愛が強すぎるレポ漫画『シルバニアのアザラシの赤ちゃんがかわいくておじさんが森のキッチンに行った話』が話題

シルバニア愛を伝える画力と語彙力がすごい
4

「シルバニアファミリー」の「アザラシファミリー」が大好きだという漫画家が、カフェレストランに訪れた体験を描いたレポ漫画をTwitterに投稿。「良いレポ漫画」だと話題を呼んでいる。

アザラシの赤ちゃんを求めていざ、「シルバニア森のキッチン」へ…!

漫画を投稿したのは、漫画家の軍手(@miyamo_tofu)さん。かわいらしい動物たちの人形シリーズ「シルバニアファミリー」の大ファンで、とりわけお気に入りなのが、発売されたばかりの「アザラシファミリー」の赤ちゃんなのだとか。

そんな軍手さんは「シルバニア森のキッチン」(「シルバニアファミリー」をテーマにしたフードやイベントを楽しめるコンセプトレストラン)でアザラシの赤ちゃんが一緒のテーブルに座ってくれるサービスがあると知り、現地を訪れたというわけだ。

漫画から伝わってくる癒し空間っぷり

「シルバニア森のキッチン」の店内でさっそく森のゆかいな仲間たちにお出迎えされた軍手さんが、カワイイに満たされた空間を満喫していると…

アザラシの赤ちゃんと同席しながらチョコケーキを食べる!

…お目当てのアザラシの赤ちゃんがやってきた!

赤ん坊の無垢な瞳に見つめられながらチョコケーキを食べる、嬉しいような緊張しているような顔がなんとも面白い。

レストランでは「シルバニアファミリー」のキャラと記念撮影もできる
大満足で帰路についた

アザラシの赤ちゃんとの相席の後も、人気キャラ「フレア」と記念撮影するなど「シルバニア森のキッチン」を楽しみつくした様子。本人の恍惚の表情から、どれだけすばらしい体験だったかが伝わってくるようだ。

「シルバニア森のキッチン」への感動と愛に満ちたレポ漫画に、Twitterユーザーからは「全コマ面白すぎて」「私もめっちゃ行きたい」「産んだ気がするは、草」といったコメントが寄せられた。

 

「シルバニアファミリー」や「シルバニア森のキッチン」への思いを、改めて軍手さんに聞いてみた。

次はフェネックの赤ちゃんを狙いたい

「シルバニアファミリー」を好きになったきっかけは?

数年前に、おもちゃ売り場で偶然「ペルシャネコのみつごちゃん」に出会ったのがきっかけです。ふわふわでちっこいかわいいのが、豚バラ肉のようにパック詰めされたシュールさに惹かれ、お迎えするや否や家族がどんどん増えていきました。

それからずっとシルバニアを追いかけていますし、自分が追われているような恐怖もあります。

カフェレストランでとくに印象に残ったことは?

お店の天井がやたら高くて開放感がありました。

店内に並んでいる小さなシルバニアファミリーを見続けていた反動かとも思ったのですが、天井高を大まかに計測してみると3m50cmほどあったみたいなんです。

「大男も安心して楽しめる素敵な空間設計だな」と感動しました。あとフードメニューが全部おいしくて、それも感動しましたね!

「次行く時はこれがやりたい」といった願望があれば教えてください

シルバニアの赤ちゃんがもらえる「赤ちゃんといっしょセット」のフェネックの赤ちゃんが大変かわいいので、それを狙ってまた行こうかなと思っています。帽子も服もぶかぶかでかわいいんです。

軍手さんは三原すばる(@videotaper)名義で漫画家として活動し、作画を担当した作品はネット上で公開されている。今回のレポ漫画でファンになった方はぜひ読んでみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。