Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2016年11月4日

BELKIT『フォード エスコート RS1600 Mk1』の製作記録

着手 2016年09月22日 完成 2016年11月04日
2
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。新着手はコレ。ベルギーのベルキットというメーカーの最新キット。 先日の関西AMM4で素敵なこれの完成品をみせてもらい「ワシもっ!」てね。 最新キットといえど慣れないカーモデルで海外メーカー。どうなるとこやら… pic.twitter.com/timTu5NPae

2016-09-22 23:12:21
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。お手本はこれなー。余計なことはせず小綺麗に作りたいぞ。 twitter.com/hamachamps/sta…

2016-09-22 23:13:48
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。気持ちを高めるために動画鑑賞。これも重要な工程。かっちょいい。関連動画がザクザク出てきて終わらない… youtu.be/uwKTdT5RI5w

2016-09-22 23:18:52
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。カーモデルで一番苦手な工程はボディ被せ。本キットでもパツパツでボディをメリっと横に広げないと入らない。こんな作業を塗装を終えた部品ではやりたくないのでシャシーの前後タイヤハウスを切除してスッとボディが被せられるように加工したい。 pic.twitter.com/5eqwtWV0T0

2016-09-24 21:48:05
拡大
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。前後タイヤハウスを切除してボディが被せやすくなった様子。できた隙間は合体後に適当にプラ板で塞げば良いね。面倒だったら放置。とにかくボディを被せる時のリスクを無くしたかった。 pic.twitter.com/BGhBosFpBk

2016-09-24 21:52:50
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。先にシャシーをボディの前に引っ掛けて、後ろ側でパチンとやるオーソドックスな構造。その後ろ側。そのままではシャシー側が無駄に厚い。強度的に影響がない程度に削りこんでボディに軽く潜り込ませるようにした。 pic.twitter.com/tCjhylkLuR

2016-09-24 21:56:47
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。時間はあるのにやる気が出ず全く手付かずの日が続く。ただ「小綺麗に仕上がればいい」っていうのは作り始める動機としては弱すぎたか。 雨じゃなくて「やる気」が降ってこないかなぁ。 pic.twitter.com/zhHp6rdDk6

2016-10-03 21:22:43
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。下回り構成パーツはほとんどが半ツヤ黒指定なので塗装前にモリモリ一体化。台座固定用に6.5ミリのネオジム磁石も埋めた。 ホイルも仮付けて4点接地を確認。ホイルと車軸の嵌合がダルダルだったので3.5ミリ径のプラパイプを足して無接着でもキッチリ嵌め込めるようにした。 pic.twitter.com/7Pa3SZOenA

2016-10-11 21:37:28
拡大
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。ボディの下ごしらえが終わって1500サフ地。平らな所はしっかり面出しして、筋彫りはボンネット・ドア・トランクの境界は旧車だから太め0.5mmとしたけど太すぎか。相変わらず筋彫るの下手だねぇ。 pic.twitter.com/sKVLf5yTOU

2016-10-15 20:20:09
拡大
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。窓のクリアパーツの処理。両サイドにゴム色に塗る縁ゴムやボディカラーに塗る三角窓枠も彫刻されていて四方つながった箱型のままだとマスキング等が面倒なので分割。 pic.twitter.com/FH51U3hsSi

2016-10-15 20:24:30
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。ボディの塗装に入る。青白ツートンでキットには白ベタ部分のデカールが入っており塗装は青だけでいいが、膨らんだフェンダー部に白ベタデカールを綺麗に貼る自信もなく青白は塗装する。 まず白部は69番グランプリホワイト。白く残る箇所のみしっかり重ねて発色させる。 pic.twitter.com/zOenKDmCv8

2016-10-15 20:30:21
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。ボディの青はZERO PAINT(海外ブランド)のオリンピックブルーというのがジャストらしいが、そんなもんは手に入らないのでキットをお店で買う時にデカールを見ながら勘で選んだMrカラー74番をベースに色の源や白を混ぜて調色。 まぁズバリではないけどこれくらいで。 pic.twitter.com/Gdbe7MAsgN

2016-10-16 20:04:19
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。ブルーを拭くためのマスキング。直線なので特に難しいところはなく、後に貼るデカールの大きさを基準にしながら。 帯の平行・水平を取るためには、作業中の近距離だけでなく1mくらいモデルを離してバランスを見ることが重要かと思ってる。これ真っ直ぐに貼れたかな? pic.twitter.com/NZLGyeGm1M

2016-10-16 20:11:35
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。調色したブルーを吹き終えたとこ。マスキング塗装で気を付けてる点は、マスキングテープにまたがる塗膜は可能な限り薄くする事。マスク境界は塗料を絞って丁寧に吹く。そうするとテープをはがした境界のガタガタは低減される。 うまくいってるかどうか… pic.twitter.com/UZyZKpq1tV

2016-10-16 20:19:11
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。マスキングテープを剥いたとこ。多少ガタつきはあるけど妥協できる仕上がりか。 毎年の事ながらこの時期はほんと塗装がやりやすい。 pic.twitter.com/eP5gDSYoaz

2016-10-16 20:23:38
拡大
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。デカール貼り完了。白帯の幅取りをミスったせいでボンネットのマーキングのバランスが組説とえらい違うけどまいっか。 デカールはカルト製で質的にも扱いやすくグラフィック的にもキレがよく美しい。モノクロのShellマークが渋いね。 pic.twitter.com/z78AVfOkOL

2016-10-19 21:17:46
拡大
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。ボディのクリアコート。いつものGXクリアを、最初は薄め液青2倍をふりかけるようにザラザラに吹く(1枚目)デカールにダメージがないことが確認できたら薄め液黄3倍を濡らすように吹く(2枚目)あとはしっかり乾燥させてから柚肌を均すよう研ぐ。いつも通りの定型作業。 pic.twitter.com/7O7g0YMsUh

2016-10-21 18:53:05
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。ボディのクリアコート乾燥期間を使ってシャシーを仕上げる。 面倒臭いシートベルト。付属エッチング金具に付属リボンを通すがリボンが靴紐みたく太く使えない。代わりにマスキングテープの細切りを使う。格段に扱いやすい。 適当に青く塗ってツヤ消し吹いて完成。 pic.twitter.com/BhyBCHVaov

2016-10-21 19:23:23
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。シャシーの塗装。使った塗料は黒サフとシルバーだけ。手抜きも手抜きで。たまにはこういうのもいいか。 pic.twitter.com/HMkpRUqbYe

2016-10-24 20:40:33
拡大
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。塗装が乾いたらホイホイ組み立てる。あらまシャシーがもう出来上がったわ。ボディを被せてしまうから適当でいいね。 pic.twitter.com/ahb4UCXIha

2016-10-24 20:45:40
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。ボディのクリアコートを研いだ。乾燥期間がいつもより短いが他にやることないので。1枚目の状態から1500番相当でユズ肌を均したのが2枚目。 ここからサラサラのクリアをオーバーコートとして吹くけど全光沢にするか私の最近のバイクみたいに半光沢にするか迷い中。 pic.twitter.com/d2FbPuyA9U

2016-10-26 20:44:18
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。ボディのクリアコート・研ぎ出し。最終工程のオーバーコートはGXクリア+なめらかスムースにして半ツヤ仕上げにした。サラサラ肌でゆるくハイライトが入る感じ。全反射を無くしデカールのグラフィックを引き立たせ写真写りをよくするのが意図。 前後窓の黒枠はゴムっぽく塗装。 pic.twitter.com/IMwoHtKvJn

2016-10-30 22:15:17
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。事前に前後左右4分割した窓の嵌め込み。前後はデカールがあるのでクリアコートして研ぎ出してる。ここはコンパウンドで磨いて全光沢。ボディの半光沢とのコントラストが良。 サイドがボディ無塗装でも嵌め込みがタイトでボディの塗膜を削ってなんとか嵌めた。境界が汚いのが残念。 pic.twitter.com/S459Q2vtch

2016-11-01 20:48:55
拡大
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。フロントマスクの小物組み入れ。付属エッチングは最小限ながら効果的。ライト前のカバーみたいなのはもっと奥に入れるべきだが今更遅い。 まだボディ各所にいっぱい小物がつく。クルマプラモはこれがメンドい。でも手を抜くとめっちゃ目立つ。コツコツいくしか。 pic.twitter.com/i0PXaNea2i

2016-11-01 20:55:08
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

エスコートmk1。引き続きボディ前周りへ小物組み込み。補助灯やバンパー、マッドガードが付きラリーカー度が上がる。今作ではメッキパーツはそのまま生かした。ゲートやP線も隠れる位置にあったので助かる。マッドガードは軟質素材。エッチングといいこのキットは異素材入れるセンスがいい。 pic.twitter.com/l17NEVrHrq

2016-11-03 20:42:43
拡大
残りを読む(12)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?