… 『靜古館記』雪於奇而月於勝乎(雪ニ奇ニシテ月ニ勝レル乎) pic.twitter.com/6e5UIaveMq

2016-04-03 09:25:51
拡大

コメント