Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2017年4月15日

19世紀の精神病院への女性患者受け入れ理由の1つに「小説を読んでいる」があったらしい

まとめました
53
Asahiko @asahiko

19世紀の精神病院への女性患者受け入れ理由に「小説を読んでいる」があったらしい。美女と野獣でベルが村人たちから異常者扱いされてたのってあながち大袈裟でもないんだなあ。 Via Reddit pic.twitter.com/fLFRSNjqlC

2017-04-11 13:28:45
拡大
Asahiko @asahiko

っていうか他の項目もだいたいツッコミどころ

2017-04-11 13:35:10
Asahiko @asahiko

この画像の真偽検証記事があったので付記する。「部分的に本当」だと判断されている。必ずしも病院収容の原因そのものが記載されているわけではなく、「こういう理由で狂ったのだろう」と人々が推測した内容の一覧とのことである。 snopes.com/reasons-admiss…

2017-04-11 19:36:20
AΔGΣE @Nzax_2016

@asahiko 当時女性に兵役義務なんかなかったと思うので、女性に限らないのではと思いました。

2017-04-12 15:36:11
valvane @valvane

@asahiko 少しわかるところが、辛い。私の母親も、私が始終本を読んでいたことで、この子は異常だと、あっちこっちの児童相談所だか何だかに連れ回してくれた。本全般でなくても、小説の類は「そんな碌でもない空想に耽って!」と嫌う手合いがいる。 mobile.twitter.com/asahiko/status…

2017-04-12 20:32:34
valvane @valvane

私は(そこまで昔の生まれではないので)事なきを得た(?)けど、昔には笑い事じゃなく、座敷牢とか蔵に…が罷り通っていた地域なので、この女性の悲劇は他人事には思えない。

2017-04-12 20:39:31
胡蝶 @uturobuneco

@asahiko 同時代のアメリカの女子大でも「高等教育は女性の頭脳に負担が大きく、健康を害する」と思われていたからか、衛生学・体育・生理学を必修にしたというのがあったそうです あと、男女関係無いですが、小説→有害ってことで、校庭の中にある花園の中で友人と回し読みしてた女学生も当時の日本にいたとか

2017-04-13 01:03:05
正論亭ぶたさん(正論亭坊玄) @seironteibougen

@asahiko 昔は働きもせず小説ばかり読んでいた人は道楽者扱いされていたのでしょうね。二葉亭四迷の名前の由来を連想させます。

2017-04-13 16:10:39
novel reading の訳に対して賛否両論
XXX|ω・)するめ @XXX189

@asahiko ff外から失礼します。小説を読むならreading novelではないかと思います。人と変わった読み方(解釈?)をするという意味では?

2017-04-13 17:14:48
覗き込むトランプ @nubechan_AE

@asahiko この「NOVEL」って形容詞用法のやつでは?

2017-04-13 08:10:17
ももホイジャー @momo_tda

@Seca_iki @asahiko @ichiziQu フォロー外から失礼します。 職業翻訳家なのですが、私もやはり(他の項目に応じて体言止めにするかもしれませんが)「小説を読んでいる」と訳すと思います。ダメですかね?

2017-04-13 12:27:46
YuKI@くんろく親方 @yumekutteikt

@momo_tda @Seca_iki @ichiziQu @XXX189 解説記事の記述からしても、ここは「小説を読むこと」で間違ってないかと思います。 snopes.com/reasons-admiss…

2017-04-13 17:49:09

コメント

言葉使い @tennteke 2017年4月15日
日本でSF初期にSF作家がきちがい扱いされて、正常と狂気の境目とか小説・文学の歴史が議論されて書かれるほどだったから、小説が狂気を誘引するってのも議論としてはおかしくないと思う。
1
トリニガス @torini311 2017年4月16日
まぁ精神分析学とかいうオカルトが幅を利かせてた完全手探りの時代だし「患者の特徴・患者が不安定になる要因をとりあえず列挙してみる行為」自体は無駄でもないんじゃないかな...?これ自体は「診断基準」ではないみたいだし
0
ユーコン @yukon_px200 2017年4月16日
キリスト教は女性差別の宗教だし、全然不思議じゃないね。ピルグリムファザースなんてカルト過ぎてイギリスから追い払われた連中やで?
4
umico @marlinche94 2017年4月16日
19世紀のフランス小説でも「夢見がちな(箍の外れた)女」の描写として小説を読むってのはありましたよね。フローベルの「ボヴァリー夫人」のエマなんか典型的だし、ユゴーの「レ・ミゼラブル」のテナルディエ夫人も小説読んで娘にエポニーヌってつけたし。で、色々あって精神的に酷い状態で死ぬ。
3
Shun Fukuzawa @yukichi 2017年4月16日
tennteke あれは一種の韜晦では。 リアルに sf 作家が気が狂ってると思った人なんてほとんどいないんでは。
1
cLaCFF @cLaCFF 2017年4月16日
野球ですら、最初は「衝撃で脳が壊れて馬鹿になる」とか言われていた。
0
みま @mimarisu 2017年4月16日
ANIME WATCH 時代はかわるものですからなぁ
0
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2017年4月16日
小説読んで頭おかしくなるとか、ドンキホーテの読み過ぎか何か?
1
柘榴石(ざくろいし) @zakuro_ishi 2017年4月16日
今で言うスマホ中毒みたいな扱いなのかもしれない。家電が発達する前の家事はとにかく時間と労力を必要とするから、小説読んで時間と集中力を浪費されたり、家事に身が入らなくなったり、貴重な照明用の燃料を消費されると困るんだろ。(下手すると本当に実生活に悪影響が及びかねない)
6
酔うかい?ウオッチ @midalixyseba 2017年4月16日
赤毛のアンとか昔の少女小説を読むと、年長者から「小説を読み、ありもしない世界に思いを馳せるのは罪深い」と言われる描写があったりする。その時代の(年長者の)敬虔なキリスト教的な考えっていう描写。(笑ったりするのもダメとか楽しみを感じてはダメとかも書かれてる)
13
飛龍瑞鶴@高野皐月 @hiryuuzuikaku 2017年4月16日
今でも読書を異常と考える人はいるんだが、源泉はなんだろうね?
1
5月8〜9日ヨコハマハンマ★きき屋ゆうき @dmdesignjp 2017年4月16日
何が異常かの判断は難しい 読書する人を異常と考えてしまう「異常者」の可能性もあり なんでも極端に考え、自分は正常だと思うのは〇〇症とされる他の様々な症状に似てると思う
0
ehoba @htGOIW 2017年4月16日
当時だとフランスで「小説を読みふけって仕事が手につかないメイド」とかの風刺もあったような 精神異常認定はともかく、新興メディアと社会的機能不全の関係という意味では、今でも通じる話
3
吉祥天 @sarutas2000 2017年4月27日
赤毛のアンとか確かに聖書以外の本を読む事を非難される場面が何度もあったのは、その時代の宗教観によるものなのかなあと思ってたけれど、そういう背景もあったのかな。
0
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 2017年4月27日
たまたまブレインフィーバーというワードが目に飛び込んで来た。
0
アル @aruhate 2017年4月27日
アニメを見てると戸塚ヨットスクールに放り込まれる様な物か
0
tinu @t_neko3 2017年5月1日
馬鹿な時代だなー、現代で良かったなーと思ったところで、子供の頃に親が親戚のおねいさんにたいして「いい年して漫画なんて読んでるから離婚するようなことになるんだ」と言ってたのを思い出した
1