編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

#ゲノム編集。CRISPR。ゲノム編集研究が日本国際賞受賞

ノーベル賞受賞も予測されるゲノム編集研究が日本国際賞を受賞し(2017/02/03公表),話題になっています。受賞関連ツイートを中心にまとめました。 ◎国際科学技術財団『2017年(第33回)Japan Prize受賞者 「生命科学」分野 CRISPR-Casによるゲノム編集機構の解明』 http://www.japanprize.jp/prize_past_2017_prize02.html → 『使いやすく効率のよいゲノム編集技術を開発』 http://www.japanprize.jp/simplyfied/medicine/2017_charpentier_doudna.html ※本まとめ作成者によるゲノム編集/CRISPR関連情報 〇CRISPR関連生体分子データ ゲノム編集を考える http://www.ecosci.jp/CRISPR/ 続きを読む
ゲノム編集 科学 科学技術 医療 STS 遺伝 医学 生命
1537view 0コメント
1
ログインして広告を非表示にする
Yoshio HONMA (本間善夫) @ecochem
#カガク#生体分子#医#ゲノム編集#STS#ソーシャルメディア。CRISPR。まとめました。サイエンスカフェにいがた情報も掲載。#ゲノム編集。CRISPR。ゲノム編集研究が日本国際賞受賞 - Togetterまとめ bit.ly/2kwVTew pic.twitter.com/mYrO81q43c
 拡大
Yoshio HONMA (本間善夫) @ecochem
#ゲノム編集。CRISPR。ゲノム編集研究が日本国際賞受賞」をトゥギャりました。 togetter.com/li/1078411
Noriko Osumi @sendaitribune
日本国際賞、2017年の生命科学分野受賞者が、ゲノム編集技術の2名に!!! シャルパンティエ博士、ダウドナ博士、おめでとうございます!!! japanprize.jp/#2
ハムスター2号 @hiro2288
■ゲノム編集、想像超す進展 ・使いやすく精度も高い「クリスパー・キャス」という手法が登場 ・遺伝子の狙った場所だけを正確に編集できるようにしなければいけない。この技術を改良しようと世界中で膨大な研究が進むと期待nikkei.com/article/DGKKZO…
そーせいさん @soseisandesu
新技術「ゲノム編集」が爆発的な勢いで広まっている。使いやすく精度も高い「クリスパー・キャス」という手法が登場したからだ。 ゲノム編集、想像超す進展 革新手法開発の2氏に聞く 医療応用へ成果期待 :日本経済新聞 nikkei.com/article/DGKKZO…
のとみい @kozo_kozo
日本、事業化で遅れも:日本経済新聞 小林雅一氏の『ゲノム編集とは何か』読後感 : のとみいの金融日記 blog.livedoor.jp/shinkozo/archi… nikkei.com/article/DGKKZO…
のとみい @kozo_kozo
ゲノム編集、想像超す進展:日本経済新聞 小林雅一氏の『ゲノム編集とは何か』読後感 : のとみいの金融日記 blog.livedoor.jp/shinkozo/archi… nikkei.com/article/DGKKZO…
HONZ @honz_jp
更新しました! 『ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影』イノベーションに突きつけられた、大きな課題 - HONZ honz.jp/articles/-/437…
東川裕 @YuHigashikawa
女性であることをヘッドラインに書く必要あるのかな? #性差別 #日経新聞 ゲノム編集、想像以上の進展 女性研究者2氏に聞く:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXLZO…
こっしー @koshinori
日本国際賞の受賞決定でインタビューか。>ゲノム編集、想像以上の進展 女性研究者2氏に聞く  :日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXLZO…
そう @sou3425
ゲノム編集技術(クリスパーキャスナイン等)が確立されると、新人類が現人類が淘汰する可能性大だよなぁ。 遺伝子の突然変異によって、ネアンデルタール人と知能で差異が生まれた現人類がネアンデルタール人を淘汰していったようになぁ。
王道楽奴 @ohdourakudo
『いま世界の哲学者が考えていること』って本を読んでるけどゲノム編集とかAIの話が出てきていい意味で期待を裏切られた。もうマジで文系理系とか関係ないな。できる限りいろんなこと勉強していきたいわ
児玉聡 @s_kodama
土記:ゲノム編集の2人組=青野由利 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20170…
趣味ニュース @twinews5
【科】 ゲノム新技術「受精卵応用は高リスク」…開発者 (読売新聞): 狙った遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」の新技術について、開発した米仏の研究者2人が3日、東京都内で読売新聞のインタビューに応じた。… dlvr.it/NHZKG7 pic.twitter.com/QgVM9KhfuW
 拡大
片瀬久美子🍀 @kumikokatase
ダウドナ博士: 特に女の子達には、恐れずに自分の情熱の赴く方向へと進んで頂きたいと願いますし、学生たちにもいつも自分の情熱が結びつく方向に活動を続けなさいと言っています。 ※ダウドナ博士はシャルパンティエ博士と共に画期的なゲノム編集技術の開発者として最有力ノーベル賞候補者の1人
片瀬久美子🍀 @kumikokatase
【ブログ更新】 2017年の日本国際賞 受賞者発表会 - warbler’s diary warbler.hatenablog.com/entry/2017/02/… 生命科学分野で受賞者に選ばれた、画期的なゲノム編集技術を開発したジェニファー・ダウドナ博士に、女性研究者の先輩としてのメッセージを頂きました。
時埜端片 @tokino_kakera
うらおもてをよーく知り尽くしているヒトビトならではのウンチク… ダウドナ教授「ゲノム編集は未解明な部分が多く、現時点では受精卵への応用はリスクが高すぎる。臨床に向けた研究が加速する中、倫理面も含めて議論を急ぐべきだ」 bit.ly/2kzJGsj
雨宮文治 @amemiyakamakura
ダウドナさんの言葉を借りれば「進化の過程を変えられる技術を手にした」。植物、動物、人間まで変えられるとすれば、開発者自ら倫理の議論を主導しないわけにはいかない、とは日本国際賞の2人 ⇒土記:ゲノム編集の2人組=青野由利 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20170…
平田幸治Koji HIRATA @ExcomAdvisor
@tbs_houtoku @tbs_pr これを特集してほしいのですが・・。 日本国際賞:独のゲノム編集研究者らに - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20170…
株式会社バイオインパクト @bio_impact
【Bioimpact Blog】 日本国際賞に「ゲノム編集」開発に貢献の米研究者ら: 科学技術の分野で国際的に優れた業績を挙げた研究者に贈られる「日本国際賞」の受賞者が発表され、生命… goo.gl/fb/OkUvU1
ayu @ayukomasa
命をもてあそぶような技術をつくってはいけない。恐ろしい。 ゲノム編集に日本国際賞 暗号技術も、海外の3氏 | 2017/2/2 - 共同通信 47NEWS this.kiji.is/19974016108555…
部品(最上もが) @tjmlab
「日本国際賞」に3氏選出  asahi.com/articles/ASK21… 「遺伝子を狙い通りに改変するゲノム編集の新技術「CRISPR/Cas」を発見したフランス人で独マックス・プランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ所長(48)」 若いJ('ー`)し
小川一 @pinpinkiri
今をときめく女性科学者2人組の物語です。エマニュエル・シャルパンティエ博士、ジェニファー・ダウドナ博士。生物の遺伝子を自在に書き換えられるゲノム編集技術「クリスパー・キャス」の開発は、こんなにすごいのです。mainichi.jp/articles/20170…
ぼり @bori_so1
2017年日本国際賞に暗号技術やゲノム編集技術を開発した3氏に | マイナビニュース news.mynavi.jp/news/2017/02/0… #マイナビニュース RSA暗号のSの人か
科学系記事まとめbot @sciencenewsbot
日本国際賞に「ゲノム編集」開発に貢献の米研究者ら | NHKニュース ift.tt/2k1ycN2
残りを読む(53)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする