Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

安全安心と聞くけど、豊洲市場土壌汚染や原子力発電などのリスクに、一般の人はどう反応するのだろう

有害物質や原子力発電など、自分で安全を判断できないリスクに対し、一般の人はどのように考え行動するのか、社会心理学研究の中谷内さん著書を中心にまとめました。
2
よしおか @ene_gomi3R

豊洲市場や原子力発電など、ゼロリスクを求めるという話が聞こえてきますが、だまされたと思って、この本読んでみてください。それほど高価な本ではありません。 安全。でも、安心できない…―信頼をめぐる心理学 中谷内 一也 amazon.co.jp/dp/4480064494/…

2016-11-18 21:58:21
よしおか @ene_gomi3R

「安全・安心」と言われるけど、安全と安心は違い、切り分けて考えるそうです。社会心理学では、「安心=信頼」だそうです。いくら安全と言われても、信頼できない相手からでは、安全を受け入れる事ができませんね。リスクコミュニケーションで信頼を失ったらアウトです。

2016-11-18 21:59:45
よしおか @ene_gomi3R

信頼を失った場合、どうしたらいいのか。この本を読んでみてください。 信頼学の教室 (講談社現代新書) 中谷内 一也 amazon.co.jp/dp/4062883473/…

2016-11-18 22:00:29
よしおか @ene_gomi3R

さらに詳しく知りたいなと思ったら、この本を読んでみてください。社会心理学の研究者達が、各章を分担して執筆してます。全体のまとめは、中谷内さん。 リスクの社会心理学 --人間の理解と信頼の構築に向けて 中谷内 一也 amazon.co.jp/dp/4641173877/…

2016-11-18 22:00:49
よしおか @ene_gomi3R

この本で興味深かったのは、第6章と第11章。第6章「一般人と専門家の溝」執筆者は電力中央研究所の小杉素子さん。一般人と、遺伝子組み換えの専門家、原子力の専門家のリスク認知の比較。他の著者は一般の人と書いてるのに、この人は一般人と呼びます。

2016-11-18 22:02:02
よしおか @ene_gomi3R

第11章「リスクに社会はどう相対すべきか」執筆者は藤井聡さん。他の執筆者は統計データを元に話を進めているのに、この人の章は哲学みたいでした。

2016-11-18 22:02:57
よしおか @ene_gomi3R

本の内容とは違いますが、藤井聡さんはネットで記事を書いてます。 例えば、ゼロリスクという愚。豊洲水銀騒動に見る危機管理の心理学=内閣官房参与 藤井聡 mag2.com/p/money/24681 私は、藤井聡さんのやり方では、一般の人の信頼を得られないように思います。

2016-11-18 22:04:03

コメント

八代泰太 @3914kcorkcolc 2016年11月19日
それこそニセ科学だろうが高価な壺だろうが、なんの効果も実証されないそれを信じ込んで安心する人はいる。逆に、幾ら科学的事実や数値を出されても信じずに有りもしない危険性を喧伝する輩もいる。 結局、受け手の科学的知識やリテラシーの問題だから、データ出す側に信頼させてもらおうって横着な人は霊感商法のカモじゃないかな?
9
荒木 九郎 @stein00000 2016年11月19日
豊洲市場移転推進派は、「築地の地下には原爆マグロが埋まっている」と喧伝すれば勝ち目出てくるのでは。褒められたやり方では当然ない。
1
小川靖浩 @olfey0506 2016年11月19日
というか、築地って「大雨降ってきた際に下水が逆流して排水溝から吹き上がる」写真を見て以降一切信用する気がなくなったなぁ…。あの環境で生鮮卸を続けるとか何のジョークだよ…
6
SAKURA87@多摩丁督 @Sakura87_net 2016年11月19日
安心要素も不安といってしまうマスコミの報道姿勢を見てると「安心かどうか」ではなく「その企業や政策をつぶしたいかどうか」だからなぁ。わかる人はわかってるんだけどな。
2