2010年3月21日

童話「桃太郎」にて鬼軍が取るべきだった戦術

27
@akatuki_a

桃太郎の鬼退治は瀬戸内海の海賊退治がモチーフだと聞きます。瀬戸内沿岸で徴募した兵力で海賊の本拠地に上陸し、制圧して、溜め込んだ物資や資金を掠奪する話ですね。

2010-03-21 19:44:27
@akatuki_a

桃太郎の鬼が島海軍が間違えたのは、島国の防衛戦略をとらなかった点です。桃太郎軍を迎撃するのに、敵軍の上陸を許したために苦手な陸戦になってしまったのが敗因です。そのさらなる原因は、鬼が島海軍が島国のとるべき防衛線を引けていなかったことでしょう。

2010-03-21 19:47:15
hilowmix @hilowmix

@zyesuta シュワルツネッガーの「コマンドー」みたいな桃太郎を想像して吹いた。

2010-03-21 19:47:57
@akatuki_a

イギリスの偉大な私掠船長だったドレイク提督が曰く、「英国の防衛線は英国の沿岸ではなく、英仏海峡の真ん中でもなく、大陸側の港の背にある」といいます。大陸の軍港をコントロール下におくことで真に海を制することができ、島国の防御を全うできる、という風に私は理解しています。

2010-03-21 19:49:41
@akatuki_a

これを考えれば、鬼が島海軍が桃太郎陸軍に負けた原因がみえてきます。鬼が島海軍は沿岸を襲うのみで、陸側の渡海拠点を掌握する発想に欠けたのでしょう。有力な港を継続的に襲撃する、港有力者を抱きこむ、スパイを常駐させるなりし、桃軍の渡洋作戦を察知して先手をとるべきでした。

2010-03-21 19:53:08
medtoolz @medtoolz

@zyesuta 桃太郎の鬼が地政学を理解してたら、迷わず相手の海岸線に進撃して戦線を拡大、部隊の散開を余儀なくされた桃太郎の一行は、案外苦戦するのでしょうね。。

2010-03-21 19:55:33
@akatuki_a

島国の防衛は、島国の陸地内や、その沿海のみで完結するものではない、陸側の軍港を何らかの形で掌握管制する、つまりドレイク提督の教えるように陸側の港の背に防衛線を敷かねばならん、というのが桃太郎陸軍に敗れた鬼が島海軍の教えるところなのです。

2010-03-21 19:55:53
@goodhuntstalker

@RASENJIN だがちょっと待ってほしい、桃太郎軍の船は形状といい機能といい、事実上の空母ではなかろうか。

2010-03-21 19:56:38
山本一郎(やまもといちろう@告知用) @kirik

鬼が島海軍の件は、小部隊作戦による突破&揚陸作戦だったからなんじゃないの RT @zyesuta これを考えれば、鬼が島海軍が桃太郎陸軍に負けた原因がみえてきます。鬼が島海軍は沿岸を襲うのみで、陸側の渡海拠点を掌握する発想に欠けたのでしょう。有力な港を継続的に襲撃する、港有

2010-03-21 19:56:38
@akatuki_a

@kirik 突破はしてなくはないですか? 桃鬼両軍が海上で戦闘する描写は無かったような・・。 まあそれは兎も角、少数での奇襲揚陸に対処する程度の陸軍はもっとけよ鬼軍、ていうか鬼なんだし、という結論にもできますね。ほんとに1人と3匹に負けたのなら。

2010-03-21 20:00:09
hilowmix @hilowmix

@RASENJIN 諸兵科連合効果でカバーするのだ!

2010-03-21 20:01:08
@akatuki_a

@medtoolz 桃軍、兵力激少ですしね。まあ元になる史実があったのなら、部下の三匹は地元の豪族か何かで、ちゃんと郎党がいるんでしょうけど。そういえば陸側に同盟国をもたなかったのも痛すぎですね。鬼が島。

2010-03-21 20:01:39
@akatuki_a

しかし鬼ともあろうものが、海賊とはいえ当時の海賊だから沿岸も襲撃してるし、船戦でも斬り込みはあるんだから、それなりの陸戦要員はいたと信じたいもの。であれば桃太郎軍は実はそれなりに規模、犬猿雉が各150匹くらいはいてほしいところ。

2010-03-21 20:06:41
m.tokuoka @goodhuntstalker

艦載機による航空優勢を持ってるぶん桃太郎軍のほうが有利ということでは RT @kirik: 鬼が島海軍の件は、小部隊作戦による突破&揚陸作戦だったからなんじゃないの RT @zyesuta これを考えれば、鬼が島海軍が桃太郎陸軍に負けた原因がみえてきます。鬼が島海軍は沿岸を襲うの

2010-03-21 20:07:20
@akatuki_a

とすれば揚陸船団もそれなりの規模になるはずで・・・というところから、大陸側の港をちゃんと押えとけ、というかちゃんと外交して敵を分割しとけよ、という話に戻ってまいります。

2010-03-21 20:07:57
hilowmix @hilowmix

@zyesuta 鬼は犬と猿を離反させるべきだった。

2010-03-21 20:09:09
@akatuki_a

他方、 @kirik隊長のおっしゃるように少数部隊での奇襲揚陸を許したのがイカンのであるという説明も可能で、この場合は鬼が島はまともな陸戦要員を持ってなかった、あるいはもっていても国土戦を想定してなくて混乱のうちに大将を討ち取られたか何かでしょう。

2010-03-21 20:10:16
@akatuki_a

今孔明 RT@hilowmix @zyesuta 鬼は犬と猿を離反させるべきだった。

2010-03-21 20:10:47
山本一郎(やまもといちろう@告知用) @kirik

封鎖線を敷いていたなら、戦闘がなくても突入部隊が揚陸したら突破 RT @zyesuta 突破はしてなくはないですか? 桃鬼両軍が海上で戦闘する描写は無かったような・・。 まあそれは兎も角、少数での奇襲揚陸に対処する程度の陸軍はもっとけよ鬼軍、ていうか鬼なんだし、という結論にもでき

2010-03-21 20:12:24
@akatuki_a

海上には塹壕は掘れないので、というか掘れたとしても少数部隊による浸透をすべて防ぐことはできないので、鬼が島海軍としてはその陸戦部隊に、ちゃんと国土戦の訓練もさせとくべきでした。

2010-03-21 20:13:24
山本一郎(やまもといちろう@告知用) @kirik

実はCombined Armyが小部隊戦術ドクトリンを駆使したというオチ RT @goodhuntstalker 艦載機による航空優勢を持ってるぶん桃太郎軍のほうが有利ということでは RT @kirik: 鬼が島海軍の件は、小部隊作戦による突破&揚陸作戦だったか @zyesuta

2010-03-21 20:13:33
@akatuki_a

@kirik 奇襲性の描写がないので鬼は封鎖線を敷いていなかったと思うけど、それは兎も角、少数分散(この場合は1隊しかないけど)して戦闘を避け、防衛線の後方に抜けるのは浸透ではありませんでしたっけ? (海自では何故かこれも突破と呼称してるそうですけど)

2010-03-21 20:17:49
m.tokuoka @goodhuntstalker

鬼軍の士官充足率が粛清の影響で80%とかだったから一瞬で瓦解したのかもですね。青鬼との権力闘争が終わったばかりで。 RT @kirik: 実はCombined Armyが小部隊戦術ドクトリンを駆使したというオチ RT @goodhuntstalker 艦載機による航空優勢を持って

2010-03-21 20:18:01
山本一郎(やまもといちろう@告知用) @kirik

浸透∈突破と記憶 RT @zyesuta 奇襲性の描写がないので鬼は封鎖線を敷いていなかったと思うけど、それは兎も角、少数分散(この場合は1隊しかないけど)して戦闘を避け、防衛線の後方に抜けるのは浸透ではありませんでしたっけ? (海自では何故かこれも突破と呼称してるそうですけど)

2010-03-21 20:20:49
残りを読む(64)

コメント

夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2011年2月19日
《水はけのいい土地に配水して水田をやる農業技術を持っていたのが武士団と寺院です。で、従来の排水のない湿田に比べ圧倒的に生産性が高く、人口増をもたらしました》  金鉱掘りの技術革新地域の拡大が地域の戦国化と連動している・・・・・・というのをどこかで読んだ気がする(兵頭二十八氏の『軍学考』だったかな)。
0