カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

(新連載まとめ9)朝の三分小説〜おかん〜(免許強奪編)

おかん119からおかん142まで。  ドラボーロ一味との戦いは何処へやら。話はいきなり免許取得になってしまいます。  免許取得の行程がハンター試験みたいになってるのですが、試験官の名前の覚えにくいこと。こいつら、絶対今後出てこないであろう予感に満ちてます。  内容自体はおかんが現実的な性格であること以外は比較的少年漫画チックで、割と熱いと思う人も多いのでは。  続きを読む
ログ ネット小説 免許 バトル 朝の三分小説 小説 試験編 おかん 試験
0
カメックスシ @agodenderu
おかん119 美ヶ原自動車学校。 おかんは免許の取得に来ていた。さすがに大型免許も無しでレッカー車になるのはどうかという疑問が突然現れたからだ。 「ねぇおかん、学費はどうしたの」 「エコカー補助金だよ、こう見えてレッカー車形体はエコカーだからね」
カメックスシ @agodenderu
おかん120 受付は女性型のロボットであった。 「いらっしゃいませ、百円を入れてコースを選択してくださいね」 ・和風きのこと普通免許の蒸焼きコース ・四種のチーズと春の大型免許コース ・原付コース 「四種のチーズと春の大型免許コースでおねがいします」 「はい、かしこまりました」
カメックスシ @agodenderu
おかん121 登録を済ませるとおかんは第一講義室につれていかれた。 「ぐっ、なんなのこの重苦しい空気」 「よく来たな新入り、ここは松本市の十倍の重力で交通ルールを学ぶ部屋なのさ」 ここでの教官はダークフロンティア高崎である。 「文句は言わせねぇ、まずはこの安全ビデオを見ろだぜ」
カメックスシ @agodenderu
おかん122 「永禄五年、佐賀藩がチョコレート鉱脈を発見したことで天下の情勢は一変した」 DF高崎(ダークフロンティア高崎)は間違えて「チャーリーとチョコレート工場」のDVDをセットしたまま休憩室に行ってしまった。しかし、それはそれで面白かったのでみんな大人しく見ていた。
カメックスシ @agodenderu
おかん123 みんなが熱中してDVDを見ている穏やかな空気を打ち破ったのは同じクラスの女子であった。 「ちょっと皆、これでいいの?私達勉強しに来たのよ」 するとDVDを見たかったおかんは 「机上の勉強で私達を止める事なんて出来ない。Liveこそが交通よ」 と言って黙らせた。
カメックスシ @agodenderu
おかん総集編二十一 自動車学校の料金って高過ぎじゃないですか。一応免許は欲しいけど車は乗らない事前提コースを格安で作ってくれないですか。AT限定より安い免許取得限定みたいな感じで。
カメックスシ @agodenderu
おかん124 「その通り、俺達は道路交通法なんかじゃ止まらない、俺はそれを伝えたかったのさ。合格だぜ」 と突然戻ってきたDF高崎に告げられた。 「それよりチャーリーは幕府の刺客から逃げ切れたの?」 「それは売店でDVDを勝ってくれ」 おかんはDF高崎を倒して次の教習室に向かった。
カメックスシ @agodenderu
おかん125 第二講義室は二階にあり、車の運転席を模した台座が並んでいる。 「私が教官のヘルファントム前橋です。ここでは実際に運転する前にバーチャル体験をしてもらいます。いいですね」 おかんが百円を入れて台座に座ると拘束されてしまった。 「それでは皆さん潰しあってくださいな」
カメックスシ @agodenderu
おかん126 開始の合図と同時に台座は床を離れ、走り始めた。 「いいですねあなたたち。ゴールは二階空中テラスにあるグリーンみどりゲートですよ」 おかんは台座で屋外の空中テラスに一番乗りしたのだが、案の定後続の台座数人から砲撃を受けて大破、炎上した。
カメックスシ @agodenderu
おかん127 「やったね、それも後ろから」 おかんは背後から撃たれた怒りによって漆黒おかんに変身してさらにレッカー車に変形する事で漆黒レッカー車形体になった。 「これは最終試験までとっておくつもりだったんだけどね」 漆黒レッカー車形体では八発の小型ミサイルを撃てるのだ。 「発射」
カメックスシ @agodenderu
おかん128 おかんの火力に他の受験者は圧倒された。すると同じクラスの女子が 「先生、武器の持ち込みは反則だと思います」 「いいえ、交通ルールに反則なんてありません。公道は勝者こそが道路交通法です、いいですね」 合格印を貰ったおかんはヘルファントム前橋を倒して次の教習へ向かった。
カメックスシ @agodenderu
おかん129 第三教習は屋上で行われた。 「俺は沼田ファルコンだ。これからお前達には殺し合いをしてもらう」 すると同じクラスの女子が 「先生、なんかもうめちゃくちゃだと思います」 「これは俺の趣味だ」 おかんは沼田ファルコンを倒して次の教習へ向かった。
カメックスシ @agodenderu
おかん130 実技講習は併設された専用コースで行われる。 「この講習を務めさせてもらう赤城ナイトメアだ。さあ己のマシンを選ぶがいい」 ここでの自動車の選択がこの講習を左右すると言ってもいい。 「私はこのブラックポスト号を選ぶぜ」 ブラックポスト号は郵便車を紛争地仕様にしたものだ。
カメックスシ @agodenderu
おかん131 「この講習のルールは簡単だ。一番速く山の上のゴールにたどり着いた者にこの仮免許証を渡す。それではスタートしてくれ」 赤城ナイトメアの合図で二十台が一斉にスタートしたが、直後に五台が脱落した。ベテラン受験者の新人狩りが始まったのだ。もちろんおかんもターゲットである。
カメックスシ @agodenderu
おかん132 「お前も死ねだぜぇ」 おかんに襲いかかったのは車と合体出来るタイプの大人であった。だが車に詳しいおかんの敵ではない。側面を叩き停止ボタンを押せば爆発した。 「修行が足りませんな」 呆れて言ったのは傍観していた忍者だ。 「まったくだよ」 「おかんさん、貴女の事ですよ」
カメックスシ @agodenderu
おかん133 忍者は執拗に嫌がらせをしてきた。おかんも応戦したがスピードも性格の悪さもさすがに忍者には敵わない。 しかもここから先は忍者が前日に徹夜して罠を仕掛けたエリアだ。こうなったらもう人間形体で登山歩道をショートカットしながら進むしかない。
カメックスシ @agodenderu
おかん母の日編 おかんは焦っていた。母の日くらいには母親らしい事をすべきだろうかと。 「でも母親らしい事ってなんだろう、アップルパイ焼くとかか。そういえばアップルパイってどうやって焼くんだろう」 おかんはうなぎを焼いた。
カメックスシ @agodenderu
おかん134 「徒歩で忍者に挑むとはおろかなやつめ」 忍者は巨大手裏剣に乗って登山道を登って来た。だが、おかんも負ける気はしなかった。なぜならおかんは交通安全のお守りを持っていたから。 「ちょっと待ちなさい、そっちはコースじゃないのよ」 二人を追って来たのは同じクラスの女子だ。
カメックスシ @agodenderu
おかん135 同じクラスの女子は登山道をかけ上がると忍者に飛び蹴りを食らわせて倒してしまった。 「あなたただ者じゃないな」 「はい、ただ者じゃない私はドラボーロ氏七武衆の一人ターヌキ様直属の三奉行の林備中様直属の林十勇士の一人Maxくらしま様の右腕の雪千代と申します」
カメックスシ @agodenderu
おかん136 忍者を一撃で倒した雪千代は少なくともカバ以上、ゾウ以下の戦闘能力ではないかとおかんは見積もった。ならば戦闘を挑んでも勝てないと考え、ロールケーキで親睦を深める事にした。 「どうぞ、つまらないロールケーキです」 「これはロールケーキ?つまり私に戦いを挑むってことね」
カメックスシ @agodenderu
おかん137 雪千代の地元(岐阜県各務原市)でロールケーキを渡す事は殺意を表明する事と近い意味があった。 「違うの、これはいい意味でロールケーキ。OK?」 「なんだ、いい意味ですか」 なんとかキューバ危機を回避して雪千代がロールケーキに祈りを捧げている間におかんはゴールした。
カメックスシ @agodenderu
おかん138 「おめでとう、この仮免は君の物だ」 おかんは赤城ナイトメアに仮免を渡された。 「もし、君に免許を取得出来るほどの実力があればそのカードが答えてくれるだろう」 おかんが赤城ナイトメアを倒すと山頂に設置された特設ステージへと登った。そこで待ち受けていたのは最期の試練だ。
カメックスシ @agodenderu
おかん総集編二十一 近日ついにおかんとドラボーロ氏が全面戦争に突入する。往年の盟友達やドラボーロ七武衆も入り乱れての大乱戦、松本城を守る事は出来るのか。
カメックスシ @agodenderu
おかん139 最終試験で待ち構えていたのは草津ハルバードであった。 「よく来たな、ここではプロフェッショナルスピードルールで戦って貰う。もちろんその仮免をデッキに入れてな」 「仮免をデッキに!?いいよ、どんなルールでも勝ってみせる」 そして、二人の運命のカードバトルが始まった。
カメックスシ @agodenderu
おかん140 おかんは開始後わずか10サージュの間にリプトを取られ窮地に陥っていた。 「カードと意思を通す事が出来ない。このままじゃ負ける」 次のモルグフェイズにはイズをライズしてターンフロー、なんとか草津ハルバードの猛攻を耐えた。だが次のヤムートで仮免を引かなければ後がない。
残りを読む(2)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする