新撰組は「悪役」扱いだったか?~彼らの「語られ方」の歴史を検証する

「新撰組は佐幕派集団なので、戦前は(基本的に)悪役、引き立て役。戦後、司馬遼太郎がその評価を一変させ、新撰組はヒーローとなった」という史観をときどき耳にし、「いや、そうでもないよ」というカウンターの言説も聞きます。 最近、何かのきっかけ?で土方や新撰組の話題が増えていて、TLで目にするようになりました。 どれが<主流>かという認定はそう簡単ではないし、見方によって分かれる点もあろうかと思います でも、こういう「語られ方」の歴史は個人的にも好きなので、まとめてみました。 ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(※追加は除く) 続きを読む
歴史 新選組 幕末 設定 司馬遼太郎 子母澤寛 土方歳三 沖田総司 近藤勇 新撰組 鉄血のオルフェンズ
77
矢野健太郎 @yanoja
あーそうか。今の人は知らんのね。白虎隊や真田十勇士は昔から悲劇のヒーロー扱いだったけど、新撰組は昔の映画やドラマでは常に血塗られた殺りく集団扱いの悪役だったんだよ。世間でのイメージが変わったのは昭和40年台に『燃えよ剣』とかで主役に描かれて以後で、今やそっちの見方が主流だけど。
黒花雪月 @moonwaker0110
鉄華団の名誉回復のためには、鉄血の世界に司馬遼太郎が生まれないといけない。(司馬遼太郎の『燃えよ剣』が出るまで新選組は悪党扱いで、今や美形がデフォの沖田や土方も悪役俳優が演じるのが普通だったらしい)
しろ(築53年) @shiro0909
@yanoja わりと若い(幼い?)時分から、新選組は殺戮集団、白虎隊は大人に踊らされた子供、真田十勇士は創作…という風に捉えてました。真田はともかく、前の二つでは地元(山口)の有名人がめっさ悪者なんで、史実をいろいろ調べたというのもあるんですよね(^^;)
矢野健太郎 @yanoja
@shiro0909 私は地元とかじゃないんですが、フィクションでの描かれ方でやはりそんな感じで認識してました。70年代以後、どんどん新撰組がヒロイックな描かれ方に変わっていって戸惑った覚えが(^o^;) いや、今でも龍馬伝とかだと敵役なんだけど、悪としては描かれないですよね。
しろ(築53年) @shiro0909
@yanoja 地元云々はさておき、こちらも中学生くらいだったので(いわゆるリアル厨二w)、むしろ翻弄される様子と破滅へ向かう話に魅了されていて、妙に「美談寄り」になっていったのはすごく違和感がありました。忠臣蔵ですら小林信彦さんの「裏表忠臣蔵」読んで初めて面白いと思ったくらいでしたからw
牧村 翔琉♌️静養中 @endless_banquet
@yanoja 新撰組が悪役というイメージは、『鞍馬天狗』からの影響ですな。 サインレント映画の時代にも新撰組が登場する映画はありますが、悲劇的に描かれていました。 幕末の中で新撰組だけは、佐幕か討幕かで描かれ方が善か悪かになるので、どうしても、見方にバイアスがかかってしまう傾向にありますね。
そゐれん @soylent_green
新選組は「新撰組は昔の映画やドラマでは常に血塗られた殺りく集団扱いの悪役だった」「世間でのイメージが変わったのは昭和40年台」 うーん。
ナナシィ@クサレ外道衆 @nanacy774
@soylent_green 『鞍馬天狗』とかで悪役だったからなんかね? ドラマ人気はともかく、新選組が再評価?された流れって子母澤寛→司馬遼太郎っていうのを新選組にハマった大昔ムックで読んだ気がする。
そゐれん @soylent_green
@nanacy774 『新選組始末記』の最初の映画化が1954年(昭和29)だそうなので、 もうちょっと前からでしょうね。 今みたいに悪役として描かれることが珍しいみたいになったのはごく最近なんだろうけど、 戦前に人気がなかったことはないんじゃないかなあ。白虎隊だって人気あったし
ナナシィ@クサレ外道衆 @nanacy774
@soylent_green 判官贔屓つーか負け犬萌えみたいなとこ日本人あるしなー。
そゐれん @soylent_green
@nanacy774 司馬遼太郎の影響で近藤より土方のほうが人気になったって話なら聞いたことある
ナナシィ@クサレ外道衆 @nanacy774
@soylent_green あー確かに「近藤さんより」はともかくw 土方さん人気がえらい高くなったのは『燃えよ剣』の影響みたいなのは聞いたことあんな。でも元々リアルもイケメンだし…。
そゐれん @soylent_green
@nanacy774 ぐぐってみたら普通に戦前から新選組主人公の映画撮られてましたわ。 でも昔の幕末ものは鞍馬天狗とか月形半平太とか、佐幕派のほうは敵のことが多いんでしょうね
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
英語版ウィキペディアで見る新選組の評価。 / “Shinsengumi - Wikipedia” htn.to/Aisjd9
Shinsengumi

From Wikipedia, the free encyclopedia
For the 1969 jidaigeki film, see Shinsengumi (1969 film). For the Taiga drama, see Shinsengumi!
The Shinsengumi (新選組 or 新撰組?, meaning "the new squad") was a special police force organized by the Bakufu (military government) during Japan's Bakumatsu period (late shogun) in 1864. It was active until 1869.[1] It was founded to protect the Shogunate representatives in Kyoto at a time when a controversial imperial edict to exclude foreign trade from Japan had been made and the Chōshū clan had been forced from the imperial court. The men were drawn from the sword schools of Edo.[2] Although the Shinsengumi are lauded as brave and determined heroes in popular culture, they have been described by historians as a "ruthless murdering death squad".3

1864年に日本の幕末(幕末)に幕府が組織した特別警察であった新選組(新選組、新組組?)は、1869年まで活動していた。[1] 日本からの対外貿易を排除する論争の遂行された帝国勅命が行われ、忠州一族が皇室から強制された時に、京都の幕府代表を保護するために設立された。 男たちは江戸の刀学校から引き出された[2]。 新撰組は、大衆文化の中で勇敢で決定的な英雄として賞賛されているが、歴史家によって「無慈悲な殺人の死の隊」として描写されている[3]

リンク Wikipedia 1 user 35 Shinsengumi The Shinsengumi (新選組 or 新撰組, meaning "the new squad") was a special police force organized by the Bakufu (military government) during Japan's Bakumatsu period (late shogun) in 1864. It was active until 1869. It was founded to protect the Shogunate represe
樫原辰郎 @tatsurokashi
映画などで描かれる新撰組が昔は残忍な悪役ばかりで、それが変わったのは司馬遼太郎の『燃えよ剣』からだ、というご意見を見かけましたが、戦前から悪役とヒーローと両方の描かれ方をされていたのが新撰組です。観てないけど、エノケンが近藤勇やってるんだから、残忍な悪役だけってことはない。
アール・ケイ @arukeiarukei
@tatsurokashi かっこいいヒーロー、ではないですね。圧倒的に敵役であって、たまに主人公側にもなったぐらいの感覚で。
樫原辰郎 @tatsurokashi
@arukeiarukei 戦前の映画の大半はフィルムが残ってないけど、大半は悪役というのは無理があります。近藤勇を演じたのは市川右太衛門や嵐寛寿郎、大河内伝次郎といった大スターです。伊藤大輔の『興亡新撰組』とかは悲劇の集団として描かれていたように思います。『燃えよ剣』がやったのは土方人気の格上げですね。
アール・ケイ @arukeiarukei
@tatsurokashi あの、近藤勇だけはまず悪役じゃないんです(^_^;)。近藤勇は新選組じゃない、などというと誠に変ですが(笑)、そんな感じです。鞍馬天狗とかと拮抗する存在ですから。
樫原辰郎 @tatsurokashi
@arukeiarukei そもそも大正時代に子母沢寛の『新選組始末記』が出て、新撰組再評価ブームが起きたわけです。大正デモクラシーと大衆時代小説のブームともかさなっています。そのあたりで、新撰組が悪役専門の時代は終わっていると考えて良いと思いますよ。
アール・ケイ @arukeiarukei
@tatsurokashi それは仰る通りだと思います。新選組って悪役というより主人公の引き立て役なんですよね。悪役は別にいたりして。
樫原辰郎 @tatsurokashi
@arukeiarukei 実際には人斬り集団ですよね。しかし、ずっと人気はあって、たとえばナチス的な悪として描かれることはまずない。愛されてますねぇ。
見捨つるほどの粗忽はありや @domaniika
鞍馬天狗だと完全に悪役サイドだもんな新選組
皐月ふう@怪談蒐集始めました @tachibanaduki
→RT 萬斎さん主演のドラマ「鞍馬天狗」は良いぞ(真顔) まぁ、あれも新撰組を「悪役」というより、「ライバル」として扱ってたけど。 後、良純桂さんの天気予報は、多分ギャグ(笑)
残りを読む(148)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年4月7日
各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です/ みなもと太郎氏も「新選組はどう語られたか」については、昭和30年代に京都、しかも時代劇がばんばん撮影されていた映画村の雰囲気を踏まえて(エキストラなどのバイトをよくやってたそうだ)描いた作品があるのだけど、さてどこだっけかな。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年4月7日
話題になった理由の一つ(全部ではない)が「オルフェンズが新選組に似てる」みたいな話だったようなので「オルフェンズ 新選組」でも検索して追加。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年4月7日
私見。「曹操は昔から評価されていたよ」というのも資料をそれなりに見ていけばそういう資料は確実にある…けど、やっぱり一般的かといえばそうとは言いにくい。そういう場合どこに光を当てるかによっても違うのではないですかね。
言葉使い @tennteke 2017年4月7日
トニー谷の「チャンバラマンボ」は1953年…
亜山 雪 @ayamasets 2017年4月7日
個人的な見解では、新撰組は幕府に雇われたチンピラ・ゴロツキ集団。
PON[鯉]℃℃℃2018 @pon1225 2017年4月7日
時期的な分け方として「戦前/戦後」が使われてるのを眺めながら、「じゃあ江戸時代の評価はどうだったんだろう?」というタイムスリップギャグを思いついたんだがまことに使いづらい。「誠」にね!(渾身のドヤ顔)
PON[鯉]℃℃℃2018 @pon1225 2017年4月7日
pon1225 ドヤ顔しといてなんだけど「江戸時代の新撰組評価」じたいは問題ないな…しまった、安土桃山時代とかにしとけばよかった。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年4月7日
壬生狼とか言われてた時代は悪役というか嫌われてたんだろうしな
nekosencho @Neko_Sencho 2017年4月7日
そういや関東ではMXでバクシンガー(新撰組がモデルのロボットものSFアニメ)が再放送中だ
こんたん @kontan8823 2017年4月7日
旧江戸市民は、新選組とは直に関わってないから、連中が京都でどんだけ嫌われていたか知らないのだろうな。田舎者のヤンキー集団で仲間割れの殺し合いばかりしていたから、そりゃ嫌われただろう。同じ賊軍残党でも会津藩からは山川兄弟や柴五郎のような俊秀が出て出世したが、新選組出身者からは誰一人出世した者はいない。めぼしい人材は内ゲバと戦争でいなくなって、残りは脳筋とチンピラ崩れとあれば当たり前の話だが。
agegomoku @nekofurio 2017年4月7日
日野市でオフィシャルで使ってるのは「選」の字なのでよろしくね。ことしは新選組まつり20周年です、よろしくどうぞ。
ローストの肉 @ROM69787270 2017年4月7日
ヤンキーのイメージが強いかなぁ
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2017年4月7日
ドリフターズの新選組っていかりや長介が近藤勇、高木ブーが土方歳三あたりか?
メメタァ @memetaa_77 2017年4月7日
土方の話題が増えたのはFGOで登場したからですよ多分
小川靖浩 @olfey0506 2017年4月7日
「物語の対象」によって悪役になりやすいからな。攘夷志士から見れば「命を狙ってくる剣客集団」、幕府からするとあくまで現地対策班くらいで弁護となるのは当の新撰組が主人公にならないと難しいからなぁ。戦後の相対思想によって「立場の違う存在」でようやく志士側からみて極端な悪役化からは脱したけど、史実としての「犠牲者は鳥羽伏見以前は法度破りによる死罪が多かった」とか「最終的には組織としては壊滅した」という前提は取り払われられないから良くて「悲劇の組織」と評されるところだけど
亜山 雪 @ayamasets 2017年4月7日
「ゴールデンカムイ」にも登場している、かなりいい役どころ。
四式戦闘機 @ki84type4 2017年4月7日
新撰組については、明治に入って割と早い内に再評価というか名誉回復というか、そういう動きは為されている。函館政権のトップだった榎本武揚が明治政府の高官になったこともあってそもそも極端な排斥はされていなかったし、明治20年くらい以降に維新史回想ブームみたいなのがあって、新撰組の生き残りが本出したりしてる。
ばけ @bake10 2017年4月7日
それでも日野市が新選組を「正式に市で」観光に使うことを決定したのは明治100年を過ぎた頃からだったかな 表向きはやはり長い間遠慮していたようですよ(20年近く昔に日野市で聞いた話なので記憶がおぼろですみませんが)
四式戦闘機 @ki84type4 2017年4月7日
司馬遼の小説だって、あれは子母澤寛の新撰組シリーズ(新選組始末記、新選組遺聞、新選組物語)がベースというか種本であって、これらの本は1920年代の終わりに出てる。これは想定だけど、例えば343空の戦闘301が新撰組名乗ってるのは子母澤本の影響かもしれない。ちなみにこの名を付けたのは久邇宮中将、つまり皇族だったりする。
四式戦闘機 @ki84type4 2017年4月7日
新撰組もののまとまった記録としては、確か本願寺の僧侶だかが書いたものがかなり早い段階のもので、その素行の悪さを批判しつつも結構同情的な筆致で記録されている。「新撰組が京都で忌み嫌われた」というのも、どこまでが史実でどこまでが小説なのかは留意する必要があるかもしれない。
ATM-09-STもっこㄘん @Mokko_Chin 2017年4月7日
熾烈な取り調べを行った火付盗賊改方や犯罪者を用いた岡っ引きも、鬼平犯科帳や銭形平次・半七捕物帳でヒーローに転身した例だとおも。
Kawano Yuichiro @Y_Michiari 2017年4月7日
新撰組ファンも弁明し切れないほどの内部抗争、粛清。これで「正義」はないだろ…。
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年4月7日
子母澤先生以前に、始末記とかも長倉にインタビューした記者が居たからなんとか出てきたって感じで、ホームグラウンドの京都じゃ嫌われてるわ、賊軍で浪人集団で幹部が軒並み農民に近い出身ってことで、明治あたりは語るのもタブーだった、みたいに聞いてるけど。未だに吉良上野介の実像があんまり世間に知られてないのと同じじゃないかな、と。賊軍の側は総じて資料が少ない印象だわ。
聖夜 @say_ya 2017年4月7日
ガンダム新選組といえばセンチネルは外せないと思うのですがこちらでははっきり敵役ですね。まあ正直鉄華団は坂本龍馬にも西郷隆盛にもなれなかったマクギリスに騙された私兵で、どちらかというと赤報隊のほうが近いんじゃないかと思います
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2017年4月7日
幕末は新選組よりも大久保利通の嫌われっぷりのほうが極端でアレやなぁ・・・
暴君虎 @Tyrannotiger 2017年4月7日
自分はどっちかと言うと「殺しの軍団」柳川組のイメージを鉄華団に持っていたなぁ。
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2017年4月7日
京都は新撰組どころか他所から来た者ほとんどを軽蔑してたんじゃなかろうか・・・
Hoehoe @baisetusai 2017年4月7日
薩摩や長州から新撰組に入って伊東と抜けて生き残った人が史談会があるたび沖田大石の悪口言ってて勝てば官軍なんだなって思いました
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年4月7日
沖田総司の人気は和田慎二、斎藤一の人気は和月伸宏の影響です。
仏塔 ぐでだま亭免堂苦斎 @wheyh 2017年4月7日
昭和40年代の学研の小学生向け雑誌では、新撰組の近藤局長が悪役というか、アホな引き立て役だったなぁ。
日比谷猫 @taro_GRU 2017年4月7日
幕軍だからでは?明治政府以来の価値観が強く残る世代にとっては敵方でしょう。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月7日
司馬遼太郎の燃えよ剣は土方歳三のエランヴィタール的解釈だと思ってる。
かふぇ氷 @cafeseaside22 2017年4月7日
小樽新聞連載の永倉顛末記の出だしが「昔は近藤勇の友達」なとこから類推するに、連載が始まった大正2年には、近藤は割とプラスの意味での有名人だったものと思われる。
かふぇ氷 @cafeseaside22 2017年4月7日
一方、新撰組初の評伝「新撰組始末記」を書いた西村兼文は、新撰組が居候をしていた頃の西本願寺で寺侍をしていたので、当然新撰組には辛辣。明治期に流行した史談会では、旧高台寺党の篠原や加納が常連。アンチばっかやん……。
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2017年4月7日
行殺新撰組のせいでお笑い集団というイメージがついてる
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2017年4月7日
とかいいつつバグだらけだったせいでちゃんと最後までプレイしてない記憶。同時代の魔法使いの♀弟子はバグを乗り越え最後まで見たんだが。
ku-pa- @4410_Kupa 2017年4月9日
たしかに京都時代の新撰組は、やってることは憂国騎士団と大して変わらないもんなぁ。
ku-pa- @4410_Kupa 2017年4月9日
アニメで新撰組を追体験したければ、今ならMXで『銀河烈風バクシンガー』の再放送をやってるので、是非そちらもどうぞ。
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2017年4月9日
新撰組の京都での評判が嫌われ者一辺倒でなかったのは、その取り締まり対象浪人たちの方がはるかにたちが悪かったからでしょ。「田舎物のなんちゃって武士のくせに威張ってて捜索のためなら一般人にも迷惑かけまくるけど、いなくなったら今より困る」みたいなイメージが多数派だったんじゃないかな
二条肝兼 @IamNotUs 2017年4月9日
そもそも司馬の新撰組の扱いって良いか?なんでもかんでも司馬のせいにする史観のような。
二条肝兼 @IamNotUs 2017年4月9日
たとえば司馬『十一番目の志士』は架空の主人公を軸にいろんな史上人物を魅力的に描写してるんだけど、土方は主人公の敵方とはいえ嫌な奴でしかない。
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年4月10日
新撰組は荒っぽいから嫌われたてのあるか。壬生の屯所前の川ではしょっちゅう切腹の血まみれ畳が捨てられて流れてたとかの証言もあったし。粛清した隊士の数の方が取り締まった浪士の数を上回るくらいだし。けど、新撰組を恐れて不逞浪士が京から激減したっていう証言もどこかで見た。商家に押し借りする勤皇派を騙る浪人とかが、それまでは大阪京都に溢れていたとか。暗殺事件も相次いでいたが抑止力になっていた、というのもどこかで読んだ。新政府には都合の悪い存在。
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年4月10日
オルフェンズは観てないから知らないけど、断片的な情報だけで申し訳ないけど、それ、どっちかてと新撰組っていうより、騎兵隊じゃね?と思ったよ。トップの山縣だけ出世して、残りは解散命じられて反発、そのまま反乱に繋がって、鎮圧されてる。長州も内乱続きで人材枯渇、何もしなかった日和見族が最終では権力握ったんで、悲劇だった。
吉川卓見@制作ですらなくなった! @nondarasinu 2017年4月15日
勝海舟が日記(元治元年6/24と坂本龍馬の報告として8/23)で批判してるし、池田屋事件で亡くなった望月亀弥太、北添佶磨(両者とも自刃)の両名は明治政府から従四位を追贈されてますから悪役扱いされちゃうでしょう。 懐いていたかは知りませんが、こんなネタを一つ。昭和49年12月17日の東京新聞に日野市の佐藤利文さん方で土方からの年賀状が見つかったんですけれども、こいつが同時代に沖田が出した年賀状と筆跡が一致するので沖田が代筆したのでは?といわれています。
吉川卓見@制作ですらなくなった! @nondarasinu 2017年4月15日
赤間倭子さんの著作に吉川小一郎氏の父で西本願寺絵表所に勤務してた与右衛門が語る新撰組も普通に一般庶民を斬殺しまくる話しが出てくる一方で、与右衛門が知人と歩いていると新撰組に出くわした。日頃、隊士らと剣の稽古をしているので隊士は「吉川先生」と丁重に挨拶をした。それを見た知人が『尊敬の眼差し』で新撰組と親しいのかと驚いたという。良く考えれば、当時は拷問とか当たり前の時代なので、少々、武張ったところで一方的に悪と断罪されなかった時代だったんだろうなと。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする