2017年4月3日

夢で再体験された幼少期のトラウマと虐待もどきについて

記録です。 リプライとかも色々あったのですがそれは省いています。
9
ルーミア厨 @moudameder

、、、ごはん、たべて、くすり、のんで

2017-04-02 22:58:51
ルーミア厨 @moudameder

こころにせいり、つけなきゃ

2017-04-02 22:59:02
ルーミア厨 @moudameder

わたしがゆめをみないのは

2017-04-02 22:59:14
ルーミア厨 @moudameder

ねむっているあいだにゆめじゃないしょりをおこなってしょうきをたもっているからだって

2017-04-02 22:59:43
ルーミア厨 @moudameder

、、、いま、はっきり、わかったわ

2017-04-02 23:00:00
ルーミア厨 @moudameder

夢を見た。それは夢ですらなかった。昔の記憶を見たのは覚えているけど、それはただの感覚の塊、憎悪、悲哀、そのような感情の束であって、視覚的情報は一切存在せず、ただしかし私の最悪の記憶を確かに脳が処理しようとしていることがわかるだけのものだった。

2017-04-02 23:15:19
ルーミア厨 @moudameder

、、、そしてしかも思い出されたのは三つの記憶と、それに付加された二つの感情 脳がどう出来ているのか分からないけどすべてを平行処理しているようだった 起きてはいけなかった それはチェックディスクにコンセントを引き抜くような危険極まりない行為だ だけど胃の弱い私は 腹痛で目覚めて

2017-04-02 23:17:38
ルーミア厨 @moudameder

端的にいって頭が爆発する以外の感覚がなかった 何もかもが同時に流れ込んできてしかもそれぞれが最悪で目を背け続けて忘れてきたもの 私は久しぶりに抑うつを経験した だけど脳は10分足らずで全てのものを意識上から引っ込めて今では何も感じない きっと次の睡眠でまた処理するのだろう

2017-04-02 23:19:48
ルーミア厨 @moudameder

一つ目の記憶はさっきも書いたこと 母との約束を それもあまりにも無茶な 知り合いと遊んではいけないという約束を破ったのがばれて 何ヵ月も前から楽しみにしていたイベントのチケットを目の前で粉々に破かれたこと だけど あの時本当にひどかったのは そんなことじゃなかった

2017-04-02 23:22:03
ルーミア厨 @moudameder

私は母親に謝った ごめんなさいごめんなさいって 今でも覚えている 母親はあの白い蛍光灯が照らすキッチンで まだ身長の遥か低い私の届かない高みから ただひたすら調理をしていた 何を言っても何も反応はなかった 叩いても何も返事がなく振り払われた 私は完全に無視された

2017-04-02 23:23:57
ルーミア厨 @moudameder

何回謝っても無駄だった 頼むから何か一言でも言ってほしかった 謝っても謝っても返事はなかった 無表情な横顔を今でも覚えている だけどそれは無表情という名前の怒りの顔だった 怒っていた 私は何度も謝った 何度も ごめんなさいごめんなさいって でもなんの返事もなくて

2017-04-02 23:25:30
ルーミア厨 @moudameder

足にしがみついた 足を叩いた でも何も動かなかった 邪魔になると振り払われた でもなにかゴミか何かをどかすような動きで私は人間として扱われなかった 何回謝っても 寝る前にも何回謝っても 何も返事は無くて 何も 泣いても 何も

2017-04-02 23:27:00
ルーミア厨 @moudameder

そんな生活が三日くらい続いた どうやって生きていたのかはよく覚えていない

2017-04-02 23:27:48
ルーミア厨 @moudameder

何をいってもずっと無視されて あの冷たい無表情は ああだから見上げた横顔しか覚えていないのか だって顔を正面から見ることは出来なかったから

2017-04-02 23:28:57
ルーミア厨 @moudameder

一つ目の記憶にオチはない。そんなものがあったらよかったかもしれない。 少しずつ口を開いてくれるようになった。 最初は事務的なことだった。「そこ」とか「ご飯」とか。 少しずつ言葉が増えていった。 結局元に戻るまで何週間くらいそんな状態だったのかは覚えていない。

2017-04-02 23:31:08
ルーミア厨 @moudameder

こちらは私が多分小学校に通うより前のものでほとんど覚えていない。 だけどそんな時代の記憶が未だに鮮明に思い出せるのだからきっと相当なことだったのだと思う。 だけど当時は脳が未発達で、それくらい幼くて、何を思ったのかもよくわからない。

2017-04-02 23:33:23
ルーミア厨 @moudameder

私は暗い部屋に閉じ込められていた。 あの部屋は誰も使っていなかった。 たぶん私の部屋にする予定だったのだろうが、私が部屋を求める前に引っ越してしまったので、当時はただの物置だった。 真っ暗だった。 ドアを叩いても叫んでも何の返事もなかった。 ドアノブをいくら回しても開かなかった。

2017-04-02 23:35:21
ルーミア厨 @moudameder

なんで閉じ込められてたのだろう。分からない。それを覚えてないくらい古い記憶で。暗かった。何も見えなかった。とにかく謝りながら叫んでドアを叩き続けた。 なんの返事もなくて。 私は。 目が慣れてきた。 部屋の中が見えるようになって恐怖は安らいだ 私に暗所恐怖症がないのはそのお陰と思う

2017-04-02 23:38:07
ルーミア厨 @moudameder

もう無駄なのが分かった私は酷く冷静だった なんで冷静だったのだろう よくわからない 脳が未発達だったから? でもとにかくうすぐらい部屋でドアが開くのを大人しく待とうと部屋の中にあるもので暇を潰していた とても五歳とかそういう精神状態だったとは思えない 年齢が狂っている

2017-04-02 23:40:27
ルーミア厨 @moudameder

テディベアを買うのはやめたほうがいいだろう

2017-04-02 23:41:47
ルーミア厨 @moudameder

どのくらい時間が経ったのか分からない、目は慣れきっていて、また廊下からほんの僅かにさしこむ光のせいで部屋の中は見え、暗視カメラの映像のような視界の中、両親が話す声が聞こえてきた、居間と私の閉じ込められた部屋は遠くない、また父の声は基本的に大きい

2017-04-02 23:44:00
ルーミア厨 @moudameder

私は話の中身など何も覚えていないのに父親が母親に「これはやりすぎなんじゃないか」あるいは「そろそろ出してもいいんじゃないか」となだめていたのだけは分かったのをおぼえている というのも父親の声は怒った声ではなかったから 母親の声はよく聞こえなかった

2017-04-02 23:46:17
残りを読む(43)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?