10周年のSPコンテンツ!

ハセガワ『Honda NSR500 “1989 WGP500 チャンピオン”』の製作記録

そのままでは「嵌めたら最後」のカウリングを完成後も安全に脱着できる改修が目玉。 カウリングを外す意味を高めるために車体内部もそれなりに作りこんでいます。 2016年04月30日 着手 2016年09月16日 完成
500cc 模型 バイク プラモ オートバイ プラモデル WGP エディ・ローソン
2
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。新作今日から着手。ハセガワキットに加えてクソ高い純正エッチング、TABUデカール、某氏特製カット済みマスクシールと豪華絢爛な素材たちが今ここにっ!主テーマはカウル脱着化。ゴールはお盆の頃を予定。長い旅になるよ。 pic.twitter.com/f4skZl2ezd
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。今作1発目の工作投稿にして今作のコアとなる工作の紹介となるよ。アッパーカウルの工作。これその完成画像。なにやったかパッと見わからんでしょう?そうであって欲しい。このキット作った人がみたらわかるかも。 pic.twitter.com/YySbZPQjyb
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。ネタバラシの前に前作HBキリ号の投稿画像から。この無理やりカウルを広げて車体に嵌める力技をなんとかしたかったのだ。カウル内側へのえぐれ部がラジエターを越えないと嵌まらんの。で嵌ったら2度と外したくなくなるの。 pic.twitter.com/y8qzl3F6kR
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。嵌めにくいアッパーカウル問題。で今作ではこうなった。割れたんじゃなく割ったの。んでお得意のネオジム磁石でパチンと接合する。このカットラインはHBキリ号の時に「ここしかない!」と考えていたのだが巧くいってよかった。 pic.twitter.com/6kTZlQyhgR
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。アッパーとロアカウルの接合も磁石化する予定。YZRと同じような位置にデットスペースを見つけたので2ミリ丸は余裕で埋められる。ロアカウルはYZRの時みたいに前左右で分割しなくても大丈夫そうなので一体でいく。 pic.twitter.com/SdWjxmU5o7
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。カウルの磁石接合工作が完了したのて動画で。パチンパチンと気持ちよく接合するよ。 pic.twitter.com/NNi9litsVs
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。外装類の擦り合わせや車体への取り付け強度UP工作などを経てこの状態。上下カウルのチリ合わせも良好。上カウル肩口のエッジ強調もいい感じのアクセントに。 pic.twitter.com/L9fCLrMq2e
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。カウリングの車体への取り付け強度UP工作の実際。車体側から生えるステイには工作は無し。カウル側に各ステイを「お迎え」する口をパイプ材の薄切りで作った。これだけでカウル装着が簡単になり深く嵌合するから外れにくい。 pic.twitter.com/QJRpFEDLBz
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。上カウルのこのステイは支える強度は必要なくフレームとカウルの間にそつなく存在すればいい。カウル側は「お迎え」の穴にフレーム側は1.5ミリ丸の磁石で。カウルレスではフレームに残るが磁石で簡単に外れる事で破損を防ぐ。 pic.twitter.com/rFko2n0f9U
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。シートカウルとフレームの結合もネオジム磁石。ノーマルのダボと穴の結合と装着の手間はほぼ同じだが繰り返しの脱着で部品が摩耗・破損するのは防げる。そのための磁石化。 pic.twitter.com/dPKmvwdAkZ
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。ガスタンクとフレームも2ミリ丸磁石一箇所で接触点を作った。これはほとんど「パチッ」ていう装着感を味わうためだけにつけた。脱着を楽しむための演出。 pic.twitter.com/T0mky6Q7yC
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。ガスタンク前端だけ磁石留めにしたが後端もパチッといった方が気持ちよいだろうという事で前端同様2ミリ丸ネオジム磁石を。磁石埋めは本来の接着・ハメ込み箇所を使うと跡も目立たずスマートに行くよ。 pic.twitter.com/ODgx6ZZqCw
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。外装塗装の下地完了図。切削工作が終わったら捨てサフの500番をたっぷり吹いて乾燥後磨いてほぼ落とす。1500番サフでプラ地とのムラを無くして傷チェック。納得したらこの後の白や黄が発色しやすいよう白サフで仕上げ。 pic.twitter.com/40DDhiKjKN
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。外装塗装開始。まずは白。指定の1番ではつまらないのでお気に入りの69番グランプリホワイトで。全身均一ではなく紺や黄が乗る部分には吹かないよう最終的に白の部分だけ重点的に。塗膜を薄くするため少しでもあがくよ。 pic.twitter.com/BYsxnTmdsk
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。青の調色。使用するTABUデザインデカールの青に合わせる。合わせたつもり。使ったのは5番ブルーをベースに写真のとおり。左から使用量が多い順に。 たまる一方の「食パンのやつ」の使い道見つけた気がする。 pic.twitter.com/8MvWNO6tfM
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。金メッキデカールのクリアコート問題。組説にクリアコート出来ないと書いてある理由がこれ。チリチリになる。 一番でかいサイドのこれだけクリアコートなしにするかな。その前にタミヤアクリルのクリアもテストしてみるか。 pic.twitter.com/7kPHnvaUAU
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。外装青塗装のマスキング。無理言って分けていただいた某氏お手製のカット済みマスキングシートが活躍。ゼッケンベースやストライプなどデカールと同寸のもので位置出しとマスキングを一気に。でも正しい位置に貼るの激ムズ。 pic.twitter.com/maE6KAgCvn
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。青塗装が終わって不要なマスキングシートを剥がした様子。黄色を吹くゼッケンベースが綺麗にマスク出来てる。 pic.twitter.com/9HIbhycZ1V
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。青塗装部分をマスキングしてゼッケンベースの黄色を吹く準備。 pic.twitter.com/eK990yuiGe
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。大きなトラブルはなくブルーとゼッケンベースの塗装完了。外装間のブルーの帯が違和感なく繋がって一安心。デカールはこれに沿って貼るだけなので楽ね。 pic.twitter.com/3fNHgzDs1c
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。外装のデカール貼り開始。これ以上は集中力が続かないので今日はこのへんで。塗り分けに沿って貼ればいいから位置出しの苦労はないけど細長いデカールはイライラする。ゼッケンベースの黒縁はイッーッ!ってなった。 pic.twitter.com/dcJh2D6dCN
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。シートカウルのストライプがズレた。んでもこれはマスキング時にわかってた事。クリアのっけてからタッチアップ塗装する。 pic.twitter.com/TWRmSHHy1M
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。金メッキデカールがクリアコートでチリチリ問題。アクリジョンのクリアを試す。ラッカー系程ではないけども少しチリる。んーこの程度の向上ならラッカーでいい?アクリジョンは塗膜ない割にぽってりしてて好きじゃないわ。 pic.twitter.com/NZaasn0Tyl
拡大
拡大
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。アクリジョンクリアは下地に優しいのは良いけど塗膜のコントロールが難しい。自分のやり方で砂吹きなんかするとボコボコの肌になる。最初から慎重にウエット吹きしなきゃいけないからどうしてもぽってりしてしまう。
Hamachamps @hamachamps
89NSRローソン。デカール貼りはアクリジョンクリアコート検証もあったので、まだこんなの。でもロスマンズ感でてきた。こだわったストライプのつながりはこんなもんか。アッパーとタンクは少しズレてる気もするがもう遅い。 pic.twitter.com/9FQ5yn9qly
拡大
残りを読む(57)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする