2017年3月15日

【漫画】どうして1+1=2なのか分からなくて、強迫神経症になった話

186
道雪 葵 @michiyukiaporo

小1の時に1+1がどうして2になるのかわからなくて、強迫神経症になった話の漫画です。ギャグみたいだけど当時はほんっとにつらかった。 この時、私に自信と「忘れてもいい」「間違ってもいい」を教えてくれた先生には今でも助けられてるなあと、ふと思い出して描きました。#漫画 #強迫神経症 pic.twitter.com/kVf67vgpdY

2017-03-15 19:59:19
拡大
拡大
拡大
拡大
道雪 葵 @michiyukiaporo

漫画のオチ的に天才エピソードみたいになったけど、その後、高校の物理で赤点取りまくって退学させられそうになったので、やっぱすげえ馬鹿なんだと思う。

2017-03-15 22:01:37
Cheshire⚡🎩 @lillbadtrip

強迫性神経症にはならんかった(?)けどとあるきっかけで勉強についていけなくなった小学校時代からずっとこんな感じだった(1&2枚目)

2017-03-15 22:56:29
のり @amezisuto_nori

自分は今でも強迫神経症、強迫性障害なんだよなぁ。 周りの人にこの辛さを伝えようとしても分かってもらえないことが1番つらいんだよなぁ(´;ω;`) twitter.com/michiyukiaporo…

2017-03-15 22:34:51
FAKE @FFFFFop2

数学の証明の時とか英語の授業の時にこうなったな。 強迫神経症だったのかアレは。

2017-03-15 22:33:42
🇨🇭アオイマーマ🍑1y9m子育て中 @aoaoaoi_coffee

強迫神経症のお話。大人になってからもなんだけど、必要以上に人を追い込む話し方っていかんよね。人間、間違うし忘れる生き物なんだから、やらかしたことをこてんぱんに叱るより、なしてそうなったか、どしたら防げるかを一緒に考えてやらなきゃだと思う。今職場で似たような問題起きてるから自分事。

2017-03-15 22:59:58
ウィン @twinkle815199

強迫神経症の人の頭の中はどうなってるのか私にはわからないし多分理解もできないんだけど、私も別のものでそういう漠然とした恐怖があったりするから、やっぱりそういうのは人に理解してもらうものではないんだろうなって思う

2017-03-15 22:48:15
まつ@強迫神経症と共存する @nonbiriiii2

強迫神経症の症状(確認作業など)が出るときはたいてい、 強いストレスを抱えているか 何かものすごい不安を抱えているか 「ちゃんとやらなきゃ」「はやく終わらせなきゃ」などのプレッシャーを感じているか などの心理的負担が影響しています。(経験上)

2017-03-15 13:54:56

コメント

言葉使い @tennteke 2017年3月15日
小学校の最初の算数で、おはじきを使って説明されたのを覚えている。幼稚園で数字を教わっていたかは覚えてないけど、順番に何かをすることはあったから、数の概念を口頭で教わっていたのは確実。イエス様が生まれたときのことを劇でやって、予言者その1だった。
0
言葉使い @tennteke 2017年3月15日
小学生中学年、テストの答案を集めたとき、一人の女の子がほぼ白紙だったんだけど、書かれているところも例えば「あ」と書くべきところを「ら」と書いているのを見て、ショックだった。親から間違った読み書きを教わってるんじゃないかと頭に浮かんで。その子は凄いストレスを受けていただろうけど、中学生になったとき、他の小学校から来た似たような子をいじめる子になってしまった。
0
ねむいひと@FullVaccinated @marumasa58 2017年3月15日
1+1=2なんてね、どこかの偉い人が決めた事なんだ。数学としては実はあまり意味のない話だ。
11
a @a1468 2017年3月15日
実際1+1=2に至る過程はペアノの公理と呼ばれる糞難しい手続きを経由するので、大学クラスでも難しい。
44
みま🐬🦋🧪 @mimarisu 2017年3月15日
知ったふりは大切 世の中の大人も99%は知ったふりで過ごしてる けどなんとかなるんだ
42
まひわり @Mahiwari_jpnn 2017年3月15日
数論はマジで気狂いになりかねない分野だからな……
1
大海笑(鬱展開超苦手) @daikai31 2017年3月15日
『おもひでぽろぽろ』のエピソードを思い出しました。
1
九銀@半bot @kuginnya 2017年3月15日
どうしてわざわざ漫画にしたのかわからない
28
ビッター @domtrop0083 2017年3月15日
「リンゴはいくつあってもリンゴだもん!」 が、まったく理解できない俺は凡人。
48
用水路とゴリラのハーフ @canalollira 2017年3月16日
「実は分かってないけど分かった振りしてるんだよ」これな。簡単な算数だけじゃなくかなり広くいろんなことが実は突き詰めると皆よくわっかんねぇんだけど、まあそれはそれとしてえいやと忘れて生活してて、でも時々その当たり前の「分かってないとこ」に気がついて立ち止まって死ぬほど考える人とかも出てくる。
51
あのにうむ @anonym2525 2017年3月16日
ちょっと分かる気がする。流石に1+1=2ではこうならなかったけど、算数や数学ってたまに「理解は出来るけど納得が出来ない時」があって、それが凄く嫌で自然と数学嫌いになったな。
39
[。╹◡╹。]@シロ組🐬🍼💫🐏 @epuboro 2017年3月16日
ペアノの公理を説明してくれる先生がいない不幸
8
ぱぱん @Cookingfern 2017年3月16日
携帯の作り方は知らなくても携帯の使い方は知っているみたいな感じで世の中渡り歩いてる
28
Do_doits7010 @amato_SoN 2017年3月16日
この人にとって当時必要だったのは「納得」だろうから、最初から1+1=2が成り立つようにガチガチに作られた「ルール」であるところのペアノの公理で解決するかというとむしろ…。
14
Do_doits7010 @amato_SoN 2017年3月16日
あ、でもあたかも足し算に全く関係ないゲームであるかのように話して公理を一つずつ認めさせてそこから魔法のように「1+1=2」が出てきたかのように教えられるなら…そんな最高な先生がいるかい!って話だけど。
4
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2017年3月16日
とりあえずそうなるって事象はそういうものだと割り切るしかないよね。特に小さい頃は理屈を説かれても理解できないので、過程を考えるよりも結果に馴れる行為が大切。
1
tokic @damekusoyarou 2017年3月16日
ただそのまま覚えりゃいいんだけど何故そうなるのかの理由とかを考えてしまうからそこから先に進まないのはあったなぁ
12
MarriageTheorem @MarriageTheorem 2017年3月16日
この手の話になるとペアノの公理系がよく引き合いに出されますが、順序としてはまず「みんなが知ってるあの「数」と「足し算」」が大前提としてあって、ペアノの公理系はその「数」や「足し算」という存在をなるべく少ないルール設定で再現する方法(の一つ)でしかないので、ペアノの公理系を理解しないと「数」や「足し算」を真に理解できない、なんてことはありません。(「…でしかない」と書きましたが、勿論ペアノの公理系は数学的に偉大なものだと思っています。)
37
MarriageTheorem @MarriageTheorem 2017年3月16日
ペアノの公理系でも、「数は物の個数で、足し算は物の集まりたちをガシャっと一纏めにする行為」といった素朴な理解でも、あるいは足し算の筆算の規則(と数の位取り記法)を直接的に公理化した体系でも、最終的に同じ「足し算」が再現できるなら理解の仕方に絶対的な優劣はないと個人的には思います。あとは、時と場合に応じてどの考え方が便利であるかが変わってくるというだけのことです。
18
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2017年3月16日
りんごはいくつあってもりんごだもんって面白いな
5
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2017年3月16日
俺は全く正反対なことに、moneyが不可算名詞とか頭おかしいのか人生で最も数えあげることになるだろうがって思ってたな
18
唯唯@ダイエット挫折した敗北者 @Poco_Yui 2017年3月16日
「1+1は2じゃなくて200。10倍だぞ10倍」と思わず書いてしまう
26
しましまたまご(半熟) @shima_tamago 2017年3月16日
kuginnya 月刊誌に連載を持っていた、単行本も出している漫画家さんが漫画で表現しているだけでそんな過敏に反応しなくても……最近特に小林某で見飽きているのは分かりますが
35
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年3月16日
1個のりんごがふたつあれば2個のりんご。
13
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年3月16日
(親とか先生の教え方がヘタなのでは…)
38
phoque aka猫二姐∃🐾 @phoquesan 2017年3月16日
マンガ読む限りでは、数の概念自体が存在してなかった感じに読めるんだけど、どういうきっかけでWaterしたのかはちょっと興味がある。
42
あおやもり @yamogeckosan 2017年3月16日
小四でこんな感じに躓いてそれっきりさっぱり。繰り上がり暗算が出来ない35歳だが生けてる(笑)
2
あおやもり @yamogeckosan 2017年3月16日
結局「そー言う物」として理解して詳しく理由まで考えないようにしてクリアしてきた。でも中学まで全く出来てなかったなぁ。
1
horizon @over_thehorizon 2017年3月16日
1+1がわからないってことは数が数えられないんじゃないの?
40
もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年3月16日
トーマス・エジソンの幼少期に良く似た逸話があるな。
4
もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年3月16日
「算数の授業中には「1+1=2」と教えられても鵜呑みにすることができず、「1個の粘土と1個の粘土を合わせたら、大きな1個の粘土なのになぜ2個なの?」と質問したり(略)」(トーマス・エジソン Wikipediaより一部引用)
20
mm @mm01491645 2017年3月16日
+1ってのは整数の後続数を表す式だ、っていう説明でとりあえず納得している…けど1ってなんだよ、とか考えだすと止まらないな
2
深井龍一郎 @rfukai 2017年3月16日
あー、こういう奴いたいた。「物事を処理するときに便利なように便宜上決められたルールに過ぎないもので、唯一絶対の真理などではない」ってことが理解もしくは納得できないんだよね。人の世の中なんかほぼ全てがそれで出来上がってるのに。
32
るいせ @ruise2 2017年3月16日
「あ」って、なんで「あ」って読むの。 と、同レベルの質問。成り立ちもなくはないが、この段階では、みんなの決まりごとだからとしか言いようがない。「い」と読まれては困る。
35
いかおとこ @mororeve 2017年3月16日
ここらへんの概念を整理するためにおはじきが必要らしいね。 どの時期に学ぶことでも一緒なんだけど、大人からしたら簡単な概念にしても、その大人も実は小さい頃に覚える時に苦労していている。だけど大きくなってより高次の概念を学ぶ時に昔の苦労を忘れてしまうんだよね。 これで起こるのが、自分の子供に対する何でこんな簡単な事わからないの!って苛立ち。家庭教師なんてこの感情を処理するのがまず最初の仕事だったわ。
6
ヘルヴォルト @hervort 2017年3月16日
ontheroadx それはすでに漫画の中で出て来てるので、一個という概念がまず理解出来なかったんだろう
14
武書道 @bushodo 2017年3月16日
???「1+1は2じゃないぞ。オレたちは1+1で200だ。10倍だぞ10倍」
11
Nob(ワクチン2回接種終了もマスク手洗い三密回避継続デマ厳禁) @xinyan_t_c 2017年3月16日
深く考え始めると、どんな問題にも答えられなくなるし、一歩も前に進めなくなるよね。取っ掛かりをうまくクリアできずに【落ちこぼれ】てしまってる子って結構いるんじゃないかなあ。
3
Nob(ワクチン2回接種終了もマスク手洗い三密回避継続デマ厳禁) @xinyan_t_c 2017年3月16日
こんな風に取っ掛かりをうまくクリアできずに【落ちこぼれ】てる子って結構いるんじゃないかなあ。
6
ST @tkm41714 2017年3月16日
スラダンに触れてることからして同じゆとり世代なんだろうが、数の数え方なんて風呂入ってる最中に親父が教えてくれたもんだけどなぁ。ゲームで読めない漢字を親や婆さんに読んでもらってたりしたし。一体何して過ごしたらここでつまづくんだ?
17
絢瀬swi📿🌔⚖next▶︎12/25太田川 @materialvenus 2017年3月16日
これを読んで改めて1+1はなぜ2なのか考えてみたけど、どうしても最後は「そういう事になってるからそうなんだ」という結論にしか至れなかった
7
絢瀬swi📿🌔⚖next▶︎12/25太田川 @materialvenus 2017年3月16日
数字の定義を決めた古代の人ってすごいよね
16
ふれーりあ @_dmp 2017年3月16日
モノを数として扱うことが上手くいってなかったのかな?でも確かに「1+1=2」ってのは「答え」じゃなくて「これから扱う公理系のルール」でしかないんだよな
4
arm1475@フルチン @arm1475 2017年3月16日
「一人一人では単なる火だが、二人合わされば炎となる」 「先生何言ってるか分かりません」 「炎となったガンバスターは無敵だ!」 「先生」
37
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月16日
materialvenus 料理すると良いかもしれない。「卵1個」「キャベツ1枚」と言われても普遍の「1」があるわけじゃ無いので適当に折り合いつけるしか無くなる。
6
辻マリ@にゃんもっく @tsujiml 2017年3月16日
epuboro そこを説明してしまうと、多分マイナスの計算が入ってきたらそれでつまずく子供と説明できない先生が増えてしまうので、まずは「そういうものだ」と覚えさせていくのが重要なのだと思います
2
将軍 @syougun 2017年3月16日
りんごはりんご、という言葉からも似たような事例報告は幾つかみたことあります。二個のりんごがあるのではなく、りんごが並んでいるだけ、という認識。そこで個数の概念が無い。小学校入る前に駄菓子やとかで自分でもの買ったりすると多少勉強、経験できたとは思うのですが、今子供だけで買い物できる所昔よりは減ってますしね。(ただいきなり買い物行っても1円1枚と100円1枚で混乱したかもしれない)
10
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月16日
でもこれって幼稚園でやる気がするんだけど違ったかな。積み木とか知育玩具とかで。
13
ビッター @domtrop0083 2017年3月16日
「リンゴは1を含むが、1はリンゴを含まない。リンゴを1と認識するには、リンゴをデコードして「1」という概念だけ取り出し、計算した後に単位をつけてリンゴにエンコードしなければならない。それができていない」 という理解でよろし?
23
kn @darks508 2017年3月16日
数字や数学について「なんで」を問うと詰むよね。「なんでは一切考えるな。1の次は2、2の次は3。1と1を足した時は2に変身する。そういうルールなので覚えろ。理由はない。理由なんてない」って丸覚えするのが俺には一番楽だった
5
すいか @pear00234 2017年3月16日
materialvenus ペアノの公理というと難しそうに聞こえるけど、平たく言うと小さい子が指を折って数えるのをおっそろしく厳密に定義してるにすぎません。右手で「1, 2」って立てたのと、左右で1本ずつ立てたのとでは、「立ってる指の本数が同じ」っていうことですね。
6
すいか @pear00234 2017年3月16日
materialvenus ギャグマジックとして、左右の手で指を一本ずつ立てる→手をぶつける→あら不思議、右手が2本になって左手がゼロ本になりました!っていうのを見たことはあるでしょうか?1+1と2は等しいというのはアレと同じです。「1の、一つ次の数は2」とも言い換えられますけれども。
0
大石陽@聖マルク @stmark_309 2017年3月16日
1+1=2というのは「直観的な人間の認識と数学が整合性を取れるように公理を設定しています」というだけだからなあ。
1
逆さまつげ💉💉 @kitayokitakita 2017年3月16日
ワイの親戚の娘が、まさにコレやった。 バリバリの文系やったワイが教えたのは「1+1の1は、全く同じ物の個数」って考え方。ワイもかつてそういう子供やったらしく、親父に パッパ「ほな、この一切れのリンゴとまっサラなリンゴ、同じや思うか?」 ワイ「そんなわけないやろ」 パッパ「せやから、1+1ってのは大きさから何から全く同じリンゴが一個ずつあったら何個や?ってことなんやで」 と教わったらしい。覚えてないけど、これがなかったら分数あたりで躓いてたかもなぁ。
23
Haruka McMahon @regicat 2017年3月16日
domtrop0083 リンゴが1個という具象から1という抽象を切り離せなかったのかなとは思いますが、デコードって考え方は面白いですね。プログラミングで具象クラスからインタフェース切り出すのにも似てるかも。
4
みたらしダンゴムシ @sweetpillbugs 2017年3月16日
これは発達障害で、周囲はそれに気づかなかったって話じゃないの?
38
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2017年3月16日
演算可能な1とは少なくとも完全に同じモノがなければあり得ないわけで、「世の中に完全に同じものなどないから1も無い」。 だけど、それを抽象化して1と考えると便利という話を教えてあげれば良いのだと思う。
5
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2017年3月16日
リンゴが2個とは抽象化で、それぞれ違うリンゴが並んでいるのが現実であり、さらにいえばリンゴはどこまでがリンゴと呼べるかという境界も人間が決めること
6
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月16日
(500gの粘土が)1、(Mの卵が)1、と型指定しないと式にならないけど、とりあえず型のない「1」で計算方法を学ぶって感じなんじゃないか。
0
ちゃんちゃら @TnkUra1 2017年3月16日
なんか上手く言えないけど、何の問題もなく出来てる大多数を見下すっていうか、ほかの人が気づかない(気にしない)ことに気づくあなたは本来一番優れている~みたいなやつ気分悪くない? 大多数とは違う特別な自分みたいなやつ
35
꧁꧂眼鏡オヤジ꧁꧂ @kgbn1112 2017年3月16日
確かにこういう子供には料理やらせてみるといいかもね。料理って要するに化学を経験知で取りまとめた集大成みたいなもんだから、まず料理で理解させて(分量通りに作らないと不味い)やるといいかもしれん。
2
りんご斗米道改二@ショートランド @sansenhk 2017年3月16日
「どうして1+1=2なのか分からなくて、強迫神経症になった」んじゃなくて、「強迫神経症だったからどうして1+1=2なのか分からなかった」んじゃないかな。因果関係が逆
53
七篠⋈那由多 @nanashinonayuta 2017年3月16日
1+1=2だけどa+b=15というのや1+1=10ってのもあるけどこの辺は高校くらいにならないとやらんか。 まぁ、1とはなんぞやとか1と1を足すと2になるってなんでとか周囲が疑問を理解して色々教えてくれてたら学者として大成してたかもしれない感じの疑問の持ち方やね。
0
ToTo@パソコン環境再設定中 @toto_6w 2017年3月16日
自分は英語の過去形でhaveを使うのがどうしても納得出来なくて英語が駄目になった。今考えると語学に理屈は無いって事で納得できるんだけどね(´・ω・`)
8
るいせ @ruise2 2017年3月16日
この段階では、学問そのものじゃなくて学問のためのルールだからな。 ルールに深い意味はないよ。車の右ハンドルと左ハンドルみたいなもんで、論理的にどっちという根拠はない。 ただ、決めたのは従わないと回らない。
4
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月16日
kgbn1112 同じ100でもグラムとccがあって別の概念だったり、水だけはどっちでもよかったり、いろいろと理不尽だしね。
1
arvante @in_Vixen 2017年3月16日
わかる、わかるぞ…どうして1+1=2なのか、いや2だと思っていたのか。そうか、ははは…こんなにも簡単なことだったのか。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年3月16日
hervort 漫画では「りんごが1個」なんだけど、「1個のりんご」で教えないといけないかなって思いました。
7
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年3月16日
(ライダー1号がふたりいたらライダー2号にはならない、みたいな)
7
やし○ @kkr8612 2017年3月16日
人間の脳もAIみたいにフレーム問題起こすんやなって(AIが目指してるとこがの一つそこなんだから当たり前か)
0
ハチマキくろだ@11/28 名古屋コミティア @hatimaki_kuroda 2017年3月16日
「足し算を絶対安心して使えるという保証」なんですよね > Peanoの公理 そこまでやらずとも、序数も基数も同じ扱いできる数なのだ、あたりのゆるい説明ができればかなり違う気がするんですが...
0
木彫りの虎 @m_gmp79 2017年3月16日
1は1として理解出来なかったのにりんごはりんごとして理解出来たの…?
16
ST @tkm41714 2017年3月16日
結局、暴力的にそういった小難しい定理の上で成り立ってる世界に放り込まれれば嫌でも学習するんだよなぁ。+ってコレ何ィ?って思ってもおのずと自分なりに答えだすしかないし。買い物のシミュレーションもできるRPGは有能。はっきりわかんだね
2
ヘルヴォルト @hervort 2017年3月16日
ontheroadx 1って何って書いてあるので、やはり一個という概念が理解出来なかったのでしょう。そしてそれが誰にも理解されなかった。
13
友若@うひょおおおおおお @rtomowaka 2017年3月16日
わからない人間はわかる人間のことがわからないし、わかる人間もわからない人間のことがわからないし、実はわかる人間同士でもわかりあえていないので、わからなくても大丈夫ですよ!
9
arvante @in_Vixen 2017年3月16日
りんごの数が理解できない子供は珍しいかもしれないが、福島に対し「放射能はどんなに弱くても放射能だもん」とか、豊洲市場やオスプレイに対し「危険はどんなに少なくても危険だもん」などと認識している「大人」なら割とよくいる。
35
わたり @watarijp 2017年3月16日
kuginnya 漫画家だからじゃないですか
13
わたり @watarijp 2017年3月16日
over_thehorizon 足し算するのと数を数える事は同じ?
1
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月16日
watarijp 同じじゃないかな。指を一本づつ立てていくとか。
1
frisky @friskymonpetit 2017年3月16日
数学(というより算数かな)は人間の生得的な能力の一つで、だから「1+1=2」は理由がなくとも理解できる。それは言語能力と同様。そこに理由を求めるのは自由だけど、無記答という態度は重要だと思うの。
1
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月16日
ontheroadx この世に2つとして同じりんごは存在しないのだ。
4
ポポイ @popoi 2017年3月16日
「喩え」を理解(想像)不能、てのが大きな要因だった? 「自分の身に成って想像する」が不可能な人は珍しくもない。
3
くろか @kurokaiko 2017年3月16日
りんごというオブジェクトの中には色々なパラメータがあり、それぞれが微妙に違っている。だがそのりんごのパラメータの中には「個数」というパラメータがあり、そのパラメータ同士は足したり引いたり比べたりできる。もしそのりんごの「個数」パラメータが1であり、もう1つのりんごの「個数」パラメータが1なら、まとめた大きなりんごの「個数」パラメータは2と表記される。大多数の人はこのフローを素でやっている。
4
旦01 @ashita_010101 2017年3月16日
そういや算数でつまづいたな。今思うと不思議なとこ。 表面積の計算で、見たまま縦横…ってやったらいいのに、立方体じゃどこも一緒でしょ?とか、縦×横×高さっていっても順番どうでもいいじゃない?みたいになって、最後には縦と高さがどこだかわからなくなって理解不能になった。中学行ったらできたけど。でも馬鹿だけど笑  勉強よりも他に問題あったし、子どもなりに疲れてたんだろうな……
1
節穴 @fsansn 2017年3月16日
まず「0」と「次の数」と「+」を定義しよう。とか、まだそういう話が出てこないのかよこのまとめのコメント欄
3
@gatirogrth 2017年3月16日
りんご一個とみかん一個とお好み焼き一枚と象一頭と太陽一個が足して5になるわけない。(1)も(+)も抽象概念で数学自体が一定法則とルールのある空想の世界だから、現実世界とつながりがあるように説明すると混乱するんだと思う。
9
節穴 @fsansn 2017年3月16日
連続量と離散量を強く区別しない日本語さんサイドにも問題がある
7
ひお! @hio5310 2017年3月16日
1+1がなんで2になるかはゲッターに取り込まれないとわからないから…
3
ヘルヴォルト @hervort 2017年3月16日
apple = 1 apple ++1 appleは2です
1
ハチマキくろだ@11/28 名古屋コミティア @hatimaki_kuroda 2017年3月16日
fsansn えっちょっと待って、出てますよねペアノの公理系。
12
絢瀬swi📿🌔⚖next▶︎12/25太田川 @materialvenus 2017年3月16日
pear00234 ただ、指が二本立ってる状態が何故2なのかというのかというところで詰まってしまいまして…
1
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2017年3月16日
自分もわかってないような気がするけど、何をわかってねーのか何処で詰まってるのかさえわかってない。理系苦手な阿呆は俺のように「何がわからないのかわからん」ものなんだ。「なんで○○が△△になるのかわからん」って言える奴はまだわかってる奴なんだ。
4
野乃卯はたいち @deko8uso800 2017年3月16日
mtoaki それでもダメな場合がありましてね…。計算式の項が大きい桁数の数だったり複雑な式になるにつれて落ちこぼれたクチで、親に珠算教室も行かされたし百ます計算もやったが苦手なままで、結局成人後に学習障害のうちの算数障害だったオチ
1
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月16日
gatirogrth 次の段階として実体ではなく「りんご」「みかん」等と書いた同規格の短冊を用意して見せれば抽象化という概念がわかるようになるかもしれない。それか何かの言語で配列を教えるとか。
0
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2017年3月16日
小学生時代は算数大好きだった同級生が中学に入って数学になったら挫折してた。挫折のきっかけの一つが球の体積と表面積の公式。立方体とか直方体、三角錐まではそれなりにイメージできていたそうだが、球の公式の意味が分かんないと言って泣きながら尋ねられたなぁ。高校に入って積分を学んでようやく(涙目
1
みく @3x9_27 2017年3月16日
『1』や『2』という記号はほぼ全員が見たことがあるだろうけど、『1』や『2』を見たり触ったりした人は誰もいないからね。子供にとっては当然の疑問。
21
深井龍一郎 @rfukai 2017年3月16日
toto_6w 算数に限らず、他の分野ではそれが飲み込めているはずなのに(でなけりゃ言葉なんか扱えないしじゃんけんみたいな単純なゲームもできない)、特定の分野に限って発症するんですよね。だから飲み込めない原因は「ルールである」ということを理解できる能力がないわけじゃなくて別にあるんでしょうね。
3
Tamemaru🔞俺得本舗 @Tamemaru 2017年3月16日
「1+1が2になるのはなぜだろう」と疑問を持った人間が大学生であればその着眼点を評価されるのに、小学生であれば発達障害の疑いをかけられるという理不尽さ
19
低浮上monolith@五類指定とシルバーロックダウン @se_monolith 2017年3月16日
科学って、何かベースとなる基礎的な決まり(決まりなのでただちに証明は不要)を作って、そこから演繹で理論の世界を作っていって、現実とよく合ってれば定説になる、っていうものじゃないの? だから自分は、「1+1=2で世の中驚くほど上手くいく、今の所」って理解だわ
0
まっくろくろすけ @BlackCloudy 2017年3月16日
分からない人は何が分からないのかわかる人には永遠に分からないので分かり合うのは無理そうだなと思いました!(分かるがゲシュタルト崩壊する…)ちなみに、この人の場合、「りんご二個持ってきて」って言われたらどう行動するんだろう…。
6
あおい @aoi_shirasagi 2017年3月16日
こういうつまづきをなくすのが算数のお道具箱の役割だったんだろうか。
3
今年いっぱいライブとかイベントとか行けないゴミ蔵 In The Box(っ’ヮ’c) @9z80_53z0 2017年3月16日
自分もそういうこと気になるタイプだったけど強迫は二次障害で根底に強いこだわりがある、または強迫が理解の妨げになってたのではないかしらと。この例だと、「1とは?」なんて考える必要はなくて、「生活で困らない程度数量が数えられて足し引き損得が見れればいい」わけであって、気になるなら自由研究でトコトンやれば良いんです。要領とか融通を学んでおかないと無駄に苦労するんよね…
5
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月16日
deko8uso800 障害があるとなるとどうやっても無理そうだなぁ。
1
hechikoTKB @hechikoTKB 2017年3月16日
普通に読むと、算数ができない劣った人間であるという不安ストレスが原因となって、強迫性障害の症状である確認行為が出たと読めるかな。1+1=2がわからないというのは原因なので、わからなくても劣った人間ではないと理解させてストレス要因を取り除き、治療に成功したんだね。しかしパニック症状から病名を診断し、原因を突き止めて治療に成功するってやはりプロの仕事だよ。この例だけ見ても精神科にはかかっておくべきだと言っていいと思う。
38
Do_doits7010 @amato_SoN 2017年3月16日
「(目の前にある)りんごを(スーパーに売られているものと同じ)りんごと理解でき」たとしても、「1(という記号)を1(という抽象概念)と理解できない」ことは普通にあり得るので何らおかしくないんだよなあ。
0
mstk @mstk_oekaki 2017年3月16日
大昔のドラマで泥の塊二つをくっつけて「1+1は大きい1だ!」って言ってたのがあったんだけど、それって体積は2倍じゃんって突っ込んでた思い出
9
kumonopanya @kumonopanya 2017年3月16日
そうゆうルールに人間たちが決めたってことで納得するしか無い 例えば1+1=10という世界もあるのだよ
3
いかおとこ @mororeve 2017年3月16日
数学苦手な人って多分どこかで概念が理解出来ないのが出て来て、躓いた結果ってのが多いけど、この人は一番最初でたまたま躓いただけ。 xってなんやねん!なった人いるでしょ?
7
剣岳 @ramdadoraiba 2017年3月16日
俺も1+1が分かっても2+1とか1+2が分からなかった子供で強迫神経症こそ起こさなかったけど発端から解決策までツイ主さんとほとんど同じことやりました… そして今になって思うのはあの「やっててよかった」ってキャッチフレーズは少なくとも自分のような子にとっては誇大広告なんかじゃないってことかなぁ
6
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月16日
kumonopanya あるけどその旨表記(末尾にbをつけるとか頭に&Bを付けるとか)すべきだし、小数点以下の表記が煩雑なのでお奨めしない。
2
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2017年3月16日
数字あるいは数学は「定義」から始まるのであって、「10進数の定義系の中では『1+1=2』であり」、「2進数の定義系の中では『1+1=10』である」多くの場合人の生活は10進数(その方が都合がいいから)を元に成り立っているが、時間(12進数、または60進数)なども存在している。ペアの公理系も根底にはこの考え方がある。
5
ケロちゃん@釜 @xenon122 2017年3月16日
特に物理の世界だと、「なぜそうなるのか分からんけど計算の辻褄が合うからそういう事にしておく」物って沢山あるからなぁ
11
がらがらどん @gara2don 2017年3月16日
何がわからなくてつまづいているのか、てどうやったら見抜いてあげられるんだろう
8
dadame @daeme 2017年3月16日
「大学で習う」のところで、数学よりもカント哲学とかを念頭に置いてそう
0
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月16日
gara2don 出力された物から仮説を立て、入力パラメータを変えて出力の変化を見て絞り込んでいくしかないと思う。デバッグと一緒では。
3
なみへい @namihei_twit 2017年3月16日
「1+1は2です」で、「え?」となる気持ち、すごく分かるんだよな。 『モノを数える時に、頭の中でやっている事、起きている事を、1+1=2みたいに表現するんだよ(しなさいね)』と言って欲しかった私が通りますよ。
8
kumonopanya @kumonopanya 2017年3月16日
りんごに例える時 2個のりんごを指して「りんごりんご」5個のりんごを指して「りんごりんごりんごりんごりんご」10個のりんごを指して「りんごりんごりんごりんごりんごりんごりんごりんごりんごりんご」これは大変だからあたらしい呼び方を教えます って導入してあげればよかった
8
和田名久司 @sysasico1 2017年3月16日
小学生の時、リンゴ等の例えでそれぞれのリンゴの大きさが違うはずなのに同じ1なのか、1+1じゃなく1.001+0.998じゃないのかと、今もモヤモヤし続けているのは、ペアノの公理とかが理解できると解消するのだろうか?
0
蒼眼鏡👓 @yt93c 2017年3月16日
「1+1=2」というのは算数→数学のおける「お約束」なんで、それは現実に納得できるかどうかとは別の問題なんだよね。 たとえばさ、1÷3=0.333333 で、それに3を掛けても0.99999になって、足りない0.00000~1はどこに逝ったーって事になるけど、1÷3の答えに3を掛けると1になるます。というのが「算数のお約束」なわけ。
6
蒼眼鏡👓 @yt93c 2017年3月16日
数学というのは世の中の色んなことを数字・・・主にお金に換算して考える時に、その計算のお約束として数学や算数があるわけ。まあそのおかげで、総理の口利きで土地を9割引で学校法人に融通したりとかが、「それおかしいやないか!」という事がわかるということで。
0
蒼眼鏡👓 @yt93c 2017年3月16日
「りんごが2つで?」が数学 「ペンとパイナップルとりんごとペンは?」が音楽
0
蒼眼鏡👓 @yt93c 2017年3月16日
BlackCloudy でもこれ「りんご」だからまだ判るわけで、米1カップや牛乳がコップに1杯とかになるともうこんがらがるばっかりなんですけどね。
0
꧁꧂眼鏡オヤジ꧁꧂ @kgbn1112 2017年3月16日
「りんごはいくつあってもりんごだもん」←を理解出来ない俺には一生理解出来ないとは判った。りんご2個持ってきてーとか、2人組作ってーとか、そういうのすら理解出来ないって事でしょ… 日常生活に目茶苦茶困りそうな子供
12
本名 @_32123_ 2017年3月16日
証明は無理だから、ものに置き換えて考えたら余裕
0
kartis56 @kartis56 2017年3月16日
りんごはりんご、人は石垣、人は城…
4
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月16日
かもめはかもめ 孔雀や鳩や ましてや女にはなれない
2
ハチマキくろだ@11/28 名古屋コミティア @hatimaki_kuroda 2017年3月16日
i=1; i=i+1: と、 i=1; i++; がどっちも同じ数になるという(わりと真面目にそういう話)
3
トラ猫 @lugduname 2017年3月16日
数字は時と場合によってコロコロと姿が変わるからねえ 1個のりんごと1匹の犬は明らかに違うものだけど、そこに1という共通の概念があることに気付くまでにヒトはどういう発達過程を経てるんだろう
9
aki @Yy7_f 2017年3月16日
数学の理解は高度な抽象化、現実と切り離して考えることが必要なので、それがスッと入ってこないと混乱すると思う。 本来教師が教えるべきなんだけど、当たり前すぎて忘れてしまうんだよね。
5
すいか @pear00234 2017年3月16日
jigen_the3 ペアノ公理の話には、基数の概念は全く関係ないよ。
1
七七四未満六四以上 @zy773 2017年3月16日
まず、道雪先生の親御さんの判断GJ。超GJ! そこで精神科医に頼ろうと判断できるのは相当『人間力』高いっすな。◇(素人判断は良く無いけど)所謂、『発育障害』気味の児童が学校の勉強を理解出来なくて『強迫性神経症』的病状になる事は意外と多いのでしょう。昔は「知恵熱」と揶揄されて済まされてた。医学と幼児教育の進歩によって新たな「病名」とスペクトラムが「生まれて」いる訳ですな。
10
Daregada @daichi14657 2017年3月16日
大学レベルだと、ラプラス変換の表を見ながら「過渡現象の電圧方程式がこんなに簡単に解けるんじゃー」って経験と、「微積分が乗除になるこの変換はどういう原理なの」ってのを並行して学べるんだが、小学校の「1+1=2」だとそれは難しいよな。
2
リョウ @libra1268 2017年3月16日
「なんでそんなことも理解できないの」と教師に責められる。味方のはずの親も教師側。どこにいても責められる。安心できる場所がない。そんな状況では、神経をやられるのも納得です。
19
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2017年3月16日
親も教師も教えられなかったのは「理解できなくてもいいから丸暗記しろ」ということなのでは。複雑な学問でこれは通用しないが、小学校の算数レベルならこれでも十分通用する。九九なんて「なぜ7×8=56なんだろう」などと考えさせる暇も与えず、普通に丸暗記させる。
10
cLaCFF @cLaCFF 2017年3月16日
こんな知的な小学一年生がいるのか…おそろしい
1
雪本俊哉 @YMtoshiya 2017年3月16日
shiwasu_yuri 数え上げてるのはmoneyじゃなく、billかcoin。という説明では駄目でしょうか?
3
GGj8mKf.IE2 @GGj8mKfIE2 2017年3月16日
【実は大事な算数セット】数抽象概念の獲得に必須。名札貼りの努力は無駄ではなかった! https://togetter.com/li/946274 数抽象概念っての?1人と1個と1冊と1匹1頭etc…を全部1と考えることが出来る力 これが育ってないとこっちの1とあっちの1が違う1になっちゃうのかな
4
なみへい @namihei_twit 2017年3月16日
躓いたことの無いヤツに、どうしてそこで立ち止まるのか、なんて分からないのは仕方無いと思うが、なんで転ぶんだ、と責める行為は、ただの逆ギレだし、分からないことに対する癇癪でしかないと思ってる。ソレ、自分は気付かず通り過ぎた石っころを知る貴重な機会、だからな。どこで引っ掛かって進めなくなる場合があるのか、という積み重ねって、教える側の人間は疎かにしちゃイカンのでは?
19
なみへい @namihei_twit 2017年3月16日
なんでも丸のみする鳥頭には、何度も反芻して咀嚼する牛の行動を理解しろといっても多分無理なんだろう。まぁソレは仕方ない。が、そういうヤツもいるんだ、ということはキチンと呑み込んでもらわんと困るし、そういうヤツ相手にはどう伝えるといいのか、ってノウハウも手札を揃えて欲しい。丸のみって、物凄く雑でいい加減なことだから。
3
ネギ@ナイスセーヌ @negi__ 2017年3月16日
ペアノの公理もいいけど二元体(1 + 1 = 0 の世界)のこともたまには思い出してあげてください(そういう話じゃない)
1
増田 @iehatobu 2017年3月16日
tkm41714 いやそういうことじゃないでしょう...。内容をしっかりと咀嚼しましょう。
4
なみへい @namihei_twit 2017年3月16日
責め立てるばかりでどうしてそうなるのか一緒になって考えようとしない思考停止を選び続ける人は、学習も成長もしない。丸のみが過ぎて、「コレは定義です」「コレが用例です」といった『説明まで端折る(説明ができない)』人は、躓いたら(伝わらない相手に出くわしたら)、自分に何が足りていないのかを考えて欲しい。(責めないから
3
ハチマキくろだ@11/28 名古屋コミティア @hatimaki_kuroda 2017年3月17日
「そういうものだと覚えなさい」を突き詰めすぎると掛算順序問題みたいなの出るからなー
6
わんこ @officewanko 2017年3月17日
そろそろ俺の中の数字の概念がゲシュタルト崩壊を起こしそうだ
2
ウィルヘルミナ (Vilhelmine) @HelmiLokadottir 2017年3月17日
toto_6w それは恐らく過去形ではなく完了形ですねー。例えば現在完了の "●● have ××ed □□." という文章は□□の現在の状態によって、経験「●●は□□に××した事がある」・完了「~してしまった(事で現在の状況がある)」・継続「今も~し続けている」等と解釈できますが、いずれも文字通りの文意である「●●は××された□□を持っている」からの派生に過ぎないのです。まぁ理屈はそれなりにあるのですよー。
1
mstk @mstk_oekaki 2017年3月17日
もう一つ思い出した。天才バカボンの原作で「たまごを3つ(数はうろおぼえ)買って来て」とお使いを頼まれた子供がたまごを1個だけ買って帰ってきた。もう一回行ってもまた1個だけ買ってきた。3つ買ってくるなら「たまごたまごたまご買って来て」と言えば通じたのに、と子供が返す話があった。この漫画の人はこれだったら理解できたんだろうか?
3
来瀬 @melancholyAF 2017年3月17日
小学校教諭とか母親は定型発達を基本にみますから…。抽象化は難しいんです…。専門医に出会えてよかったです。 この方はいわゆる空気読めないタイプで、読字には困難ない方ですよね。まんがの描き方が、わかる人を無意識に逆撫でしているので、ふつうの人にはいらっとするのかも。 当時より学んでいるだけで、相変わらず困難な日常かと察します。
14
ウィルヘルミナ (Vilhelmine) @HelmiLokadottir 2017年3月17日
shiwasu_yuri YMtoshiya money は抽象概念としての「金銭」で、例えば日本語にも「地獄の沙汰もカネ次第」で言うような具体的な数量にとらわれないフワッとしたイメージの「カネ」でありまして、それが英語ではより幅広く便利に使われている、ということですー。
1
蒼眼鏡👓 @yt93c 2017年3月17日
「なんで?!りんごは2つでもりんごやんか!!」というのは形而上的な数の概念の獲得に成功した人間からすると「何云うてんねん」なんだよね。
8
ChanceMaker @Singulith 2017年3月17日
1+1=2が「どう」理解できなかったのかがとても興味あるな。それを詳しく描いてほしかった。
10
灰色 @haiiro081 2017年3月17日
1の次は2だよと言われてきたのに小数点の概念が導入されて1の次は1.1なんだぜ、いやいや1,01なんだぜとなった時に似たような思いはした。
2
ちゅんり @cyucyury 2017年3月17日
マンガの流れとしては、周囲から「理解しなくてはいけないこと、理解できて当然のこと」と言われまくった結果、理解=本質から深く考えなくてはいけない、と思い込んでしまった結果の「わからない」のようなので、実際わからない内容としては「大人にも分からない」レベルの話だと思う。まさしくこの医師の言う「なんとなくそう覚えればいい」で救われる話。
9
ST @tkm41714 2017年3月17日
iehatobu なんで?これって単に語彙が足りないとかそういうことでしょ。周りの大人も含めてこのがきんちょは一体なにして過ごしてきたんだとしか思わん。おそらく数字なんてテレビのリモコンについてる変な字や記号くらいにしか思ってなかったんとちゃうの。数字に数字を加えるとか数字から数字を差し引くみたいな文脈が理解できていない。
5
ちゅんり @cyucyury 2017年3月17日
「なんとなくそう思えればいい」で道が開けたことから、語彙が足りないとかそれまでの教育が…とかの話じゃないっしょ。
10
なみへい @namihei_twit 2017年3月17日
「自分の価値観(なんでそんなことが分からないの?/なんでそんなところで悩むの?)に拘りすぎて、この子が何に引っ掛かっているのか探ることや、この子はどう伝えれば納得できるのかを考えることを放棄拒絶した」大人ばかりに囲まれて、逃げる場所の無い(逃げ方を知らない)子供が、パニックに追い込まれた、そういう話ですよね。
7
なみへい @namihei_twit 2017年3月17日
なぜ、深く考えずにソウイウモノダと言い放つ人が定形で、自分なりに納得するまで考えて理解を深めようとする人間が不定形なのか、なぜ、空気を読まない(周りの人が読んであげないといけない)人から、空気読めないヤツとされる人達は、ガイジ扱いされなくてはならないのか。まぁ、ソウイウモンダ、と受け入れちゃあいるが(アイツ等は微塵も疑問を抱かずテコでも動かないからな)、1ミリも納得はしていないぞ。(脱線蛇足陳謝
7
Hirokana @hirokana7 2017年3月17日
目に見える姿形だけで世界を捉えてるんだろうな。りんごという形は複数になってもりんごのままと捉えるんだから、1という形も複数あっても1のままなのだろう。数字だけではなく抽象的な概念全般に弱いのではないだろうか
1
Hirokana @hirokana7 2017年3月17日
1+1=2の前にまず数字という概念を徹底的に覚え込ませるべきだったんだろうな。1個の状態と2個の状態の物を複数種類、目の前に並べて比較させて共通事項でグループ分けをさせるなどで叩き込めばよかったのでは
0
kiki @SEv6f 2017年3月17日
1+1=2 は規則。 理解もクソもない
5
K3@FGO残5 @K3flick 2017年3月17日
りんごは何故りんごなのかから入らないと哲学にはならないなあとオモタヨ
2
るいせ @ruise2 2017年3月17日
定義に突っ込まれてもの。理解セーヨとしか。 時計が12の次は1になり、あるいは60の次は1になるのは理解できたのかね。 この段階には、理屈はない。定義を、覚えるだけの話。
3
深井龍一郎 @rfukai 2017年3月17日
このマンガで示されている情報だけでは、「1個のリンゴ」と「2個のリンゴ」は完全に同一であるって主張にしか聞こえないから、これだけでは「認識力に多大な支障を抱えているので量という概念を認識できない人」にしかならんのよね。そんなんじゃ日常生活もままならないからそんなわけないんだけど。
9
NiKe @fnord_jp 2017年3月17日
医師の誘導が巧みだなあ、こういうケースが他にもあったんだろうなあ、などと思いました。しかし教師の反応を見るに、小学校に上がった時点では数の概念を確立している方が普通ってことなんでしょうね。 いやほんと、お医者さんは上手いことおだてたもんだなあ。
2
NiKe @fnord_jp 2017年3月17日
なお、「数」が分からないのは定義とかルールとかの問題ではない、と思います。
3
花咲正直(鬼退寺桃太郎) @hanasakimasanao 2017年3月17日
自分のうっすらとした記憶では幼稚園児のころ親から定規で計算を教わった記憶がある(´・ω・`)<足すが進むで引くが戻る
1
mikaka @michando1 2017年3月17日
「リンゴはいくつあってもリンゴだもん!」 ←その「いくつあっても」という部分の話をしてるのだ、「いくつあっても」で済ましてしまってはいけないのだ。「いくつあるか」が重要なのだ。
15
horizon @over_thehorizon 2017年3月17日
watarijp 1個のリンゴがあって、そこにもう1個りんごが追加されたとき、今何個のリンゴある?って聞かれたら、当時の彼女はなんと答えたのか、と。小学1年生という微妙に緊張してる時期に、おそらく算数の最初の授業でそこにちょっと躓いたのが心に大きなトラウマの壁を作ってしまったのかな。たぶん、2個のリンゴと答えられたと思う。算数として意識すると途端に「わからなく」なったのでは。
8
horizon @over_thehorizon 2017年3月17日
自分のことを思いだすと、小学1年生の初日の授業とか滅茶苦茶緊張してたような気がするなあ。先生のケアがちょっと足りなかったのかな。
1
ビンヅメ @zousyokuritsu 2017年3月18日
tkm41714 リプを投げられた途端ウッキウキでほほえましい
1
オギシン @shinichi_ogi 2017年3月18日
「脳の右側で描け」で言う所の、右脳と左脳の摩擦による混乱みたいなもんかな。 「リンゴはリンゴだ」という表現に、右脳が強く作用している一端が窺える気がする。
1
ポール・ブリッツ @pblitzfm 2017年3月18日
とりあえず就学前の幼児の教育カリキュラムとしてトランプとスゴロクを法律で必修にしよう。
0
大石陽@聖マルク @stmark_309 2017年3月19日
2個のリンゴだってリンゴであることには変わりないんだから、修飾とか属性の概念が理解できないとか? 馬は馬であるが白は馬ではない、よって白馬は馬ではない、みたいな。
1
深井龍一郎 @rfukai 2017年3月20日
幼児学習のページをいくつか巡ってみたら、「計数はできるが数の大小比較はできない」「自分の指は数えられるが指を外部のものと対応させて数えることはできない」という段階もあると書いてあった。数という抽象概念は割と高度な精神活動の成果なのだと改めて教えられた。
4
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2017年3月20日
自分の場合を振り返ると、算数で1+1を習う前に、数を数えることは教えてもらっていた気がする。 風呂に10数えるまで入っているとか。 もし、数えるということを教えてもらっていないでいきなり算数だったら理解出来なかったかも?
1
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2017年3月23日
「どうして」もなにも、1+1=2 は定義じゃないのか?
0
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2017年3月23日
算数の授業って、最初は「1から10までの数」とかそんなんじゃなかったか?次は「20までの数」とか、足し算までは結構な授業数かけたような記憶があるが。最近は違うのかな?
0
来瀬 @melancholyAF 2017年4月1日
身内に小学校教諭がいますが、一年生の最初の算数で足し算は、まずやらないですね。 とりあえず教材を使って実際の数を数えたり、時計を読んだり、基礎的な十進法というか、数のくくり方を学んだり。 最初の算数でつまづいた、というのは記憶が強烈だから置き換わってしまっているのではないかと思料いたします。
0
冶金 @yakeen4510 2017年4月1日
知り合いが経営している学習塾にたまに教えにいくが、こういう生徒にはあったことがない。ぜひあってみたい。自分なら「じゃリンゴが2個ある絵を書いてみて」というだろうな。
0
いちかわ けんと💉💉 @kentosho 2017年4月12日
1+1=2で立ち止まれるのは誰が何と言おうと才能。数学をちゃんとやってる人に聞けば「分からない」か「そんな決まりはない」だろうな
0
ばんぶー @cyberbamboo 2017年4月16日
近い感じの子に会いました!先生に、1+1はどうして2になるのかわからない、と言ったら、指で、1本と1本で2本という説明をしてくれたけど、「でも、それって、言い換えているだけ。*どうして*1+1=2になるのかがわからなかった。それは説明してくれなかった。」ぞわぞわっとしました。
0
Show @proditio 2017年8月11日
医師が言っていたこと、普通なら言われるまでもなく分かることのような。
0