亀岡新スタジアムのアユモドキ問題12+4項目

淡水魚類学者のKatsutoshi Watanabe @watanak_tweet さんが、京都・亀岡の新サッカースタジアム建設におけるアユモドキ保全問題について12+4項目にまとめてくださいました。
3
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

主に淡水魚の生態・進化・保全に関する研究.京大院理・動物生態.A biologist working at Kyoto University: Freshwater fish ecology/evolution/conservation. いいねとリツイートは必ずしも賛同の意味とは限りません.

sites.google.com/site/fwfwatana…

Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

一見対立したように見えるが、そうではなく、府もさすがに「アユモドキへの影響軽微」と結論するほど非論理的ではない。ただ性急にそう表現したい理由があるため、そう提示したようだ。>京都府「地下水への影響軽微」、アユモドキ専門家会議は異議 kyoto-np.co.jp/top/article/20…

2017-01-26 09:37:47
WWFジャパン @WWFJapan

【スタッフブログ更新】スタジアム建設を強行!?危ぶまれるアユモドキの未来: 日本の京都府と岡山の一部にしか生息していない淡水魚アユモドキ。世界的にも絶滅寸前の危機にある野生動物です。しかし、その京都府亀岡市の貴重な生息地では… goo.gl/AtxchN pic.twitter.com/i16BCWXnXf

2017-02-02 11:53:06
拡大
リンク WWFジャパン スタジアム建設を強行!?危ぶまれるアユモドキの未来|スタッフブログ 草刈です。 日本の京都府と岡山の一部にしか生息していない淡水魚アユモドキ。 世界的にも絶滅寸前の危機にある野生動物です。 しかし、その京都府亀岡市の貴重な生息地では、京都スタジアム(仮称)の建設が計 843
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

日本魚類学会も緊急意見書に参加しています。 twitter.com/ayumo_Doki/sta…

2017-02-02 12:44:46
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

最も予期されたとおりの結果だけれど、言いようもない敗北感。少なくとも保全科学的ではない、、、。それ以外に本来何か必要とされたのだったか。亀岡・京都スタジアム、緊急環境保全専門家会議。

2017-02-02 23:33:37
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

調査継続条件に京都府の結論了承 球技場巡りアユモドキ会議kyoto-np.co.jp/environment/ar… twitter.com/watanak_tweet/…

2017-02-03 09:34:20
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

今現在開かれている、京都府公共事業第三者委員会に関するパブリックコメント >日本魚類学会:「平成28年度 公共事業評価調書 京都スタジアム(仮称)整備事業」への意見 fish-isj.jp/iin/nature/tei…

2017-02-03 14:40:16
リンク www.fish-isj.jp 日本魚類学会 16
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

空手形で事業のみが進むことのないよう、現実を見据え、専門家にあるまじき楽観視に陥らないよう注視・活動していく必要がある。アユモドキ保全が建設地変更で解決したというのは単なるガセネタ。>亀スタ 第三者委条件付き了承-NHK京都府 www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20…

2017-02-03 18:43:32
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

再度の紹介。雑誌サイトでフリーにDLできるようになりました。渡辺勝敏(2016)近畿地方最後のアユモドキの危機と保全ー予防原則と開発圧のはざまで.日本生態学会誌66(3): 683-693. jstage.jst.go.jp/article/seitai…

2017-02-03 18:45:57
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

亀スタ 第三者委条件付き了承 - NHK京都府のニュース www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20…

2017-02-03 20:00:27
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

残念ながら、空手形でゴリ押しされただけで、きわめて不安要素が大きい状況と認識されています。wwf.or.jp/staffblog/2017…fish-isj.jp/iin/nature/tei… twitter.com/a_iijimaa1/sta…

2017-02-06 20:55:55
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

亀岡スタジアム、建設に動く 第三者委が了承、府予算計上へ kyoto-np.co.jp/top/article/20…

2017-02-06 20:57:33
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

関係者から転送されてきた京都新聞の記事。京都スタジアムの専門家会議と公共事業第三者委委員会を傍聴した記者による記事。現場の雰囲気をよく捉えている。 pic.twitter.com/i8noJXHLw4

2017-02-06 21:00:39
拡大
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

亀岡・スタジアムのアユモドキ問題、ややこしいように見えているが、実は単純な話。以下、早わかりのための12項目。連投ご容赦...(1)アユモドキは現在きわめて絶滅の危機にあリ、法律、法令で何重にも守ることが義務付けられている種だ。

2017-02-07 01:05:57
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

(2)一時水域を含む変動の大きい環境にすむアユモドキの生活史はわかりにくく、予測が困難で、したがって保全策も難しい。唯一、あるタイプの水田農業と共生することはわかっている。

2017-02-07 01:07:27
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

(3)日本を含む国際的な合意事項として、「予防原則」つまり影響が懸念される場合は開発行為などを「回避」すべきとされている。 (4)しかし亀岡市と京都府は、何ら専門的な検討をすることなく、生息地で開発を行うことを決め、生息と両立させるとした(2012年12月〜)。

2017-02-07 01:07:39
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

(5)国内外の学会や自然保護団体等が、保全の保証のない開発は無謀で避けるべきだと、繰り返し計画再考を求めてきた。

2017-02-07 01:07:55
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

(6)府・市は環境保全専門家会議を設置し、基礎調査から開始したが、当初の完成予定(今年3月)の数ヶ月前になって、現実的な時間内に保全対応は無理として、結局、当初の計画を撤回(昨年8月)。

2017-02-07 01:08:03
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

(7)時間を無駄にしただけでなく、もとの生息地は都市公園としてすでに市に買い上げられ、営農がほぼストップ状態かその予定。

2017-02-07 01:08:17
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

(8)近隣の新しい計画地を更に買い上げ(←まだ)、建設予定。 (9)ところがそこは、アユモドキの存続の死活問題となる越冬等生息地への地下水の流路の上。スタジアムだけではなく、一帯の開発による影響を懸念される。

2017-02-07 01:08:28
Katsutoshi Watanabe @watanak_tweet

(10)しかし広域的な地下水水位に対する影響が軽微という根拠で、府は建設計画を実質開始へ。しかしアユモドキへの影響は調査方法さえ検討されていない。にもかかわらず、場所変更後の環境影響の検討を、1月下旬以降わずか9日間で専門家会議と府公共事業第三者委員会に求め、認めさせた。<今ここ

2017-02-07 01:10:25
残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?