原子力・放射線防護に関する誤解者への苦言:菊池誠氏/一般公衆の人工追加放射線量被曝限度の法令規定(発言録など)

嘘をどれだけつこうと、本当にはならないのだが・・・
震災 復興 放射線 被曝 原子力 被ばく 放射能 線量限度 山本太郎 原発 福島 菊池誠
7
NPAGW @NPwrAGW
・放射線防護の最適化 -現存被ばく状況での運用-  「集団全員の被ばくが年間1mSv以下になれば、平常状態への回復が達成」  kantei.go.jp/saigai/senmonk… 【現存被ばく状況における線量低減の考え方】 pic.twitter.com/mpGza6xX2L
拡大
NPAGW @NPwrAGW
・周辺監視区域:原子力施設に起因する   一般公衆の被曝線量が、   法律に定められる値 を超えないよう、一般の方々の不用な立ち入りを制限する区域。 pic.twitter.com/oGS7yAOxtY
拡大
NPAGW @NPwrAGW
・公衆の人工追加放射線の線量限度が 1 mSv である法的根拠  radphys4.c.u-tokyo.ac.jp/~torii/lecture… ・年間1mSvが人工追加放射線量限度であることの法的根拠  nakao312.exblog.jp/15709699/ pic.twitter.com/t3bHy9xcJD
拡大
NPAGW @NPwrAGW
<一般公衆に対する基準>  通商産業大臣は、実用発電用原子炉について、線量当量限度   告示 において、   一般公衆の放射線安全のための基準 を、表15-3に示すとおり   規定 している。 @kikumaco @chanchan_papa pic.twitter.com/3Ovr5HyAvq
拡大
拡大

NPAGW @NPwrAGW
・作業者と一般公衆の防護  rist.or.jp/atomica/data/d… 2.一般公衆の防護 ・・・ 一般公衆の放射線防護は、事業所境界における充分な環境管理(空間線量率、排気・排水中放射能濃度)によって担保されなければならない。
NPAGW @NPwrAGW
このため、事業所の責任に於て行われる事業所境界あるいは管理区域境界における環境管理は、公衆に対する放射線防護を放出源において担保するため計画・実行されている。つまり、事業所境界あるいは管理区域境界において空間線量率および排気・排水中放射能濃度を適切に管理することがすなわち、
NPAGW @NPwrAGW
一般公衆の被ばく線量低減(放射線防護)対策となる。これに対して、自治体などの監視機関が行う広範囲な環境モニタリングは、(a)施設周辺環境の自然放射能(線)の変動を把握する、(b)事業所の責任で行われている事業所境界の環境管理の妥当性を監視して一般公衆の放射線防護が担保されている
NPAGW @NPwrAGW
ことを確認することをその目的としている。 pic.twitter.com/BJkXNpMtwF
拡大
ほうしゃのう きほんのき @KIHON_NO_KI
「1ミリシーベルトの約束。」 ICRP(国際放射線防護委員会)の勧告では、人工放射線による年間追加被ばく限度が「1ミリシーベルト」。  これは、日本政府が準拠してきた基準です。(自然放射線をのぞく) kodomozenkoku.com/1mSvcampaign/p…
レクサス教育センター 医療時事キーワード @lexus_medical
被曝許容限度 原子炉等規制法と放射線障害防止法では、一般の人の年間(総)被曝許容限度は「自然放射線による被曝に加えて1年間に1ミリシーベルト(mSv)」と決めている。東京都の… #medical_keyword

NPAGW @NPwrAGW
平時の一般公衆の人工追加放射線被曝量限度について、菊池氏がどう誤解しているかがよく分かる一文。→菊池誠氏(原子力・放射線防護の素人)/@kikumaco 少なくとも日本の法律では、年間追加被曝1ミリシーベルトというのは、一般の人に対する平時の規制値ではない
NPAGW @NPwrAGW
平時における一般公衆の人工追加放射線被曝量限度1mSv/年というのは、ICRP勧告も日本の法令も、公衆「を」守るためのもの。公衆「が」守るのではない。 twitter.com/conAGW_proNuc/…@kazooooya 菊池誠氏(原子力・放射線防護の素人)/@kikumaco
NPAGW @NPwrAGW
公衆「が」ではなく、公衆「を」守るための規定があるのであり、その答弁もそういう趣旨で回答している。→菊池誠氏(原子力・放射線防護の素人)/@kikumaco 公衆被曝限度1ミリシーベルトを定めた法律はないよっていう答弁はどれだったっけ
リンク www.sangiin.go.jp 2 users 4 質問主意書:参議院
NPAGW @NPwrAGW
実に頭が悪い。ことの性質上、一般公衆「に対して」限度を守りなさい、などという規制を設けるわけがない。単なる当たり前。 →菊池誠氏(原子力・放射線防護の素人)/@kikumaco 「一般公衆の被曝限度の規制は設けられていない」 twitter.com/conAGW_proNuc/…
NPAGW @NPwrAGW
「お尋ねの「我が国の一般公衆の平常時における年間の被曝線量限度」の意味するところが必ずしも明らかでないが、」 と断っている。→菊池誠氏(原子力・放射線防護の素人)@kikumaco「一般公衆の被ばく線量限度の規制は設けられていない」 sangiin.go.jp/japanese/joho1…
NPAGW @NPwrAGW
これぞ詭弁。無用の人工追加被曝の場合、線量限度を公衆「が自ら守りなさい」というような規定を、そもそもするわけがない。→菊池誠氏(原子力・放射線防護の素人)/@kikumaco 線量限度が設定されてるのは原子炉施設付近とかに限られてる twitter.com/conAGW_proNuc/…

NPAGW @NPwrAGW
嘘を言っているのは菊池誠氏。人工追加放射線による被曝について一般公衆「が」守る規制など、そもそもない。→@kikumaco「一般公衆の被ばく線量限度の規制は設けられていない。」と政府が国会ではっきり答弁 twitter.com/kikumaco/statu… @kei_shinagawa
NPAGW @NPwrAGW
それこそがまさに、一般公衆「を守る」ための決まり・限度なのである。→@kikumaco 原子炉施設や放射性物質を管理する施設の境界での被曝量のように、管理者がいて、きちんと管理しなくてはならない場所については線量の決まりがある。 twitter.com/kikumaco/statu…
NPAGW @NPwrAGW
もちろん言える。公衆「を」守るための限度は以前から法令で決められているので。→@kikumaco 山本さんももう「一般公衆の被曝限度は法律で1mSvと決められてる」なんてことは言えない twitter.com/kikumaco/statu…
残りを読む(49)

コメント

kikumaco(2/1,3/20ビッグアップル) @kikumaco 2016年11月4日
何度でも繰り返しますが「一般公衆の被ばく線量限度の規制は設けられていない。」というのは、平成25年10月29日の参議院での政府答弁ではっきり述べられているわけですから、それでFA http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/185/touh/t185021.htm
NPAGW @NPwrAGW 2016年11月4日
kikumaco よく読むように。 「国際放射線防護委員会(以下「ICRP」という。)の勧告等を参考に、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(昭和三十二年法律第百六十六号)や、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律(昭和三十二年法律第百六十七号)等において、内部被ばく及び外部被ばくを考慮して、原子炉施設の周辺監視区域外等における線量限度を年間一ミリシーベルトと規定している。」
ゆ〜たん @Iutach 2016年11月4日
言っても無駄だろうけれど、自分こそ己が引用した部分の数行上に書いてあることをよく読めばいいのに。言っても無駄だろうけれど。
kikumaco(2/1,3/20ビッグアップル) @kikumaco 2016年11月4日
政府答弁にある「一般公衆の被ばく線量限度の規制は設けられていない。」でFA。特に解釈の余地はない。被曝量管理が行なわれるのは、原子炉施設境界などの管理者がいて管理できる場所。これは「管理のための決まり」であって、「一般公衆の被曝線量限度」を定めるものではありませんが、言うだけ無駄かな。
NPAGW @NPwrAGW 2016年11月4日
kikumaco Iutach 公衆 「が」 ではなく、公衆 「を」 守るための規定があるのであり、その答弁もそういう趣旨で回答している。 (https://twitter.com/NPwrAGW/status/746635294489743360
Toshikazu Kanke @sevenedges 2016年11月4日
原発は複数あるんだから、仮に一般公衆の被ばく限度が想定されるとしても、それをそのまま一施設に対する規制値として設定していいわけがない。他施設の事故などで何らかの影響があったときにこの規制値を厳格に変動させる規定がないということは、むしろ足し算しても大勢に影響がない数字としてしかこの値は機能しない。
NPAGW @NPwrAGW 2016年11月4日
菊池誠氏 「自然放射線の強度は地域によってずいぶん違う。 日本は低いほうで、外国に行くと1mSv/yくらいは簡単に高くなる。それでも、制限値はそういう自然被曝や医療被曝を  ”除いて”  1mSv/y。 総被曝量は人や地域で全く違うが、制限値は同じ。 これで合理的なのだけど、よく考えないと納得しがたいと思う」 → @mollichane これは酷いまとめ。 1mSVが違法行為なら人類ほぼ全員逮捕なんだが。 頭大丈夫か。
kikumaco(2/1,3/20ビッグアップル) @kikumaco 2016年11月5日
ICRP勧告もちゃんと読み直してみることをお勧めしたいけれども、いずれにしても「一般公衆の被曝限度」を決めたところで実効性がないので、原子力施設など管理できる場所の境界被曝量だけを管理のための基準として定めるのは合理的ですね。「一般公衆の被曝限度」を定める規則も法律もないのは政府答弁通り。ほかに解釈の余地はない。山本太郎議員も学んだと思うよ
NPAGW @NPwrAGW 2016年11月5日
それは一般公衆「が守る」という意味での限度の定めはないということ。まだ理解できない? → kikumaco 「一般公衆の被曝限度」を定める規則も法律もないのは政府答弁通り。
NPAGW @NPwrAGW 2016年11月5日
「周辺監視区域」というものを設定して管理させているのは、誰の何を守るため? → kikumaco 原子力施設など管理できる場所の境界被曝量だけを管理のための基準として定める
山中島の冒険者 @matter_ouo_ 2016年11月5日
嘘をどれだけつこうと、本当にはならないのだが・・・ ↑正にこれ
NPAGW @NPwrAGW 2016年11月11日
嘘をつく者がまた一人。 → @ishida5235 また1ミリシーベルト教がわいてきたのか。管理者の基準値であって公衆の限度ではない。 そろそろ学習してくれまいか。 #シンゴジ実況 (https://twitter.com/ishida5235/status/795151425189724161
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2016年11月21日
で?人の放射線危険領域は? 公衆「を」無用の被曝から守る でも 公衆「が」守るのではないに でも共通する事は?どちらの立場でも 受けちゃいけない限度の放射線量に差があるってことでしょう? で そこまで言うなら、その数値の明記もしてくださいよ。 と言うか、このこだわりは アスペレベルのこだわりでしか無く、どの立場でもこれ以上の数値はダメじゃいかんのかね?
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2016年11月21日
放射線は一定以上うけたらいけない。は間違っていないとして、その受ける線量の危険に対して、認識のズレがあるってことで、 嘘とまで断定出来るレベルのものか?というと、それも疑問。で?小学生でもわかるレベルのわかるレベルの論議をしないと 結局はまた堂々巡りになる。
kikumaco(2/1,3/20ビッグアップル) @kikumaco 2016年11月21日
年間追加被曝1ミリシーベルトは危険と安全の境目ではない。50年住んでも総量が100ミリシーベルトに届かないということだし、また同時に自然被曝の地域差・個人差程度でもある
NPAGW @NPwrAGW 2016年11月21日
自然被曝の地域差は、1ミリシーベルトの範囲には収まらない。 それも知らなかった? → kikumaco 年間追加被曝1ミリシーベルト/自然被曝の地域差・個人差程度
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014 2017年12月7日
「WHOでは成人の1日の塩分摂取量の目標値を5gとしています。そこである定食屋さんは『生活習慣病予防のために』と銘打って『減塩1.5g定食』を売り出しました。さて、WHOによる1日の塩分摂取量の目標値はいくらでしょうか」という問に1.5gと答えちゃうのが、京大高嶌をはじめとする、「線量限度告示に公衆被曝の線量限度が定められている」論者なのよね。
NPAGW @NPwrAGW 2018年2月2日
kikumaco kikumaco kikumaco <#山本太郎 氏の再質問と政府の再答弁> 「原子炉施設から放出される放射性物質については、原子炉施設の周辺監視区域外における一般公衆の被ばく線量が年間一ミリシーベルト以下となるように放射能濃度等の限度を定めている」 (http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/185/meisai/m185079.htm
NPAGW @NPwrAGW 2018年2月2日
kikumaco kikumaco kikumaco 計画被ばく状況では、 公衆被ばく について 追加で年間1ミリシーベルト、・・の 「線量限度」 が適用されます。  ※放射線リスクに関する基礎的情報/復興庁 (http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat14/index.html
NPAGW @NPwrAGW 2018年2月2日
kikumaco kikumaco kikumaco 公衆被ばくの線量限度(実効線量)である追加の年間1ミリシーベルト/我が国の法令においても、例えば、原子力発電所のような放射線を使用する施設では、当該施設の外側で公衆が被ばくする実効線量について年間1ミリシーベルトを超えないよう管理することを放射線を使用する事業者に求めている。 ※放射線リスクに関する基礎的情報/復興庁
NPAGW @NPwrAGW 2018年2月25日
まとめを更新しました。 @kikumaco/#菊池誠
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする