東京Vvs浦安 TM現地雑感&343でのボール前進と崩しの解説

前半がTM現地雑感、後半が343の解説。「ロティーナ監督はこういう理詰めで崩すサッカーをやりたいんだよ」という理解の助けになればと思います
GP_02A 14006view 0コメント
16
ログインして広告を非表示にする
  • 鍵鎮右京 @Ukyou_for_verde 2017-01-27 19:30:55
    @GP_02A なんとなくずーっとWMの形がみえてて、なんか最近WM復活したって記事見たなと思ったので、我が意を得たりぃ。暇なときにちょいちょいコンテさん勉強しますわ
  • @GP_02A 2017-01-27 19:32:21
    @Ukyou_for_verde 長らくやってた3142コンテ式とは違うけど、「442を破壊するために343のポジション優位で殴るよ!」は共通項。見ておくべきべき
  • @GP_02A 2017-01-27 14:06:37
    ただ、今のところ541人海戦術でサイドに蓋をする事は考えてないようなので、523の構造的弱点とどう付き合うか。サイド抉られてマイナスに折り返されるとバイタルに人が居ない。サイドから横横と動かされるとやはりバイタルに人が居ない。でも541で引くとカウンターに行けなくて点が取れない
  • @GP_02A 2017-01-27 14:09:05
    湘南も幾ら切り替えの質を高めたといっても、J1で541で引いてばかりじゃカウンター(カウンターの局面は最大の得点機会)に行けないから点が取れない。だから我慢して523使ってたんだけど、構造的弱点は隠しきれなかったし。東京Vもしばらくは我慢が必要になる
  • MSF-M.Montpetit 00 @masisky 2017-01-27 14:19:37
    ロングカウンターって、少なくとも運べる強い個が2枚はいないと無理。今はカウンターに対するDFも大分整備されているし、数的不利でもある意味DFはオーガナイズされてるから。
  • すなが 🍉ϵ( 'Θ' )϶ @sunaga_322 2017-01-27 14:10:08
    @GP_02A ファン・ハールアヤックス時代みたいに、343から右MFのセードルフがSBになって4DFにスライドすか、、?
  • @GP_02A 2017-01-27 14:12:09
    @sunaga_322 343の両WBそのまま下げて523すね。サイドに出されたらWB当たりに出て残り4枚はスライド。WGのプレスバックとDHの3枚で囲んで奪う
  • すなが 🍉ϵ( 'Θ' )϶ @sunaga_322 2017-01-27 14:15:48
    @GP_02A 523のメリットがあんまよくわかんないんすよねぇ、、
  • @GP_02A 2017-01-27 14:18:47
    @sunaga_322 後ろ5バックで蓋しつつ541よりはカウンターに人数割く事ができるよ点が取れるよ!なおプレス強度欠くと死ぬ模様(ぶっちゃけ俺も好きじゃないです←
  • @GP_02A 2017-01-28 00:11:51
    ぼちぼち343の解説をば
  • @GP_02A 2017-01-28 00:12:28
    ロティーナ監督の343はとてもオーソドックス。「守備のセオリーを逆手に取って選手をポジショニングさせているから、正しいポジショニングさえできれば相手の骨格を殴れる」というもの。特に442に対してポジショニングで優位に立っている。以下、図解でボール前進のメカニズムをざっくり説明
  • @GP_02A 2017-01-28 00:12:51
    442に対して、343でボールを前進させる際の基本的なポジショニング。CFが深さを作り、WGが相手DFラインと中盤の間(ライン間)。WBが横幅を取る。左右のCBは横に広がるが、WB程開きすぎてもいけない(ロティーナ監督はPA幅と指示。後述) pic.twitter.com/ZV19ktdpes
     拡大
  • @GP_02A 2017-01-28 00:13:11
    ボールを前進させる役割は主に左右のCBが担う。相手2トップに対して3バックと数的優位となっているので、フリーの選手を作れる。中央のCBが左右に散らし、442の急所である2トップ脇のスペースにドリブルで持ち上がる pic.twitter.com/xUHnEzxDfF
     拡大
  • @GP_02A 2017-01-28 00:13:31
    前を向いてフリーになっているCBを放置すると裏のスペースに蹴られて即ピンチなので、相手はプレスに来ざるを得ない。また、ゴールのある中央を守るのがセオリーなので、基本的にDHではなくSHがプレスに来る pic.twitter.com/2LZSYfwLkk
     拡大
  • @GP_02A 2017-01-28 00:13:52
    この時の左サイドのポジショニングを見てみよう。CB、DH、WB、WGの4人で菱形を形成している。パスを回す際のポジショニングとしてよくトライアングルと言われるが、実際は三角形を2つ繋げた菱形を形成するのが肝要 pic.twitter.com/G6nokVAbn0
     拡大
  • @GP_02A 2017-01-28 00:14:31
    何故菱形かというと、三角形には無い“対角線”の概念が産まれるから。菱形に選手をポジショニングさせた場合、対角線上に居る選手が絶対に「相手ゴールに近い」事になる。だから攻撃側は対角線を通したい。守備側は通させないようにコースを切りながらプレスに来る
  • @GP_02A 2017-01-28 00:15:04
    図の場合、相手SHがWGへのパスコースを切りながらCBにプレスに来る。相手DHは連動してスライドし、内側のコースを消す。そうなるとWBへのコースが空く。このように、「相手に対角線を意識させて斜めにボールを動かして相手ゴールに迫る」のがボール前進のセオリー pic.twitter.com/23G2hH6zFr
     拡大
  • @GP_02A 2017-01-28 00:15:32
    この時、相手SBは2つの選択を迫られる。「目の前のWGのマークに留まる」「マークを捨ててWBにプレスに行く」。留まればWBはフリーで前を向くことができるし、プレスに来たら今度はWGがフリー。裏に走るかサイドに流れる事でフリーで受けられる pic.twitter.com/nUEyHFXf89
     拡大
  • @GP_02A 2017-01-28 00:18:12
    サイドに流れたWGに対して、相手CBがスライドして付いてきたらどうか。今度はPA内が2対2になり、WGがクロスを上げれば決定機。また、WBからCFへのパスコースが開け、バイタルに斜めにパスを打ち込む事もできるようになる
  • @GP_02A 2017-01-28 00:18:23
    よって、相手SBがWBに寄せる際に、「外側のパスコースを消す」「内側のパスコースを消す」の2択を迫る事ができる。WBからWGへのパスコースを消せばCFへのパスコースが空き、CFへのパスコースを消せばWGへのパスコースが空く
  • @GP_02A 2017-01-28 00:18:34
    こうして、442に対して343で正しいポジショニングを取る事で、相手に避けられない2択を何度も迫り、理詰めで相手ゴール前まで迫る事ができる
  • @GP_02A 2017-01-28 00:19:05
    もう1つ、ロティーナ監督が仕込んでいたのは、WBにボールが入った時にWGが落ちる動き。WGが落ちる動きに対して相手SBは付いて行かざるを得ない。その際にWBがWGに当て、フリックでワンツーを返す事で、相手SBの居なくなったサイド奥のスペースを使える pic.twitter.com/EzXlaQgmjr
     拡大
  • @GP_02A 2017-01-28 00:19:24
    この際も相手CBはWBに対してアプローチに行かざるを得ないが、やはりPA内は2対2に。ロティーナ監督はこのようにしてサイドから崩す意図を持っているので、ボールを前進させる際に、CB、WBの出来が非常に重要になってくる pic.twitter.com/pvkFkI2yW6
     拡大
  • @GP_02A 2017-01-28 00:19:47
    前述の「CBがWB程開きすぎてもいけない」理由。ピッチを縦に5分割した際に、大外のレーン、1つ内側のレーン(ハーフスペースとかトレーラーゾーンとか呼び名色々)、中央のレーンに分かれる。その「縦のレーンが重ならないようにするため」 pic.twitter.com/TC8qGf496d
     拡大
  • @GP_02A 2017-01-28 00:19:58
    「菱形さえ作ればいいんだったら、別にCBとWBが同じレーンに居ても大丈夫じゃない?」と思うかもしれないが、もし両者が大外のレーンに居た場合、今度は「パスに角度が無くなり、CBからのパスをWBが半身で受けるのが難しくなる」
  • @GP_02A 2017-01-28 00:20:24
    この状況だと、CBからのパスをWBは相手にほぼ背中を向けて受ける事になる。守備側は自分に背中を向けている選手は怖くない(前を向かれる危険性が小さい)ので、思い切りプレスに行ける。当然ここでボールが詰まってしまう。相手に奪われる危険性が増す pic.twitter.com/s2Oz9xkMWz
     拡大
  • @GP_02A 2017-01-28 00:20:32
    だからロティーナ監督は「CBはPAの幅に開け」と指示した。ここまでで解る通り、343のボール前進はCBが肝。上記の事をやりつつ、相手守備がスライドして空いた逆サイドのWBへ対角線サイドチェンジを蹴れるようにも用意しなければならない。守備もやりつつ、攻撃にも質が求められるポジション
  • @GP_02A 2017-01-28 00:20:42
    なお、逆サイドにサイドチェンジをスムーズに蹴るために、左サイドには左利き、右サイドには右利きのCBを配置する必要がある。右利きを左CBに配置してしまうと、サイドチェンジを蹴る際に右側に体を開いて蹴らなければならず、開いた時点で相手に読まれ、スライドされてしまう
  • @GP_02A 2017-01-28 00:20:52
    左利きを左CBに配置すると、左足でボールを持つ事で、相手にWGへのパスコースを意識させつつWBに斜めに出したり(無論WGへの縦パスも狙う)、体を開かずに右サイドのWBへサイドチェンジをスムーズに蹴る事もできる。相手にスライドの時間を与えない、これが肝要。だから林や平が使われている
  • @GP_02A 2017-01-28 00:21:02
    ひとまず長いのでこの辺りで。他にも説明しだすとキリが無い。ロティーナ監督の志向するサッカーを東京Vの選手達が体現できれば、シーズンの終わりには面白い光景が見られるようになっているのでは、と思います
  • @GP_02A 2017-01-28 00:21:17
    DHが攻撃に絡まないというか、そもそもDHが前を追い越すような形で最終局面に絡むのはロティーナ監督が禁止してる。「ポジション優位で殴るよ!」という内容なので、そのポジションに居なくなったら困るのだ…当然攻→守の切り替えにも問題が出る twitter.com/kamiyoshi082/s…
  • @GP_02A 2017-01-28 00:21:26
    恐らく、シーズン中も「DHもっと攻撃に絡めよ!」みたいな声挙がると思う。でもそれが約束事なので…。ロティーナ体制下の東京VのDHには「ビルドアップを円滑にするために常に顔出して受けられる」「半身で受けて素早くターンできる」が最大限要求される。前と後ろを繋ぐリンクマン役
  • @GP_02A 2017-01-28 00:22:40
    @qwertyuiiopasd ロティーナ監督の志向するのはホントそんな感じで。ポジショニング優位で殴るよ!的な。平本なんかは「あ、これやってれば自然とパス回るじゃん切り替え早くすればすぐ奪い返せるじゃん」と気付いたみたいですね
  • らいかーると @qwertyuiiopasd 2017-01-28 00:36:27
    この局面でDHがプレッシングに行くのが、スタンダードになりつつあると感じております。なぜかって、サイドから崩されるから。 twitter.com/GP_02A/status/…
  • らいかーると @qwertyuiiopasd 2017-01-28 00:40:29
    DHが前にでたら、中央空くやんけ! CBの5番を前に出すか、6.10を中央にスライドで逆サイドを捨てたほうがいいやんけ!みたいな。 近くのサイドよりも遠くのサイドを捨てよう、みたいな。
  • @GP_02A 2017-01-28 00:43:29
    そしてCBから逆サイドへのサイドチェンジ、という流れが出て来るのであった。今日の東京VもCBが逆サイドのWB目掛けてサイドチェンジ狙うケースが散見された。精度こそ欠いたものの、右CBで起用された内田はよくチャレンジしていて評価○
  • らいかーると @qwertyuiiopasd 2017-01-28 00:47:25
    相手がサイドチェンジできるやんけ!となると、セオリー通りにやろうぜになる。 SHの8が相手の4の前にたつことで菱型の対面のパスコースをきる。 2が相手のWB(3)まで根性のスライド。 SHの8が相手のWB(3)のパスコースをきる 2が11を迎撃で潰す。
  • 五百蔵 容 @500zoo 2017-01-28 00:25:53
    500がキモい深淵に降りているうちに、羊さんのロティーナ解説でますますヴェルディ観たくなった。日本でちゃんとしたポジショナルプレーの3バックシステムが観れるかも。図を見てるとオーソドックスな343っぽいけど、古いんじゃなくて古典ですからね。これ。古典は強いよ。読み方間違えなければ
  • 五百蔵 容 @500zoo 2017-01-28 00:30:21
    ポジショナルプレーが全てではないし、ポジショナルプレー派にもいろんなグラデがあるわけだけれども、日本のサッカーってポジション移動とシステムの殴り合いをリンクさせられてないチームがほとんどですからね。代表含めて。トランジションサッカーの流れについていけてないのは論理的な現象なんです
  • 五百蔵 容 @500zoo 2017-01-28 00:32:15
    トランジションをポジション・システム差し合いのリンクの中で組織化できないから、きもちになる。きもちで走ってダァーッと寄せてトランジションの収支をつけにいかねばならなくなる。でも、そこで組織が個を守ってくれるようになってないので、簡単にDFラインで1対1さらされたり。
  • @GP_02A 2017-01-28 00:49:09
    そういえば徳島はどうなってるんだろうね。リカルド・ロドリゲス監督が「ポジションプレーを確立したい」と言ったからには、仮にシステムの違いはあっても、このロティーナ監督のやっている事と似たような事やってるんじゃないかと思うんだけど。ポジショニング優位で殴るサッカー

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「芸能」に関連するカテゴリー