編集部イチオシ
2017年3月30日

宮沢賢治の方言

「あめゆじゅとてちてけんじゃ」「Ora Orade shitori egumo」に関する考察
53
後藤寿庵 @juangotoh

そういえばNHKの100分de名著で、宮沢賢治の「春と修羅」やったときに、「あめゆじゅとてちてけんじゃ」「Ora Orade shitori egumo」を云々してたけど、あれ岩手弁をひらがなで表記して、それでも伝えきれないから次はアルファベットにしたんだと思う。

2017-03-30 17:14:53
後藤寿庵 @juangotoh

特に「Ora Orade shitori egumo」これをカナにしたら「おら、おらで、しとりえぐも」となるけど、「私は私で、一人逝きます」では違うと思う、「おら、おらで」の「で」は標準語の「で」ではない。「一人」の「shitori」は「シ」と「ス」と「ヒ」のあいだの感覚。

2017-03-30 17:18:51
後藤寿庵 @juangotoh

方言を生で語って生で聞く感覚は、標準語に置き換えられないから、「あめゆじゅとてちてけんじゃ」「Ora Orade shitori egumo」と、ベタかな、音韻アルファベットを並べて、音だけを感じてほしかったんだと思う

2017-03-30 17:22:02
後藤寿庵 @juangotoh

「あめゆじゅとてちてけんじゃ」。「雨雪を取ってきて下さい」と訳されるけど、そんな他人行儀な言葉ではない。「けんじゃ」は「くれないか?」「けねか?」「けねじゃ」「けんじゃ」と変化する。すごく親しくて生々しく、舌足らずなお願いだ。

2017-03-30 17:26:42
後藤寿庵 @juangotoh

ちょっと偉そうに言ったけど、「あめゆじゅとてちてけんじゃ」の正確な意味はおそらくみんなわからない。だから今でも様々な解釈がなされてる。これが、宮沢賢治の妹としの言葉であるのは確実だけど、賢治が方言を日本語のかなで音写した段階で単語の分かちも意味も不明瞭になってるのだ

2017-03-30 18:22:14
後藤寿庵 @juangotoh

「そったらごどいたたては」 「すったらごどいったったっては」 「すっただごどいったったてハ」 この三つは僕が子供の頃の記憶で、「そんな事を言われても」という意味の岩手弁をかなに置き換えたものだ。標準語でない方言の表記はゆらぐし、意味の分解もしにくくなる

2017-03-30 18:25:26
後藤寿庵 @juangotoh

「永訣の朝」の「あめゆじゅとてちてけんじゃ」「Ora Orade shitori egumo」、東北人ならある程度つかめるけど、本当のところはこの表記を選んだ賢治にしかわからない感情が込められていると思う。

2017-03-30 18:28:07
後藤寿庵 @juangotoh

笑い話。母の友達が小学生時代作文で、非常にうるさい妹のことを書こうとして、方言の「しぇずね」(うるさい、やかましい、じゃまである)をどう書こうか悩んだ挙句「せつない妹」と書いたとか。

2017-03-30 18:31:38
後藤寿庵 @juangotoh

まあ、宮沢賢治は、あんな標準語では理解できない言葉を意味不明のまま並べて、それで「あめゆじゅ」のリピートでせつなくさせ、「Ora」で泣かせるんだから、ほんとに天才だったのだろうなあ。

2017-03-30 18:34:14
後藤寿庵 @juangotoh

返す返すも宮沢賢治当人が、斎藤清六似の「田舎のおっさん」な容姿だったのが悔やまれる。中原中也みたいな美少年だったらよかったのに

2017-03-30 18:36:06
男爵空知守/志、清ク @sveakingofstove

@juangotoh 中原中也の写真も焼き増しレタッチの繰り返しだそうですよ

2017-03-30 18:36:59
佐々宝砂 @pakiene

@juangotoh 中也のあの写真は奇跡の一枚を修正したもののようで、おめめにはキラキラが入れてあるといいます。おっさんみたいな中也の写真もあります。賢治にも修正しれてくれる人がたらよかったのに。

2017-03-30 18:37:31
後藤寿庵 @juangotoh

宮沢賢治=斎藤清六 中原中也=木村拓哉 だよねえ、イメージ的に

2017-03-30 18:44:51
Female Trouble@百合の迷宮 @yuri_no_meikyu

@juangotoh どうもです。これは個人の勝手な妄想なのですが、Ora,orade…と始まる冒頭部は、賢治がOracle(神託)の意をとし子さんの言葉に込めたのでは、と考えた事があります。当初この永訣の朝の初稿ではこの部分もひらがなだったと聞きました。

2017-03-30 18:42:43
後藤寿庵 @juangotoh

@yuri_no_meikyu ああ、賢治は妹のトシを、あきらかに兄弟の枠を超えて愛してたフシが有るので、トシの言葉はまさにオラクルだったのかもしれないですねえ。

2017-03-30 18:48:16
Female Trouble@百合の迷宮 @yuri_no_meikyu

@juangotoh わかりやすい異化効果かもしれませんが、あのとし子さんの言葉のアルファベット化は、ラテン語かエスペラントっぽく見える頌歌や祈祷文に見せたかった気がするのでした。その意味でとし子さんは賢治にとって聖女、巫女だったのかなあ、と。石ノ森章太郎先生のお姉様と似た印象。

2017-03-30 18:53:32

コメント

フローライト @FluoRiteTW 2017年4月1日
ほんとにねえ……宮沢賢治がイケメンだったら、もっと脚光の当たり方が違っていたよねえ……
0
nekosencho @Neko_Sencho 2017年4月2日
「あめゆじゅとてちてけんじゃ」って、どう読むんだろうね? おいらたち伊賀者なんで国語の時間は平板な発音で読むしかなかったんだが、たぶん地元じゃなんかこう、抑揚とかあるんだろうなとは思ってたよ。
1
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月2日
Neko_Sencho Youtube に朗読がいくつか上がっているので聞き比べてみたところ、朗読者によって結構違いがありますね。
0
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月2日
私が小学生の頃、家に米倉斉加年による朗読集のレコードがあったので、すっかりそれで刷り込まれてます。
0
唯唯@ダイエット挫折した敗北者 @Poco_Yui 2017年4月3日
宮沢賢治さんも有名なうつむき加減の写真とかカッコいいじゃん……カッコいいじゃん……
2
an_shida @an_shida 2017年4月3日
柳瀬尚紀のユリシーズ翻訳を思い出す。
0
長介 @chousuke 2017年4月3日
「けんじゃ」を、「賢じゃ」、つまり賢治を身内の呼び方で呼んだ言葉とする解釈も読んだことがあるな。
3
agegomoku @leoandboar 2017年4月3日
大岡昇平は中原中也の例の写真を見て開口一番「誰コレ」って言ったそうですけどねw
0
妙琴(みょうきん)@しもつきん15th大阪昼公演 @kapibarap 2017年4月3日
「あめゆじゅとてちてけんじゃ」は鈴木憲夫作曲「永訣の朝」のメロディで脳内再生されるなあ。(合唱人脳)
0
de2007 @de20072 2017年4月3日
FluoRiteTW いやいやいやまとめ主さんともども何をおっしゃるんですか。現代日本において宮沢賢治の知名度・作品内容に触れたことのある人の多さ・他メディア展開やリスペクト作の数などで上回ってる近代作家が一体何人いるというんですかー! えっ 違う世界線に来たわけじゃないですよねまさかね。ひっそりした文学館にうるせぇやまなしぶつけんぞ言われますよ…
0
tokunanozomi @tokunawonozomi- 2017年4月5日
中也のよく出る写真はあれ詐欺レベルだから…
0
Ukat.U @t_UJ 2017年4月7日
中原中也の写真は他にもネクタイで髪の毛横分けにしてる20代半ばの写真も結構使われてるけどそれもイケメン。子供のころの写真も顔立ちは整ってるので、やっぱり顔立ち整ってたんじゃないかな…。なぜか、ネットでは中原中也の帽子かぶった写真は奇跡の一枚っていう説が流れてますけど、少なくとも写りの良い写真は何枚もあります。画像検索してみればいいのに。(検索上位にいるちょっと馬面の坊主頭は中也でなく太宰)
0
猿田 @Ryokansato 2018年1月16日
「おらおらでひとりいぐも」、永訣の朝からだなと思ってググるとグロい方の後藤寿庵先生にぶつかるっていうね
0
kunio hisada @S1751 2018年1月23日
「『けんじゃ」は『くれないか?』『けねか?』『けねじゃ』『けんじゃ』」と変化する」と上にあるが、そんな変化はしな い。「~してよ」の意味なら、南部弁は「~してけろ(してくれ)」だ。強く言うと「けろじゃ(くれよ)」になる。「止めてけろじゃ!」という風に使う。 私見だが「けんじゃ」は、とーちゃん→とっちゃ、ばーちゃん→ばっちゃのような、家族間の呼び名だろう。「けんじ」は、 現地の呼び捨てなら「けんづ」だが、そうではなく、妹は子供の時から兄を「賢じゃ」と呼んでいたのだろう。
0