10周年のSPコンテンツ!

蔵臼 金助選 #1日1本オススメ映画 1501~1550

『この世界の片隅に』の感動も、『ローグ・ワン』の興奮も既に遠い記憶の彼方…。『デビルジャンク』の結末どうだったけな?と、しみじみ思い返す2016年の大晦日。
映画 蔵臼金助
1
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『デビルジャンク』 どうです? この二人。どっちが悪い奴か判りますか? 殺人鬼が捕まって電気椅子で処刑されますが、怨念が蘇り、刑事の周囲の人たちを次々に惨殺していきます。先入観から、映画を観る前の私はブライオン・ジェームズが刑事だとばかり思い込んでました。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/wN7Xb6EEb9
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『もう一度殺して』 ジョアンヌ・ウォーリー=キルマーが大変な悪女で、仲間裏切るわマフィア平気で殺すわ主人公利用するわ。それで「被害者友の会」が結成され、皆でウォーリーを探せ状態になります。机に手錠で繋がれたマイケル・マドセンが机引きずりつつ迫る姿にビビる。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/1X1FlaGPIG
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』、非情な映画でした。
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 しかし時代が幾ら変わろうとも戦争は戦争。場所が何処であれ兵士達は極度の緊張を強いられ、神経をすり減らし、究極の決断を下すことを迫られる。攻撃する西側の人物達が皆、人間味溢れる倫理観を持つのが少々気に入らない。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/dKl8DL9m1N
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 題名からP.K.ディックを連想したがあながち間違ってはいなく、蟲ドローン、蜂鳥ドローン、高高度からヘルファイアを撃ち込む無人機“リーパー”等のディックの小説に出て来そうなガジェットも登場。時代が追いついたのだ。 #1日1本オススメ映画 https://t.co/deYuYILDiw
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『100万ドルの血斗』 内容はいつものジョン・ウエインおらおら西部劇だが、自動拳銃やスコープ付ライフル、ポンチョ羽織った敵役などにマカロニウエスタンの影響が見られます。マカロニと違い演出がしっかりして普通に見られる分、仲間のメキシコ人や犬の扱いとかが酷いw #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/MoAcGEXcXI
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『トレマーズ』 古い私は『ウルトラゾーン/火星!その恐るべき敵』を思い出してしまいましたが、こんなアプローチの怪獣映画は観たことがなかったのでやんやの大喝采ですよ。登場人物のキャラがいちいちユニークで面白く、すぐ感情移入しちゃうもんだからスリルも満点。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/ihWH4IKLj0
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『赤い肉の鑞人形』とか『赤い蝋燭と人形』って覚えると、イラン映画みたいになるね。 セルジオ・スティヴァレッティとは10年前にダリオ・アルジェントの工房でお会いしました。 togetter.com/li/296291 pic.twitter.com/vOHeFmWOjZ
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『肉の鑞人形』 原作を読んだ限りでは、本作の整理整頓されてない極彩色の世界観の方がガストン・ルルーは喜んだのではないか。鼠の國の映画会社によって彼の作品は美化され過ぎ。昔セルジオ・スティヴァレッティに本作の特撮用セットを見せて貰いました(驚くほど小さい)。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/7hl5WUZAaI
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
ピエール・バルー、Addio。 なだぎ武がTVに出始めてからと言うもの、一時期(今でもそうだが)ジョニー・アリディがなだぎに視えて仕方がない弊害がw 最後の一枚は、フランソワーズ・アルディとシルビー・バルタン、両手に花のジョニー。 pic.twitter.com/9ZrcJJxmMF
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『ジョニーはどこに』 アイドル映画なのでクオリティは置いといて、ジョニー・アリディは『スペシャリスト』以前から西部劇好きだったと思わせる1本。ピエール・バルーは“ジャンゴ”と言う役名の男を演じてるが、1963年作なのでマカロニウエスタンとは無関係。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/lqTQXytyVd
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『イグジステンズ』 DVDが出始めた頃、ベータはもう古いからディスクお腹に入れるですね…なんて言ってたら、あっという間に時代は加速。いきなり通信ゲームで背中から始まり、脳でイっちゃってますよ。“骨GUN”始め禍々しいガジェットとセンス良い配役は相変わらず。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/PG182omzdR
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『オデッサ・ファイル』 1974年当時米ソは冷戦だったし、ナチスの残党から成る秘密組織“オデッサ”と言っても今より信憑性があった気がしたが、どうなんでしょう。フレデリック・フォーサイス原作なのでサスペンスフルにどんどん観客を引っ張り、最後は唖然とする真相。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/HJBWuxkGly
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『ボーン・コレクター』 デンゼル・ワシントンは「平成のシドニー・ポワチエ」じゃないかと思ってたんですが、なかなかどうして。全身麻痺の捜査官が格闘戦まで行ないます。アイアンサイド真っ青です。相棒がアンジェリーナ・ジョリーですから向かう所敵なし(それもない)。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/EqNh4AfnmK
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『ブルース・ブラザース』 キャリー・フィッシャー、ADDIO。 “非スター・ウォーズ映画”で彼女の出演作では、一番好き。彼女の登場場面と“必殺サングラス外し”“ローハイド”のシーンは、何度観ても笑う。たまにこういう破天荒で、しかも滑らない映画を観たいです。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/CdpfLiJKIU
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『Jの悲劇』 イアン・マキューアン『愛の続き』の映画化。原作冒頭にある熱気球事故の場面がかなり忠実に描かれ、「これは?!」と思わされたが、後はストーリーをなぞるだけで終わってしまい、マキューアンの小説は筋立てだけだと“火サス”と変わらないんだ感強しです。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/paPWLRfuKL
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『1900年』 ベルトリッチが背伸びをして、ヴィスコンティを意識しながらも荷が重いのでレオーネを目指してみました…かの様な大作。ヴィスコンティよりは泥臭く、レオーネほど斬新なタッチではない。モリコーネの音楽が隙あらば感動させようとするので満足感はあります。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/etddCAvZqe
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『夢』 他人から夢の話を聞かされるほど退屈なことは無いと言われるが、語り手によるのだ。フェリーニとはまた異なる和な幻想譚。やや教条主義的な黒澤特有の鼻につくところも無いではないが、贅沢なファンタジーです。ただ、監督が黒澤じゃなかったら評価はフルボッコかも。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/J8ACQir702
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』 異形に対する偏愛は元来誰もが持っていて、子供にとっては普遍的なこと。成長するに従い、教育などで「健全な精神」に矯正されると薄れちゃうんだよ。ティム・バートンの作品はそれを思い出させてくれすます。 #クリスマス映画 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/kUkNRcy2qT
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
悪役の若い連続殺人鬼が使うのは、スイス製ストレート・プル・ボルトアクション・ライフル シュミット-ルビンM1889スポーター。 ボルトハンドルが象牙製のカスタムです。 pic.twitter.com/heJovB5Sh8
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『荒野の追跡者・ラレード通り』 『ロンサム・ダブ』シリーズの原作者ラリー・マクマートリーが製作総指揮を務め、『ロンサム・ダブ』でトミー・リー・ジョーンズが演じた元テキサス・レンジャーのウッドロー・コールを主人公にしたスピン・オフTVシリーズ。世界観は同じ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/kGt8spSonl
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
『カサブランカ』 パロディやオマージュを先に観過ぎてしまい、とりわけ『ボギー!俺も男だ』を先に観てしまったのは、私の戦略ミスw 昼行燈の様にふだん動かず、いざとなるとあっさり揉め事を片づける主人公。態度だけ観ると悪女なのに自覚の無いいい女が魅力です。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/YELqiAkmC4
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske
そして大学生の時に初めて煙草を吸ってみたのだが、もちろん動機としては、この人の真似をしてみたかっただけなのである(習慣としては根付かなかった)。 pic.twitter.com/HYD8gvGOdn
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(98)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする