Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「新緑が眩しく見える」のは錯覚ではなく、葉が自ら光を放っていることよくわかる実験

反射+蛍光で眩しく見えるんですね。すごく不思議です。これを応用して綺麗なカクテルを作ることもできるのでしょうか。
153
Sun太 @SunSun_fine

天気がいい日は,緑が輝いているように見えますね。「輝く新緑」なんて言ったりもします。でもこれは例えではなくて,葉っぱは本当に輝いて(日光を反射しているだけではなく,自ら光を放って)いるんです。…てなわけで実験してみます。→ pic.twitter.com/V6Gh4rON1T

2016-08-19 21:14:39
拡大
Sun太 @SunSun_fine

公園に行って,この間の台風で散った桜の葉っぱを拾ってきました。これをきれいに洗って小さく切ります。(息子12歳の手も写ってますw)→ pic.twitter.com/9pMkZ2vf1L

2016-08-19 21:15:26
拡大
拡大
Sun太 @SunSun_fine

小さく切った桜の葉を,消毒用アルコールに浸してしばらく置くと,アルコールにクロロフィル(葉緑素)が抽出されます。→ pic.twitter.com/wY7LN0NHve

2016-08-19 21:16:13
拡大
拡大
Sun太 @SunSun_fine

こうして出来上がった,緑色のクロロフィル溶液は桜餅みたいな匂いがします (^◡^) この溶液に,紫外線ランプを使って,上から紫外線照射してみます。すると… → pic.twitter.com/a4BruYL5WZ

2016-08-19 21:17:17
拡大
拡大
Sun太 @SunSun_fine

上の方がオレンジ色になっていますね。これは紫外線で励起状態となったクロロフィルが,基底状態に戻る時に,オレンジ色の蛍光を放っているのです。よく晴れた日(紫外線が強い日)の眩いような森の色は,反射光だけでなく蛍光が乗っているんです。→ pic.twitter.com/CLthW9Bvyu

2016-08-19 21:18:33
拡大
Sun太 @SunSun_fine

ちなみにクロロフィルは,ポルフィリン誘導体にマグネシウムが入った錯体です。クロロフィルの光による励起は,光合成の重要な過程ですが,この辺りはややこしいのでパス。 pic.twitter.com/do56fNWqo3

2016-08-19 21:19:24
拡大
suzy @suzy20051115

@SunSun_fine おはようございます!ほんとに光ってたんですね〜。初めて知りました。。。

2016-08-20 07:55:53
さかもとさん🐺 @kdenki

@SunSun_fine @UTiCd 桜の葉だとクマリンの影響も大きそう。

2016-08-19 21:51:29
ゆうくぼ @yu_kubo

@SunSun_fine こんにちは。一連のtweetを興味深く読みました。面白いです。生の葉からエタノール抽出だとこうなるのですね。私は乾燥した葉(抹茶)からエナメルリムーバーでクロロフィルを抽出しました>cloud999.hatenablog.jp/entry/2016/03/…

2016-08-20 07:30:30
リンク cloud999.hatenablog.jp 光合成色素の蛍光観察 - cloud9science
Sun太 @SunSun_fine

@yu_kubo おはようございます。抹茶からですか。それも面白いですね。抹茶+エタノールだと抹茶カクテルになりそうです。

2016-08-20 07:33:28
レンチ @renncheruto

うぅん… クロロフィルと言うか、クロリンは骨格の共鳴が崩れているのでポルフィリン誘導体(porphyrin derivative)ではなく、ポルフィリン類縁体(porphyrinoid)と呼びたい勢 twitter.com/SunSun_fine/st…

2016-08-19 21:32:06
Sun太 @SunSun_fine

@renncheruto ありがとうございます。共役系が切れているのは、確かにそうですね。

2016-08-19 23:13:03
レンチ @renncheruto

まあ、某O先生の所から珍妙な骨格が発表さてるなぁはっはっは…と言う様な、ごく内輪のネタでもありますが。

2016-08-19 21:39:14
レンチ @renncheruto

ちなみに、ポルフィリン骨格は割と面白い骨格なので、英語と化学が分かる人はThe Porphyrin Handbook とか The Porphyrin Handbook とか、読んでみるといいよ!(理工系の学部を要する大学図書館になら、たぶんある。

2016-08-19 21:51:04
レンチ @renncheruto

えーいちおう、ポルフィリン骨格が崩れていようが、ポルフィリンに対する還元的付加反応で合成されているのであれば誘導体で間違いないのです(が、私の理解している生合成経路的にはポルフィリン経由しているかなぁ…?)という感じ。(生化学は専門ちゃうけど

2016-08-20 10:35:32

コメント

縞うさぎ/詫摩雅子 @shima_usa96 2016年8月20日
@sun_fineさん、まとめて下さった@egmvdさん、ありがとうございます!
1
あるぺ☆ @alpe_terashima 2016年8月20日
蛍光塗料(蓄光じゃない方)も、紫外線を吸収して可視光線にして発光してるんだよね。
3
nekosencho @Neko_Sencho 2016年8月20日
まぶしく見えるあの人も、成分を抜き出してみたらほんとうに発光しているかもしれないぞ
16
SANTANA @maninthepillar 2016年8月20日
私には外部の光によって起こった発光であると考えました。 私が誤解していたら申し訳ございませんが、詳しく教えて頂けると助かります。 自らの発光となれば、内部エネルギーを減らした上での現象だ、と私は考えております。 発光によってクロロフィルの内部エネルギーが減少しているんでしょうか? あるいは、内部エネルギーが変わらない発光を「自ら」と表現して良いのでしょうか? .
4
さたびー@ちえりすと @satavy 2016年8月20日
なんかおいしいカクテルぽく見える。
6
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2016年8月20日
こっちの話だと思ってました。(キルリアン写真 http://bit.ly/2bJIgYe
1
xckb @xckb 2016年8月20日
赤外写真を撮ると葉っぱが真っ白になるので、葉っぱの色は実は赤、と思っていたんだけれどもあれもクロロフィルの色なのかな?
0
佐渡災炎 @sadscient 2016年8月20日
赤外線写真で白っぽくなるのは赤外線を多く反射してるからであって。なんで「実は赤」とか思うのかが分からない。 xckb
0
xckb @xckb 2016年8月20日
sadscient その通りなんですが、もし人間の目がもう少し赤外まで見えたら、植物の色は本当に緑と認識されたんだろうか、と思う程の赤外線の反射っぷりじゃないですかね?
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年8月20日
「自ら光を放っている」ってちょっと誤解を招く表現かもですね。
6
とてつもない 由来 @tremendousorig1 2016年8月20日
「油目的で肉を捨てていた西洋と異なり、日本はクジラを余すところなく完全利用してきた」って本当?
0
ふれーりあ @_dmp 2016年8月21日
励起状態から戻る時の光なので、いったん光を吸収して発光、か maninthepillar さんの論理に合わせて言えば、大きくなった内部エネルギーが戻って光を出している、が近いかと 電球の発光だって電気がなけりゃできませんし、発光としていいじゃないかなあと個人的には。
6
kartis56 @kartis56 2016年8月21日
励起状態と基底状態のエネルギーの差分を、光として放射しているわけだから、動作原理はレーザーと同じかも。鏡で折り返せばクロロフィルレーザーが作れる?
0
kartis56 @kartis56 2016年8月21日
xckb まとめ内の発光写真でいうオレンジを吸収して他を反射するから、白色光下では、オレンジの補色である緑に見えるのです。
2
kartis56 @kartis56 2016年8月21日
普通は受けるエネルギーが小さいから光って見えないだけで、星の吸収線と輝線の関係と同じですよね http://www.oao.nao.ac.jp/stockroom/extra_content/story/ippan/kouza/kouza2.htm
1
sat @satontwitt 2016年8月21日
比喩ではなく、実際に輝いているのですか。数値的にはどのくらいなんでしょうね。
0
春川柳絮@日曜日 東-ム19b @ryo_jo 2016年8月21日
励起状態から基底状態に戻るときのエネルギーは本来光合成回路に移動するんですが(だから光合成が起こる)、それがバラバラにされて行えないために仕方なく光に戻してるんだと理解してたので、葉がこの原理で光を放つとしてもごく僅かじゃないかなと思ってたんですけど。どうなんでしょう。
2
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2016年8月21日
kartis56 クロロフィルで作ったレーザーは聞いたことないですが、色素を使ったレーザーは普通にありますね。多分、問題なく作れるんじゃないでしょうか
2
坂崎太郎 @sakaxtaro 2016年8月21日
これも生物発光とかになるのかな?
0
🚮 @recyclebin5385 2016年8月21日
蛍光の強さはどんなもんなんだろう。太陽の反射光に比べて無視できるレベルに弱かったら意味がないし
0
酔宵堂 @Swishwood 2016年8月21日
葉っぱに直接ブラックライト当てたらどうなの? と云うのが気になって。
0
kartis56 @kartis56 2016年8月21日
ryo_jo 次の回路に渡す速度が追い付かなければ、光ると思います。閾値がどの辺にあるのか…
0
kartis56 @kartis56 2016年8月21日
29zgJQepexzZ 高校程度の設備(窒素レーザーとか)があれば簡単に装置組んで実験できそうですよね
0
bun🍃 @bun3559 2016年8月22日
recyclebin5385 物質の蛍光は、すでに見えているものに上乗せされる形になるので、太陽光程度であれば周囲の明るさにはそれほど影響受けないです。蛍光ペンで書いたものは、太陽光の下でも蛍光色として見えるといえばご理解いただけるかと。
0
レンチ @renncheruto 2016年8月23日
…あ、すいません、"The Porphyrin Handbook" とか"Handbook of Porphyrin Science" とかですね。
0