ソ連からアメリカへ亡命し異文化に触れたベレンコ中尉の仰天っぷりが話題に「ブッ飛んでる」「これが当時の常識か」

冷戦時代の1976年、MiG-25迎撃戦闘機で函館市に着陸したあのベレンコ中尉のその後のお話
785
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

【ミグー25ソ連脱出―ベレンコは、なぜ祖国を見捨てたか (1980年)/ジョン・バロン】を読んでる本に追加bookmeter.com/b/B000J88VWM #bookmeter

2016-05-06 11:19:27
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

ベレンコwww アメリカに着いて、ものがあまりにも豊富で新鮮で行列を形成していないスーパーマーケットを観て"これは現実に存在する商店ではないのだ。一般の客は利用できないのだ(中略)これはやはり”闇の力”のショールームなんだ"とか言っててソ連生活の苦労が偲ばれる…

2016-05-08 09:18:45
sts @sts11664

あー、ベレンコって北海道にミグで強行着陸した人か

2016-05-08 10:06:25
リンク Wikipedia ベレンコ中尉亡命事件 ベレンコ中尉亡命事件(ベレンコちゅういぼうめいじけん)は、冷戦時代の1976年9月6日、ソビエト連邦軍現役将校ヴィクトル・ベレンコが、MiG-25(ミグ25)迎撃戦闘機で日本の函館市に着陸し、亡命を求めた事件である。ミグ25事件とも呼ばれる。 1976年9月6日、ソ連防空軍所属のMiG-25戦闘機数機が、ソ連極東沿海地方のウラジオストクから約300km北東にあるチュグエフカ基地から訓練目的で離陸。そのうちのヴィクトル・ベレンコ防空軍中尉が操縦する1機が演習空域に向かう途中で突如コースを外れ急激に飛行高度を
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

ベレンコがソ連からアメリカへ亡命した直後にスーパーマーケットの物量等々に圧倒されて現実と信じられないシーン、下手な異世界召還もの小説の数百倍はブッ飛んでると個人的に感じるのでぜひご一読を pic.twitter.com/IWQ7RHSLuE

2016-05-08 09:26:55
拡大
拡大
裸の二郎 @Jirororooou

スゲー!異世界転生とかじゃなくてソ連からメリケンに亡命した人の物語かよ!

2016-05-08 11:18:25
Ayamay (あやめ) @ayame_tsuky

めっちゃ面白いこれ。"闇の力"やばすぎだろ

2016-05-08 11:19:58
卯月薫(Kaoru Uduki) @misei_unix

コストコ行くと手軽に体験できます(笑 >RT

2016-05-08 11:35:35
ハム @donoteatham

闇の力って表現が面白いw<rt

2016-05-08 09:58:14
しいたけ @SeaTake1

>RT 現実の大人が心の底から「闇の力」と表現したのだから、それはもう彼の常識では計り知れないことだったのだろう

2016-05-08 10:06:35
黒百合 @Kuroyuri7777

これを異世界召喚ものって呼ぶの面白すぎる

2016-05-08 11:32:29
鼎徒@かなと @k7t

実際にあった亡命事件の話なのか。面白そうだな。

2016-05-08 10:16:15
章吾 @alpha32663266

@Geroko @ShinyaMatsuura 失礼します。すごいカルチャーギャップと陰謀論信者感、読んでみたいです。タイトルと 出版社、教えてください。

2016-05-08 09:42:08
ケイラン @raw_egg_keiran

くっそ読んでみたいけど古書かぁ 難しそうですので

2016-05-08 10:10:55
那 璃 @ N A R i @NARi101101

何だろう、飛んできたときのことは覚えてるけどその後のことは考えたこと無かったわ。しかも参考にしたい文章(ぇ twitter.com/Geroko/status/…

2016-05-08 10:37:27
ブラン@予定は未定 @gneld1969

当時のソ連とアメリカの差を考えればなるほどこんなことになるかぁ

2016-05-08 10:46:22
高嶋ぽんず@くノ一の魔女2巻、DLsiteにて発売中。 @ponzz

陰謀論ではなく、これが当時のソ連の常識であり現実だったんだがなぁ。

2016-05-08 10:31:32
ReddingN85Q @Redding3985Q

@Geroko エリツィンが訪米して米国のスーパーを見に行った時を思い出しました。初めは驚き、しばらくすると自国のスーパーを思い出して不機嫌になったというお話です。

2016-05-08 09:21:27
ゆうやん @adlibdice2

これ見ると、よくマンガとかででてくる「共産兵は解放のために向かった先で、彼らが自分たちより遥かにいい暮らしをしているという矛盾に苦しめられた。それを報告した兵は収容所行きになった」ってあながち嘘でもなさそうなんだなぁ。

2016-05-08 10:52:42
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

(ベレンコ、日本にとっては「アメリカに亡命するための通過地点として使われて、嵐のように去って行った(そして後に並々ならぬ騒動を起こした)」って感じだが、実際に渡ったあとの方が面白すぎる

2016-05-08 09:45:29

他にもこんな話が

下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

ベレンコとピーター(ベレンコの面倒を見ているCIA要員)の、米ソのアル中談義を宜しくご査収下さい(オチが傑作 pic.twitter.com/szRAnLY0J1

2016-05-08 10:49:21
拡大
残りを読む(12)

コメント

Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2016年5月8日
米ソのGDPが一番縮まった時期でコレ。
53
@izanamu 2016年5月8日
冷戦はラノベよりも奇なり
37
遮光昏人 @KREHITO 2016年5月8日
空軍の戦闘機乗りって超エリートでこれ、当時のソ連一般市民のアメリカとか凄い事になってそう
42
shsh @shsh_ 2016年5月8日
「闇の力」≒「神の見えざる手」
20
わい(ry @waidottowai 2016年5月8日
信じられないような事実ってのはあるものだねぇ。
1
おるぐり @allgreen76b 2016年5月8日
人生それ自体がアネクトードになっちまった中尉
7
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2016年5月8日
大昔に田舎から都会に出ていって教会とか宮殿とかに始めて入った人たちも、同じように驚嘆して「これはきっと人知を超えた力が働いているに違いない!!」とか感服して故郷に帰ったんだろうな~ こんだけ価値観が違うなら、北朝鮮の脱北者や東欧の人々が西側社会について行けずに故郷を懐かしむのも分かる話だ
45
和田名久司 @sysasico1 2016年5月8日
初代ロシア大統領のボリス・エリツィンが共産党の幹部の時、アメリカに視察に言ったとき駐車場の自動車を従業員の物とは信じないで、自分に見せるために周囲の自動車全部をかき集めてきたと思い込んでいて「判っているよ」って笑っていたのが、視察を終えた車内で「非道い。非道すぎる。我々がなにをしたというんだ」と泣き出してしまったという話を思い出した。
89
barubaru @barubaru14 2016年5月8日
冷戦真っ只中なんだからこの手記にもたっぷりプロパガンダは含まれていそう
13
赤間道岳 @m_akama 2016年5月8日
barubaru14 当時の米ソの国力差を考えると、むしろ割引いてるかもしれませんよ(´・ω・`)
21
横えび@ぷよスポAC1123 🦀🦐 @yokoebi 2016年5月8日
その後のエピソードは初めて知った、面白過ぎる!
2
inu @inu1122 2016年5月8日
本の中身の画像を上げることについて著作権を説くものはいないの?
8
わふー @deyudeyu666 2016年5月8日
著作権はグレーだけどむしろ欲しくなった
6
手洗い15秒×2回メメント森 @ALUMII 2016年5月8日
あー、モスクワで、グム以外のお店に何にもなかったもんなぁ。
0
張三李四 @tyousanrisi 2016年5月8日
逆に「地上の楽園」などに夢見てた人はこれくらいの差を期待していたのかもなあ。
2
Chief Buster @chief_buster 2016年5月8日
電子版だけでも復刊しないものか。
10
謎の男 パーマン @nonenoname01 2016年5月8日
昔の遣欧使節団もこんな感じだったんだろうか。
5
r1h3 @r1h33 2016年5月8日
ディズニーランドにつれてって精神崩壊って都市伝説も載ってるんじゃろか
1
トヨ3 @29kiba 2016年5月8日
本の中身って著作権切れてるの?最近ノリで中身をあげる人多くないか
11
猿沢の亀 @sarukame999 2016年5月8日
ベレンコ中尉か懐かしいな。彼が乗ってきたミグ25は、最新型だったんだけど、函館空港に放置されている間に、錆が浮いてきたんだよね。超音速戦闘機だからもはやジュラルミンではないんだけど、チタン合金でもなくて、ステンレススチールだったらしい。
9
asagi @asagi2013 2016年5月8日
世話役のピーターさんが苦労人過ぎる
8
氷砂糖.txt @ice03g 2016年5月8日
この使い方なら引用の要件満たしてません?
67
Maulwurf @a7m167509498 2016年5月8日
反共プロパガンダのために、CIAに無理やり書かされた感。北の脱北者のような、いかにも俺らが喜びそうなことを計算して盛って書いてるだけだ。
6
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年5月8日
事実かどうか知らん上でいうが、金日成の”勅命”を受けた韓国大統領暗殺部隊のテロ(青瓦台事件)が失敗したのは、その暗殺部隊が「街が夜も明るく繁栄してて、聞いていた話と違いますが、ここが本当にソウルでいいのでしょうか…?」という確認の無電を打ったからだ、という話を聞いたことがある(笑)
27
うまみもんざ @umamimonza 2016年5月8日
「現実の異世界召喚モノ」なら、帰国事業で北朝鮮に行った帰国者の手記もお勧め(ベレンコ中尉と逆だけど)。『地上の楽園』『労働者の天国』『この世に羨むものはない』という宣伝を真に受けて新潟から船に乗ったら、出迎えの面々の着てる服が貧相なスフ製、栄養状態は悪くてみんなガリガリに痩せてる、支給された家は天井から40W電球のソケットが垂れ下がってるだけの粗末な小屋、野球やろうとしたら「帝国主義のスポーツはやめよ」と思想教育される……読み応えあるぞー。
52
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2016年5月8日
ヘタな小説より遥かに面白そう。事実は小説より奇なり。
2
しかわん @shikawan 2016年5月8日
逆に言えばどれだけソ連が腐敗しきっていたのか
3
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年5月8日
この時代だとまだ技術面ではソ連もまだなんとか追いかけていけてるレベル。だからベレンコの驚きも技術的に先を行ってるとかじゃなくて一般市民の生活にモノがあふれてることに集中してるわけで、何でもかんでも「アメリカすごい」と言ってるわけではない
35
mech_terran @mech_terran 2016年5月8日
韓国が北朝鮮にやってた宣伝放送とかってかなりエグく効いてたんだろうな
2
瑞樹 @mizuki_windlow 2016年5月8日
冷戦終結後に出てきたいろんな情報から想像するソ連の実生活もこんな感じに見えるから、誇張はあまりないように思えるけどねぇ~
3
取鳥族ジャーヘッド/CMDR INABANIUS @torijar 2016年5月8日
アネクドートの世界じゃねえか(笑) 29kiba 出版元のパシフィカが消滅して20年以上になるので権利者が手を挙げれるなら寧ろ挙げてくれ状態ですよ
21
こぎつね @KogituneJPN 2016年5月8日
宇宙産業とか軍事力では差が小さかったのですけど、それは資源を重工業、航空宇宙・軍事産業に集中しつづけてきた結果であって民生品での格差が大きかったのです
12
こぎつね @KogituneJPN 2016年5月8日
外国人向けの「ショーケース」はいまも北朝鮮で行われていること。そんな突飛な発想でもなかったりする
6
hide @samayoumono 2016年5月8日
大韓航空機爆破事件のキム・ヒョンヒは、韓国の取調官が自分の書いた供述書を何枚も持っており、しかも文字が大きくなったり小さくなったりしているのを見て、『魔法を使っているのか』と思ったそうで。コピー機を知らなかったのだ。
27
和田名久司 @sysasico1 2016年5月8日
sarukame999 ミリオタに笑われると思うけど。当時、アメリカ初め西側諸国はミグ25を結構警戒していて、「チタン製では?」と警戒していたらしい。マッハ3だとジュラルミンはおろか鉄さえも耐えられないらしい。 実際はステンレス製。電子機器は真空管で日本のマスコミは「ぷっ。真空管ってソ連の電子機器は相当送れてる~~www」みたいな報道をしたけど、アメリカ当局者は「やべえ。半導体は電子パルスに弱い。ソ連って本気で核戦争考えてる!?」ってガクブルしていたと。
68
小山芳立 @khoryu 2016年5月8日
北朝鮮の高官が昔ソウルに来た時に街じゅう車だらけなのを見て「全国の車を集めてきたんですね?」と言った、という話を思い出すなど。
4
neologcutter @neologcuter 2016年5月8日
ソ連の場合アル中はしょうがないような気もする。クソ寒すぎるからね。まあ共産主義に関してはいろんな意味でヒント程度(生涯を捧げてはいけない)として見るのが無難だな。
6
神代武流 @tkr_kmsr 2016年5月8日
冷戦期に限らず国が違えば文字通り「別の世界」が広がってるのはよくある事ではなかろうか。 ある種のイデオロギーの人なんか、同じ国で同じような情報見てるはずなのに別世界に居るとしか思えないしw
4
和田名久司 @sysasico1 2016年5月8日
昔、ソ連の軍事中心の「フランカー」(勿論Su-27に由来)という同人誌に「ベレンコくん!ハイ!」って四コマが載っていたなあ。偶然手にしてから即売会で探しては買っていた同人誌だったが、表紙を奥田ひとしやうたたねひろゆきが描いていたり、何人もの著名な同人作家を招いてのアンソロジー出していたり、今となっては素性がなぞなサークルだったな。
19
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2016年5月8日
sysasico1 チタン合金を戦闘機に採用するのはソ連でも検討されていたのですが、どうもコスト面で断念したようです。Mg-25にしても重量過多になるという理由で本当はステンレス以外の素材を採用したかったようですが、代替となる素材が他に見つからずやむなくステンレスを採用したそうな。
0
司史生@やる気がでない @tsukasafumio 2016年5月8日
>不可解なものに遭ったときに自分の常識のメガネを通して何とか理解しようとするリアル。 そういえば小野田さんも、奪ったトランジスタラジで日本の競馬中継を聞いたりしてたのに、日本軍の主力は大陸で抗戦を続けてるというストーリーを作りあげて抜け出せなかったんだよな。
39
ダ・ラスキー @takafee2010 2016年5月8日
吉田戦車の「いじめてくん」の女スパイを思い出した。それよりもこっちのほうが面白いが。
3
世界の中心日本 @nihonnotiikizu 2016年5月8日
米ソ冷戦の緊張の時期に発生して世界に激震が走った事件だよね。
0
Simon_Sin @Simon_Sin 2016年5月8日
トムクランシーの『レッド・オクトーバーを追え』でアメリカに亡命したソ連潜水艦乗組員の仰天描写に似てる。たぶん参考にしたんだろうな。
11
にぼし @cajovy 2016年5月8日
rtで流れてきたので読みたくなった。尼でもヤフにも無かったが、横浜市の図書館で発見で予約した。楽しみ。
3
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年5月8日
fool_0 自信ないけど70年代だとチタン合金は戦闘機のボディに使えるほど安定した品質で量産できる技術はなかったんじゃないかな?だから「Mig-25にチタン使ってるかも」ってのは「ソ連ではもう実用レベルのチタン合金を製造できてるのかも」という危惧もあったんじゃないかと
6
和田名久司 @sysasico1 2016年5月9日
albireo_B そういう事ですね。ミグ25が函館に飛んでくる何年も前にミグ25は作られてましたし。
1
和田名久司 @sysasico1 2016年5月9日
sysasico1 で書いた一連の情報は、中学か高校の時、父親が取って置いた電子専門誌のバックナンバーで仕入れました。その時点で周回遅れだった訳ですが。父親からはその直後に「真空管って豆電球より小さいのがあるよ」とか「真空管ってトランジスタ一個に相当すると思われているけど、中には集積回路相当の機能をひとつに集積したのもあるよ」と聞きました。東側の電子機器は真空管って士郎正宗が『攻殻機動隊』でもネタにするほど、定着したネタになるとは・・・。
15
夢の夢 @__Y_Y 2016年5月9日
文明の違いは正に別世界に感じるだろう。以前、密林に住まう部族を日本に連れてくるという番組が放映されたが、彼らも電化製品を「魔術か何かか」という反応だった。
0
ねこんちゅ @mizuasagi11 2016年5月9日
青池保子先生と魔夜峰央先生の絵で再生されました
32
はるきさん@🌻まだ終わらんぞ!!🌻 @osaka_sirokichi 2016年5月9日
北朝鮮からの脱北者が韓国や日本を様子を見て驚くのとそっくりなんだよなぁ。
0
Noriyuki @Noriyuki0320 2016年5月9日
宮城県と仙台市の図書館には蔵書無いようだ…
0
あきひろ @Werth 2016年5月9日
あまりにも具体的かつおまぬけなエピソードの数々に爆笑したけど、正確な統計で自国の劣勢を示されても『妄想だろ、ンなわけあるか』扱いする国家・国民もありがちあので、笑ってる我々が本当に笑える立場なのか、てのは定期的に疑う必要性を感じる…。
29
虚無 @matu_bon 2016年5月9日
闇の力ってのはソ連からみた西側の諜報機関の比喩らしいっすね
2
飛鷹隼 @junhiyoh 2016年5月9日
この話読んでてふと思った事が、例えば脱北者なんかを先ずは行列の出来る俺様ラーメン屋につれて行く→メニューは限られていてルールが五月蠅くてしかも並んでる、何だ西側もそう大差は無いんだとまず思わせてから徐々に「普通の」店を連れ回すと資本主義の暗部も理解させられていいんじゃないかな等と考えたこと。あ、これ何かの本書く時のネタに使えそうだなw
17
isaたんショぽ@動物公園よき! @bycake 2016年5月9日
2016年3月にNHKで放映した、アナザーストーリーズ 運命の分岐点 大韓航空機爆破事件 ~ナゾの北朝鮮工作員 の金賢姫も捕まって移動中にみた韓国の街中の車の多さは自分の移送の時にみせるためかき集めてきたものだ、と最初は思ってたとやってたの思い出した。
7
第9次極東十字軍 @order_francisco 2016年5月9日
現実はいつだって空想より悲しい。
13
substrate @substration 2016年5月9日
ice03g 引用要件は満たしていないと思います。「面白いので紹介したい」というのは正当な目的として恐らく認められないですし、認められたとしても文章をまるまる引用する必然性は薄いです。引用部分が明確で無く、本の内容がツイートの主内容になっているように見えます。出所もリプライでしか触れてないので明示しているとは言いがたいですし…。
5
zorotto @zorotto_BJ 2016年5月9日
当時北海道在住でしたのでこの事件時の大人たちの慌てようは良く覚えています。つか、F-4がスンゴイ低空まで降りてきた事を今でも鮮明に覚えている。ベレンコ氏の驚きように苦笑しますけれど、バスルーム2つとか現代日本でも平均的な収入の労働者じゃむりですよね
5
Takashi @takter 2016年5月9日
世界観の違いこええ。あと、教育?
0
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2016年5月9日
KogituneJPN そういやあの頃のジョークに「IBMの売上を支社別に見ると一番売り上げあげてるのはモスクワ支社」というのがあったなぁ。ココム?なにそれ美味しいの?
0
Dcdcxr @Dcdcxr 2016年5月9日
すげー、リアル異世界物か。彼がこれを当たり前のことだって受け入れるにはどのくらい時間が必要だったんだろう。
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年5月9日
半年前のまとめですが現実のルポ、回想記が異世界ファンタジーに見えるお仲間として…→【 「まるで異世界召喚」「内政チートや」…名著「ルワンダ中央銀行総裁日記」は「ライトノベル的に面白い」という切り口に反響 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/876831 】
10
bun🍃 @bun3559 2016年5月9日
80年代らしいけど、まず本人が書いたかどうか疑うべき1冊ですね(ゲス顔で)。
6
松吉信和 @N_Matsuyoshi 2016年5月9日
もしかしたら有名なニクソンとフルシチョフのキッチン討論の時も、フルシチョフは「いやこんなことは現実には無いのだ」という願望にも似た強い思いがあったんだろうなあ。まあこの時のソ連の人々が見たアメリカの生活はまさしくショウルームだったわけですが。
0
猿沢の亀 @sarukame999 2016年5月9日
sysasico1 そう、超々音速というかすごい速度だから、どんな素材がと思っていたら、チタンじゃなくて、重いステンレスだったので、なんじゃそらと言う感じだったようです。当時「ベレンコ中尉」というのは、敵対陣営への寝返りの代名詞みたいになってましたね。
0
橋川桂(CV・山下大輝) @hashikawa_kei 2016年5月9日
なんかのドキュメント番組でスーパーマーケット経営してそこそこ成功してるって見たので、ああ、しっかり資本主義に適応できたんだなぁと思った。
11
やし○ @kkr8612 2016年5月9日
異世界転生もののラノベ最近流行ってるし、今からこのジャンルでオラも一つ書いてみっか、って人にとっては相当参考になるんじゃないですかねこれ。
1
なつみ @natsumitakigawa 2016年5月9日
sysasico1 べれんこくん はい! 懐かしいですね まさかここでその名前が出てこようとは
3
kenjirou_takasima @kenjirou 2016年5月9日
民生品の豊富さで言えば当時の日本とアメリカ以上に旧ソ連は離れてた印象。 当時のソ連に赴任してた新聞記者の本を読むとその頃の日本の田舎以上にモノがないと思った。 ボロい大衆車買うのに色は選べない。新車来るのに2,3年掛かるとか信じられないくらい話満載でした
3
Dcdcxr @Dcdcxr 2016年5月9日
自分が「こんなに素晴らしいなんてありえない!夢かドッキリでも仕掛けられてるんだ!」って思うような状況ってどんなんだろう。
2
だれがカバやねん @nande_sounaruno 2016年5月9日
法律のドシロウトだからこの引用が合法なのかどうかわからない。しかしこれで誰が損害を被るのかな?約300ページのうちの5,6ページ、すでに絶版となっていて版元すら存在しない。他から再版されていないようだし、引用者は営業でやってるわけでもない。古本屋的には、かえって宣伝になっていいんじゃないの。
17
r1h3 @r1h33 2016年5月9日
Dcdcxr 学生時代のバレンタインデーで机の中に好きな娘からのチョコとか?俺なら恐怖に震えて混乱する自身がある
0
えぬ @enu_ei 2016年5月9日
チャウシェスク夫妻の話は『赤い王朝(原題: Red Horizon)』で、亡命したルーマニア情報工作長官が1985年頃に発行したものですね。ソ連との対立を装って西側諸国に近づき、得られた情報をソ連に売りつけるという工作をしてたそうで。
4
葉山逗子鎌倉愚民♪ @Shinskys 2016年5月9日
Simon_Sin @Simon_Sin さん。僕もあの「映画」は大好きですが、それは小説の方の描写でしょうか。映画では亡命後のことはそれほど描かれていなかったように覚えています。
0
Simon_Sin @Simon_Sin 2016年5月9日
Shinskys はい、原作小説のほうです。初期のトムクランシーは嘘のつき方が丁寧で面白いのでぜひご一読をお勧めします。(後期のトンデモトムも味があっていいけどね
2
阿佐川律 @Ritsu_A 2016年5月9日
うちの市の図書館にはないけど隣の市の図書館にあった!相互貸借申し込んでみる
4
へびつかい @kaz_bnrdp 2016年5月9日
この本、1980年か1981年のリーダーズ・ダイジェストに要約が掲載されたのを読んだ。ベレンコの生い立ちから始まって亡命時の描写やミグの検証とかも面白かった。今回ツイートされた部分はほとんど憶えてた。全訳読んでみたい。
3
レオナルド根岸 @zigrad 2016年5月9日
「MiG-25ってステンレスだったんですよね」と言ってみたところ、いずこからか「ソヴェトは冶金がオーパーツレベルで発展していたのでステンレスはステンレスでも別物」という蘊蓄が出てきたり、米ソ冷戦は語り尽きませんねぇ
5
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2016年5月9日
『ベレンコは、なぜ祖国を見捨てたか』面白そうだなぁ。この人は決して物分かりが悪い訳ではない。彼なりの世界観・文明観から見た光景を推理して、まず妥当に辿り着く結論が「これはショーに違いない」だったのだろう。海軍を見て考えを改めたというエピソードは、彼の思考がちゃんと論理的だったことを示している。ショーである可能性と国力実態である可能性を彼は冷静に天秤にかけていたのだ。
31
タイタス艦長@元スカイハイP @bmwr1200ccruise 2016年5月9日
ラノベにするなら亡命に使ったミグ25でソ連と戦わないとw 最初西側劣勢で、ベレンコとともに戦線に投入された25の活躍で少し好転し、25のデータを元にF15が開発・量産されて逆転って流れかなw
0
simbelmynë @simbelmyn 2016年5月9日
自分の価値観では受け入れることができないとき、それをどう理解しようとするか、まさに陰謀論なんだね。最終的に何がきっかけで納得したか、とか、他の問題にも通じる。
9
Briareos@残弾数はいつも────── @briareos 2016年5月9日
「共産世界から亡命魔法で資本世界に召喚された人」という謎のフレーズががが
4
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2016年5月9日
ステンレスって一口に言ってもピンキリですもんねぇ。。。台所でおなじみのSUS304から始まって、、、
0
water20 @water20 2016年5月9日
日本人「会社を毎日定時に帰れるなんておかしい。これは私を騙すために演ってる演技なんだ。闇の力を感じる…」
66
のぶさ@MR2(SW20V型Gリミ) @nobu_azuma 2016年5月9日
Mig25の仮想敵のみんな大好きXB-70バルキリーもステンレス系合金製でなので
3
【わちゃっとピンボールDLよろしく勇気!】ねねっとテックダイナー @nenet_techdiner 2016年5月9日
2000年より少し前、中国に遊びに行ったら一般家庭なのに間接照明とか有って俺は刻の涙を見たw それでも、目を輝かせ人々は「日本に行けば良い生活が待ってる!」とな…。 奥様方、それ東京ラブストーリーの見過ぎですがな。 説得するのに時間掛かったけど、彼女らは今金は得たけど何か大切なモノをなくした感じでして…。 中々難しい問題。 ちなみ、ソ連時代のアイスクリームはうまかったらしいな。
5
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2016年5月9日
つまり、ファンタジー世界から英雄を現代に呼び出すと、「なんだこの巨大な店は!?魔族の戦利品が並べられているのか?」とかわけわからん発想に至ると。
11
IJN(スタント:高橋レーシング) @JapanNavy_Blue 2016年5月9日
302SQの搭乗員が水杯交わしてまでインターセプトしに出た相手の中の人がこれではもの凄く報われない感w
0
オタクモドキと化したぜるたん @the_no_plan 2016年5月9日
ソ連のスパイが国境を5つ超えて任務に必要な電子部品を死ぬ思いで探してたのに、秋葉原に来たら、その部品が大量にそして簡単に手に入るとわかって、「私のしたこれまでの苦労は何だったんだろう」と泣き崩れたって話(作り話?)を思い出した
6
Dcdcxr @Dcdcxr 2016年5月9日
共産主義って何だったんだろう。
0
粒㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳あ㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳ん @keroa18 2016年5月9日
ベレンコ中尉は召喚されたんじゃなくて、自分から異世界に突っ込んでいったんやで。
11
儀狄@パブリックエネミー @giteki 2016年5月9日
1986年、トヨタカップでステアウア・ブカレストが来日すると、栄養士から『絶対に譲れないこととして、毎食パンを付けてくれ。それから、毎日とは言わないができるだけ夕食には肉を加えてほしい』と言われた http://web.archive.org/web/20050305011430/http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/toyotacup/2004/column/200412/at00003161.html
21
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2016年5月9日
函館の警察に拘束されて取り調べ中のベレンコ中尉にエビフライ定食のご飯をパンに変えたものを出したら、「資本主義国家の謀略だ!こんなの嘘だ!」と言ったというお話
8
ひろっぺ@内調的手洗い&うがい学術会議 @hiroppe3rd 2016年5月9日
みんな平等が良い!理想社会だ!→がんばってもがんばらなくても報酬は同じ じゃぁ がんばらない→生産性が落ちる→食料(生産)が不足する→食卓に並ぶ食事が日増しに減少していく→『これはこういうものだし みんな平等だからみんな同じことになってる。我慢我慢』と思い込む(もはやカルト)
8
だれがカバやねん @nande_sounaruno 2016年5月9日
tennteke コメントがないので勝手に想像しますがこの引用は違法アップロードと同等だということですか?私には違法アップロードとは質的にも量的にもずいぶん差がありこれが問題になるとは思えませんが。
1
ざの人 @zairo21 2016年5月9日
ファイヤーフォックス - ソ連領内に侵入した米軍のパイロットが、ソ連空軍の最新鋭戦闘機「MiG-31 ファイヤーフォックス」を強奪するという内容の映画。原作小説の作者であるクレイグ・トーマスは、ベレンコ中尉亡命事件にヒントを得て小説を一気に書き上げ、1977年に出版されベストセラーとなった。(引用抜粋)  へえ~~~~~ 知らんかった。この映画大好きだけど~ 傑作ですよねー。
3
へろー @y_mmhr 2016年5月9日
中国側に脱北した孤児の少年達がモノが豊富な事に驚いて「これが本場の共産主義か!本場やっぱり素晴らしい!」とか感動してたら中国側の人が「いやこれは資本主義だから」って教えてあげた話がSAPIOに載ってた。
14
ざの人 @zairo21 2016年5月9日
ミグ25の逸話 で笑ったのが 冷戦終結後、各基地に貯蔵してあった航空機エンジン等の冷却用のアルコールを関係者らがみな飲んでしまったという話:MiG-25用のアルコールは極めて純度が高く、とりわけ美味だったとされている。特にMiG-25はおよそ 300L ものアルコールを気化熱冷却用に搭載したため、ロシアでは『アルコール運搬機』を意味するСпирт-Воз (Spirt-Voz) という愛称が用いられた  これは真偽マン案件w
0
歩論野亭山人 @poronnotei 2016年5月9日
世界を一千回も滅せる軍事力を持っていても一般社会は…(泣) これを読んで戦艦大和や零戦を作る一方で東北の百姓は江戸時代さながらの暮らしだった昔の日本の事を思い出した。
10
赤間道岳 @m_akama 2016年5月9日
日本に迷い込んだエルフさんが、デパートを見て魔導師の塔じゃないかとか、エスカレーターを見てあの世に連れて行かれるんじゃないかってなる話なら読んだ事がある(*´ω`*)
4
ざの人 @zairo21 2016年5月9日
また、トム・クランシーが作家デビュー作『レッド・オクトーバーを追え!』を執筆する際に助言を与えている。(抜粋) 軍事創作話にいろいろ影響を与えている人なんだね。で 出版社は パシフィカ って会社名はフランスにはあるんですが、これとは違うみたい(Shining で HP内で検索できなかったので) ジョンバロン氏 はなかなか探せず、 高橋正氏(翻訳 )は検索できました。(削除 修正)
1
k_wakita 5月が素敵なのはサンザシが咲くから♪ @k_wakita 2016年5月9日
件の本、図書館に予約したら既に5人待ちでした。
13
TURNER @TURNER_puni 2016年5月9日
sysasico1 べれんこくんハイ!懐かしい! 当時アニ研連で水産大のサークル名義?でアニメ版のべれんこくんを上映したりしてましたね
2
pxf03241 @pxf03241 2016年5月9日
軍や警察力で厳しく統制された国よりも、フヤケて享楽的な国の方が経済が発展して軍事的に強くなるってのがええなーw
7
K.M.T @kmutgj 2016年5月9日
フルシチョフが訪米した際に、視察先の記者会見で宇宙開発で先行している事を皮肉を交え協調。 案内役のニクソン副大統領は面目を失ったが、一方でニクソンからアメリカの豊かさを嫌という程見せられ、とにかく自らを大きく見せないとマズい、という結果になったのを思い出した。
0
101 @magler101 2016年5月10日
ノリで思考停止して盛り上がってるところ悪いけど、普通に考えれば、立場の弱い亡命者がアメリカ人に媚びを売ってお世辞を込めて必要以上に持ち上げているだけだと分かるはず またソ連からの亡命者ということで注目が集まるのは間違いないわけでCIA辺りがプロパガンダとしてテコ入れした可能性もある この程度のことを裏読みせず純粋に持ち上がっている様はなんというかツイッターって変な人やコアな人が消えてなんとも大衆的になってしまったというか
4
101 @magler101 2016年5月10日
hiroppe3rd すごいな このレベルで認識が止まっているような人がドヤ顔で跋扈して書き込むようになってんだ 2chのスレの方がまともな主張が出てくるわ ツイッターってほんと質落ちたな
3
儀狄@パブリックエネミー @giteki 2016年5月10日
Werth 吉田茂「当時の我が国にそんなに正確な統計を作る能力があったら、そもそも戦争を始めていませんよ」
7
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年5月10日
たとえばマッドマックスの世界の人が今の日本に来たら傷やへこみのある車がほとんどなくて汚れも遠目ではわからない程度ばかり。相当賢くて冷静な人でも「何かの理由で新品同様の車ばかり集めた」という結論にたどりつくと思う。「車がボコボコになるような使い方をする人がほとんどいない」なんてのは、ファンタジーと現実の区別がついてない人間の発想としか思えないだろうなw
10
Rogue Monk @Rogue_Monk 2016年5月10日
もしソ連がインターネット三昧の21世紀まで生き延びていたら?   てのが興味あるけど、今の中国みたいになっただけかなぁ。
1
ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん☀ @sengodebu 2016年5月10日
Dcdcxr 共産国家の初期の勢いも、ソ連は帝政ロシアの遺産のおかげであり、北朝鮮も工業を興してた大日本帝国のおかげ。忌み嫌ってた皇帝の遺産を食いつぶしただけなのがソビエトや中国の実態よ。その皇帝ブルジョワの白色の金や知識を食いつぶす初期に共産主義は素晴らしく成長したが、その後には何も残らず成長もしない。なぜなら共産主義なんて所詮は山賊や馬賊や族の類だから。まあカルト宗教といえばカルトだわ。無宗教も無宗教主義者という宗教だからな
5
ひろっぺ@内調的手洗い&うがい学術会議 @hiroppe3rd 2016年5月10日
中国は10億奴隷による人海戦術のたまものだな
1
Hoehoe @baisetusai 2016年5月10日
佐々さんもベレンコとかソ連の訪問団の副団長(実際はKGB)が東京を訪れて物質文明に驚嘆した話を紹介してたね
5
MASA🌈🕒 @masa_0083 2016年5月10日
なるほど。陰謀論者の発生原因が分かった気がする。自分の理解の範囲を超えた出来事に遭遇した時、「誰かがそのように見せかけている」という仮定で物事を再構成してしまうと、自動的に陰謀論者になってしまうんだな。アポロ陰謀論者も60年代のテクノロジーが理解できないから「アメリカのショー」としてしか説明できないんだ。
24
まさかなまき @MASAKANA_MAK 2016年5月10日
あー、異世界召喚物って、ようするにこういうことだよな・・・。チートパイロットですら物量ファンタジーには適応に苦労するってことか。。それにしても、翻って日本の異世界召喚ブームってさ、日常からの脱出願望を代替するコンテンツなんだろーけど、海外に夢も希望も無いってのがわかってるから、留学率も下がりつつフィクションな新世界に向かってるのかもしれんね。
6
なが @k_watarase 2016年5月10日
著作権云々言ってるコメントがありますが、「これは知的財産権を侵害する行為である」と表明できるのは権利保持者だけです。更に、著作権法違反であると判断するには権利保持者が裁判に持ち込んで司法の判断を仰ぐ必要があります。(著作財産権を著しく侵害する場合において、即時差し止めが認められる事がありますが、ここで議論する話ではないので割愛しています)マナー(公衆道徳)としての話をしたいなら著作権を抜いて話せばいいと思います。
11
Toshio Hattori @oioaoi 2016年5月10日
MIG-25が飛んできたのは憶えているけど、何で来たのか、どうなったのかとか全然わからなかったし、今もよく知らない。当時、MIG-25のプラモデルも発売されたような記憶が。確かうちにそのポスターがどっかにしまってある。
0
メメタァ @memetaa_77 2016年5月10日
インターネット全盛の現代で「この本はCIAのプロパガンダ!」とか言ってる人が居て草生える
23
eivika⋈@かため @eivika 2016年5月10日
事実は小説より奇なりとはよく言ったものだ…
0
Mr.Boil @boil_san 2016年5月10日
4人に3人はアル中わろた
3
ぱうえる @Pow_L_Cozy 2016年5月10日
キャプテンスーパーマーケットを観て衝撃を受けたのかと勘違いした。。
0
のぶさ@MR2(SW20V型Gリミ) @nobu_azuma 2016年5月10日
鉄のカーテンの向こう側と言った所で閉鎖都市でもない限りペレストロイカ以前でもソビエト連邦内を旅行することは出来たので内情自体は西側にも知られていたわけで(店先での行列や売り物が全く無いデパート、外国人専用デパートには物が溢れている、闇のドルルーブルレートetc)CIAのプロパガンダも何も、さもありなんという感じですが
8
浦嶋嶺至@まもなく充電完了 @urashima41 2016年5月10日
ベレンコのことは辻仁成が小説にしてたなあ。
3
第四干瓢期 @0086smart 2016年5月10日
日本の模型メーカーが函館騒動のすぐ後にミグ25を商品化できたのも闇の力(連日徹夜・休日返上)のおかげですね|д゚)
5
吉本稔@コミケ98・5/2(土)初日・南イ-37a @niseyoshimoto 2016年5月10日
正規の意味で『異世界』、その衝撃の描写もリアル
0
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2016年5月10日
以前、確かテレ朝のドキュメンタリーバラエティ番組(?)だと思ったけど、ベレンコ中尉の件を取り上げた回があって、その時、自衛隊警務だか警察だかの取調室で食事として親子丼が出されて、ナレーションかモノローグで「こんなに美味しいものは食べたことがない」ってのを見た時、「い、異世界?」って感じがしました。
2
horizon @over_thehorizon 2016年5月11日
memetaa_77 執筆された当時の状況のことをいってるんでしょう。若干強調が入ってるように確かに感じる。 しかし本筋で、アメリカの豊かさへのカルチャーギャップは間違いなくあったんでしょう。
3
TURNER @TURNER_puni 2016年5月11日
sysasico1 ぶっちゃけ同人本の4コマ漫画そのままの紙芝居だったですが、けっこううウケてましたですよ >べれんこくん、アニ研連
0
ラーメン二浪 @guroobarueriito 2016年5月11日
ここのコメント読んでて、著作権侵害が親告罪でよかったなあ、なんて思う人。 別件逮捕に使われてはたまらない
1
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001 2016年5月11日
ソビエトからの観光客が、昔は国際空港で騒ぎを起こしていたそうな。「こんな物がいっぱいあって…帰りたくない」と、柱にしがみついて泣く女性とか多かったそうで。日本のマスコミは報道しない自由を行使したけれど、欧州では好んで記事にしたとか。あの当時、海外旅行を許された赤い貴族ですら、日本や欧州の物の豊富さに打ちのめされたというのも、共産主義がいかに経済を停滞させるか見せつける。
24
伊藤 正彦 @itohkun55 2016年5月11日
日本もその25年前に同じことをやっていたことをお忘れなく
2
usukuzi @usukuthi 2016年5月11日
東西冷戦は遠くなりにけり
2
だれがカバやねん @nande_sounaruno 2016年5月11日
ん~困った。別のまとめを見たらちょっとやりすぎのような気がしてきた。ここでは擁護したがもう少し節度をわきまえたほうが良いのではないかな。
0
ザイード・ハンサムハド @25buta25 2016年5月11日
現代でも田舎者が上京すると「やけに賑やかだな。今日は何かの祭りなのかな?」となってしばらく現実を認識できません。実体験です。
17
イグナチオ @7oolong 2016年5月12日
戦前に、フランスの作家のジイドが「ソヴィエト紀行」って本を書いているけど、その時すでに同じ状況だよ。「フランスにこんな立派なプールはないでしょう」(いやもっと立派なのがあるけど)「もう我々はあなた達の国から学ぶべきものはないのです」などと誇らしげ気に言われたって。
7
kaind @kaind_ 2016年5月12日
やはり自国に引き籠もってるだけだとアカンのだなあ… 日本もいい加減引き篭もり憲法捨てて、民族自決の志を持たねば彼らを笑えない事になるな。
1
とある金魚 @Preprandial 2016年5月13日
これの何が凄いって何処からの秘境からとか過去から現代文明へじゃなくて、当時の超大国から超大国へ移動したのにここまで生活レベルと言うか常識と言うかそういうものが違うことか。当時のソ連と言うか東側諸国の内情がこれだけで知れる
16
nekosencho @Neko_Sencho 2016年5月13日
西側(というか世界経済の中心)との交流が困難だったのとが効いてるんだろうな。 ありえないとはおもうが西側と対立していなければ(どちらが悪いとかそういう話ではなく)軍備も減らせる経済というか物資その他もやりとりできるで、また違った発展をしてたんだろうに。
2
天野邊 @hotori 2016年5月14日
実際なにもかもが「闇の力」と呼ぶに相応しい、禍々しい魔法で作られたシロモノには違いないのだけど。
0
kawonasi @kawonasi4989 2016年5月14日
inu1122 1.引用元を明らかにしている 2.引用している内容が全体の半分以下である この二点を満たしていれば著作権法上は問題ないはずですが?具体的に何が問題なのですか?
7
kawonasi @kawonasi4989 2016年5月14日
mogura2001 江畑謙介の「ロシア 迷走する技術帝国(1995)」なんかには似たような事が書いてありますな 赤い貴族でもちゃんとしたお湯が出るシャワーにはなかなかありつけなかったとか
2
駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 2016年5月18日
nande_sounaruno 損しなければいい、は法治国家の住人として正気を疑う。現在の法でだめなのがおかしいと思うなら法改正に動くべきであり、妥当だと思うから破っていいとはならない
0
駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 2016年5月18日
nande_sounaruno 申し訳ありません。「正気を疑う」は私の言い過ぎでした。前の発言は経緯をうやむやにせず、私の失言をハッキリさせる意味で現状残すことにしました。ご希望であれば削除対応いたします。
0
擲弾兵 @tekidanhei 2016年6月19日
この手の東側軍人のカルチャーギャップモノの本では『日本を愛したスパイ―KGB特派員の東京奮戦記』もおすすめ。 こちらはまだ入手可能なはず。
2
Cho @Cho1942 2016年6月25日
図書館で借りて読みました。 さすがに古い本なのでかなりくたびれていましたが、面白かったですよ。 亡命後も面白いですが、ソ連暗黒時代の生活も面白かったです。 エライサンが基地に来るから基地までの道を全部舗装しろ!とか、 緑が好きな人が来るから山から木を引っこ抜いてきて基地の周りに移植しろ!とか、 で、結局エライサンは病気になって来なかったとかw
0
にゃふらっく @nya_hu 2016年7月24日
これの人の事か。日本経由してたとか全然知らんかった
0
mirai2nd @mirai2nd 2016年7月24日
欲しいが売ってなさそうだな、残念。
0
井上孝司 Koji Inoue @kojiinet 2016年7月24日
そういえば、「レッド・オクトーバーを追え」でも、亡命するソ連海軍士官にジャック・ライアンが「いちばん驚くのは食料品店じゃないですかね」というくだりがあるなぁ
0
Hoehoe @baisetusai 2016年7月24日
映画のレッドオクトーバーは亡命決行直後に艦長と副長が「君はアメリカで何がしたい?」「旅行の許可はもらえますかね?」ってところがしみじみとくるんだよね。ソ連では旅行は役場に許可もらわないといけないから
2
みま @mimarisu 2016年7月24日
働いた分報われるってGDPあげるのにやっぱ重要だよね 働いても働いても稼げないなら意欲も落ちていくしかない
6
Daiji @Daiji75 2016年7月24日
函館でかつ丼出されて感動した話はしっているが、この後日談はなんともゆかいな
0
Toku @to970 2016年7月24日
実際にミグ25が頭上を飛ぶのを見た一人だけど、あれからもう40年経ったのか。ベレンコもまさか亡命からわずか15年でソ連が崩壊するとは思ってなかったろうな。
3
abc-pauler @abcponkoipp 2016年7月25日
引用の要件は7つあるようですので今回の件は法的に認められた「引用」ではありませんね
0
quantum mechanics @omega_bridge 2016年7月25日
こち亀にこの話あったなあ。 それよりも「人間の想像力は現実を超えない」って事がよく分かる話だよ。
0
亜山 雪 @ayamasets 2016年7月25日
脱北者が韓国北部の村をうろうろしていて、あっさり警察に捕まったとき「警察、早すぎる。まさか一般家庭に電話があるとは思わなかった」。
3
sh2tozan @Sh2Tozan 2016年7月25日
当時のソ連の貧困ぶりは、共産主義のせいというだけでなく重工業に力を配分しすぎてたって問題もあるからな。アネクドートであったよね。「わが国には最強の陸軍があり、宇宙開発もしている。なのに何故も商店にものがないのか」「それは最強の陸軍があり、宇宙開発もしているからです」ってやつw
5
Kitty_Guy_Records @cherry_ITO 2016年7月25日
祖国もまた、ベレンコ氏を棄てたんだな…… それはそうとヤマザキマリ先生に劇画化してもらおう
0
uheho @uheho 2016年7月25日
文革期に友好商社の依頼で貨物を運んだ船の船員も朝日新聞の伝える中国像とのギャップに 驚いたそうな。  なお、お土産の毛語録は親類が学校相手の商売で日教組の教員相手に活用した模様。
1
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2018年4月21日
umamimonza 糖度の共和国・・・じゃなかった凍土の共和国は凄かった 当時著者を朝鮮総連の人間は探したらしいが、それも頷けるレベル 北朝鮮の非人道性と「地上の楽園」の虚飾の落差が凄かった
0
NORt @NORt18953368 2019年1月20日
「闇の力」ってアメリカを想像しながら聞くからファンタジーとかスターウォーズ的な印象を抱くが、旧ソ連の事を想像しながら聞くと組織的陰謀の比喩にしか思えない
0
yomi_nuxx @yomi_nuxx 2019年1月29日
最近のベレンコは消息不明らしいってテレビで扱っていたけど、本当なんだろうか…。
0