編集部イチオシ
2016年5月29日

フレイルという武器は実在していたか

130
岡部いさく @Mossie633

中世の武器で、鎖の先にトゲトゲの鉄球がついてて、振り回して敵にトゲトゲ鉄球をブチ当てる「フレイル」っていうのがあるんだけど、実はあれは実在してなかった、後代の想像の産物で、博物館にあるのも後世の模索というか創作、というエッセイ。 twitter.com/peterbcampbell…

2016-05-27 21:20:15
まめ @mame_metro

この文は日本でしばしば「モーニングスター」と言われる星状鉄球と鎖のタイプを否定していて(本来モーニングスターは先端に正常鉄球のついたメイスを指す)、農具から発展したとされるフレイルそれ自体の存在は否定してないっぽい

2016-05-27 22:55:29
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

フレイル:flailが実は存在してなくて後世の創作だったというツイートで「うん?」と思ったら、どうやら日本では「モーニングスター」って大抵言われる片手用のものについての話だったらしい。

2016-05-27 22:43:57
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

元々「モーニングスター」タイプのものは実用性の点や証拠の類が少なくて疑問が残る程度の話ではなかったか。というか「モーニングスター」タイプのものはフレイルのものに含めていいのかという議論がありまして。

2016-05-27 22:56:42
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

両手持ちのフレイル:Flailは中世末期に実際に農民反乱で多数使用されてますし、専用の戦闘マニュアルが載っておりますえ。例えばドイツのArte De Athleticaとか。これはその挿絵。 pic.twitter.com/LiGwMGq4qb

2016-05-27 23:00:26
拡大
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

チェーン部分が短く、柄の部分が長いまま、つまり両手用フレイルを純粋に片手用にしたのも存在してますえ。創作とされるモーニングスタータイプとの大きな違いはチェーン部分が長いか短いか。

2016-05-27 23:02:50
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

いや、あの、その挿絵も後世の創作ではないのかと言われたら、作者のPaulus Hector Mair氏は1517年ドイツのアウグスブルグ生まれの人間ですとしか(汗  確かに一対一の決闘的な武術が流行り出した頃の生まれですが集団戦も意識した実践的なものですよマニュアル。

2016-05-27 23:12:25
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

ただまあ、(創作とされるモーニングスターとは別の)片手用のチェーン短め、柄が長めのフレイルも実用性は低いということで疑問視されてはいますが。だって片手だったらチェーンでぶれて不安定なフレイルよりメイスか斧使えばええやん?隊形を作っての白兵戦、特に片手武器の極白兵戦だと危ないし。

2016-05-27 23:20:44
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

ドイツ圏はランツクネヒトの勃興とかフス戦争との関わりとか30年戦争とかあった為か騎士だけでなく、こういう農民や下級兵士の武器のマニュアルとかもよく記録されているし、現存しているのも多いですよ。

2016-05-27 23:39:29
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

フレイルとメイスが混同されることが多いのはモーニングスタータイプを「チェーンメイス」って名付けてることもあるからだろうなぁと思うなど。別種の武器です>フレイルとメイス

2016-05-27 23:41:36
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

Paulus Hector Mair氏によるフレイルの戦闘例挿絵はこんな感じですよ。順番に。 pic.twitter.com/DdmalMXLSS

2016-05-27 23:57:54
拡大
拡大
拡大
拡大
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

なお、挿絵を描いた人はJörg Breuって人です。この人は1510年生まれ。 著者のマイヤー氏は「フレイルは"頭"の部分がチェーンでぶれない様、間合いと打撃動作をしっかり意識しましょう」ということを要約すると説いている pic.twitter.com/EMzK1SRgCb

2016-05-28 00:02:40
拡大
拡大
拡大
拡大
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

他にフレイルが載ってるのでよく挙げられるのはHans Talhoffer氏のTalhoffer Fechtbuchですかね。こちらはフレイルの"頭"が外れたり、間合い取りに失敗した場合の対処法が載ってたりします。結構えぐい。 pic.twitter.com/KhyzsubLcX

2016-05-28 00:10:39
拡大
拡大
私はケントゥリオP。65535デナリウス。 @centurio_P

Hans Talhoffer氏は1410~15年生まれの元スワヴィア(今のドイツ南部シュヴァーベン)傭兵にして剣士です。ドイツ流剣術の権威Johannes Liechtenauerとも関係があったとされる人。

2016-05-28 00:17:05
[ ˶˙ᴗ˙˶ ]しれちゅー[ ˶˙ᴗ˙˶ ] @sukebeForce

もちろん賢明な読者の方々であればフレイルはニンジャの操る武器であり 使い手と共にその存在が歴史の闇へと隠蔽されたことはご承知の通りであろう twitter.com/Mossie633/stat…

2016-05-27 21:52:56
大西巷一🏠『乙女戦争外伝Ⅱ 火を継ぐ者たち』下巻7/12発売 @kouichi_ohnishi

ターボルのフス派博物館に展示されているフレイル。モーニングスタータイプのもある。脱穀、脱穀ぅ! pic.twitter.com/wv9oW3W59N

2016-05-30 22:15:31
拡大
拡大
大西巷一🏠『乙女戦争外伝Ⅱ 火を継ぐ者たち』下巻7/12発売 @kouichi_ohnishi

「鉄の処女」の例もあるし、博物館に複製物が展示されてるからといって実在したとは断言できない。念のため。

2016-05-30 22:21:12
大西巷一🏠『乙女戦争外伝Ⅱ 火を継ぐ者たち』下巻7/12発売 @kouichi_ohnishi

フレイルという武器は実在していたか - Togetterまとめ togetter.com/li/980848 タイトルでドキドキしながら読んだけどホッとした。フレイルを持った農民兵に脱穀される騎士に興味がある方は、拙作『乙女戦争』をどうぞ~

2016-05-30 21:54:58

コメント

今日が終わりの始まりの日 @__blind_side 2016年5月29日
まとめ内の”ランツクネヒトの勃興””農民や下級兵士の武器のマニュアル”というワードを見た時、ラインハルト・バウマン『ドイツ傭兵の文化史』にドイツ農民戦争の際に多くのランツクネヒトが部隊の組織化、軍事教練、指揮、軍事顧問など様々な面で積極的に農民側へ手を貸したという話が書いてあったのを思い出しました。
2
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年5月29日
櫛型の脱穀機が出来るまでは、穀物をシート状のものの上に広げて穀物を上からぺちぺち叩いて脱穀していたわけで、フレイルはその際に使っていた脱穀器具の名残かと。日本の武士が鍬や竹やりを武器として使わなくても、農民側からすれば立派な武器扱いになったのと同じ話でしょう。
20
まさかなまき @MASAKANA_MAK 2016年5月29日
とても興味深いお話な上に、フレイルの戦闘例挿絵がおもしろかわいい。ちょっと笑ってしまったw
6
K3@FGO残6.7 @K3flick 2016年5月30日
ヒットしてるイラストがシュールw
1
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2016年5月30日
改めて見ると面白い武具だなぁ。
1
CD @cleardice 2016年5月30日
「調子に乗って作ってはみたけど実用性低くてお蔵入り」とかじゃなく完全に存在しなかったのかな>チェーンメイス
2
なると帝国@新連帯ブレイクブレイブ頒布中 @narutoteikoku 2016年5月30日
トゥバイハンダーとか6メートル有る剣とかもあるらしいが・・・
0
パト★ラッシュ @Jeykhawk 2016年5月30日
ゴメン、フレイルを振り上げてる人のイラストを見て、なぜか「俺ぁ東京さ行ぐだ」のジャケットの吉幾三を思い出したww
3
えふたか @f_taka_ 2016年5月30日
ふと思ったけど、チャクラムって実在したんだろうか?指でくるくる回すのか、フリスビーみたいに飛ばすのか…
2
張三李四 @tyousanrisi 2016年5月30日
「鎖鎌」が実用武器として存在していたのかの方が気になるかな
3
タツコマ@一夫多妻 @TATukoma1987 2016年5月30日
沖縄には似たような農機具がありまして、これも武器として使われたそうな。トンファーも元々は農機具でしたしね。
0
聖夜 @say_ya 2016年5月30日
要約するときにフレイルとモーニングスターを取り違えただけの話ではあるのですが、なまじ発信者がミリオタの権威だけに鵜呑みにする人が多そうというのが一番の問題というか
17
sudoufu @kappazizou 2016年5月30日
榎元俊二の漫画みたいw
1
麻婆豆腐 @Gmammy102 2016年5月30日
バイオ4のフレイル邪教徒の存在を慮った。
0
やま @yama_yfm 2016年5月30日
見るからに痛そうだし頭を直撃しない限り即死できなさそうだしグロい。
0
Daiji @Daiji75 2016年5月30日
いわゆるメイスの先端がトゲ付き鉄球のタイプと、長い鎖の先にトゲ付き鉄球のタイプとが同じ名前であることを不思議に思ったことはあった。なるほどね~。
1
yukiti @yukit5447 2016年5月30日
片手用のフレイルはアジア地域だといわゆるヌンチャクがあるけど、西洋では本当になかったのかな?
2
pyaar4U @pyaar4U 2016年5月30日
オチが白土風文体なの、素晴らしい
1
Rick=TKN @RickTKN 2016年5月30日
ウィローで敵が使ってなかった? まぁ、実際に使われてたかとは別の話だけど。
0
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年5月30日
文読めず挿絵だけでもなんとなく状況想像できる感じあるんだが、ケツにばちこーんいってる奴は何がどうなってああなった?
3
nekosencho @Neko_Sencho 2016年5月30日
ようするにガンダムハンマーが存在しないってことでOK?
1
ふれーりあ @_dmp 2016年5月31日
読んでく途中でどっちがどっちだかわからなくなる楽しいまとめ
0
barubaru @barubaru14 2016年5月31日
hallow_haruwo 赤い服のほうが攻撃側で、ダッキングで横殴りの一撃をかわしながら足を刈っているところではないでしょうか
3
とら@AHC @TIG0906 2016年5月31日
ロングフレイルってヘッドとポールが一直線になるタイミングで当てないと質量乗らない気がするのでロングメイスやモールの方が使いやすいと思うんだがなぁ ヌンチャクみたいな精緻なヘッドコントロールあるんかなぁ
0
Hoehoe @baisetusai 2016年5月31日
宮本武蔵と絡めて語られる鎖鎌も実在かどうかは論議されるよね。流派はいろいろあるんだけどね
0
Oddball @0ddbaII 2016年5月31日
西洋だと対プレートメイル用だろうから鎖の無い普通のメイスの方が効果ありそう。
0
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年5月31日
barubaru14 あぁ、なるほど。左が攻撃側で攻撃も振り下ろしに見えてました。ご教示ありがとうございました。
0
the loyaltouch @theloyaltouch 2016年5月31日
リンク元のエッセイでは「鎖部分が弱そうだし錘が跳ね返って危ないから実用的じゃない」っていう理由で実在性を否定してるみたいだけど、それを補う利点があったら使われ続けるわけで、もうちょっと調査が必要では
3
the loyaltouch @theloyaltouch 2016年5月31日
あと「メトロポリタン美術館に展示されてるモーニングスターは偽作」っていう主張も、「あくまで仮設でありすべてを調査しているわけではない、一部は偽作だとわかっている」って書いてるっぽいんで俺を含めたTPRG僧侶勢(肉体派モーニングスター使い)はもう少し希望を持ってもいい
8
伊藤 正彦 @itohkun55 2016年5月31日
よくよく考えたら、あんな絡まりやすくて、手に当たりやすそうで、かつ当たったら痛そうな武器、使えんよな>モーニングスター
0
ジョン・ぶぅ @unfriable_pig 2016年5月31日
そういや鎖鎌は実物と分かってるモノが2つしか現存しないとか。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2016年5月31日
まあ鎖鎌は、戦う用事がなければバラして鎌にして使っただろうから、実在したとしてもあんまり残らないんじゃね?
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年5月31日
以前、こういうガンダムハンマー的(笑)な武器を、「なんか非効率的な武器だなあ。なぜこんなのあるの?」と思っていたけど、大西巷一先生の@kouichi_ohnishi 『乙女戦争』で、「これはもとは脱穀用の道具。その農具を武器にしたのだ」という描写を見て、まず一応は納得したのだけど・・・逆に「鉄鎖術」的なものの存在が気になるのです。
0
c@雑用 @c_popn_trade 2016年5月31日
聖剣3のシャルロットの初期装備「からざお」が農具だって攻略本に書いてあった気がしたんだけど、フレイルの元は本当に農具だったようですね。
0
瑞樹 @mizuki_windlow 2016年5月31日
農民が脱穀するために使う道具の武器化って事はヌンチャクと原型は同じだったりするの?
0
小川靖浩 @olfey0506 2016年5月31日
というか、鎖鎌は一応武芸十八般の一つでちゃんと武芸として流派が受け継がれてますし…。まぁ、とは言え基本的に戦場ではなく一対一ないし少数対一を想定した武術ではあるみたいですがね。
0
urutora_udon @urutora_udon 2016年5月31日
『乙女戦争』のは、フス戦争の騎士の九割がこれで殺されたというフットマンズフレイルですねw
0
アザラシ@毒 @AzaraSeals 2016年5月31日
古代中国戦国時代、呉の国の傅嶺屢(ふ・れいる)が農民の反乱の時に使われたのを見て、洗練させたのがトゲ付きで、それが中世ヨーロッパに広まった、と民明書房「幻のシルクロード〜東西武芸者伝〜」に載ってたよ!よ!
7
なおと(codeslinger) @naocodeslinger 2016年5月31日
面白い話。武器ではなく農具だったと。 トンファーのように武器として発展したわけでもない。せいぜいが臨時武器か。
0
渚稜 @nagisaryou 2016年5月31日
一番気になるのは武器としての扇。鉄製の扇とかフィクションによく出てくるけど、実際あったとして使い物になるのか謎。
0
maryuw@糖質制限 無断転載お断り(゚∀゚) @maryuw 2016年5月31日
武器の出発点って効率的かどうかじゃなくてだいたい身の回りにあるかどうかだもんな。刀剣類除く。
3
赤大将 @red_warlord 2016年5月31日
nagisaryou 鉄扇は、フィクションで描かれるような防御・攻撃兼用ではなくとっさの防御用だとすれば使い道はあると思います。平服で佩刀してない(or場所的にできない)時に襲われても受け止め・払うくらいには十分役に立つでしょう。ただ、重さもリーチもないので攻撃には向かない(素手で殴るより効果的)程度かと
4
morikan @Ref352101 2016年5月31日
チェーンフレイルとかチェーンメイスとか、アジアにも類似武具はあって多節棍やいわゆるヌンチャクとか。 農具が武器に転用されてるのは世界的に存在してると思ってたから、後世の創作説もしっくりこない。
0
深井龍一郎 @rfukai 2016年5月31日
普段からぶん回して何かを叩いている使い慣れた道具を、誰かを叩かなきゃいけなくなった場面で持ち出すのはそんなに不自然なのか。
0
小川靖浩 @olfey0506 2016年5月31日
naocodeslinger いや、直接フレイルが進化したのではなく、フレイル、メイスからモーニングスターが派生したといった感じらしいですな。とは言え、元が農具であったため根強くそのままの形で残ったというのが実情かと
1
ぐるり @gururi 2016年6月2日
なお実在したか否かに関係なく、モーニングスターはヤバいです。受けた盾(木製)が一部吹き飛びました。
0