放浪王子の竜退治#1 革命の後◆2

小国の国王が革命で処刑された。父王が最後に言った「我が人生に悔いなどない!」その言葉がいつまでも心に引っかかっていた王子。 国を追放された彼は悔いなき人生のために、竜を倒すことを決意していた。 全50ツイート予定  前↓ #1 ◆1 http://togetter.com/li/979387 次↓ #1 ◆3 http://togetter.com/li/980114 実況・感想タグは #減衰世界 です
減衰世界
rikumo 363view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 17:08:32
    _放浪王子の竜退治#1 革命の後
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 17:23:28
    _王子とリミアイの二人はやがて寒村に辿り着いた。茅葺の掘っ立て小屋が並ぶ、こぢんまりとした村だ。純血のインペリアル・コーラル人である王子は白い肌と赤い髪の毛をしているが、この村に住むのはエシエドール人の一種らしく、浅黒い肌と、艶やかな黒髪をしている。 「竜ですとな」 11
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 17:29:36
    _古風な喋りをする村の若者。明らかに胡散臭い目で見る。無理もない、インペリアル人とエシエドール人の対立は根深いのだ。この二つの種族は子をなしても、その子供は生殖能力を持たない。それほどまでにかけ離れた種族。 「竜などとんと見たことはないが……いや、先日……」 12
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 17:34:31
    _若者によると、山脈のある場所で、巨大な生き物が動いているのを遠目で見たという。そのときは危うきに近寄らずということでその場を去ったらしい。 「ありがとう、恩に着る」  場所を詳しく聞き村の外に出た。仕事をして金を貰いたいが、まずは慣れさせて警戒心を解きたい。 13
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 17:40:00
    _村の外には針葉樹林が広がっており、リミアイはそこで待っていた。彼女もまたインペリアル人であり、魔女と間違われるのを予防して外に待機する。 「手っ取り早く交渉しないの?」 「信頼を手に入れるには金か時間が必要だ。どちらかが欠けてもダメだよ」  王子は雑草を漁る。 14
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 17:50:35
    _やがて手ごろな枝と蔦、石を加工してフレイルを作り上げる。釣り竿の先に可動する石が付けてある形だ。 「それで竜を倒すのね」  リミアイは王子の傍らで作業を眺めていた。薄暗い針葉樹林に、石を振り回す音が響く。王子という肩書に似合わない、強靭な筋肉。遠くで狼の遠吠え。 15
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 17:56:27
    「ひ弱な王子様かと思ったら、バイタリティあるじゃない」 「父に何度も言われた。ひ弱な王子にだけはなるなってね」  魔法もなく、剣もない。手には原始的な鈍器だけ。それでも、王子は竜とされる生き物に全力で立ち向かおうとしている。 「理由があるんだ、聞いてくれるかい?」 16
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 18:01:54
    _王子は静かに語りだした。王家の歴史。そこには、闇に葬られた影の一族がいた。王家を守るためだけに殉じた一族。彼らは日のあたる場所にすら出られず、王家を影から守っていた。名前すらない。ただ「影」と呼ばれている。 「あるとき、当時の王が彼らを解放した……」 17
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 18:08:21
    _王子の言葉は誇らしげだった。 「王家はそのときようやく一人立ちしたんだ。自分の身は自分で守る。影たちには新しい名前と、新しい仕事が与えられ、各地に散らばったという。いつかこんな日が来ると思っていた。とうとう王家は革命で国民からも離れ、完全に自立したんだ」 18
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 18:14:25
    「一人立ち……か。わたくしの助けはいらなそうね」 「もちろん! 僕の王権は与えられるものじゃない、この手で勝ち取るものだ。そして現代の影たちに誇りたい……もう王家は守られる存在じゃないってね」  古来より竜を倒したものに王位が与えられる……そんな古臭いしきたりがあった。 19
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 18:20:39
    「僕はこの手で竜を倒し、その血を浴びて本当の王になるんだ」  フレイルが近くの針葉樹に当たり、上から古い鳥の巣が落ちてきて、王子の頭がゴミだらけになった。 「見ろ、王家の冠だ」  それを聞いてリミアイは肩をすくめたのだった。 20
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 18:21:26
    _放浪王子の竜退治#1 革命の後 ◆2終わり ◆3へつづく
  • 減衰世界 @decay_world 2016-05-26 18:31:13
    【用語解説】 【エシエドール諸部族】 灰土地域に広く分布する種族で地域ごとに文化は大きく異なる。インペリアル人と比較すると、若干背が低く、肌が浅黒く、黒髪や赤色の髪の傾向がある。瞳は赤が多い。濁積世創生時に創られた5つの種族のうち、ハイ・エシエドールを起源とし当時の特徴を濃く残す

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「グルメ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする