Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2016年8月21日

バケツ60杯の尿を沸騰させて金を作ろうとした錬金術師が物質を発見した事実

すごい
110
さえざえもん @teasenokimi

こんなアホみたいな企てしてて、よくリン見つけられたな。 pic.twitter.com/g1mPBLmypz

2016-08-20 23:20:04
拡大
さえざえもん @teasenokimi

@teasenokimi 通知が鳴り止まなくてビックリしている。この本衝動で買って久しぶりに読んでるけど、面白いですよ。爆発してるみたいなのは、液体ナトリウムと塩素ガスでポップコーンに塩味つけようとしたところ。 pic.twitter.com/ya7zOclTON

2016-08-20 23:34:58
拡大
拡大
拡大
拡大
リンク Chem-Station (ケムステ) 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』 今回紹介する書籍『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』は以前に取り上げた『Illustrate…
リンク Wikipedia ヘニッヒ・ブラント ヘニッヒ・ブラント(Hennig Brand、1630年頃-1692年)はドイツの錬金術師である。1669年に人間の尿からリンを分離した。 1670年頃はハンブルクに住んでいた。商人という説と医師であったという説がある。銀を金にかえる液体が人間の尿にあると信じて、尿を腐食させたあと水分を蒸発させるなどの手順でリンの元素を分離した。空気中で燐光を発する物質の発見のニュースはドイツ中に広まった。この製法を公開するかわりにフリードリヒ公から報酬をうけとることができた。 リンの製法はロバート・ボイルが1680年独

ドイツの錬金術師らしい

確かにすごいけど...
うさぎだいふく @lin_3A07

尿60杯沸騰させて発見されたリンです。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます

2016-08-21 00:34:04
neu_coin @cure_neucx

人類の続く限り尿煮詰めてリン見つけたのかよって言われ続ける偉業よ

2016-08-20 23:38:39
ばんぱくばんざい @SKYH_O_RSE_2

逆に言うと、異世界転生した時にバケツ60杯の尿を沸騰させればリンを生成出来るわけだ

2016-08-20 23:34:05
ふうにゃん @melee_violette

シュウ酸カルシウムとリン酸カルシウムとリン酸マグネシウムアンモニウムはX線非透過だからレントゲンに写るけど、尿酸とシスチンは写らない。

2016-08-20 19:26:02
元素学たん@8年目です! @gensogaku

「発見者が明確なもっとも古い元素」は、意外にもリン(P)なの。1600年代の発見なんだけど、多くの元素の中でも1600年代に見つかったものはこのPのみよ。さらに言えば、珍しいことにPは生物由来の物質から発見されたわ。ずばり「尿の濃縮」ね。……にしても、なんつー実験を……。

2016-08-20 15:40:28
モメン @momendeu

尿沸騰させるとか地獄みたいね

2016-08-21 00:36:12
しも @fnds00

バケツ60杯の尿を沸騰させて金を作ろう

2016-08-21 00:35:52
うんこ製造機改 @machine_of_unko

尿を沸騰させて金になると思っていたのがすごい!w twitter.com/teasenokimi/st…

2016-08-21 00:20:38
垢移動完了 @kkichanko

尿は金になる…………?

2016-08-21 00:34:15
維子 @Tsunako_SOP

バケツ60杯の尿から金を錬成とかいうワードたくましすぎてむり

2016-08-21 00:31:16
のらしろ @norashirooooo

そもそも尿の中に金はあるのだろうか、いやない・・・・と思う

2016-08-21 00:30:09
ジャイアントハグ @pllwxa

尿を沸かして金にしたいという気持ちはみんな一緒だから、マッチを擦るたびに彼を思おう

2016-08-21 00:27:18
ついに尿から金が?

ジュナーガド(インド)農業大学の研究者が4年の調査の末にギール牛の尿中に金を発見した。インディアン・エクスプレスが報じた。
濃度は1リットルあたり3-10ミリグラム。しかし金はイオン状態(塩の形)で残っており、電解法で抽出することができると見られている。

リンク jp.sputniknews.com 科学者、聖なる牛の尿の中から金を発見 ジュナーガド(インド)農業大学の研究者が4年の調査の末にギール牛の尿中に金を発見した。インディアン・エクスプレスが報じた。

コメント

モミルン @oppai_momirun 2016年8月21日
これがホントの「黄金水」かw #違う
58
マスクドとくがわ(ご注文はCOCOAですか?) @psymaris 2016年8月21日
うんこならワンチャンあったかもしれない?否、当時金歯は多分無いか。
0
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2016年8月21日
そのバケツ60杯分の集め方が気になったけど、水洗トイレがまだないころだったのかな。
4
みこみこ。 @MikoMiko2048 2016年8月21日
排出されるには摂取が必要では?つまり金沢人あたりを……
0
なす @NushHtc 2016年8月21日
腐敗して虫が湧くまで14、5日溜めてから煮詰めてたそうだからかなりきつい
8
ワス @wsplus 2016年8月21日
そういや爆薬も尿から作れるんだっけ
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年8月21日
日本のとある地域では下水を処理した後にできる汚泥に含まれる金の含有率が下手な金鉱山よりも高いとして、本格的に採取できないか検討しているようですが。
20
ゆい すずほ @yuisuzuho 2016年8月21日
鳥の落し物が固まってリン鉱石の塊になった島国もあるので、そういうこともあるだろう。
3
もっこㄘん @Mokko_Chin 2016年8月21日
手持ちの元素の本にも、発見者の名前入りで尿から金を作ろうとして、銀を金に変える薬を作ろうとして発見されたって書いてあるな。
0
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2016年8月21日
なんで尿を煮詰めたのかを想像してみた結果、「色が似ているから」という結論に達しました。 俺は知能指数が高いからわかる
40
SAKURA87@多摩丁督 @Sakura87_net 2016年8月21日
阿保みたいな考えをまじめにやった結果思いがけない大発見になることはある。
0
BIRD @BIRD_448 2016年8月21日
yuisuzuho 鶏糞は今でも使われる(リン系の)肥料。
4
撃壌◆ @gekijounouTa 2016年8月21日
けど昔はなんとかして金を作ろうと四苦八苦して、結果錬金術が化学を発展させた面もあるんだよなぁw
22
どぶごんずい @dovnzui 2016年8月21日
世の中お金を払ってでもおしっこが欲しい人種も居るので発想としては間違ってない
4
Raku @enraku_E 2016年8月21日
出来杉くんがのび太くんに「(錬金術は)成功はしなかったが、さまざまな実験が化学の進歩に大きく役だったんだ。」と教えてたな…。尿実験もそれの一つなんやね
11
アッツ @hcmine 2016年8月21日
黄金水とか言ったりするけど、本気でそういう思想だったんだろうな。
3
Oddball @0ddbaII 2016年8月21日
古代ローマの時代だったら洗剤として集められたり、リンス代わりに使われたり、下肥や硝石作りやら結構尿を利用したもの多いよね。
0
ST @tkm41714 2016年8月21日
twitter在住のリンさんわろた
0
monicanca @4seikai 2016年8月21日
【金儲けinfo】専門知識は一切必要なし。最短で60秒で結果が出る。HIGHかLOWかを予想するだけ。500円で取引が出来る。→ http://tweetdig.net/hashtag/%E9%8C%AC%E9%87%91%E8%A1%93 https://t.co/F1wk4ppV6z #金儲け #お小遣い #金稼ぎ #錬金術 #お金稼ぎ
0
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2016年8月21日
29zgJQepexzZ 「色が黄金だからこれは金を含んだ水だ!」って発想に至るのは近代の魔術時代ならよくあること。なお含んでいたのは菌とリンだった模様。
2
ざの人 @zairo21 2016年8月21日
錬金術が多くの元素を発見したことはわかるとして、「尿60杯沸騰させて発見されたリン」 は ほんとかな?って調べたら? ヘニッヒ・ブラント って書いてる表記と一致しました。 写真にもその単語が見えますので、そのタグを追加しました。
0
深井龍一郎 @rfukai 2016年8月21日
まぁ錬金術師が目指すのは「完全なる物質」であって、金はその余禄に過ぎないんですけどね。
3
ろんどん @lawtomol 2016年8月21日
イグノーベル賞を過去に遡って授与するとしたら、ブラント錬金術士は間違いなく受賞するんじゃないかな
13
Mishnah @Mishnah0211 2016年8月21日
科学とは常に探求心だ(錬金術とは言っていない)
1
ぉざせぃ @hijirhy 2016年8月21日
一部では聖水と呼ばれてるくらいだからなぁ。
1
ぉざせぃ @hijirhy 2016年8月21日
火薬に使われる硝石は日本では産出しないため、よもぎ等に尿をかけて発酵させて作っていたそうな。
1
上上左右 @wwssad 2016年8月21日
これ確か油絵とかにもなってなかったっけ?w
0
杉山真大@震災被災者 @mtcedar1972 2016年8月21日
そもそも火薬の原料の一つでもある硝石が、動物の排泄物を微生物で発酵させて出来た代物だったりするからねぇ。
2
亜留間次郎 @aruma_zirou 2016年8月21日
それはまあ、黄金水というぐらいだから、金が出てもおかしくないよね。
0
頭文字爺 @initial_g3 2016年8月21日
金に関係するものがもう1つ、いや2つ…。(下を見ながら)
1
たいらあおば @aoba_taira 2016年8月21日
wsplus 火薬の原料となる硝石が旧家や寺社の床下、つまり便所周辺から採取できるという話を聞いた覚えが…
1
ハムカツのくり @sas02260807 2016年8月21日
美少女由来のリンとか如何ですかね…
0
COSY8SD @COSY8SD 2016年8月22日
リンの用途欄にある「温水器」ってのが何なのか気になって調べてしまったら、水回りの金属表面のリン酸コーティングの話のようだった。  尿の化学的利用法としては、既出の硝石製造(硝化菌を利用して硝酸カリウム)とか、ウロキナーゼ(血栓溶解剤)や、ウリナスタチン(ショック症状の緩和)という薬の原料は、健康な男性の体内で合成されてごく微量が尿に含まれているので自衛隊の男性トイレの尿を製薬会社が買って抽出していたとか、古美術贋作製造で和紙に古色を着けるのに腐敗した人尿を用いる、ってのもあるな。
0
†┏┛墓┗┓† @snowman_home 2016年8月22日
アリエナイ科学かと思ったら違ったけど、十分マッドサイエンティスト
0
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2016年8月22日
燐の単離は牛馬の尿をこのようにして行われたわけですが、青鉛筆や絵の具の顔料でおなじみのプルシアンブルーも。。。18世紀初頭の独逸で製法が明らかになったんですがその製法たるや(1)乾燥した牛の血液を炭酸カリウムと焼いて水で浸出し(2)こうして得られた溶液に硫酸鉄(Ⅱ)とミョウバン溶液を加えて沈殿させ(3)煮沸後,塩酸を加えて合成完了。   ここでも牛ですよ、ウシ!!(理由は色々あるんですが。
4
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2016年8月22日
hijirhy 合掌造りで有名な飛騨の白川郷では(たしか幕府公認で)硝石の製造がおこなわれていたんですが、こちらではお蚕さんの糞、焼き灰、石灰にヨモギなどを床下に貯蔵して合成した云々聞いたことがあります。ちなみにお蚕さんの糞は某アイスの着色剤としても使われていますね。そもそも漢方薬としても取り扱われているみたいですし(汗)
2
まるい りん @maruirin 2016年8月22日
結構重要な発明なのにプロセスがwww
0
taka @Vietnum 2016年8月22日
自分の出自を知ったリンちゃん……(ノД`)
0
taka @Vietnum 2016年8月22日
「硝石あつめ人は、まず便所の土を味見し、質のいいナトリウムが含まれているか確認した後、臭い土を掘り返して持ち去りました。」  (((( ;゚Д゚)))
0
あいだしん @aidashin 2016年8月22日
これぞまさしくセレンディピティ。
0
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2016年8月22日
沸騰させるにどれだけのエネルギーを使ったかだなあ(´・ω・`)
0
Simon_Sin @Simon_Sin 2016年8月22日
実験は本来の目的では失敗だけど全く予期してない別の目的を達成できてしまうこともある。科学の面白いところだよねー。
1
稀翔@コメくいてー(コメくいてー @zirai005 2016年8月22日
うっかり歴史に名を残すと恐ろしいにゃー
1
新シンさんX @sin_379 2016年8月23日
凛は天才だにゃ~ これをどうしても言いたかった。
0
黒翼猫|ω・)。o(ウインドウシ2000) @BlackWingCat 2016年8月23日
尿だけに強いイシがあったんだと思います・ω・ええ
0
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2016年8月23日
すげえな、全然知らなかった。
0
Chariot @BLACK_RX_24 2016年8月23日
第六天魔王「便所に土間の土、硫黄、木炭 三役揃えば黒色火薬(たまぐすり)である」
0
深井龍一郎 @rfukai 2016年8月24日
錬金術関連の解説が全然ないのが寂しい。おそらくこの錬金術士は錬金術における最初の段階である第一質料(プリマ・マテリア)を得ようとして尿を煮沸したのです。なぜなら、錬金術の文献には第一質料は「みたところ卑しく価値のないものから作られる」と書かれているからです。ただ、後世の評価としてはその表記をそのまま尿や糞などの殊更汚いものであるというストレートな解釈を行なう錬金術士は低俗な三流の術師である、とされています。
0
IheY @kujira090 2016年8月26日
科学史の出番ですね。
0
ヴァラドール @_Vorador_ 2016年8月27日
確かこれ尿何かの理由で煮詰めたら金のようなものができたあと消えてしまったのでじゃあ大量に煮詰めてみようという具合だったような気がする
0