編集可能
2016年7月9日

指揮命令系統、民主主義…人気まとめから更にスピンオフした「銀河英雄伝説」よもやま話

参院選投票日直前に話題となった【”若者の政治離れ”には『銀河英雄伝説』!大人たちの熱い叫び→銀英伝がホットワードに - Togetterまとめ http://togetter.com/li/997001 】。 なるほどこんな形で作品が話題になることもあるのか……。 コメント欄も、当方含め(笑)活発なんですが、そんなことでTLがにぎわった関係で、派生するような形のツイートも目に付くようになりました。これも「スピンオフ」として残しておきます。 元のまとめが「アニメ」なので、これもカテゴリーはそうしておきましょう。
106
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

togetter用資料 ここから派生したと考えてください ”若者の政治離れ”には『銀河英雄伝説』!大人たちの熱い叫び→銀英伝がホットワードに - Togetterまとめ togetter.com/li/997001 @togetter_jpさんから

2016-07-09 12:10:29
まとめ ”若者の政治離れ”には『銀河英雄伝説』!大人たちの熱い叫び→銀英伝がホットワードに 参議院選挙の投開票が2016年7月10日に迫り、ツイッターでは選挙の話題があふれています。そんな中、❝若者の政治離れ”対策として、新アニメプロジェクトも決定している傑作SF『銀河英雄伝説』を推す声がたくさん!『銀河英雄伝説』がYahoo!ツイッターランキング入りを果たす盛り上がりをみせています。 76971 pv 1393 196 users 358
ネプツニウム @nepu10

ライトノベル読者が銀河英雄伝説読者よりマシな理由:雑な政治語りを始めない。

2016-07-08 10:40:39
ネプツニウム @nepu10

そもそも民主主義の長点が戦争に勝つとかである活劇で政治の話持ち込まないで…

2016-07-08 10:41:32
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

twitter.com/nepu10/status/… (ヽ´゜ω゜)銀英伝で民主主義陣営はボロ負けしてます・・・(

2016-07-08 10:47:46
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

(ヽ´゜ω゜)正直銀英伝見て民主主義好きマンになるのよくわからない、アレはヤンが凄いだけで民主主義はクソや・・・(

2016-07-08 10:50:33
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

(ヽ´゜ω゜)というか最良の独裁制と最悪の民主主義を対比させてるのでどうしようもない・・・ RT @iliketitanium: @kyu190a 超チートな独裁の前では民主主義は敗北する可能性もあるよて寓話ですからね銀英伝はw

2016-07-08 10:54:55
遠藤 @enco2001

銀英伝、クソッタレ衆愚政治で無責任の極みで民主主義陣営がボコボコに負けるって話だから……。 有能なリーダーのいる専制政治が勝利するという皮肉ネタなだけなんだけどなぜ何かを読み解いてしまう人がいるのやら

2016-07-08 10:55:24
つめとろ(次は5月ティア) @tsumetoro

最悪の民主政治と最高の専制政治のお話なんだけどな・・・(´・∀・`)

2016-07-08 10:56:33
BARSERGA@C95新刊BOOTHにて販売中 @BARSERGA

銀英伝まともに読めば「民主主義もクソだが、ラインハルトの治世も大概クソ。有能なリーダーが担保できないかぎり専制政治もアレ。つまり人類はクソ」にならなければいけないはずだ(アレ?)

2016-07-08 10:58:19
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

(ヽ´゜ω゜)あと昨日も言ったけど、作中で正しい人として出てくる民主主義陣営の人たちも(これは多分作者のせい)わりとアレな部分があったり、ヤン一党にしても民主主義の信奉者よりはヤンの信奉者という感じが強いのよね

2016-07-08 10:58:34
moltoke◆Rumia1p @moltoke_Rumia1p

@kyu190a (*´∀`)最良の独裁と最良の民主制なら、独裁者がシヌまで待つって選択肢が取れてしまいますので(外れ籤が出てくるまで気長に待つ

2016-07-08 10:58:49
遠藤 @enco2001

ヤンはぐだぐだ政治に文句タレるわりに政治力なさすぎて流れるままに都落ちしてくけどもともと歴史家になりたかった人だからしゃーない 戦略家より戦術家だし。

2016-07-08 10:58:59
遠藤 @enco2001

戦略家になるには政治的野望なさすぎて無理だろうなあ

2016-07-08 10:59:19
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

(ヽ´゜ω゜)その場合最良の独裁制陣営は賢いので短期決戦をかけそう RT @moltoke_Rumia1p: @kyu190a (*´∀`)最良の独裁と最良の民主制なら、独裁者がシヌまで待つって選択肢が取れてしまいますので(外れ籤が出てくるまで気長に待つ

2016-07-08 10:59:44
迂闊十臓@『Aquilaよしよし同盟』 @ukatujyu

銀英伝に限らず田中先生の本は 中学、高校の年代でちょっとした大人の知識を得るようになってきて「自分ならこうするのに!」という自意識とそれによって周りより自分が1ステップ高い位置にいると思えるときがあって、そのときに出会うと物凄いシンパシーを感じるだとおもう。

2016-07-08 11:00:00
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

(ヽ´゜ω゜)あとどっちも最良だとしたら単純に意思決定のスピードで独裁制が上回るからやっぱり戦時体制としては微妙って話になりそう

2016-07-08 11:00:20
H.M.S.BlackPrince @HMS_BlackPrince

@BARSERGA 銀英伝のストーリー上での最大の突っ込みどころは、有能な独裁者がいる間は専制のほうが効率がいいんだ、でも、そうでなくなったときが問題なんだ、ってユリアンにいってたヤンがあっさり死んで、そのあとのイゼルローン組がどうみても迷走してることですね。

2016-07-08 11:01:08
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

(ヽ´゜ω゜)ヤンのポリシーの時点で作者が民主主義を変な風に解釈しているフシがあるのでアレではある

2016-07-08 11:02:10
白金桜花 @YamanekoOuka

@kyu190a ヤン将軍閣下というゴールデンバウム王朝と自由惑星同盟の戦いで産まれた、ゴールデンバウムの思想を体現した力を持つ男

2016-07-08 11:02:59
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

(ヽ´゜ω゜)そのあと佐藤大輔を接種すれば・・・おめでとう、君も組織のソルジャーだ・・・(

2016-07-08 11:03:14
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

(ヽ´゜ω゜)ラインハルトの治世はそうアレでは無いと思ってるけどぬー(それまでが酷すぎたのも有る

2016-07-08 11:04:20
senochan @senocham

@kyu190a ヤンの死後、指導者不在の状況で主要メンバーが選挙も何も行わず世襲を始めて賛同しない者を追い出したとき、民主主義万歳!って思いました。

2016-07-08 11:04:26
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a

(ヽ´゜ω゜)オーベルシュタインがトップでいいんじゃないかな

2016-07-08 11:04:35
遠藤 @enco2001

銀英伝のこの設定のおかげでゲームにすると両陣営のバランス取りが難しいんだろうね。そもそも帝国側が人口比で勝ってるのに貴族性のため効率が悪くて本来の国力で戦えないから同盟側が生き残れてるわけで、プレイヤーに操作させたらペナルティ付与しても効率的に動かれてしまって戦争が終わる。

2016-07-08 11:05:25
残りを読む(164)

コメント

言葉使い @tennteke 2016年7月9日
映画「未知への飛行」小説「破滅への二時間」は?「博士の異常な愛情」は一機を除いてみんな帰ってくるからナシで。
2
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年7月9日
あーそうだ、連絡体制が不自由な時代は「(時間でも距離でも)XXXを越えたら、もう”変更命令”を聞いても取り合わずそのままやり通せ」的な命令とか「XXXを越えても状況に変化がない(ex:敵が見つからない)ときはこれを開けろ」という”密封命令”とかあったねえ。
3
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年7月9日
さらにずれるのだけど、命令系統の徹底といえば山本七平氏が「『上官の命令はすなわち朕(天皇)の命令と心得よ』、が徹底されたら、上官が生身の天皇を『撃て』と命令したら部下はどうすべきか。これは思想的、組織論的大問題であり、そして226事件で現実のものとなった」と書いていたですな。
3
A- @eimainasu 2016年7月9日
自分は敬虔なヤン信者のひとりだからこそ、トリューニヒトの停戦判断はただしかったと考える。 「最低の民主政治でも、最高の専制政治に勝る」
3
フローライト @FluoRiteTW 2016年7月9日
銀英伝は「民主主義バンザイ」と「軍閥ヤン一派による人治主義最高」とをごっちゃにする作りだからおかしいんだ。まあ基本的に宇宙三国志だから英傑同士の思想のぶつけ合いにならなきゃ立ちいかないんだろうが・・・
15
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年7月9日
FluoRiteTW 元のエッセンスとなる三国志や太平記にも「諸葛孔明、楠木正成がそのまま陣営を仕切れば勝つる戦なのに、(はっきりとは言わないが)あほな暗君を仰ぐから、しなくてもいい苦労をする」「でも、そこであほな君主にも忠義をつくすからこそ(賢君名君に忠義を尽くす以上に)彼らはエライ!!」という形のドラマツルギーがあるので、その発展形といえるのかもしれません。
5
ユーセ コーイチ @ko_iti30 2016年7月9日
銀英伝では、このヘンは微妙に描かれていない。同盟の元首は「大統領」ではなくて「議長」。政治のシステムがよく分からない。権限がどのようになっているのかボンヤリになっている。だから原作が語る民主主義はあくまでも精神であって運用ではない。おそらく意図してやっているのだろうけど。
9
ユーセ コーイチ @ko_iti30 2016年7月9日
著者の民主主義感はビュコック「……対等の友人をつくる思想であって、主従をつくる思想ではないからだ」のセリフにあると思っている。
2
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2016年7月9日
女の子ほとんど出てこないアニメのどこがキモオタなんだか>カエルの幼虫とか言う頭の悪い人
22
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2016年7月9日
ペリクレスの独裁政治を民主政治と言い張るようなものかね
0
愚者@勇者部満開17No.19 @fool_0 2016年7月9日
「優れた指導者に率いられた独裁政治最高」としか読めないんだよな。あとがきで中学生読者かなんかのファンレターに『「優秀な独裁政治が良いと思います」というのをもらって、頭を抱えた』<逆に銀英伝読む前は最良の独裁政治が一番だと思っていたのに、銀英伝全巻読了後民主政治もそう悪いものではないと主旨替えした当局がやってきましたよ。いやまあ、ヤン個人の人柄に絆されたというか幻惑された点は否定しませんがw
3
よーぐる @Seto_yasu1987 2016年7月9日
なんかネットでは銀英伝って一小説を超えた扱われ方をしてるなあって思う、そりゃまあ面白いけどね
1
gesunogesuo @gesunogesuo 2016年7月9日
銀英伝は確かにキモオタが多そうだけど #カエルの幼虫 が言っているのはそういうことじゃないんだろうなぁ…
8
addicks(あでぃっくす)🌗 @addicks_cycle 2016年7月9日
フラットな視点から読んだらtorachang_asia は多分ハマっちゃったと思う。ファンとしてはtorachang_asiaがハマらなかったことにホッとしてる
7
永沢壱朗 @Nichilaw 2016年7月9日
「国家の存亡など、たいしたものではない」というアジが巡り巡って、民主主義の守護者は市民の物資をちょろまかして要塞に引きこもり、呼応した小勢力は大義名分の前に見殺しにされ、、同盟市民のほとんどは帝国の臣民になり、わずかに残った自治領は世襲軍閥が統治する。ひどい話だな(・ω・)
13
イヴァンカ・メメタァ・トランプ @memetaa_77 2016年7月9日
カエルの幼虫の負の歴史が、また1ベージ
17
イマジニア💉ワクチン済 @imaimaeq2 2016年7月9日
堕落して無能で小心で欲ボケして守銭奴で誘惑に弱い醜い無学なおっさんを、有能でイケメンで高潔で教養高い若者がひたすらに殴り続ける物語。だがな!俺も含む世の人の大半は前者に属してるんだよ!
6
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2016年7月9日
ヤン一派のアレは「民主主義」を名乗りながら実態が全然違う、朝鮮半島の北側あたりへの皮肉と考えれば或いは(えっ
9
イヴァンカ・メメタァ・トランプ @memetaa_77 2016年7月9日
イゼルローンの皆さんはヤンの後継者を形だけでも選挙で決めてれば良かったのに
8
delphinus @Delphin_apterus 2016年7月9日
有能な独裁者による統治が、ごくありふれた合議制より優れた結果をもたらす例は、枚挙に暇がないよ。現在でもよく見られる。特に企業等では。民主主義が他の政体より優れている点は、民衆が望まなければ、独裁と世襲を止められる点だけだろう。チャーチルの言葉を引用すれば"民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが"
3
みかげ @mikage_robeppu 2016年7月9日
めっちゃ載ってて汗顔の至り。 誤解の無いよう要点纏めると 「銀英伝は偏ってるしツッコミどころは沢山ある」 「ただ具体例として挙げられた停戦命令の扱いについては微妙」 「緊急時に発せられた命令に従うかどうかの判断は個人の裁量の部分が多いし(裏取りが難しい)普通に考えて逆らった場合はクーデターと見做されるので命令に従わないのが民主主義的な正しさ、かと言われるとそれは違うんじゃないか」 という程度です。
3
新谷貴司(パゴちゃん応援中) @localnavi 2016年7月9日
そもそも銀英伝が「最低の民主制と最高の独裁制の対比(なので当然、独裁制が勝つ)」だから「優れた指導者に率いられた独裁政治最高」という感想が出るのは当然だろう。
1
新谷貴司(パゴちゃん応援中) @localnavi 2016年7月9日
で、「優れた指導者に率いられた独裁政治」の弱点は「優れた指揮官はいずれ死ぬし、後継者が優れているという保証はない」点で、あとは文庫版9巻の小野主上の解説に続くと。
1
三角頭 @JHBrennan 2016年7月9日
銀英伝は民主主義を理解してなかった反政府主義の軍人が、運の良い帝国に敗北して地方軍閥を作ったという話。 ヤンを民主主義の理念を体現とか言われると、呆れてしまう
9
Kongo @kongo_kirishima 2016年7月9日
アーレ・ハイネセンが長征に持って行ったライブラリには古代ギリシャ時代の資料がごっそり抜けてたんだよ。だから「悪法も法」という言葉も失われていた。正規軍の方面軍司令部首脳陣が、軍事的才能しか持ってない頭目を神輿に担いで廃棄兵器を艦隊規模で私物化するわ、国家元首と他国の大使を誘拐するわ、ヒャッハー世界の山賊同様にやり放題した挙句に辺境の要塞に篭って軍閥政府打ち立てて独立までしちまったのはそのせいだとしか。
9
ねらっずーり @Nerazzurri1972_ 2016年7月9日
カエルの幼虫にとって自分の気に食わないものは全てキモヲタ認定されるんだろうな
5
addicks(あでぃっくす)🌗 @addicks_cycle 2016年7月9日
抵抗権や戦う民主主義についての考察をもう少ししてほしいところ。なお、自分はど素人なんでよくわかってない模様
3
mori @kmori299 2016年7月9日
localnavi すみません、それは小野不由美さんの解説ってことですよね。創元SF文庫版でしょうか?
1
青葉 @Aoba_calm 2016年7月9日
ここのまとめとコメント欄を読んでいると「銀英伝って面白いのになんでこう、もやっとするんだろう」という雑感の理由が明確にわかったような気がします。
7
投稿野郎Aチーム @lokuden 2016年7月9日
バーミリオン、状況報告と命令の再確認くらいはしといてもバチは当たるまい。向こうも切羽詰まっているかもしれんが、こっちも状況は逼迫している。そんな時こそ互いの意思の疎通が最重要なのではあるまいか?報連相はお仕事の基本でしょ。
0
犬沼トラノオ@liberalism @inunohibi 2016年7月9日
「ならお前が書けよ」は、批判に対する言ってはいけない批判封じらしいが、榛名は大丈夫ですアイコンの人は、「ならお前が小説書けよ」としかいえないネット弁慶っぷりだな。ごちゃごちゃ語るのが好きな文章と思想に自信ありマンなら、小説は書こうと思えばかけるんじゃ?
1
瑞樹 @mizuki_windlow 2016年7月9日
銀英伝の政治語りなんて「中学生を高校生がどや顔で言い包めてる」だけの話だよ。「シビリアンコントロールは民主主義軍の基本だ」みたいな事を言った直後に、政治運動家が政治家に向かって「お前が戦場に行け」なんて事を臆面もなくいって、それが「鋭い発言」みたいに書かれてる物語。
15
ヘルヴォルト @hervort 2016年7月9日
全部読んだ上での感想が「アルスラーンがホモ禁止なのは銀英伝のトラウマのせいだったのか」という俺
7
あきらめた @6123Gomibako 2016年7月9日
銀英伝から民主主義には非常事態条項が必要だと学べます。ただし、社会契約論を読んだ方が手っ取り早い。 『立法者が予見しなかったような場合は無数に起こりうるから、人はすべてを予見できないと悟ることこそ、きわめて必要な先見の明なのである。 だから、政治制度を強固にしようとするあまり、その効力を停止する権限まで失ってはならない。』 「社会契約論」作田啓一訳 第4編第6章 独裁について から抜粋
2
ならづけ @nara_duke 2016年7月9日
実際にルドルフとヤンが出会ったら、腐敗しつつも長きに渡って醸成された民主主義の水を飲んできたルドルフの方が、反帝国の一念で積み上げられてきた同盟人のヤンよりリベラルだったかもね、と妄想。
5
荒木 九郎 @stein00000 2016年7月9日
原典が手元にないので断言は避けますが、戦争の帰結は戦術より戦略、戦略より政治の時点で決まるということがわかっていたはずのヤンが政治きらいってだけで政治まわりの活動してなかったところで政治ルートでフォークが大攻勢案通しちゃってアムリッツァで大敗したのがそもそもヴァーミリオンの遠因(あれがなければビュコックなりウランフなりでハイネセンを守れてたかも)と考えるとヤンはやっぱり単なる戦術の天才でしかないのかなぁと。
7
チャダ @puppetmaste2501 2016年7月9日
銀英伝に対する疑問は多々あるんだけれど、特に疑問に思うのが、同盟と帝国って、戦争する必要が無いってところ。極端な貿易不均衡でもない限り戦争は起きないのに、そういった描写はない。フェザーン経由で交易を行っているのだから、フェザーンに両国のお金が流れ込む筈。フェザーンには二次産業が無い、又は規模が小さいと思うので、流れ込んだ資金が行き場をなくしてバブルが発生して、地価の高騰などで経済活動に支障を来し始めると思うんだけれど、そういった描写もない。
0
チャダ @puppetmaste2501 2016年7月9日
ちょっと纏める事が出来なかったけれど、イデオロギーの対立では戦争は起きない。冷戦時を思い出す人も居ると思うけれど、あれは例外。実際問題、経済でしか協力も対立も無いと思うんだよね。表立った経済の対立が無い同盟帝国間で長く戦争が起きているのは不思議。
0
投稿野郎Aチーム @lokuden 2016年7月9日
艦長、規律違反を犯したので出頭しました。私のとった行動は上官の命令に反するものでした。例え、それがプラスに働いたとしても、正当化することはできません。
1
投稿野郎Aチーム @lokuden 2016年7月9日
その通りだ。だがなデータ「私は命令に従っただけです」という言葉でどれだけの過ちが正当化されてきたと思う?自分の考えを持たず、ただ言われた通り命令に従うだけの士官なら連邦には必要ない。あの時、君のとった行動は適切だった。日誌にもそのように記録した。データ少佐、立派だったぞ。
3
Kongo @kongo_kirishima 2016年7月9日
puppetmaste2501 フェザーンが裏で宗教団体に支配されており、帝国と同盟の和平を妨害していたから。和平の動きは何度かあったがフェザーンの陰謀で頓挫していた、ということになっている。
4
あーばんふらいやー @JRChiba201 2016年7月9日
「動くシャーウッドの森」についてはウド・デイター・フンメルが、「国防軍基本法」に違反し「メルカッツ提督を逃亡せしめるに際して軍用艦艇を供与したのは、国家資産の処分にかんして職権を濫用したものとみなされ」るとちゃんと言っているし、「一般刑法に照らしても、背任横領罪の適用が可能」と述べている。そしてフンメルが「同盟の数多い法律や政令を調査しつくし、合法的に帝国の公敵を傷つけ、排除する手段を講じていた」とある以上、むしろ同盟法ではそれ以上の法律違反にはならない、ということでもある。
4
あーばんふらいやー @JRChiba201 2016年7月9日
まぁ正直な所、ヤンが矛盾だらけで批判されることの多い存在であることは作中でさんざん描写があるんだから今更突っ込まれても、という気もするんですけどね。
10
遮光昏人 @KREHITO 2016年7月9日
ラインハルト閣下の元貧民ど根性一代成り上がり列伝だと思ってよんどきゃええねん
2
投稿野郎Aチーム @lokuden 2016年7月9日
諸君、上層部は戦いを放棄した。皆、国に帰れる。バイソンは不正な金を手に入れる。だが、皆国に帰れる。平和、自由、正義、これらは全てお預けになる。だが、皆国に帰れる。この地で命を落とした戦友たち、我々は無駄に命を落としてきたのだ。だが、皆国に帰れる。しかし、俺は帰らんぞ。俺は今からボートに乗って川を遡り、バイソンの尻を派手に蹴りあげてやる。第二、第三のバイソンが現れないように。さあ、帰りたい者は帰れ、志願者は共に行こう!
0
張三李四 @tyousanrisi 2016年7月10日
銀英伝はエンターテイメントな作品であれで政治を学ぼうとするのは、NARUTOで実在の忍者を学ぶとかのレベルじゃない? 興味を持つ入り口・きっかけとしては優秀だし、理想化される内容だったりするけど、リアルに持ち込むのはね。
8
横えび@美濃尾張 🦀🦐 @yokoebi 2016年7月10日
細かい理屈はこの際なンでもいい、18歳以上は皆投票権の行使をッ
1
愚者@勇者部満開17No.19 @fool_0 2016年7月10日
『銀英伝の政治語りなんて「中学生を高校生がどや顔で言い包めてる」だけの話』と解釈している人が居るが、これは確かに一理ある。が、視点を変えればそれだけ分かりやすく政治を説明している(たとえその解釈が間違っているとしても)作品が他に無いからこそ銀英伝はベストセラーとして君臨している点を軽視してはいけない訳で。あとヤンの行動に一貫性が無いという主張も、作中で既に幾度も指摘というか自覚すらしているから今更何言ってんだとしか。
2
愚者@勇者部満開17No.19 @fool_0 2016年7月10日
大体そのヤンからして自分の行動が絶対的に正しいと思っている訳ではなく、むしろ必ず反発する人間が居る事すら予見していますし。原作からの引用になりますが「(後世の歴史家の)半数が味方してくれたら大したものさ」という感想にこそ、当局は民主主義を感じます。
4
Hoehoe @baisetusai 2016年7月10日
メルカッツ「正統銀河政府軍務尚書のワイがなんで同盟法なんぞにしたがわなあかんねん。こなたま死ねやカス」
7
エリア83@讃州deおばけ屋応援民 @area83ontweet 2016年7月10日
stein00000 ヤン以上に(統合作戦本部長まで登っておきながら)与党閣僚へすらろくなパイプもなかった、政治力のないシトレ元帥が派閥領袖だったのが悲劇ですな。ヤンやアッテンボローもシトレ“校長”の高潔なんだか怠惰なんだかよくわからん政治姿勢をまるっと真似して軍および同盟内の少数派で終わってますし…
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年7月10日
もしヤンが真に偉大な戦略家なら軍と政治のなかの権力闘争に勝てや、というのも正論。だからこそ宗教的ともいえる文民統制信奉者、というのはそこの矛盾ない説明のために必要な性格だったのかも。宗教なら理屈に合わない非合理行動もあり得る。
2
はくはく @F_hkhk 2016年7月10日
そもそも見てない可能性が強い、なぜだかわからないが彼らはライトノベルしかりアニメ化しているってだけで見下しているパターンがとても多い(コメント欄の騒ぎ見てればわかる)理解できるできないの次元ではなく、見下しているから知識を取り込まず知識が浅い事を露呈しているが正解かな…?
4
チャダ @puppetmaste2501 2016年7月10日
kongo_kirishima それだと戦争の動機として弱いんですよ。又、フェザーンが出来たのは、同盟と帝国の対立以降の話なんで、時系列的にも可笑しな話になります。
0
Hoehoe @baisetusai 2016年7月10日
ヤン艦隊の軍閥化を危惧する、ってあれ完全に軍閥やんな?イゼルローンを私有地みたいに占有してるし。民主主義の敵はトリュさんよりヤンやんけ
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年7月10日
まったくどうでもいいんだけど、togetter内で「銀河英雄伝説」のタグがついているまとめは現在99本だそうです。(無タグのまとめもあるんだろうけど)今度だれかが銀英伝のタグのあるまとめをつくったらはえある100本目。
1
投稿野郎Aチーム @lokuden 2016年7月10日
資料が手元にないのだがアメリカ建国当時は同盟政府のように行政官庁がなく、議会の各委員会が行政も担当していたがあまりに効率が悪いので、次第に各省庁が設置されていったと。だから無から民主政体を作り上げた同盟も議会万能主義の非効率的な国家を作ってしまったのではないか。
5
名無し岩手県民(手を洗おう)(飲み会・カラオケ・合唱を止めよう) @iwatekenmin01 2016年7月10日
イデオロギーで戦争になる事例って多いですぜ。古くはカトリック対プロテスタントの30年戦争とかフランス革命戦争とかね。中国史でも中華思想って銀河帝国的なイデオロギーですし。帝国にとってみればまつろわぬ民が存在すること自体が許せないのです。
2
あーばんふらいやー @JRChiba201 2016年7月10日
ダゴン星域会戦で同盟が帝国のプライドを粉微塵にする→数十年後、コルネリアス1世が親征を企図して同盟に丁寧な恭順勧告を三回送る→ダゴンで勝って驕った同盟、使者を盛大にバカにして帝国&皇帝のプライドをふたたび粉微塵にする→コルネリアス1世の親征により同盟大敗、しかし宮廷革命で撤退、という流れがあって、この時点で両者そう簡単に退けなくなっているというのもあります。そしてその十数年後には地球教の支援を受けてフェザーン自治領が成立しているのはみなさまご承知の通りですね。
5
チャダ @puppetmaste2501 2016年7月10日
iwatekenmin01 いや、あげておられる戦争は、その側面もあるでしょうが、根本にあるのは経済ですよ。
1
名無し岩手県民(手を洗おう)(飲み会・カラオケ・合唱を止めよう) @iwatekenmin01 2016年7月10日
いちゃあ悪いですが、世界最大の国家と最大の貿易相手国であるイギリスアメリカに真正面から喧嘩ふっかけた国がありましてね・・・第一次大戦前も同じような話がありましてね。 puppetmaste2501
3
取鳥族ジャーヘッド/76レジデント兼セントラルのアークス @torijar 2016年7月10日
ユリアンとか言うヤンの行動の合理性や一貫性に懐疑を挟む史家に喧嘩を売って回る事をライフワークにした同盟人物史学研究上の戦犯
2
新谷貴司(パゴちゃん応援中) @localnavi 2016年7月10日
kmori299 小野主上の解説が載ってるのは(私の知る限り)徳間文庫版です。というか、新書版と徳間文庫版のほかって見てないから知らないのです。
1
mori @kmori299 2016年7月10日
localnavi ありがとうございます。徳間文庫版だと図書館探さないとないかな・・。小野不由美さんの解説、読んでみたくなりました。
1
Muji @ togetter憲兵隊 @643Myshelf 2016年7月10日
「銀英伝の指揮系統が云々」と冒頭にあるからてっきり「准将で次席幕僚に過ぎないヤンがアスターテ会戦で第2艦隊の指揮をとったのはおかしい(2万隻の艦隊なら指揮下の別の艦に少将クラスの指揮官は確実にいるはずで、その者の安否を確認せず幕僚に過ぎないヤンに指揮が委ねられてる)」辺りの話かと思ったら、随分高尚な話になってますね。
6
第9次極東十字軍 @order_francisco 2016年7月10日
専制政治も民主主義もろくでもない! 死後の救済を得られる地球教こそ正義よ!
0
投稿野郎Aチーム @lokuden 2016年7月10日
実は政治家共の掲げる民主共和制とやらにヤンは興味はない。興味の対象は経済学。つまりは年金の支払い。
0
goya4 @goya4 2016年7月12日
退役後の第二の人生に思いを馳せていたのはヤン。帝国のメインキャラは自国の未来の為にあらゆるリソース(生命すらも)を注ぎ込んだ。
2
tako @tako6502 2016年7月13日
hervort その割に文庫版創竜伝の挿絵はCLAMPなんですよねえw
2
伊藤 正彦 @itohkun55 2016年7月14日
まあ、ヤンはラインハルトの当て馬として作られた人物で、さらに自由惑星同盟はラインハルトが滅ぼしても読者に不満が出ないように作られた国だからねえ。
6
エリア83@讃州deおばけ屋応援民 @area83ontweet 2016年7月15日
itohkun55 ヤンがあれほど読者から支持され人気が出たのは「純然たる計算違い」だと田中先生が後書きで述べてましたね(笑)
2
タツコマ@一夫多妻 @TATukoma1987 2016年7月16日
政治って意味ではBLACK LAGOONの張さんとバラライカの姐御のお話が役立つと思うんだけどねえ。世の中って黒い事で決まる政治ってのも多いし。双子編が黒さではトップクラスだけど。
1
みかげ @mikage_robeppu 2016年7月16日
このタイミングでトルコが「民主的な秩序の保全と人権保護」を理由にクーデター起こすなど。叛逆者はみんなそう言うんです……クーデター成功したら「何を民主的と称するか」を自分で決定出来るし(他方、首相がクーデターと称する事に否定的な理由はちょっと分からん) http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKCN0ZV2LQ
1
言葉使い @tennteke 2016年7月16日
憲法が国家権力に嵌める枷とするならば、憲法はクーデターを禁止していない。
1
ウミユーリン@執筆しなさい @pentaradial 2016年12月9日
植民星から奪った富を隠しておいて、地球の再開発に使わずに、フェザーン自治領を作る工作資金にして何百年もかけて宗教を広めて地球を人類社会の中心にしようとする謎の回りくどさ
0
南雲圭佑 @hakusan519 2017年4月15日
銀英伝好きだけど、「国家の存亡など個人の自由と権利に比べればたいして価値のあるものじゃない」というヤンの演説だけは未だに全く納得できない。いや、近代国家以上に自由や権利を守ってくれる主体があるならそりゃそうだろうけど、劇中には旧態依然たる国家しか出てこないわけで。ならば国家が機能しない状態に陥った地域の悲劇的状況にも少しは思いを馳せるべきでしょうよ、歴史学徒たるヤン提督。
2
鷹まさき @takamasaki 2017年6月12日
銀英伝のおかしな部分は「現代から千六百年過ぎて、地球時代にも熱核戦争で一度滅びかかってるから色々伝わってないんだよ」と自分を納得させてる(笑)
1
A- @eimainasu 2017年7月28日
ヤンはエルファシルの内政に口を出したことはないし、イゼルローン共和政府の内政に口を出したこともない。 ヤンが民主主義を違えているという読み解き方は、ジェシカやフレデリカのエピソードを軽視してるんじゃないかな。
2
荒木 九郎 @stein00000 2017年9月24日
ヤンが歴史に詳しいのにあんなんなのは、ヤンは歴史家に「なりたかった」だけで歴史家としてはクッソ無能で才能は戦術にしかなかったとすれば納得できる?
4
雪待560 @yukimachi560 2021年2月3日
銀英伝は最初から後世の歴史家の著作という設定を表明していたから劇中劇の隠し設定があるマクロスと同じやな!と厨房の私は思ったので、銀英伝で感じた矛盾点、疑問は後世の歴史家によるバイアスであんまり気にしてもしょうがないと流してる
0
雪待560 @yukimachi560 2021年2月3日
stein00000 作中、ヤン・ウェンリーに群がるマスコミの存在が凱旋時とかだけサラッと書かれる程度でしたが、イゼルローン奪回したときに作戦を引き受けた意図をマスコミへ回答した描写皆無なんですよね。講話を掴むチャンスであると報道があれば帝国解放(笑)作戦なんて無かったかもと思うし、帝国進攻失敗の責をいち准将の作戦発案者に押しつけたかのような話になったのも可笑しいよなぁとおもいます
0