10周年のSPコンテンツ!
1
#1
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
「Even a chance acquaintance is decreed by destiny」
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
――――あれから、何年経ったのだろうか? 1
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
冷たい山風を浴び、オレはふとそんな感慨に襲われた。 憧れの英雄と共に災害の化身たる古龍を討ち倒したあの輝ける思い出が脳裏に過る。 懐かしい。何年経とうとも、あの日こそが人生最良の日であると胸を張って言えるだろう。2
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
そう…憧れの英雄は、ずっとオレの側に… 「ガリウス!避けろ!」 ――――おっと。 3
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
「よっと!」 思い出から現実に帰還し、オレはまず迫る火球を潜るように躱した。 背後で火球が着弾し、高熱が冷たい空気をチリチリと焼いた。 4
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
「GRRRR…」 正面、緑色の飛竜が喉を鳴らして俺達に威嚇する。 ここは或る山の頂上近く。眼前には雌火竜リオレイア。今日のオレ達のターゲット。 既にその全身に傷のない所は無い。オレ達がそうしたのだ。 5
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
「珍しくぼぅッとしていたね!」 軽量なスキュラ装備に身を包んだロビンがフルーミィシリンジに弾を装填しながら叫ぶ。 「ここは狩場ぞ!」 ダレン・モーランの素材をふんだんに使用した残陽装備を纏ったカトーが誇りたるラスティクレイモアを納刀。懐からアイテムを取り出して叱責する。 6
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
「ゴメン!ちょっと懐かしくってさ!」 有り難い激励を受け、オレは叛牙アルフォルドに減気の刃薬を塗りたくった。 刃薬が空気に反応し、青い炎が刀身を包む。 軽量化を施し、ハードポイントにグラビモス亜種の甲殻を埋め込んだナルガ装備に身を包んだ体が、武者震いに震える。 7
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
「頼む!」 「アイツはもう弱ってる!一気に畳み掛けるよ!」 「よし、任せろ!」 オレは真っ直ぐとリオレイア目掛けて駆ける。既に戦略プランは決まっている。ならあとは実行あるのみ! 8
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
「GAARRRRR!」 リオレイアは愚直に迫る俺を見て僅かに後退して身を屈める。 ヤツの必殺のサマーソルトの予備動作だ。 ――――もう、飽きるほど見た動きだ! 「目を閉じよ!」 カトーが声を上げる。 声に釣られ、リオレイアが視線だけカトーに向けた。 9
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
「ふんぬッ!」 手にした掌大のアイテムが投擲される。ロビンとオレは予定通りそれから目を逸らした。1秒後、拳大の球体が閃光と共に爆ぜ、周囲が白く染まる! 「AGRRRRR!?」 直視していたリオレイアが悲鳴を上げる! 閃光をまともに目に浴びて無事なはずが無い! 10
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
リオレイアの足が縺れる。あれではサマーソルトは不可能だ。 ――――まずは最初のプラン成立…次はオレだ! 「いくぞ!」 オレは体内の気を爆発させ、苦悶で頭を振るうリオレイアに刀身を遮二無二に叩き付ける! これが狩技・ブレイドダンス! 11
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
減気の刃薬が染み付いた刀身が打撃武器を思わせる鈍い音を立ててリオレイアの頭を殴る!殴る!殴る! 「AGRRRRR!?」 リオレイアは涎を撒き散らして悲鳴を上げる!オレはサクッと軽い音を立ててリオレイアの左頭部に刺さる弾を見た。 オレは溜め斬りの予備動作として飛び離れた。 12
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
目が見えないなりに、リオレイアは目の前にいるはずのオレに噛み付こうとした。 ――――もうそこにオレは居ないよ… リオレイアの口が空を切ったと同時に、ロビンの徹甲榴弾が爆ぜた。 「AGRRRRR!?」 13
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
リオレイアは左側からの突然の痛みに身悶える! オレは容赦無く、渾身の溜め斬りを脳天に叩き込んだ! 「おらぁ!」 「GRAAAA!?」 十分に脳を揺さぶられたリオレイアはもんどり打って倒れた。気絶状態だ! ――――第二プラン成立! 「カトー!」 「任された!」 14
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
カトーは走ってリオレイアの尻尾に回り込んだ。 オレは引き続き頭部に攻撃を集中。 ロビンは弾を変え、麻痺弾を打ち込み始めた。 「ハァー…!」 カトーは息を吐き、ラスティクレイモアを抜き放った。刀身に練気が赤く満ちた。 ――――出るぞ、カトーの狩技が! 「桜花…気刃斬!」15
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
ズバッズバッ! 体を捻った二連続回転斬りがリオレイアの尻尾を切り裂く。 そして僅かに間を置いて、傷口に注ぎ込まれた練気が肉を引き裂いて爆ぜる! ズバッズバッズバッズバッ! 「GRRRRRR!?」 堪らず尻尾が引き千切れ、リオレイアはその場から逃げる様に跳躍! 16
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
オレは迫り来るリオレイアの体をハードポイントに埋め込んだグラビモス亜種の甲殻で受け流す。 黒い甲殻と緑色の甲殻が火花を散らし、冷えた山の空気を焼いた。 気絶から復帰したリオレイアは、地面から起き上がり、怒りに身を任せて咆哮しようとした。 17
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
――――ここまでの全プラン完了…最後は任せたぜ、ロビン! 「残念でしたねぇ」 ロビンは最後の麻痺弾を撃ち込んだ。麻痺毒が全身に回り、リオレイアの体が硬直。「AGRRRRR!?」と情けない悲鳴を上げた。 18
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
「ナイスだロビン!」 「さあ突貫しましょう!あとは宜しく!」 電撃弾を装填し、ロビンは俺達に突撃を命じる。オレとカトーは走り出した。 「ガリウス殿!この一撃で決めますぞ!」 「応よ!」 18
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
オレは身を沈めてリオレイアの顎下に潜り込む。そして全身のバネを解き放ち、アッパーの要領でアルフォルドの盾を叩き付けた! 「昇!竜!撃!」 「もう!いっぱぁつ!」 オレが重力に従い、盾を脳天に叩き付けるのと、カトーが首筋を切り裂くのはほぼ同時だった。 「GA…RRR…」19
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
リオレイアは遂に全身の力を失い、地に倒れ伏した。 ――――最終プラン、達成。 「よっしゃ!」 「やりましたな!」 オレとカトーはハイタッチを交わし、ロビンはフルーミィシリンジを背負い、辺りを見渡した。 「うーん、周辺にリオレウスの気配なし…狩猟完了だぁーね」20
Ricardo Berenguer @entry_yahhoo
ロビンの言葉聞き、オレとカトーは肩から力を抜く。 「よぉし、クエスト終了だな」 「ですな」 ロビンは開いてるかどうかわからない糸目を気持ち細めて、空に発煙筒を打ち上げた。 上空で爆ぜた煙の色は赤。 クエスト達成を古龍観測所の気球に告げる証だ。 21
残りを読む(295)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする