10周年のSPコンテンツ!
4
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
地熱発電 90年代から建設停滞  :日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXLZO… "日本の地熱資源は世界3位の2300万キロワットに上るといい、再生可能エネルギーとして普及が期待されている。"←一見、多そうに見えるが、非常にちっこい数字。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@BB45_Colorado 地熱は、資源枯渇を避ける為に、1/3程度のローテーションが必須で、この23GWeはそれだけで8GWe程度になる。 更に、環境保護、国立公園、温泉との干渉を避けると、更に1/3程度になる。 結果、精々3GWe程度、大型原子炉3基分。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
H20.12.1 地熱発電に関する研究会 (独)産業技術総合研究所 地圏資源環境研究部門 矢野雄策 meti.go.jp/committee/mate…
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
この日経の記事は、古い錯誤記事。意図的なものだろう。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
地熱発電は、既に国立公園や環境保護、温泉との干渉を避けると開発飽和に近く、FITで水膨れさせても開発は停滞するだろう。 メガソーラ−と同じくFIT水膨れで環境破壊産業にするだけだ。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
地熱を現在の二倍程度の規模に増やす事は可能と思うし、そうすべきだが、FIT40円など、不良品の金融資産化させるだけで、エネルギー政策としては意味がない。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
賦存量だけで評価すれば、風力は1.3TWeもある。 社会的制約でポテンシャル(可採埋蔵量に相当)は、280GWe程度だが、まさにケタ違いといえる。 このうち1/3の90GWe程度を利用するだけで、原発の二倍となる。変動補償を要するので、送電技術の革新が必須だが。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
訂正) 賦存量だけで評価すれば、風力は1.3TWeもある。 社会的制約でポテンシャル(可採埋蔵量に相当)は、280GWe程度だが、まさにケタ違いといえる。 このうち1/3の90GWe強を利用するだけで、原発の半分弱となる。変動補償を要するので、送電技術の革新が必須だが。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
風力発電導入ポテンシャルと 中長期導入目標 V4.3 - 日本風力発電協会 jwpa.jp/pdf/2014-06dou… まぁ、これも無茶な事かいてはあるが、再生可能エネルギーの王様が風発である事に変わりはない。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
石炭火力は、つなぎとして極めて有望だが、資本費が原発に次いで大きく、風発が増える事により、20年後にはお荷物になる可能性だって有る。 それほどに風発は有望といえる。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
現在の風発の稼働容量は、3.2GWe程度だが、設備利用率22%として、0.8GWh程度。開発余地は、莫大に存在する。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
日本における風力発電導入量の推移 nedo.go.jp/library/fuuryo… 平均設備利用率は25%程度と見れば良い。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
原発の総容量は45GWeで、設備利用率は現在4%程度。これが廃炉などで現在の設備利用率換算40%になったとして、20GWh程度の能力。故に、これを風発で代替するには、100GWe程度の設備容量となる。これは達成可能。 実際には天然ガス火力との棲み分けがあり、1/3程度だろう。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
だから、当座の間風発に期待されるのは、30GWe程度の設備容量。これは、現状の10倍。 送電網の近代化が急務となる。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
現状の10倍程度なら、陸上風力で余裕。 僕は、洋上風力を全く評価していない。理由は、高コスト。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
日本に於ける再生可能エネルギー開発は、官主導ですっかり駄目になってしまったが、風発を主力に、太陽光と地熱の開発は地道に進めるべきだし、そうしなければいけない。 但し、原発に特化してしまった送電系統の近代化、再開発は必須となる。本来、国費はここに投入されるべきだろう。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
日経って、エネルギー問題でも屑新聞だね。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
太陽光のFITは、毒まんじゅうだったんだよ。 木質バイオマスもこれですっかりがらくた化。 地熱もこれで駄目になるかも知れない。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
木質バイオマス 燃料木の熱量 石炭の1/3 熱効率    石炭の1/2 同一発電量に要する燃料の質量 石炭の6倍

コメント

ToLets @ToLets2004 2017年2月28日
一定量の重量のものがあれば地熱ってとれるんじゃなかったっけ?そこそこの高さの山があればどこででもできるのが地熱の利点で、同じようにどこででも利用している地下水とバッティングするから使えない、利用を促進するためには、なぁなぁになってる地下水利用をきっちり法で定める必要がある。って8年ほど前の知識だけど今どうなんだろう?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする