10周年のSPコンテンツ!
239

子宮頸がんワクチン薬害研究班に
捏造行為が発覚
利用される日本の科学報道(後篇)
2016年06月17日(Fri)  村中璃子 (医師・ジャーナリスト
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7080

続きはWedge 2016年7月号にて。
子宮頸がんワクチン薬害研究班 崩れる根拠、暴かれた捏造
村中璃子(医師・ジャーナリスト)
http://wedge.ismedia.jp/category/wedge/

上記記事+αのWeb版
子宮頸がんワクチン研究班が捏造
厚労省、信州大は調査委設置を
利用される日本の科学報道(続篇)
2016年06月23日(Thu)  村中璃子 (医師・ジャーナリスト)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7124?page=1

Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
ウェッジの記事の件で補足説明をしておきます。僕もNF-kB p50 KOマウスを用いた(全く別件での)共同研究をしていた関係上、村中先生、大江さんらによる取材に同行しました。池田班のマウス研究の問題はたくさんあるわけですが今回わかったことで大きいのは二つあると思います。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa まずワクチン投与したマウスの脳を染色したのではなくその血清を別のマウスの脳にかけ染色していること。マウスでは自己抗体は脳血液関門を通りにくく自分の脳には普通達しない。研究を行った先生も、投与したマウスの脳も見たが染色されなかったと明言されてました。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa 「沈着」という言葉は、ある程度の期間脳に定着しているという意を含むので、単に血清を別マウスの脳にかけた後に染色した結果に使う言葉としては不適切。これを説明せず自己抗体が海馬に「沈着」し脳に障害が起こっていると発表されてしまっているいるのはまずいです。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa IgGの染色(緑色になる)でHPVワクチンではない他の3条件の実験も含む実験の写真とグラフが発表されてます。mhlw.go.jp/file/05-Shingi… そこではHPVワクチンのみで海馬が緑色になりグラフでもそこだけ突出し他はほぼゼロシグナル。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa しかしこの写真・グラフはすべて一匹のマウスからとれた連続切片に対し、それぞれ異なる条件のマウスからの血清をかけて染色したもの。つまり各バーはN=1。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa 実際は、各投与条件から得られた血清をかけたあとの染色を他のマウスでも行っており、なんと結果は他のワクチン投与の血清をかけているものでも、緑色のシグナルがばっちり出るものが複数あったとのこと。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa 「NF-kB p50 KOマウスでは非特異的な抗体が自然にできやすく、そもそもワクチンなど投与しなくてもそのような非特異的抗体ができることがあるんですよ」とマウスの研究を行った先生はおっしゃってました。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa で、別のワクチンで海馬が緑色に染まった写真のスライドも池田教授に渡したが、HPVワクチンのみで海馬が緑色になっているスライドのみをご発表されてしまった、とのこと。厚労省の発表資料では「サーバリックスだけに自己抗体(IgG)沈着あり」と明記されてます。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa これら意外にも既出で指摘されている点も含めて不十分な点はいくつもあります。池田班のマウス研究関連の発表は、あまりにもプレリミナリーで何か結論できるようなものではないことは、マウスの研究をされた先生もおっしゃってます。この様に公表されて困っている、と。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa さらに、このマウスの研究を主導されていらっしゃる先生は、仮にこのマウスの研究が今後Nを増やして統計的に有意になった場合でも、特殊な遺伝要因を有するマウスでの結果であり、ヒトに安易に一般化はできないとおっしゃってました。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa そもそも、ワクチンの真の重篤な副反応が現れてしまう方々が仮にいらしたとして、その方々は何らかの特殊な体質を有している可能性が高い。そういう特殊な状況をモデル化しようということでこのような特殊なマウスを用いられたとのことです。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa また、このマウスの研究を主導されていらっしゃる先生(信州大産婦人科に所属;現在、本務は他大学だが兼任)は、「信州大学医学部産婦人科の意向は、日本産婦人科学会の意向と同じで、「子宮頸がんワクチンの接種の推奨」です。」と明言されてました(原文そのまま)。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa なお、「捏造」という言葉については、狭い意味 mext.go.jp/b_menu/shingi/… では当てはまらないかと。この先生がおっしゃっていることがすべて事実であるとすると、ある種の「不正行為」の範疇に入ってくる可能性はかなり高いように思いますが。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@tsuyomiyakawa 論文になっていないとしても、厚労省から正式に発表されている資料なわけで、複数のマスメディアで報道され、訴訟に影響しているとも言われてます。社会的に大きなインパクトを与えているわけです。池田教授がきちんとした説明をされることが期待されます。

関連まとめ1:

ツイートまとめ HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)に関する誤解について Miyakawa先生 @tsuyomiyakawa による簡潔で分かりやすい解説。子宮頸がんワクチンを怖がる前に、また怖がっている人も、是非ご一読を。 追記:2016年4月22日にMiyakawa先生 @tsuyomiyakawaによる充実のコメントが加わりました。是非コメント欄もご覧ください。(まとめ人が未熟なため宮川先生のコメントを別にまとめることができませんでした。お詫びいたします) 追記2:なぜ心理学.. 29714 pv 576 39 users 95

関連まとめ2:

ツイートまとめ Miyakawa先生 による慢性疲労症候群とHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)についてツイートまとめ 慢性疲労症候群(あるいはこれと似た関連疾患)の多数のリスク要因の1つがHPVワクチン接種なのかもしれません。Miyakawa先生@tsuyomiyakawaによるためになる解説。 3862 pv 56 1 user 2

関連まとめ3:

ツイートまとめ HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)接種後の有害事象の頻度は低い 〜 カナダでの研究から 〜(付記:カナダ大手新聞の.. HPVワクチン接種後の有害事象頻度に関するカナダでの研究について、Miyakawa先生による分かりやすい解説。大手新聞The Star紙に対する研究者の反論と、The Starの謝罪記事も合わせて。 5842 pv 148 17 users 20

コメント

飯島明子 @a_iijimaa1 2016年6月21日
まとめを更新しました。
縞うさぎ/詫摩雅子 @shima_usa96 2016年6月21日
N=1って……(絶句)。症状のある方が原因にあった適切な治療を受けて、早く笑顔を取り戻せますように。
縞うさぎ/詫摩雅子 @shima_usa96 2016年6月21日
N=1って……。症状のある方が原因にあう適切な治療で、早く笑顔を取り戻せますように。
くらげん(伴野鼎) @nora_kuragen 2016年6月21日
N=1って、事例研究以上の何かじゃないよ…何なのコレ…
義月粧子@9/18新刊発売 @syoukoy 2016年6月21日
わ、まとめありがとうございます! 誰もやらないなら自分がまとめようかと思っていたくらいです。
ジョウカイボン @Joukaibon 2016年6月21日
この実験自体は、仮説を確かめる手始めの、ただのラフな検討に見えます。例えば自己抗体が沈着する様子を、研究に先立って見てみるだけが目的なような。なので宮川先生のツイートにあるように、元の研究者はこれを副作用の証拠にされるのは不本意じゃないでしょうか。その意味で「捏造」というのは不適切で、成果だと歪めて発表した部分が悪質だと思います。
neologcutter @neologcuter 2016年6月21日
N=1て…もっとも某マスコミは何も考えずに「そういう症例もあった」で記事にしそうだな。
飯島明子 @a_iijimaa1 2016年6月22日
まとめを更新しました。狭義の「捏造」の定義に当てはまらないとのご意見を受け、「捏造」という言葉をはずしました。
飯島明子 @a_iijimaa1 2016年6月22日
Joukaibon ありがとうございます。まとめのタイトルから「捏造」という言葉をはずしました。
とくがわ @psymaris 2016年6月22日
仮説を構築するための予備実験だとしても、あたかもあったかのように言うってのは…この報道、誰が裏で糸引いたんだ?
鴨南蛮@香港加油 @daikonbana 2016年6月22日
HPVワクチンについて反対する人の中には、ワクチンそのものについて反対する人と、このワクチンが普及すると性道徳が乱れるという理由で反対する人がいます。そういう人々は、Wedgeの記事のことは存在しないものと扱い、たとえ99.999%安全になっても反対し続けることでしょう。
花村ヨシ子 @hana__yoshi 2016年6月22日
「あんなに痛がっている子たちに血をくれなんて言えません」←原告は本当はワクチンが原因じゃないことわかってる?バレたら賠償金がもらえないから?
kamekura @kamekurasan1 2016年6月22日
HPVワクチンが有害であろうと有益であろうと、正しい知識に基づいた判断をすることが重要です。本記事が真実ならば、被害を訴える方、ワクチンを希望する方、子宮頸がんの患者、すべての人に対して不誠実で有り、許せる物ではありません。
禁煙ポンスケ @janeway_tlr2 2016年6月22日
「捏造」で良いのでは?発表自体が自分で都合の良いストーリーを作った「発表の捏造」なわけで。実験者の説明も聞かずに、話を作ったのですよ。
fuguriinuno @fuguriinuno 2016年6月22日
@tsuyomiyakawaさん、ウェッジの記事で「交雑種」とされていた部分について確認させてください。 ワクチン等を接種したマウスは、バッククロスやインタークロスでしょうか? その場合、組織標本を採った「別のマウス」は同じ交配を行っていたとしても遺伝的に異なり、反応していたのは自己抗体とも限らないという理解で正しいでしょうか? それとも、10世代ぐらいは交配を重ねたものでしょうか?
afpid @AfpidShounika 2016年6月22日
宮川先生のおっしゃる通りだとすれば、直接実験をなさった国際医療〇祉大学のH教授の実験そのものは捏造ではなく、ちゃんとデータを池田教授に渡しておられます。 そのあと池田教授が結論ありきでHPV群には染まった写真を並べ、他のワクチン群には染まっていない写真(各ワクチン群も染まったものがあったのに)を並べて発表資料にしたわけですから、うっかりミスでなければ捏造か、少なくとも改ざんです。
afpid @AfpidShounika 2016年6月22日
うっかりミスなら、自分の持ちデータを確認すらしていないので小学生の夏休み自由研究レベル以下であり、「国の研究班の発表をナメとんのか?」レベルです。
赤間道岳 @m_akama 2016年6月22日
「〇〇に関する一症例」バカにされる口頭発表の典型症例( ゚∀゚)
宮原篤 / 書籍「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」@9月21日発売 @atsushimiyahara 2016年6月23日
どのように好意的に解釈しても池田班の発表は科学的根拠・信頼性を失ったわけで、これでHPVワクチンの裁判に耐えられるのだろうか?7月17日第69期司法修習生7月集会分科会「薬害根絶のために」で池田修一医師がゲストスピーカーで出席。HPVワクチン薬害訴訟弁護団共同代表の山西美明弁護士も出席。何を語るのか、非常に気になる。http://www.7shuu.com/#!blank-1/vdtwn
H.Koyaan MD, DMSc @hkoyaan 2016年6月23日
ねつ造しても、ワクチン接種は、やろうと思えばできる状態なので、接種しないためにガンで死亡しても、池田先生の責任ではないという論調もあったが、ウエイクフィールド事件では、それでも医師免許は、はく奪されたのだ。 影響の大きさによるのだ。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2016年6月23日
fuguriinuno 血清をとったマウスはF2で実験を行ったとお聞きしました。「別のマウス」の遺伝的背景はお聞きしていませんが、近交系のそろった遺伝的背景ではないということになりますので、そのようなご理解でよろしいのではないかと思います。
fuguriinuno @fuguriinuno 2016年6月23日
tsuyomiyakawa ありがとうございます。 わざわざF2を使用した合理的理由を説明できない限り、「捏造」とされても仕方が無いと思いました。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2016年6月23日
fuguriinuno なぜF2を用いたのかお聞きしたところ、その先生は、マウスの数を早く増やしたかったので、多産のマウスと掛けあわせた、とおっしゃってました。KOのバックグランドはC57BL/6で、産仔数が比較的少ないので。僕は自己免疫疾患の研究はよく存じてないのでお聞きしたいのですが、このような実験をした場合、同じ遺伝的背景を持つマウスどうしの実験に比べ、IgGが遺伝的背景の異なる別マウスの組織のタンパクを認識しやすくなる、とかいうことはありますでしょうか?
飯島明子 @a_iijimaa1 2016年6月23日
まとめを更新しました。Wedge web版(6月23日)を冒頭に加えました。
宮原篤 / 書籍「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」@9月21日発売 @atsushimiyahara 2016年6月24日
a_iijimaa1 さんざん被害者とされる人たちを期待させておいて、疑惑が発覚すると説明もしないまま辞任とは。辞任後の去就もWakefield氏化しないか、しんぱいである。http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7124?page=4
宮原篤 / 書籍「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」@9月21日発売 @atsushimiyahara 2016年6月24日
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会のサイトを見たけど、この件に関して正式なコメント無し。
宮原篤 / 書籍「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」@9月21日発売 @atsushimiyahara 2016年6月24日
このままでは信州大学神経内科、ひいては信州大学の信頼性に響いてくる。/池田先生は僕の先輩ですが、僕が研修医の時に既に助手(もしくは講師)の役職にあり、神経内科(第三内科)で神経疾患のことを相談する時には、池田先生にお聞きするのが一番、という定評がありました。http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2014-10-09
fuguriinuno @fuguriinuno 2016年6月24日
tsuyomiyakawa すみません。遺伝学の研究室に在籍していただけで、そこまでの知識はありません。 通常は10世代程度は交配をしなければ、このような試験には使用しないはずです。F2を使用してさらに他のマウスに血清を適用する以上、遺伝的に異なる個体間の反応である事を十分に説明する必要があると思います。また、自己免疫疾患モデルマウスでは、元々フェノタイプの発生時期や内容にばらつきが見られやすいはずですが、F2 を用いることでさらに大きくばらつく事が予想されます。この点についても説明が必要です。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2016年6月24日
fuguriinuno 「通常は10世代程度は交配をしなければ、このような試験には使用しない」というのはKO対Wildを比べる際などには必須なのですが、この場合、KOの郡内で各条件が割り当てられているので、そのこと自体の深刻度はそれほどでもないように思います。ただ、おっしゃるように「遺伝的に異なる個体間の反応」であることやばらつきが大きくなるであろうことは問題ですね。この先生も、F2を使ったという意味でも、プレリミナリーな実験であることを強調されてました。
宮原篤 / 書籍「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」@9月21日発売 @atsushimiyahara 2016年6月24日
atsushimiyahara 今後の裁判の行方に関わる根源的なことなのに、池田修一教授を非難どころか疑念をも示さず記事を腐しているツイートばかりしている連絡会関係者。被害者に利益が有ることなのだろうか?
宮原篤 / 書籍「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」@9月21日発売 @atsushimiyahara 2016年6月24日
atsushimiyahara いくらなんでも「自己愛性パーソナリティ障害」などと根拠ない人格攻撃をするブログをツイートすることは無いだろう。 http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/f9bb2debd74915fd53dd0a3169dc0e05
宮原篤 / 書籍「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」@9月21日発売 @atsushimiyahara 2016年6月24日
しかしこの話題はあまりにも時間をかけすぎましたね。その間失ったものはあまりにも多い。裁判以外の方法で被害者をどのように救済できるのか、早急に考えるべき。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2016年6月25日
この種のことでは文科省でも厚労省でもガイドライン中で研究者自身と研究者コミュニティの自律が基本とされています。 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10600000-Daijinkanboukouseikagakuka/husei2.pdf ということもあり自分も調べることに協力し上記の様な補足もさせていただきました。この段階にきますと当該研究者所属機関が公正・公平な立場で調査をされるのが本来のあり方かと思います。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2016年6月25日
僕も自分自身の研究活動などでかなり多忙にしておりますので、できるだけこの問題に関わるのはミニマムにさせていただこうと思います。一部報道機関からのお問い合わせもいただいておりますが、上記の内容が私の知るほぼすべてですので、今後のこの件についての対応はできるだけ遠慮させていただきたいと思います。ということで信州大学の窓口に現状のご報告をしておき、調査をお願いしておきました。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2016年6月25日
この後は、池田教授と関係者の先生方が責任あるご対応をされるとともに、信州大学が公正・公平に、予断なくきちんとした調査をされた上で、一般国民の皆さまにむけて然るべきご報告をされることを強く期待いたします。
刑事長/理事長 @DekatyouNy 2016年6月25日
atsushimiyahara 被害者放置して一部弁護士と一部政治家によって政争の具にされてますからねもはや…
堂嶋大輔『マンガ生物学に強くなる』 @dojimadaisuke 2016年6月25日
本当に,どうしてこういう子供騙しなでっち上げしたんだろう…誰が得するんだ
亜山 雪 @ayamasets 2016年6月27日
N=1でチャンピオンデータをピックアップして基準クリアーなんて、製造業では反省文を書かされるレベル。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2016年6月27日
この件で、池田先生にマウス関連の部分のローデータを開示していただけるようお願いしました。先ほど、池田先生より、「この件に関しては信州大学に調査委員会が立ち上がることになりました。その結果が 公表されることになると思いますので、それまでお待ち下さい。」というお返事(原文まま)をいただきました。ということで、ローデータが公表されるまでには時間がかなりかかりそうです。発表に重要な問題があれば速やかに訂正するということが本来のあり方かとは思いますが、お待ちするということになりそうです。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年6月27日
tsuyomiyakawa 「信州大学に調査委員会が立ち上がることになりました」
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2016年6月29日
今回の報告会はメディアにも結果を示す形で行われました。発表・報道内容に問題がある場合は速やかに訂正を行うべきと考えられます。それらに問題があることは関係者の中で早い段階から認知されていたのですが未だに訂正がなされていないわけです。調査委員会の立ち上がったことは、研究を行った当事者が正しいデータ・結果を公表しない、という理由にはならないように思われます(調査委員会側からの情報管理はきちんとされるべきですが)。正しい研究結果とその解釈が速やかに公表されることを期待します。
宮原篤 / 書籍「小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK」@9月21日発売 @atsushimiyahara 2016年7月1日
atsushimiyahara これで裁判戦えるのかな?/※池田修一さんは諸般の事情によりキャンセルとなりました。他の3名のゲストスピーカーは従前ご案内している通り変更はございません。http://www.7shuu.com/#!blank-1/vdtwn
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2016年7月8日
NF-kB p50 KOマウスでは、自然に神経変性が起きるのは網膜で、海馬ではないのではないか、というご指摘があったようですが、海馬でも加齢に伴い神経変性が生ずるという論文が2006年に発表されています。-> http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16533569
新薬たん @ShinHiroi 2016年8月1日
一次資料見てないから何とも言えんが、、、。
禁煙ポンスケ @janeway_tlr2 2018年2月2日
もう一度、宮川剛先生の記載された文章を精読してみる。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする