ドイツの再エネに関するデマへの対応

ドイツの再エネに関するデマがまた流布されているので、とりいそぎ。変動性の再エネでも排出量削減出来てますし、2009年のリーマンショックの年は排出量の長期傾向を見るに不適切(チェリーピッキング)です。
173
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

なんか「再エネが不安定だから火力が止められずCO2排出量も減らせない」っていう言説をまた見かけたけど、再エネが発電した分は火力の燃料消費を減らせるよ。ドイツ政府が先日新たに立ち上げた可視化サイトとか、その様子がよく分かる。smard.de/home

2017-07-28 07:03:26

上記サイトは詳しいけれどちょっと重いので、こちらの方が良いかも。
https://www.energy-charts.de/power.htm

Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai もう一点、@murakamiatsushi さんの指摘。2009年はご存じ「リーマンショック」で、ドイツでもエネルギー需要&排出量がポコッと落ち込んだ。umweltbundesamt.de/daten/klimawan… その年を長期傾向を論じる基準に用いるのは、詭弁ね。

2017-07-28 16:14:43

典型的なチェリーピッキング。

リンク Umweltbundesamt Treibhausgas-Emissionen in Deutschland Die Treibhausgas-Emissionen in Deutschland sind 2015 gegenüber dem Vorjahr erneut gesunken. Die Emissionen nahmen gegenüber dem Vorjahr um 0,3% ab. Das entspricht einer Minderung um 28,1 Prozent im Vergleich zum internationalen Referenzjahr 1990. Nach ein 91
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai ドイツがCO2削減に苦労してるのは確かで、2020年の目標達成は難しそう。cleanenergywire.org/factsheets/ger… でも減らし続けてるのは間違いないし、一人当たり排出量も日本より少なくなっている。jccca.org/chart/chart03_…

2017-07-28 07:08:02
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai ついでに言っておくと、ドイツの一人当たりGDPは日本より多い。ecodb.net/ranking/imf_ng… 経済も好調だ。 jp.reuters.com/article/german…

2017-07-28 07:14:25
リンク ロイター ドイツ経済の好調続く、第1四半期は成長加速へ=財務省月報 ドイツ財務省は21日に公表した月報で、第1・四半期の経済成長はさらに加速し、税収が予想以上に増えるとの見通しを示した。同省は、最近の生産、受注、雇用改善に関するデータは第1・四半期の経済活動が上向いたことを示していると指摘。「ドイツ経済は引き続き好調だ」とした。ただ、先行きについては、ト 1
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai ドイツの排出量削減が遅れている大きな原因となっているのは、化石燃料に対する様々な補助金で、環境省が一覧を出している。umweltbundesamt.de/sites/default/… たとえば石炭に対しては、2010年時点で14億ユーロの補助金が出ていた(P19)。

2017-07-28 07:23:28
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai この数字、ECの集計ではもっと多くて、30億ユーロ(2012年)となっている。climatechangenews.com/2014/10/13/eur… また欧州全体では、石炭に対する様々な補助金は100億ユーロに達する。

2017-07-28 07:28:43
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai 石炭・褐炭のうち、石炭については補助金が打ち切られることで、2018年にもドイツ国内での採掘が終わると見られている。scientificamerican.com/article/can-ge… 一方の褐炭はまだ業界の抵抗が強い。でもそろそろ褐炭への補助金も、止める必要があるだろう。

2017-07-28 07:37:31
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai ドイツじゃ既に太陽光ですら7円/kWhとか、フツーの火力並みのコストになってる(日本よりも日射条件悪いのに!)。blog.livedoor.jp/murakamiatsush… 補助金が無くなれば、褐炭も減っていくだろう。

2017-07-28 07:53:17
リンク ドイツ・フライブルク市から地球環境を考える 村上 敦 太陽光発電入札で記念すべきポイントを通過 : ドイツ・フライブルク市から地球環境を考える 村上 敦 ドイツの太陽光発電のAW(FIP制度のプレミアム算定のための指標価格)の2017年6月の入札結果が出てきました。2017年からは屋根乗せも含めた750kWを超えるすべての太陽光発電(ただし10MW以上は適用外)の入札になってから2回目の入札です。200MWの入札容量に対して、応札 1 user 1
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai 再エネのコスト低下を受けて、賦課金も2023年頃をピークに、徐々に減っていく見込み(P10)。econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_ener… ドイツで「賦課金が減る見込みが無い」などという主張も見かけたけど、それ思いっきりウソだから。

2017-07-28 07:56:00
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai ダメ押しで言っておけば、ドイツでは再エネの普及は国全体の経済にとってもプラスになっている(そうなるように色々と調整を重ねてきた)。zsw-bw.de/uploads/media/… 「失敗」などと決めつける方々は、絶対に言及しないみたいだけどね。

2017-07-28 07:59:28
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai 一方で日本は、他国に比べて2倍ぐらいの高い買取価格を設定したり、計画の数倍もの導入ペースを続けたりと、ドンブリ勘定状態に。最近は是正の努力が行われているけれど、まだまだ後始末が残っている状況なのも確か。meti.go.jp/committee/kenk…

2017-07-29 07:16:59
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai

@kei_sakurai その他、ドイツの再エネの状況についてはこのあたりもどうぞ。フランスとの輸出入とか電気料金とか石炭とか停電とか、主なネタはカバーしてるかと。togetter.com/li/793979 togetter.com/li/1079336

2017-07-29 07:23:14

コメント

Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
たぶん一番のポイントは、ドイツ(を含めた他国)では、太陽光や風力は下手な化石燃料火力よりも安くなっているし、日本もさっさとその水準まで持っていかないといけない、という点。たとえば太陽光の買い取り価格で見ると、倍以上違う。流通とか施工等のコストを圧縮していく必要があります。http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy_environment/taiyoukou/pdf/report_01_01.pdf
16
鉄馬 @tetsumah 2017年7月29日
早野さんもデマ拡散してしまったと。
3
ビッター @domtrop0083 2017年7月29日
日本とドイツの違いとしては、ドイツは隣国と電気を融通しあえるってのもでかいと思う。
98
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2017年7月29日
日本の場合、各電力社間の融通ですら周波数の問題とか連系線の最大容量とかいろいろ壁がありますもんねぇ。。。北海道から沖縄までくまなくカバーできる連系網構築しようとしたら兆単位のコストと十年単位の工期が必要なんだってエロイ人がテレビで解説してましたっけ。
37
フローライト @FluoRiteTW 2017年7月29日
「ドイツ人の言うこと真に受けてるヤツwwwww」というだけの話。あいつら外面のためになら平気で嘘つくしデータだって改竄する。自動車の件でよくわかるだろ、VWの不正まだ継続中なんだぞ。昨日はポルシェで発覚だ。他人に他国にウエメセやるためならどんな卑怯な事だってやるのが独仏。
86
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
太陽光や風力のような変動性再生可能エネルギー電源(Variable RE, VRE)であっても、国の年間電力供給量の3~4割程度は担える(特に蓄電に頼らずに)、というのが、現在の一般的結論ですよ(日本含む)。出力予測や需要制御、送配電網の増強等が主な対応です。 http://www.nedo.go.jp/content/100643823.pdf
12
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
一方で送電線の増設等にはそれなりに費用と期間もかかりますから、普及は計画的に進めないと費用がかさんでしまいます。どの再エネをどこでどれだけ、どんなペースで導入していくか、計画性が必要(なのに現状の日本は…)。そのへんも、この報告書に書かれてます。 http://www.nedo.go.jp/content/100643823.pdf
9
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
太陽光や風力のような変動性電源をうまく使うための方法については、IEAから、市場の観点からの解説資料も公開されています。こちらの方が分かりやすいかも。 http://www.nedo.go.jp/content/100862107.pdf
10
ローストの肉 @ROM69787270 2017年7月29日
日本の太陽光発電の一番駄目なところは、自然を破壊してパネルを設置してることだと思う。 何がエコだよ、自然大切にしろよ
96
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
「改竄してる」と人を批判されるなら、その証拠も一緒に御提示下さいな。排ガス不正の時も、証拠があってのお話だったでしょう。
36
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
森林を伐採してまでモジュールを設置するのは、私もやめて欲しいと思います。ドイツ等でも、厳しく制限されているはずです(そもそも都市計画で基本的に許されず、また木を切ったら、その数倍の植林も義務付けられるとか)。
14
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2017年7月29日
「年間電力供給量の3~4割程度」で、どこに作るの?
48
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
はい、ドイツと日本で違うところについては、ちゃんと日本なりの計画が必要です。太陽光:日本の方が好条件で場所も足りる、風力:陸上は日本は置く場所少ない、地熱・水力:ドイツほぼ皆無だけど日本多い、等々。とりあえず、今みたいに太陽光一辺倒は勘弁して欲しいです(私が言うのも難ですが…)。
31
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
日本で当面導入できそうな量は、年間の電力供給に占める割合にして太陽光1~2割、陸上風力1割、洋上風力:浮体式の進展次第、水力:1割、地熱:旧来技術で最大3割(EGS等が進展したら増えるのかも)、という状況かと存じます。
6
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
どこまで(何)を「負担」と考えるというのは人によって異なりますが、最終的には国全体で経済効果がプラスになるかどうか、というのが一つの共通の判断基準になるように思います。ご紹介したように、ドイツではその基準を守っています。日本でもシミュレーションは為されてきたのですが、無視されてしまった格好ですね。
7
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
環境省による普及シミュレーションの最近の版の例です。2009年頃からやってます。 https://www.env.go.jp/earth/report/h27-01/index.html
7
name @unagi_anago 2017年7月29日
「ドイツではこうですよ」っていう事例紹介なのになんで、「ここは日本だ!うるせぇ!」ってなっちゃうのよ・・・。ドイツはドイツで、環境、国土、国民性にあった政策を模索しているわけで、日本は日本で参考にする部分は参考にして日本なりの制度を作ればいい話じゃん
53
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
そうですよー。ドイツの省庁や企業に直接ヒアリングに行ったことあるんですけど、「俺らも細かい失敗はたくさんしてるから、そういう所も参考にしてくれ」って言ってましたもん。
25
言葉使い @tennteke 2017年7月29日
ドイツの件なんてどうでもいいから、山口県祝島の現在を語ろう。(再エネ的にはゴーストタウンになっていて再エネ推進の人は絶対に語らない案件)
54
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
いやむやみにコストがかさむと、今度は電気代が上がることによる悪影響が大きくなっちゃいますから、そう単純ではないですよ。
5
Fox(E) @foxe2205 2017年7月29日
ドイツのエネルギー政策および成果に関する誤解は正されねばならない。一方、ドイツの政策の正否を無条件で日本に適用する愚は避けなければならない。両者を混同した議論が多いのが問題で、まず「議論すべき内容」の選別から考えないといけない気がする。
47
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
祝島の件は飯田氏ですね。昔からマジメに普及に取り組んでる方からは、困ったことをしてくれたという感じかと。再エネ比率100%となると、そんな簡単じゃないです。
11
name @unagi_anago 2017年7月29日
[c3989110] 制度って1回作ったら終わりじゃないでしょ?どんどんバージョンアップしないと。ドイツはちゃんとそれをやってるみたいだし、そこは学ぶべき点じゃないの?
16
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
今の全量買取制度って震災の数時間前に閣議決定されたんですけど、その時点では価格も普及ペースも、穏当なものが想定されてたんですよ。時の首相も「ふーん、なるほど。良きに計らってね」って感じだったそうです。でもその後の原発事故で…。 そう言う意味であの事故は、再エネにとっても非常に悪いタイミングで発生したと思います。言っても詮無いことですが。
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
核の話はさすがに話が逸れすぎなんで、ここではご勘弁頂けませんかね。
21
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
tennteke それですけど、ページビュー稼ぎに荷担したくないので。
5
重金属 @HeavyMetalCloud 2017年7月29日
unagi_anago 日本は一度決めるとなかなか変えないし、変えられないから……そのぶん運用に厳格さが求められないので、解釈でなんとかしてしまうという悪癖というか知恵というかがありますよね。 再エネにかぎらず。
7
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
unagi_anago ですね。実際日本でも、制度を検討する委員会において「走りながら修正していく」ことでコンセンサスが取れていたんですが。修正が追いつかないぐらい、計画外の導入ペースに。
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
[c3989163] はい、ですのでコストが下がるにつれて、だんだん競争的な制度に変えて行って、最終的には市場に統合しちゃわないといけません。いま進めてる市場自由化も、それを視野に入れてると思いますが。
5
Kazuo Uozumi(蘇民将来子孫家門) @forthman 2017年7月29日
川口マーンっていう方の中途半端な引用記事じゃなくて、FAの元記事を誰かきちんと訳してくれないかな。原題は「ドイツのエネルギー価格の不当な高騰」ってことなんだけど、彼女によると、「ドイツの政策、大失敗」になってしまうんだよね。
3
araburuedamame @rpdtukool 2017年7月29日
バカ高い再エネ由来電力の購入価格設定が日本の再エネの将来を潰すんでしょうな。「あの連中が庶民の財布から金を盗み取ってるぞ!」って煽られれば一瞬で焼け野原。現状そうですからね。今の制度のままだと「再エネ」ってだけで胡散臭いもののように扱われる日が遠くはないんじゃないでしょうかね。
43
ほかほかごはん @hokahoka 2017年7月29日
再生可能エネルギー発電促進賦課金の制度は日本にもあり、金額は現時点で電気料金の約8%、5年前の10倍になりました。今後も増える見込みです。つまり電力自由化だの再生エネだの言いながら、現実には一般市民の負担が増えるばかりなのですが、誰の利益になるのでしょうか?
46
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
川口氏は「失敗だ失敗だ」って主張はするんですけど、太陽光ですら火力並みのコストまで安くなってることとか、国全体の経済にプラスになってること等には絶対に言及しようとされませんね。
15
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
現時点では流通や設置工事、あと土地造成等に使われているお金が多いものと思われます(太陽電池そのものは他国製品と変わらない値段になってきました)。 下記12頁目あたりに、コスト分析の例があります。http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy_environment/taiyoukou/pdf/report_01_01.pdf
6
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2017年7月29日
送電と安定供給のコストが解決できん限り、どんだけ再生可能エネルギーで発電できようが画餅に過ぎんよ。
58
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hokahoka 本来ならば、電気代上昇による悪影響を、化石燃料の輸入量減少や価格低下、関連産業による雇用創出(輸出含む)等で補わないといけません。でも現状、誘致に失敗した工業用地や不採算のゴルフ場の始末等に用いられている例も多いのではないかと…。
12
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
fool_0 現在の気象予報や情報通信・電力制御技術を用いれば、太陽光や風力のような変動性の再エネでも、国の年間電力供給量の3~4割程度は賄えますよ(特に蓄電を用いずに)。コメント欄の最初の方をご覧ください。
9
IzNoMa @i3works 2017年7月29日
参考になりました。:-)
2
araburuedamame @rpdtukool 2017年7月29日
安いユーロの恩恵をフル活用して輸出に励めるドイツと日本の交易条件は一緒じゃないんで、そこを無視しても始まらんでしょ。ドイツは現状植民地を抱えた帝国なんですから。あと、変動性の高い電力を安定して利用できるシステム構築の費用はおいくら兆円なんでしょうね・・・。またそれが電気代に乗っかって産業クラッシュしたあとで「他の方策で電気代の上昇を吸収しないといけなかったんですが・・・」となると非常に困りますが、そうなる未来しか想定できないんですよね。今までの流れ見るに。
49
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
ドイツと日本の輸出産業の状況の違いは、そもそも輸出出来るだけの新しいものを次々作り出せているか、それ相応の環境を国内で整えているか、というところが大きいように思いますよ。先日もドイツに行きましたけど、あちらは中小企業向けに現場のデジタル化を進めるような広告を街で多く見ましたが、日本は自己啓発とかダイエットとか…。
10
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
rpdtukool 系統安定化の費用ですが、計画的に進めさえすれば、それによる便益よりもずっと少ない額になるというのが一般的な結論です。一方で北海道みたいな需要と釣り合わず送電線も細い所に大量にメガソーラー設置したりするのは費用かさむよ、というあたりも下記報告書で具体例として警告されてます。 http://www.nedo.go.jp/content/100643823.pdf
8
ほかほかごはん @hokahoka 2017年7月29日
kei_sakurai 太陽光ですら火力並みのコストまで安くなってるとは知りませんでした。ならば、太陽光発電に補助金なんか一銭も出さなくても大丈夫ですよね。太陽光発電の電気を高値で買い取る制度もばかげてますよね。市場メカニズムに任せるだけで、安い太陽光発電が火力発電などを駆逐してくれるのでは?
53
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年7月29日
現状で再生可能エネルギーは、実質的に「核兵器の材料を使用するエネルギー」である原発に対する政治的反発の道具でしか無いってのが現実だな。エネルギー確保そのもので言えば、シェール革命以後別に原発にも再生可能エネルギーにも拘る必要はどこにもなくなった
36
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年7月29日
でまあ、再生可能エネルギーに対する反発もまた「核兵器の保有可能性に反対する政治的勢力に対する政治的反発」でしかないんだよな
18
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
rpdtukool 日本における具体的な試算ですと、たとえば2012~2020年の8年間で2兆円前後等の試算があります(P295、41ページ目)。https://www.env.go.jp/earth/report/h27-01/H26_RE_5.pdf
5
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年7月29日
なので、再生可能エネルギーをありがたがる人たちが政治的反発を避けて導入を勧めたいのなら、まず核武装論者になるべきではなかろうか
21
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2017年7月29日
kei_sakurai これじゃ自家消費は進みませんね。 送電なんてもったいない。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hokahoka ドイツは実際、そういう状態にほぼなってきています。日本は今のところ業者間で技術水準もコストもバラツキが大きいのですが、 トップランナー制度のような考え方で、技術力を高めながら安い方向へ詰めていって頂ければと思います。
7
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 2017年7月29日
やはりこういう反論が。元の言説は、自然エネルギーは非効率で不経済だから、原発再稼働を、という論理に持ってかれやすい。
4
mi1000RR @m1000RR_M_DDC 2017年7月29日
火力並みのコストって何処の国の火力の基準ですかね?日本の火力はそもそも法外な価格の天然ガス輸入で賄われてるんだが。あと風力にしても低周波騒音公害が酷いという現実もありますわな。ああ、法的に低周波が認められてないから害無しと同義なんて暴論吐くなら別だけど。
24
ほかほかごはん @hokahoka 2017年7月29日
kei_sakurai ドイツはそのような情況ですか、いやはや知りませんでした。そんなローコストな発電方法を保有しているドイツが、フランスから電気を輸入している理由が分からないですが。あと、ローコストな発電をしているドイツの電気料金がフランスの2倍だというのは、デマか与太話の類いなんでしょうか。
41
Ikunao Sugiyama @Dursan 2017年7月29日
やっぱりTogetterは米欄からが本番(地獄)やでぇ。
11
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hokahoka フランスがドイツから買ってる電力の方が、多いんですよ。まとめ本体でもご紹介してますが、こちらを一読頂いてからの方が、恥をかかれずに済むかと…。 https://togetter.com/li/793979
21
グレイス@とーほぐファーマー一年生 @Grace_ssw 2017年7月29日
国柄、土地、気候風土など、考慮すべきところは山ほどあって、それぞれにあった再エネを予備エネルギーとして取り入れるのは良いことだと思う。問題なのは「これがあるから核なんかいらない」とか「すべて再エネで補え」なんていう極論派の大声で、こういう声をきちんと無視して、実現可能なエネルギー改革をゆっくりと進めていくべき。同時に技術研究支援も大事だね。塗れる太陽光発電塗料とか、薄くて柔らかい太陽光発電シートとか、早く実用化してくれるといいなあ。
31
ゴイスー @goisup 2017年7月29日
某飯田氏はまじめに再エネ関連頑張ってる人にも反感買ってたんだなぁ
3
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年7月29日
たぶん「反原発派が原発を殴るポリコレ棒」に使われるのは再生可能エネルギーにとっても不幸な話でしか無いのよ
45
名無しから変わりません @tkci_de18 2017年7月29日
まぁいずれ自然エネルギーで効率的に発電できるようになる世界が来てほしいと思ってる。研究開発も進んでいるので、いずれコスト面や安定供給面でも他の発電方法より良くなるのかもしれないが、現状だとやっぱり他よりも不安定な面が多い。自然エネルギーでの発電をもっと増やせ、だけど電気代は上げるなというお金の問題を分かっていないような、一部の声と態度だけが大きい人たちがいることも問題だと思う。
3
atlan @atlan1701 2017年7月29日
「その時点で必要」ではないEVやPHVの充電を変動する再エネの発電を吸収させられるような仕組みが出来れば少しはマシかな?
1
3STT:3P(三豚@海蠍特戦隊) @KUZ_3STT3P 2017年7月29日
まずは日本のブラック企業をドイツ並みの水準にして、日のない時間に働く人を減らすことが重要。 ドイツ人が勤勉なのは業務時間内だけで昼休みも定時以降も完全にオフ、残業なんていう効率の悪いことはしない。
3
3STT:3P(三豚@海蠍特戦隊) @KUZ_3STT3P 2017年7月29日
再生可能エネルギーの源は元をたどればほとんど太陽なので、再生可能なんじゃなくて太陽という億年単位でなくならないものを利用してるだけ何も再生してない。 風力発電も風からエネルギーを受けている以上風上への風は減るので、その気象的影響を無視して何が再生可能か。
7
いかおとこ @mororeve 2017年7月29日
議論のレベルが違い過ぎて笑える
7
Ukat.U @t_UJ 2017年7月29日
[c3989047] 真面目に原子力利用を考えている人たちに害になるような俗論はやめて欲しい。エネルギーの供給リスクを減らすためにトップレベルに厳しい査察を受けてようやく再処理が認められているんです。軍事転用のファーストステップに踏み込んだ瞬間から経済制裁の対象になり日本の外交と経済は地に落ちます。核を保有する頃には向こう数十年は回復不能です。
20
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
KUZ_3STT3P 「再生可能」はrenewablesの訳ですが、”リサイクル”の意味ではありませんよ。「森が再生する」のように、太陽等の自然界のエネルギー流を利用して、エネルギー源が復活することを指します。 詳細な定義は、ウィキペにまとまってるのが参考になりそうです。 http://goo.gl/Y4NBMg
5
ほかほかごはん @hokahoka 2017年7月29日
kei_sakurai 興味深く読ませていただきました。フランスはドイツから倍の量の電気を買っているのですね。そして独仏間の市場取引価格は競争が成り立つ水準だと。ですが、ドイツの電気料金は家庭用・産業用共にフランスの2倍で電気料金の内20%は賦課金だと。ドイツの発電コストは安いんですよね?
31
クロモリフレーム @crmoframe 2017年7月29日
一般家庭のキロワット当たり電力使用料がどうなるかって、切実な話じゃない?「コストが安くなる」はずなのにそうじゃないのは何処かでインチキがある。
3
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年7月29日
t_UJ でも現実問題として、反原発派のほとんどは「核兵器の材料を扱うエネルギー」だから反対してるんだよな
11
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年7月29日
いくらIAEAの査察だの原子力協定があっても意味がない。「査察や協定による縛りが必要なこと」自体が、原発と核兵器が隣接技術であることを証明しているわけで
5
たろー @hanpa64 2017年7月29日
日本の風力発電の場合、風のいい場所はほぼ渡り鳥のルート上にあり、絶滅危惧種のバードストライクの問題が避けて通れない。太陽光発電も、山を切り開きパネルの寿命も短いという、エコロジーの観点からは看過できない問題を抱えている。日本の実情に合う採算性の高い再生エネルギーってあるのかな。
36
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hokahoka はい、でもドイツが買取制度を始めた頃は、太陽光発電の例で言うと今の10倍ぐらいの値段で買い上げてたんです(それぐらいでないと、ハードウェアの量産や、人材教育の資金が出なかったので)。今の賦課金は、値段が高かった頃の普及費用によるものです。そろそろピークアウトしますけど。
14
ポポイ @popoi 2017年7月29日
KUZ_3STT3P 地上に存在する無数の建造物の方が風力と比較すれば余程影響が大きいみたいですね。双方無問題の様ですけど。>気象的影響
0
Katabiragawa Atsushi @katabiragawaC 2017年7月29日
FluoRiteTW こう言う知能の明らかに低そうなコメントにいいねするやつってなんだろうなw
7
ポポイ @popoi 2017年7月29日
#再生可能エネルギー のデメリットを言いたがる人は(大陸との送電線も嫌うとかね)、地上の #原発 廻りの其れは、まず、言わないわなあ。
0
とある金魚 @Preprandial 2017年7月29日
コメント見ると再生エネルギーアレルギーが多いな……自分もだけど。日本の気候や災害リスクを考えるとリターンの少ない再生エネルギーは余程のブレイクスルーがない限り怖くて怖くて導入して欲しくない。土地か自然環境のどちらかを使わなければ根本的なエネルギー量が少ないし。ドイツの電気代の高さ知ってるし
10
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hanpa64 屋根等だけで当面必要な量は置けますので、山まで切り開く必要はないんですよ。https://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/about_pv/output/JPpotential.html モジュールの寿命は、すぐ劣化してしまうような不良品もありますが、一般的には20~30年程度は持ちます。 http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pip.1182/abstract
13
羽倉田 @wakurata 2017年7月29日
この前の水害の時に判明した。災害時に発電止められないって欠点ってどうなったのかな?
12
Xo @Xo25456676 2017年7月29日
疑問・質問はごく単純な発想での煽りのようなものでもいいねが付き、知識を駆使した回答に対してはいいねが0のこともあるこのコメント欄 疑問・質問を示すこと自体は良いことだと思うのだけれども……
16
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
wakurata 技術的にはモジュール(パネル)毎に制御回路を付ける”Module level electronics"が良い対策になりますし米国等ではかなり普及しているんですが、日本では残念ながらあまり普及していませんね。
12
nekotama @nukotama001 2017年7月29日
火力って自由に増減できるのが利点、それ世界の常識。
10
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
nukotama001 はい、ですので柔軟に起動停止や出力変更ができるガスタービン等を再エネと組み合わせるのが、昨今のトレンドです。同じ火力でも石炭のように柔軟性で劣るものは(排出量の観点からも)使いづらくなりますので、日本での計画の将来性には疑問符がつきます。
14
nekotama @nukotama001 2017年7月29日
再エネの欠点って、日本国内で明確になるものは、効果的であるかとか、後先考えているかとか、立地の適合とか、公共事業で後先考えないで作った事に起因する事が多いんだよね。でもそれ箱物でも一緒だろ。公共事業悪論者とおそろいですね、といってあげやう。
5
Osafune @Osafune_ 2017年7月29日
再生エネルギーは地熱のとき日本は地熱が少ないっていう「デマ」で先導してるのがいたりしてのもいかんですよ 八丁原発電所の広さと総発電量を見たら日本ではちょっとなぁと思う
8
nekotama @nukotama001 2017年7月29日
hanpa64 海上風力発電という案はあるようだけど。大体、風と渡り鳥の相関関係ってあるのか。日本が狭いからたまたまなのでは。ただ、基本的にノープランで適当に作った施設が多いから効果が出てない方が問題みたいだけど。箱物や施設もノープランで作ってるから、やっぱり悪い公共事業案件に起因するんじゃないかな。
2
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月29日
あと十年前後で核融合が実用化とか言われてるので(まあ二十年はかかるだろうけど)大規模にやれば大量に自然を破壊する風力や太陽光はあんまし注力しなくてもいいのでは?
13
nekotama @nukotama001 2017年7月29日
再エネというけど、とりあえず本当にちゃんと稼動するような施設を作るのが一番だけど、火力というか熱に起因する施設の方が再エネでも確実なんじゃないかな。再生産力が担保されているバイオマス燃料とか(もっとも日本の林業に起因する問題がここでも生じるけど)、あと地熱だねえ、大分の一割の電力は地熱だと聞いた。いろんな燃料を使いこなすのが必要。
3
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月29日
地熱に関しては、絶対量だけでいえば日本の地熱発電は世界有数、でも日本の電力需要から見れば限界まで開発しても屁みたいなものということですね。一億人が暮らす先進工業国の電力需要はすさまじいのです
19
nextworker @nextworker 2017年7月29日
m1000RR_M_DDC 日本の太陽光は高コストですが、比較対象を世界の太陽光でなく、同じく高コストの日本の火力にすれば十分コスト優位です。そんな訳でここ数年、日本から石油火力が激減し、真夏の日中ピーク需要を太陽光が代替するようになりました。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
地熱の資源量は既存技術&今の制約で利用可能な分で、5~6GW(原発5~6基分)ぐらいのようですね。 https://www.env.go.jp/earth/report/h23-03/chpt6.pdf
11
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年7月29日
たぶん、この世で一番大事なことはウヨサヨの政治的色分けだと思ってる人種から見たら、エネルギー源はすべて「右翼エネルギー」と「左翼エネルギー」に区別されてるんじゃ無かろうか。現実の物理的性質に関わらず政治的スタンスだけで区別されると
13
oohmyhead @notuttifrutti 2017年7月29日
Xo25456676 このコメント欄に限ったことではないので、ツゲッターのコメ欄は土台が保守系まとめサイトととかと似たようなものと考えてよい。
5
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年7月29日
ソーラーのコストが下がってきたんだと聞けば政治脳で無い人は「ならソーラーでもええやん」と思うが、ソーラーを「左翼エネルギー=敵」だと認定した人は「右翼エネルギー=原発」に反する物は一切認めないと
8
ゆゆ @yuyu_news 2017年7月29日
日本の場合、台風のたびにどれだけのソーラーパネルがふっとんで、しかも二次被害をもたらしている、という事情から、太陽光への期待は萎んで来てるような気がするのだけど…。
28
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
というかどの電源にも一長一短ありますので、うまくバランス取って組み合わせて使って頂きたいなぁと思う次第です。
16
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
yuyu_news あまりに急に市場を拡大させたものだから人材教育も追いつかず、ロクに耐風設計もしてない粗悪設備が設置されてしまったんですよね。対応するJIS基準や法の改正が行われた他、風工学会さんが耐風設計マニュアルを刊行したりしています。https://www.jawe.jp/ja/info/313-2017-03-15-01-58-25.html
14
nextworker @nextworker 2017年7月29日
yuyu_news 台風の都度、どこかでビニルハウスは破壊されていますが、日本でハウス栽培が経済的に成り立たない規模ではないようです。大事なのは量かと思います。
7
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月29日
家の屋根に乗っける分だけで当面は大丈夫ってのは、残念ながら机上の空論。太陽光パネル設置に適した屋根は意外と少ないよ。古い建物ならなおさら。あてにはできんと思うけどね。
26
ほかほかごはん @hokahoka 2017年7月29日
Dam_midorikawa コスト(金銭的にも環境的にも)が同じならば、ローコストな方を選ぶのが賢明だと思いますが、今の技術では電気を貯めることはほぼ出来ないという制約、安全性をどう考えるかとか安定的な供給源として利用できるかとか、評価が割れるような問題がこんがらがっているだけでも難問で。さらにイデオロギー的な物を持ち込んで議論を混乱させるだけのやっかいな輩が大勢いるという…。
13
k0418 @0418kkk 2017年7月29日
ドイツではすでに太陽光コストも7円程度に低下、賦課金も2023年にはピークアウトしそうだとか
1
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hundred_smile 日本における導入ポテンシャルの推計はここにあるように各種ありますが、概して屋根で最大100GW程度は置けるとの推計です。https://www.mizuho-ir.co.jp/publication/contribution/2012/solarenergy0131_03.html 他に定量的な推計はありますでしょうか。
7
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
0418kkk 日本も同じ水準に早く持っていって欲しいです。それでこのまとめを作成したりしてます。
5
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年7月29日
単純比較として、ハリケーンなんて何年~何十年に1回しか来ないレベルのドイツと、年に10個単位で台風が来る(最近はゲリラ豪雨的なのも増えた)日本で、ソーラーパネルの耐用状況に差が出ないってことはまず無いと思うんやけど、その辺はどうなのやら。あと、都市部は集合住宅がやたら多いんで、「住宅地だけの人口密度」と発電可能量を比較すると日本のほうがかなり条件悪い筈よ。
46
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月29日
[c3990132] 推計を見る限り、一戸あたり4kwは「設置に適した屋根」であればむしろ控えめな数字ですね。一方で設置可能な家屋の見積もりが全体の半数と読めます。実際には「設置に適した屋根」は体感で10件に一件というところでしょうか。太陽光発電の飛び込み営業をやっていた時期の経験から言ってますので、データはありませんが。
9
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月29日
太陽光発電システムの導入コストを各家庭が負担している以上、「採算ラインに少しだけ足りない」場合までは導入を見送られる。「設置可能な家屋」と「設置してもとが取れる屋根」の違いですな。ちょっぴり損するけどみんなの為に導入しようって家庭はまずない。
19
Ikunao Sugiyama @Dursan 2017年7月29日
フランスからドイツがどのくらいの価格で買って、ドイツからフランスがいくらで買っているのかは知りたいですね。単に国内で消費しきれない電力を安く買い叩かれてるだけかもしれない。
8
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
Kagura_d34272 うーん、日本の気候だから特に一般論として不利、という話は知る限り聞かないです…というか太陽電池ってもともと宇宙とか海洋ブイみたいな過酷条件で使うために開発されてきましたし、民生用での実用化も日本が先行してましたから、メーカーがヘマさえしなければ台風ぐらいは本来、大丈夫なように造られてます。
12
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月29日
天候については国内有名メーカーの製品なら耐久性においてはまず平気。問題は設置業者が下手だったり手抜きしたりした場合。災害で製品は無事なまま空飛んでたりする。
20
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hundred_smile なるほど、了解しました。それですと、挙げましたような推計よりも少なくなるかも知れませんね。
1
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月29日
あと、耐久性の話をするなら、パネルの発電効率の劣化の問題もあるんだよね。10年くらいはほとんど下がらないけど、メーカーによっては15年くらいで下がりだす。またこの下がり方が極端なんだ。2~3年でただの板になる。耐久性30年をうたうメーカーもあるけど、そこは発電量がぱっとしないし。そこも計画に盛り込まないと「こんなはずじゃなかった」って頭抱える羽目になるよ。
12
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
Dursan 個別の取引までは分かりませんが、ドイツ全体では輸入する電力より、輸出する電力の方が高く売れているようです。http://www.erneuerbareenergien.de/german-electricity-exports-still-more-valuable-than-imports/150/437/87018/
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hundred_smile 過去の製品の長期曝露結果のレビューでは、8割方の製品は20年後も初期の8割以上の性能を保ちます。http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pip.1182/abstract 一方、2割方はもっと早く劣化するという結果でもあります。なので不良製品をもっと加速試験で振り落とせるよう、IEC規格等の改訂が進められているところです。よく使われるIEC61215も、最近改訂されましたよ。
11
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月29日
kei_sakurai 残念ながら私は日本語しか読めない為、このサイトの内容はわかりません。ただ、日本国内製品のレポートでないのであれば、参考にはできないかと。日本のメーカーは発電の採算ライン確保の為に多くが「単結晶」タイプの製品を製造してます。結果発電量を確保できた代わりに耐久性が犠牲になったわけです。もっとも、償却が終わるまでくらいは保ちますけどね。
7
ToLets @ToLets2004 2017年7月29日
設備の寿命ってどうなってるんだろう? 屋外で野ざらしの太陽光が一番短そうなイメージなんだけど
6
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hundred_smile 学術論文ですみません。日本を含めた、世界中のレポートの集計結果です。
9
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月29日
日本家屋は海外に比べて屋根もちっちゃいんだもん。載せられるパネルが少ない以上、限られたスペースでより多く発電できるようにするよねそりゃ。結果あんまり長持ちしない。例外はあるけども。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hundred_smile 単結晶のシェアは世界的に増えてますし、特に日本だけがそうという訳でもないかと。
7
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hundred_smile 単結晶だから持たない、ってのは初耳なんですけど。某S社製の特定時期の製品とかなら、心当たりありますが。
4
dag @digital_dag 2017年7月29日
おおっ、これは面白い。太陽光発電の技術が進歩するのは良いことだ。 技術的に異なるけど太陽熱発電は望み薄なのでしょうか?
0
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月29日
kei_sakurai 「多結晶」タイプに比べたら短いという話です。家計の話ではなく都市計画、エネルギー計画の話であれば、無視はできないかと。
4
Ukat.U @t_UJ 2017年7月29日
Dam_midorikawa 原発と核兵器が隣接技術なのは確かですが査察に意味がないかどうかという点については査察について学ばれた方が良いと思います。
4
Gifted Republic @Tora2013_Thanks 2017年7月29日
AI処理のデータ収集の責務を担うチップを 分散して設置出来ない中央集権型の電源はインフラとして投資には不適格 中央集権型のインフラでは技術革新が遅れ機械学習の精度が落ちる可能性がある 分散型の再エネの方が将来性には分がある
1
Gifted Republic @Tora2013_Thanks 2017年7月29日
ここまで再エネに対する批判的なコメント ほとんどモジュールレベルの制御回路とか 設置のガイドライントの資料とかで丁寧に回答されてると思うけど それを読んだ上での指摘があまりなさそう
5
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2017年7月29日
http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/mitoshi/005/pdf/005_07.pdf 9ページですが 火力発電所の稼働率が下がると火力発電所の採算が合わなくなるということもあります。。 また、燃料は長期契約で購入しているので、単に 太陽光で発電ができたときは、というだけでは困るという話も聞きました。
12
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2017年7月29日
kei_sakurai 反論の対象を明示しないのは不誠実な印象を覚えます。その動機が「ページビュー稼ぎに荷担したくない」というのも、相手を対等な存在と認めていないこと、批判はしたいが反論はされたくないことの裏返しに感じられます
22
アフロジャスティス @djsackman 2017年7月29日
消防法に関する懸念はないんだろうか?アスクル倉庫の火災で顕著になったけど、漏電の恐れがあるために水かかけられないというのは防災的には致命的に見える
14
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2017年7月29日
http://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/15111901.html ドイツ現状。火力発電所がかなり厳しい状況でhttp://www.enercon.jp/topics/10545/?list=contribution このままだと火力にも補助金を出すことになりそうとのこと。電気料金が上がると苦しくなりそうですけども。
17
nextworker @nextworker 2017年7月29日
0418kkk 2011年「ドイツの買い取りは20円、日本は倍の40円!高過ぎる!」2017年「ドイツの買い取りは10円以下、日本は21円!ドイツの倍!高過ぎる!」たぶん、こうなると思う・・・202X年「ドイツのコストは5円以下、日本は10円!高すぎる!」競争において周回遅れで後追いだという自覚をもっと持つべきかと。
7
bss @bss_w_n 2017年7月29日
とりあえず、頭おかしいレベルの高額買取制度をあらゆる手を使って(時の首相との”会食”を何度も重ねたり)無理矢理通させたソフトバンクの政商が全部悪い
10
bb @bblets 2017年7月29日
発電はなんとかコストは下げれるとして(Fitなんかは是正がいりますが)、どのみち蓄電がアホみたいに金を食うので、夢落ちってことなるんでしょうねぇ
9
blade0@オッ㌠ @blade0 2017年7月29日
他国に融通して消費できるほど近くに他国がないのに…とか、日本地図を同じスケールでドイツ地図の上に重ねてみれば…とか、突っ込みどころが…
24
ビッター @domtrop0083 2017年7月29日
日本全国で融通しあえる環境を作れば「ドイツ水準の県」ぐらいは作れるんじゃね? その隣に「フランス水準の県」とか「スイス水準の県」とか「オランダ水準の県」が出来るけど。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
digital_dag 太陽熱発電は蓄熱して日没後も発電できるという特徴のため、高日射量の地域で採用されることがあります。ただコスト的には太陽光発電の方が安くなってしまったので、ニッチな感じですね。
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hundred_smile うーん、私はモジュールの信頼性・耐久性に関する研究が主な仕事内容なんですが、単結晶だから、というのはちょっと聞きません。何か統計や学術文献のあるお話でしょうか?
6
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年7月29日
t_UJ 「査察によって原発を持つ国が核兵器に転用することを阻止している」のはわかるのよ。だが、「原発=核兵器」だと思っている人を「査察があるから原発が核兵器に転用されないから安心だ」とは思ってもらえないということ
1
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
namatyokoyaki はい、太陽光や風力が増えてきますと、火力は量の供給よりも、調整力の供給が主な役割になってきます。ですので対価も、提供した調整力に応じて支払われるよう、市場そのものも変えて行く必要がありますね。
6
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年7月29日
t_UJ 例えば、左翼エネルギーであるメガソーラーに対して、「メガソーラーが核兵器に転用されるおそれがあるから査察に入る」といってIAEAが検査に来たりはしない。「査察に来る」ということ自体が、反原発派にとっては「原発の核燃料が査察をごまかして核兵器に転用されているかもしれない」という非難の根拠となる
1
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2017年7月29日
経済効率の悪い事で有名だった太陽光が、しかもドイツで火力並みというのは凄いな。私は風力の方が現実的と考えていたけど、認識を改めるべきかも/
0
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
SILVER_CAP なるほど、そういう見方もできますね。ただ、件の記事にコメント欄があったらそちらに書くところなんですけど、無いんですよね。ですので、編集部に直接このまとめのURLを書き送ろうかと考えております。
4
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2017年7月29日
原子力(特に核融合)発電にせよ、太陽光発電にせよ、下らぬデマに負けず頑張って欲しい。/
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
bblets 最初の方でコメントしましたけど、年間の電力供給に占める太陽光や風力の割合が3~4割程度になるまでは、長時間の蓄電は基本的に不要ですよ。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
blade0 国際連系があれば確かにその分ラクにはなりますけど(技術的には。政治的には知りませんがw)、それがなければ太陽光や風力が使えない、という話でも無いですよ。
3
Flying Zebra @f_zebra 2017年7月29日
余剰発電能力、つまりある設備が現在の状況にプラスして余分に発電する能力に対する単価で見ると自然エネルギーが安くなる(ほとんどゼロ)のは当たり前で、卸電力市場では優先的に落札されることになる。ところがその「容量」を保障することはできないので、そこは別に担保が必要になる。そうした仕組みによって発電単価は桁が変わるくらい上下するので、単価を比較する際にはそうした注意も必要になる。
18
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月29日
kei_sakurai 申し訳ない話ですが、現場知識という奴です。メーカーから売り込みに使えそうな情報を集めた中で出てきました。具体的には「国内で最長の寿命を誇る製品は多結晶タイプ」という情報が元になってます。
2
Holten @Holt800 2017年7月29日
ソーラーパネルの発電効率が劇的に向上した、みたいなニュースは聞いたことないんだが、なんで太陽光発電のコストが火力と同等レベルまで下がったんだろ?火力と違ってスケールメリットとかなさそうだし。増やせば増やすだけ保守コストとかそのまま増えるよな?
6
Flying Zebra @f_zebra 2017年7月29日
電力需要のどれだけの割合を再生可能エネルギーにできるのか、なんてのも考え方次第で、極端な話、需要の10倍くらい設備容量を確保しておいて、余剰分は他国に流すかそれがダメなら捨てる(一時的に解列する)という運用をすればほぼ100%賄うことも可能。逆に、不足時には一定時間停電することを許容するという形でも好きなだけ自然エネルギーの比率を上げることはできる。それが合理的かどうかというのは全く別の話。
9
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月29日
kei_sakurai というか、貴方の専門がその分野であるなら、製品劣化後の「更新コスト」特に「劣化品の撤去・廃棄コスト」は当然視野に入っていますよね?対策について何か腹案がおありで?
5
Flying Zebra @f_zebra 2017年7月29日
ドイツについて言えば、そもそも国内だけで需給のバランスを取る運用にはなっていない。安定した大容量のベースロード電源を持っている国や余剰電力を自国の発電設備を止めて受け入れてくれる国と電力系統が連携しているので、多少エキセントリックなことをやっても周りの国がある程度は尻拭いをしてくれる。余剰電力を引き受けている旧東欧諸国には実際に大きな負担が掛かっているが、そこは強大な経済力を背景にワガママを通すことができている。
32
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月29日
2017年のドイツでは標準家庭の電気料金に占める税・再エネ賦課金の割合が54%に達するそうで。http://blogos.com/article/204276/日本のガソリン税とだいたい同じくらいですね。これも再エネを進める代償ですかね。
13
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月29日
独仏の電力輸出入の問題-https://note.mu/noriakioba/n/n1a005e89c44d ここによると・物理的にはドイツはフランスから電力を「輸入」している、・ドイツ国内の電力料金はフランスの2倍だが、周辺国にはフランスより安く売っている、・ドイツ人が負担している再エネ賦課金の約3兆円のうち、0.74兆円は周辺国のために負担しているようなもの、なんていう話も出ている。
14
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月29日
こうみると「ドイツ政府のええかっこしいのために自国民と他国に無理を強いている」ようにも見えるんだけど、どうなんですかね?
14
tatprobe @tatprobe 2017年7月29日
これ、元々は再生エネは不安定だからスタンバイ火力プラントを維持するための隠れコストが掛かる、って話じゃなかったでしたっけ?
6
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2017年7月29日
kei_sakurai いや、それが難しいので。火力発電所を立てる、燃料を契約して購入する、再エネ発電があったぶん使わなかったなら燃料をためておくのも必要、人を育ててお給料払う、このコストが回収できる分、火力で作った電気が売れないといけないので 調整で使われた分だけ になると回収できなるリスクが出てくる、そうなると補助費用が必要なのではということです。
10
tatprobe @tatprobe 2017年7月29日
再生エネルギーを推進しても、それが変動型であればバックアップ火力は思うようには減らせない。しかもバックアップ火力の設備利用率は再生エネによって低下して場合によっては採算割れとなる。そこをどうするのか。火力への補助金を打ち切ったらあっさり崩壊してしまうのではないか?
7
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2017年7月29日
また、再生エネルギーは設備利用率が低い。つまり面積をかなりとる。なかなか大変です。。 kei_sakurai kei_sakurai この資料ざっくりみたんですけど、予測技術も研究中とか、日本では送電線工事も大変だろうという話もあるんですが。。あまり蓄電はいらないだろう、っていうのは申し訳ありませんが何ページくらいか、教えていただけるとありがたいです。。
8
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
yaesiro いやいや、太陽光は日照時番長ですから、風力とか地熱とバランス良く組み合わせて頂くのがベストですよ。
3
the loyaltouch @theloyaltouch 2017年7月29日
太陽光は設置の敷居が低く回転が早いため技術革新が早いんでしょうね。かつて汎用機をPCが追い越していったのと同じ状況に見えます
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hundred_smile それは単結晶か多結晶かということよりも、たまたまそのメーカーさんの製品が良く出来ている、ということではないかと思います。
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
hundred_smile 回収・リサイクルについては欧州では既に民間ベースの回収機構(PV CYCLE等)が以前から(そろそろ10年ぐらい?)稼働していて、WEEE指令で回収率が義務付けられたりもしています。同様の仕組みを日本でも早く義務化して欲しいと考えてます。
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
fukusukehino フランスからドイツに流れる電力のうち、ドイツが買ってる分は一部だけで、残りはドイツを通過してさらに周辺国で使われてるんですよ。またドイツ国内の電力取引価格自体はフランスより安く、賦課金が乗ると高くなるけれどそれは中長期では無くなる見込み、という状況かと。
7
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
tatprobe そういうコストも計算されてますけど、知る限り、問題になるような額では無いはずですよ。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
namatyokoyaki 少なくとも現在の日本のような火力の経営形態からは大きく変わりますし、発電量あたりの単価自体は上がりますね。でもドイツのように太陽光や風力が安くなってさえいれば、全体的にはそれでもコスト削減になるわけで、あとはその利益を如何に配分するかという制度的な問題だけになります。配分方法自体は、まだ試行錯誤の段階かと。
3
tatprobe @tatprobe 2017年7月29日
kei_sakurai なるほど、現状では大きな問題ではないということですね。再生エネの導入自体はCO2削減やエネルギー自給率の観点から推進は必須と考えますが、現状として変動型の再生エネは供給力の変動など種々の問題を抱えています。前のめりになって大きな歪みを生まないよう日本の現状に合わせて上手く進めてもらいたいですね。
1
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
namatyokoyaki 蓄電(しまった、蓄電池と書くつもりでした)に関しては、もちろん既存の揚水発電等は活用する前提で書かれてます。しかし太陽光や風力の導入率を上げるための手段としての費用対効果は他の対応策に劣る旨、P146あたりに記述されています。特にリチウムイオン電池などは、「電力システム向けの応用には一義的な重要性はない。」とバッサリ切られてます。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
namatyokoyaki ただその一方で昨今、各種予測を上回るペースで蓄電池が安くなってるため、短時間の調整力としては系統にも蓄電池が使われるようになってきてますけどね。さらにEVの普及も進みそうなので、なんだかんだ言って蓄電池も使われるようになるのかも知れませんが。https://twitter.com/kei_sakurai/status/883098739904102400
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
tatprobe はい、日本の場合は原発事故をきっかけに全体的な計画が無茶苦茶になってしまいましたので、立て直していって欲しいです。そのためには正確な情報が必須ですし、主張内容を問わず、デマは止めて欲しいなぁと考えております。
6
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月29日
kei_sakurai 中長期では無くなる見込み、というのも結局は「周辺各国の無理のもとに」ということではないですか?ドイツが良ければそれでいい、というシステムを参考にして日本が進むのは得策ではないと思うのですが。あとドイツ国内の電力取引価格自体はフランスより安いといっても電気料金は高いわけで、そこはドイツ国民からすると「知ったことか」ということになりませんかね。
10
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月29日
「ドイツが成功してるから参考にすべき」というのはわかるけど、「ドイツの成功はどこの犠牲のもとに成り立っているのか」という視点もないと片手落ちになるのでは。ヨーロッパが地続きであること、昨今ドイツがいくつかのヨーロッパの国から蛇蝎のように嫌われているということはドイツの成功と不可分だと思うのです。
23
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
fukusukehino FITによる固定価格での買い取り期間は20年ですから、値段が高いうちに導入された設備が20年過ぎていくに従って、賦課金も減少していくんですよ。周辺国どうこうは関係しない話かと。また電気料金についても少なくともこの水準になるまではドイツ国民は支持してきた&国全体の経済にもプラスになってるわけで、他国民がとやかく言う話ではないものかと。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
fukusukehino 再エネ普及で、企業は昼間の電力が安くなる&減免制度もある&国全体の雇用も増えるということで全体的に利益になる一方、家庭は電気料金が上がるのでコスト増、あと化石燃料火力、特に柔軟性の劣る石炭等は打撃を受ける、という感じですね。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月29日
fukusukehino 再エネに限らずドイツが何故成功しているかと言えば、かつてのアメリカのように欧州中から優秀な人材を引きつけてイノベーションを先導してるから、という感じでしょうね。10年ほど前に1年間滞在しましたが、その頃から既に欧州の若者においてはドイツで働くのが一種のステータスになってて、新しいことに挑戦しやすい環境も整っているようでした。今の日本には、不足している要素かも知れませんね。
5
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
ドイツのGDP好調な理由の一つに、最先端技術の特許侵害が世界で最も多い(少し遅れている技術については中国だが)という話を以前見たので、それが本当なら経済的見地は絡めない方が良いように思います。
6
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
ドイツと日本では自然災害の規模と頻度がかなり違うように思えるのですが、それを考慮しても採算取れるようになるのでしょうか? 現在は無理でも近い将来的にでも取れるようになるのなら技術の進歩のためにも現在も積極的に取り組むべきだと思うのですが。
7
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav 既に言及してますが、ドイツの方が日射量が2割方少なくて、その分コストが高くなってるはずなのに、日本よりずっと安くなってるんですよ。使ってるモジュール(パネル)も、同じようなものです。日本の方が台風や地震への備えが必要と言っても、知る限り、全体のコストを2割も上げるような話ではないです。
6
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2017年7月30日
ドイツの例が全く参考にならないとまでは言わないけど、万が一自国で不測の事態が起きても周りから電力を融通できる国と、どういう事態であれ国内だけで電力全てを賄わなければいけない国を同列に扱うのはやはり無理があるよねえというのが当局の雑感。
21
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
台風野、影響が強い九州辺りは太陽光にしろ風力にしろ導入は厳しいように思います。知人に太陽光発電をしている人が複数いますが、メーカーの想定している環境より劣悪なためか10年で発電能力がかなり下がってきているようです
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav 日本の場合はむしろ、人の面での課題があるように思います。欧州の業界団体(EPIA)は「これだけの額の支援を頂きますが、その代わりにこれだけのペースで値段を下げて見せます」っていうコミットをしてきたんですが、日本のJPEAはそれをロクにやってないんです。そこは改善の余地があるように思います。
4
𝓐.𝓒.🚀𝙽𝙲𝙲𝟷𝟽𝟷𝟶𝚑𝚑𝟸 @AnamesonCraft 2017年7月30日
核融合の商業炉が20年先ぃ?iterがD-Tで運転始めるのが20年先だぞ。核融合発電所なんて今世紀中に作れるもんか。高速増殖炉しかないんだよ当面の間は。
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fool_0 「無理」と断定するには、あらゆるケースを想定した上で、その全てを完全に否定してみせる必要がありますよ。
5
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
日射量のコメントは読んだのですが、ドイツにしても日本にしても国内各地の日射量の差がかなりあると思うのですが、どの地域でも可能なのでしょうか? 人的努力も足らないとは思いますが、コストが下がらない理由の一つに普及性もあるように思います。
7
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav 10年で1割以上下がるようなら、メーカーにクレーム言って、交換の交渉をされた方が良いのではないかと。
3
yaya @yakumokumaneko 2017年7月30日
ここらで電力系統の専門家の話も聞いてみたいものだ
1
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
台風への耐久性としては業者が下手なためとあるのですが、それを改善(規制など)する提案は業界内で既に話し合われていたりするのでしょうか? また、台風でものが飛んできて破損したという話も聞くのですが(台風で瓦や人間大の看板が飛んでくることがある地域です)、それにも本来は耐えうるのでしょうか?
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav 地域による日射量の差はありますけど、どの地域でも使えることは使えますよ。 http://solargis.com/products/maps-and-gis-data/free/download/japan
4
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
多くのご質問に答えていただきありがとうございました。10年で発電量が半分以下になっている方達が知人に多かったので、メーカーに話すよう話してみます。 メンテナンス面はどうなのでしょうか? パネル下に草が生えると途端に発電量が落ちると聞いたのですが、ドイツではそのあたりはどのようにしているのでしょうか?
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
yakumokumaneko 2月に京大で行われたシンポジウムの内容などは如何ですか。関西電力の方の発表等も含んでいます。https://togetter.com/li/1079336
3
マスクドとくがわ(ご注文はCOCOAですか?) @psymaris 2017年7月30日
実際問題、日本も太陽光それなりに設置されてしまつているんだから、そいつらは有効活用しないと…
0
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav 耐風設計については、既出のこのコメントをご覧ください。 https://togetter.com/li/1134665#c3990090 飛来物については、民生用のモジュールは通常、ある程度の大きさの雹までは想定してますが、それより大きい衝撃では何らかのダメージを受けると思いますよ。
3
金剛石 @Golden_ratio_S 2017年7月30日
建物につければいいとは言いますが、火災をはじめとした各種災害が起きて倒壊した時の重金属汚染リスク及び救助活動時の感電リスクについてはどのようにお考えでしょうか
2
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav 雑草が伸びてモジュールに影を落とすと発電量減っちゃいますから、地上設置の場合、雑草対策はクリティカルです。防草シート使ったり機械で刈ったりヤギ使ったり、対策はケースバイケースかと。
3
𝓐.𝓒.🚀𝙽𝙲𝙲𝟷𝟽𝟷𝟶𝚑𝚑𝟸 @AnamesonCraft 2017年7月30日
「太陽光は技術革新が早い」ガクガク。日本だけでもどれだけ前からどれだけの国費を投入して今の水準に持ってきたか知ってるのかと。発電効率その頃からあんま上がってないんだぞ。
6
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Golden_ratio_S 「重金属」は具体的に何を想定しておられますか?最も一般的な結晶シリコンの場合、そもそも目立った重金属は使われてないと思います。CIGSやCdTeでは少量使われてますが、特殊な製品を除いてガラスで挟まれているため、火災時でも融けたガラスに包まれてあまり出てこないようです。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Golden_ratio_S 火災消火時の感電リスクはありますので、消防士向けのガイドラインが策定されたり、 http://nrifd.fdma.go.jp/publication/gijutsushiryo/gijutsushiryo_81_120/files/shiryo_no83.pdf 設備側での各種表示や緊急遮断装置の装備等が検討されているところです。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Golden_ratio_S 個人的には、モジュール単位で制御回路を付加するモジュールレベルエレクトロニクスが、異常時の対策として一番良いように考えています。日本で普及していないのが残念です。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
AnamesonCraft 日本で研究開発が本格化したのは1970年代ですが、その頃から比べると価格は100分の1以下になっております。その時代は家一軒分(3kW)の太陽電池が数億円したそうですので。
5
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
ありがとうございました。台風よけに、開閉できる覆いのようなものが西日本だと必須のようですね。 地上設置と比べて、家屋やビル屋上、壁面の方がメンテナンス面では良さそうですね。
1
金剛石 @Golden_ratio_S 2017年7月30日
kei_sakurai 火災時のリスクに関しての資料は既に読みましたが、大雨や地震などによる家屋の倒壊又はモジュールの破壊時におけるリスクも気になりますので
1
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav そんな「覆い」が一般的だという話は、聞いたことがありません。
3
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
雹より大きい(重い)ものでは何らかのダメージがあるとあったのですが、九州から広島まで、日本海側四国あたりだと数年に一度は大型台風で雹以上のものが空を舞うと思うのですが、大丈夫ということでしょうか? 実際に台風でパネルが損傷した知人もいるのですが、ごくまれな例ということでしょうか?
1
𝓐.𝓒.🚀𝙽𝙲𝙲𝟷𝟽𝟷𝟶𝚑𝚑𝟸 @AnamesonCraft 2017年7月30日
太陽光発電パネルの価格の低下は太陽電池そのものの技術開発によるのではなく、マイクロプロセッサの発明とそれに伴って喚起された半導体需要の増大の影響の方が大きいですわな。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Golden_ratio_S 内部は樹脂の接着剤でくっつけていますので、重金属を使ったものでも、ひび割れた上に酸性雨をぶっかけたぐらいでは外に出てきません(昔そういう調査もやったそうです)。機械で細かく粉砕したりしたら別ですけど。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav 家の窓や屋根が損傷する場合と同程度のリスクかと。
4
𝓐.𝓒.🚀𝙽𝙲𝙲𝟷𝟽𝟷𝟶𝚑𝚑𝟸 @AnamesonCraft 2017年7月30日
セルの製造技術の向上もあるでしょうが、高純度シリコンとそれから作られる多結晶あるいは単結晶シリコンウエハの価格低下の影響のが確実に大きいでしょう。
3
金剛石 @Golden_ratio_S 2017年7月30日
kei_sakurai なるほど。では最後に、メガソーラーについては肯定的ですか?否定的ですか?
0
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
AnamesonCraft 他の半導体産業の発展とも相互に影響し合っておりますが、太陽電池の厚み低減、効率向上、専用原料やインゴットの開発、量産技術の改良等、太陽電池自体の技術開発も寄与しております。またいずれにせよ、コストの低減が大きな成果であり、その影響力も無視出来ないものと存じます。
3
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
台風の強い地域では窓については台風のために雨戸があるのが一般的だと思われます。また、屋根につきましても多くの家が台風対策のものを使っています。 九州出身の友人と東海地方の家の多くが雨戸ついてないことに驚いたという話を互いにしたのでこれについてはある程度正しいと考えています。 同程度のリスクだとすると、控えめに言ってもそれなりに高いということになるのですが。
8
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Golden_ratio_S 国や地域によりますが、日本については否定的です。貴重な土地を使わんでも、と思います。実際に原発事故までは、メガソーラーなんてオマケ程度の予定だったんですけどね(溜息)
5
Say-Z @you_wave 2017年7月30日
kei_sakurai と言うことは、そういった情報に基づいて火力発電量を調整するシステムがドイツでは確立されてるって事なのでしょうか?
0
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav 太陽電池モジュールに「覆い」をつけるのが一般的だという証拠を御提示いただいてからにして頂けますか。主張をなさっているのは、貴方ですので。
3
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
一般的とは一言も書いていないのですが。必須と書いてしまったので一般的と解釈されたのかもしれませんが、損傷する確率が高いのであれば覆いなどをしなければならないのではないかという意味のコメントです。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
you_wave はい。発電量や需要の予測が下記のように先立って発表され、それにしたがって電力取引が行われます。 https://www.energy-charts.de/power.htm グラフに示されておりますように、太陽光や風力が発電した分、火力等の出力は抑制されます。 日本についても3ヶ月毎の実績のみですが、見ることができます。 https://wellnesthome.jp/energy/
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav 知る限り、わざわざ「覆い」をつけた例は聞きません。台風のたびに全モジュールに付け外しするコストの方が、損傷確率×モジュールの交換費を上回りそうに思えます。
3
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
初めから自動開閉式の雨戸のようなものをつけておけば台風が来たときにスイッチ操作で一斉に開閉できるのではないかと言うことを伝えたかったのですが、やはり損傷確率よりもコスト増大になるのでしょうか。
2
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
https://www.asiabiomass.jp/topics/1412_03.html 風力発電ですと、このような仕組みや、一定以上の風速で停止するなど台風対策をされているので太陽光発電でも何かしら対策をとれるのではないかと考えました。
0
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav その装置の分のコストはもちろん、それによってモジュールの設置枚数が減る方が減収要因になりそうに思います。太陽電池、昔より随分安くなりましたので。
3
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
あー、なるほど、災害への認識が違いすぎるのか。九州出身としては台風・地震・火山を軽く見ることなんかできないので、「家の窓や屋根が損傷する場合と同程度のリスク」とか言われると「あぁわかり合えないんだな」と思ってしまいますね。台風の日に看板や瓦が空を飛んで壁や屋根、雨戸を破壊していく様や桜島の火山灰で全てが灰色になった世界を経験してみると実感が湧くと思うんですけどねー。
10
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino 損傷確率が同程度でも、家の屋根や窓が壊れたら、家の内部の被害が無視できないものと思います。でもモジュールは1枚例えば1~数万円とかその程度で、それっきりです。その実感が不足しておられるものと存じます。
4
yukisora@summer @phar_sav 2017年7月30日
教えて頂きありがとうございました。また、言葉を適切に使えれず申し訳ありませんでした。 http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/hoan/denryoku_anzen/pdf/012_01_00.pdf 見る限りは台風での損害についても、飛来物の破損よりパネルの脱落や設置設備の歪みの方が問題(設置業者の問題)のようですね。
3
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
太陽光パネルに災害時の課題 感電や土壌汚染の危険-http://www.sankei.com/region/news/160608/rgn1606080049-n1.html熊本地震ではこんなこともありましたね。これを特殊な事象と片付けるわけにもいかんでしょうし、日本の場合はこの辺のコストや不都合は乗ってくる前提で考えないと理解を得ていくのは難しそうですかね。
8
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
phar_sav モジュールはそれなりに強度も重さもありますので、これが飛散してしまいますとかなりの威力の「ミサイル」(←正式な用語)になり得ます。それだけに耐風設計はしっかりやらないといけないのですが、粗悪な設計・施工例があちこちで見られますので、先のコメントのように対策が進められているところです。先頃の法改正で改善命令も出せるようになったそうで、ガンガン取り締まって頂ければと思います。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino ハイブリッド車等と共通の課題かと。
3
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
kei_sakurai ああ、やはりそこはわかり合えない感じですかね。「1~数万円とかその程度で、それっきり」というのはちょっと一般的な感覚とかけ離れているように感じます。庶民には1万円だって安くないですし、それが毎年毎シーズンあるかもしれない、と思うとうんざりしそうです。毎年毎年何かしらの被害を被る見積もりとか考えてみたことありますか?
12
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年7月30日
kei_sakurai それはまさに「悪魔の証明」の範疇でしょう。可能と主張する側がそれを実証するのが筋であって、無理と思う、という側に証明責任を押しつけるような言説だから信用されんのです。
16
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino 話を逸らされています。それを保護する「覆い」の開閉装置のコストの方が損傷確率×モジュールの交換費用を下回るという、定量的証拠を御提示なさってからにして下さいな。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Kagura_d34272 証明が出来ないのならば、最初からそのような主張をされないのが筋というものと存じます。
3
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
kei_sakurai あれ?その話私がしてましたっけ?
8
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino ああ、その話に同意されていた訳では無かったのですね。それは失礼いたしました。で、1万円が安くないのは同意ですが、それと実際の損傷確率を掛け合わせたらどれぐらいになると主張なさっているのでしょうか。
1
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Kagura_d34272 あと「可能」とする資料もすでに提示した上ですので、念のため。
4
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月30日
kei_sakurai ご自身が何かを主張しておいて、それで大丈夫だという証明を他人に押し付けるのは信用なくすだけですよ
8
asa @asa0625 2017年7月30日
fukusukehino なんかロビイストが喚いているけどメリットがデメリットを完全に上回っていない限り再生エネルギーなんて普及するわけないんだよね。誰も自分の財布を痛めたいなんて思うわけないんで。その上こういった地域の特性やらなんやら加えていくともう果てが見えない。断層とプレートと雨風と火山とその他諸々自然災害の宝庫の日本を他所の国と一緒にされても困る。それと突っ込まれると自分は地味な研究しかして無いと逃げるのに喋るときは再生エネルギーの代表みたいな顔するのやめてくんない。
17
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年7月30日
kei_sakurai その「資料」や「証明」が不完全に見えるから「無理な気がする」と言われるんでしょうに。どちらが正しいという話とは別問題として、反対意見や懐疑的な人を説得できていない状況で、「相手を否定する側に証明責任がある」という手前味噌な態度をとるような真似をすれば信用されんのは当たり前ですし、それを冷静に理解できない人がデマ対策だなんぞ寝言にしかならんのです。
13
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
asa0625 まとめ本体にて紹介してますけど、実際にドイツでは再エネの普及は国全体の経済にとってもプラスになっている(そうなるように小まめに調整してきた)んですよ。こんなクッソ長い報告書を数年おきに作成して、チェックしながら進めてきてます。 https://www.zsw-bw.de/uploads/media/Studie_Beschaeftigung_durch_EE_2015.pdf
3
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月30日
kei_sakurai  さっと目を通したけど、日本の特殊事情に合わせた試算ってのが載ってるふうには見えなかったんで、できればその資料の何ページ目なのか教えていただけますか?
10
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年7月30日
kei_sakurai 単位面積あたりのリスクは同程度でしょうが、たかだか一般家庭の窓やら何やらと同じ面積のパネルで実用レベルになる程の発電ができるという話は聞かんですね。
9
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Kagura_d34272 ご助言ありがとうございます。ただでさえ関連情報の量が多く、理解が大変であろうことは私も懸念します。一方でだからと言って簡単に「無理」と言って人の足を引っ張られるのは、結局はご自分にとっても好ましくない結果を招きやすいだろうと思いますし、そのような考えを念頭に件のコメントを致しました。言葉足らずで申し訳ない。
5
Mo @mo9534156 2017年7月30日
黄砂とかも馬鹿にならなそうで、太陽光ってカタログスペック通りの発電力を早々維持出来るものなのかなぁ……と思った。纏めろくに読んでないけど
3
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
kei_sakurai 実際の損傷確率、ですか。うーん、そのへんが机上の話っぽくてみんな受け入れがたいということなんじゃないですかね?今の問題は再エネに関するみんなの認識が悪いほうに行ってるってところでしょ?そこを「エビデンスはこうだから進めていくのがスジ」みたいに大所高所から言われると「なんだ、うちらはシステムの歯車か」っていう反応になるんじゃないでしょうか。
8
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月30日
mo9534156 おいらが資料見たときはだいたい10年くらいでしたかね太陽光発電の寿命。 もちろんその後改良もされてるでしょうけど
2
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Neko_Sencho 具体的にどのような要因をお考えなのか分かりませんが、とりあえず「日本」で検索して出てくるあたりは如何でしょ。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Kagura_d34272 この場合、「モジュールの交換費用×損傷確率」がそのモジュールから得られる便益を上回るかどうか、が判断基準になるように思います。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino いやそこまでカタイ話でなくても、感覚でも良いですよ。例えば「台風が来ても戸外に飛ばされやすいものを放置するのが当たり前の地域」だったら、ホントにおっかなくて設置する気になれないかも知れませんし。
3
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年7月30日
個別事情や地理条件を、手前味噌な緩い検討しかせんでも「ドイツでできてるから日本でもできる」みたいな物言いが通ると言うなら、日本から隣国に鉄道線路や道路をホイホイ引いたり、公用語をドイツ語にしたり、自衛以上の戦力の軍隊を保持して安全保障問題を改善したり、色々と面白いことがデメリット無視してできるでしょうな。
13
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Neko_Sencho それは保証期間では無いでしょうか?今は25年とかもあるようです。 https://sumai.panasonic.jp/solar/new_product/
3
sako @SSako86 2017年7月30日
「相対性理論は間違っている、なぜなら自分には理解できないからだ。正しいと主張するなら自分に理解できるように説明しろ」って言っている人を相手にしているような大変さを感じました。
10
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
kei_sakurai ああ、そういうことであれば、「『台風が来ても戸外に飛ばされやすいものを放置するのが当たり前の地域』だったら、ホントにおっかなくて設置する気になれないかも」なんていう甘っちょろい意識は九州の人にはありませんよ。みんな毎年ひどい目にあって、次に向けてガッチリ固めて、それでも毎年いろいろぶっ壊れるんですよね。その「壊れるもの」が太陽光パネルだったら、と思うとげんなりするという話です。
17
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Kagura_d34272 私は件のIEAの報告書作成に関わってませんし、例に挙げられたような突飛な内容でも無いと思いますよ。むしろ現有技術同士を組み合わせながら手間暇かけてジリジリと段階的に進めていく、そんな地味なことが書かれてます。
3
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月30日
kei_sakurai 疑うわけではないのですが、何かもっともらしい資料だけ出しておいて、その資料の内容は議論と関係ないってのはネット上ではよく使われる欺瞞なので、できればどの辺が日本にも適用できるという話なのか、ページ数でお答えいただきたいのですよ、おいらも今ちょっと別のことやってる最中なので
6
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino そういう方も居られて不思議ではないとは思いますが、そうは言っても実際に九州でもそれなりに太陽光は導入されてますんで。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Neko_Sencho うーん、具体的に「どの辺」がお知りになりたいのか分からないと、絞りきれないです。報告書では東日本を検討対象に含めた上で(P22)、「VREの高い導入シェアは、長期的には電力システムにかかる費用コストの大きな増加なしで実現できることがわかった」と11頁に書かれてますが。
3
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
kei_sakurai 「それなり」まではいけると思いますが、今後ドイツに匹敵するほどの範囲で導入していこうと思うのなら台風・地震・火山などへの安心感の持てる対策というのは必須になってくると思います。求める普及の水準がドイツ並みなのであれば、そこを回避することは無理筋だと考えたほうがよろしいかと。「それなり」の人たちが導入した結果が熊本地震での「被災した家に近寄れない」という結果だったわけですし。
8
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino 破損設備の危険性低減については、モジュール毎に付加する制御回路等の製品自体はあるんで、どうしても必要とあらばそれを普及させるのが良いかと思います。またモジュールの破損確率については丈夫にするコストとの天秤なので(ガラスを厚くする等で対応できる話ですので)、市場の要求次第かと思います。
3
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
「高い理想とエビデンスがあれば推進力になる」というのはもちろん間違いない話だけど、「ドイツと日本との違い」という障害物への対応が雑だと簡単にクラッシュして粉々になると思うので、変にドイツ推しでグイグイ行くよりは日本ならではの問題を一つずつ解決していく形で推進していくほうが進んでいくと思いますね。
15
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
kei_sakurai 究極的な話ですが、市場の要求が「やっぱ無理」だったときは納得できますか?納得できない、となると結局けんかになるかと思うのですが。
11
人生よんしゅうめ@働きたくない @marumasa58 2017年7月30日
この辺反原発とも被るんだけど、拙速に動き過ぎて採算度外視で碌な結果になってないのがなと。火力発電は現場の努力(設備更新等)で何とかしろ的な感じで。そういう意味で、今の反原発やら太陽光発電やらのやり方はイマイチ賛同できないんですよね。
16
人生よんしゅうめ@働きたくない @marumasa58 2017年7月30日
あとこれは太陽光発電絡みでツッコミを入れたいのは、二酸化炭素排出量を減らすために森林伐採してパネル配置とか。
11
Mo @mo9534156 2017年7月30日
Neko_Sencho kei_sakurai 保障期間が10年から25年とすると、15年分くらいは安定した発電が見込める期間が延びたんですかね。まあ製品の仕様まで含めないで保障期間だけ比べてもなんですけど
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino それは同意します。その一方で、他国のことだからとデマ等を流布するのも、結局は問題解決を難しくするだけと思います。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino ちょっと文意が分からなかったのですが、「やっぱ無理」というのは、具体的にどのような市場の要求なんでしょう?
2
Mo @mo9534156 2017年7月30日
kei_sakurai 雨だけで意外と綺麗になるもんなんですね……アベレージが下がるのはまあしょうがないんだろうな。東京がどうかは良く分からないんですが、黄砂がひどめの地域だと車のフロントガラスとか洗っても洗っても一晩で砂だらけなんでそういう地域だとカタログ通りにはいかなさそうですねぇ
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
marumasa58 現状の日本が拙速なのは全く同意です。ドイツはそうなりそうな時は速攻で修正かけてきてるんで、見習うならそういう所も見習って欲しいと思います。
2
キケリキー @KIKERIKI17 2017年7月30日
再生エネルギーの話は、立ち位置で語られる内容が違うから、ドイツは大失敗してるか大成功してるか極端で、どっちの意見も、それなりに参考資料が提示されていて、面白いね。失敗ってのが検索で上位にくるのは、2012年あたりの情報だったりもして、その頃はパネル企業倒産とかもあったようだけれど、環境省も2015年段階では、ドイツは課題に直面しているって分析だね。今や巻き返しのときですって感じなのかな。
1
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月30日
kei_sakurai 見たけど一般論だけですよねえ、電力不足への対応の話じゃないように読めます。 風力や太陽光は安定して電力を供給できるわけでもないので、そのへんの対応をどう考えているのか。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
marumasa58 森林は二酸化炭素だけでみても削減じゃなくて「空中の二酸化炭素を再固定する」という太陽光発電にはない機能がある上、治水や林産物や生物の住み処等の機能まであるんで、伐採すべきじゃないですね。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Neko_Sencho 太陽光や風力の出力が減る(増える)時の対策についてでしたら、急変に対応しやすい柔軟な電源を増強する、需要制御(DSI)で需要も減らす(増やす)、等の対応が主体になりますね。6~8章あたりに詳述されています。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
mo9534156 日本は雨が降るからまぁ普通は放ったままで良いんですけど、砂漠なんかでは能動的に砂を落としてやらないといけないようです。
3
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2017年7月30日
例のはなし、高止まりした電気料金の下では電力はエネルギーソースとして化石燃料との経済性競争に負ける(のでCO2が減らなくなる)、みたいな話だと勝手に推測していたのですがどうなのでしょう。そのための、石炭系への補助金廃止、という話なのだと理解しています。
0
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Holyithylene ?すみません、何か違う話なのではないかと…(^^;
3
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月30日
kei_sakurai で、そういう電力の増減への対応のしやすさが、電力を融通できるドイツと、事実上自前でやるしかない日本とでは難易度が違うという話でしょ?
4
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
kei_sakurai たとえばコスト的な面で設置しても割に合わないとか、天災などで何かメーカーや施工側に責任を押し付けられるような流れになって「そんな責任とれないよ」となったりとかですかね。責任問題は契約で回避するにしても、安心を求めた結果コスト的に割に合わなくなってやってられなくなるというのはありうる話だと思うんですよね。
8
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Neko_Sencho 用いることができる手段が違うのは確かですが、逆に日本は貯水式水力(=柔軟な電源)が多い特徴もありますので、定性的な議論だけでは何とも言い難いかと。
3
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
kei_sakurai デマ等が流布されるのは許されないと思いますが、理想的なイメージばかり発信するのも誘導的だと思うので、そこは皆バランスを取っていかないといけないと思いますね。
12
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino それは個々のユーザーが求める「安心」のレベルや判断基準に依存しますので、ケースバイケースとしか言いようが無いように思います。
3
人生よんしゅうめ@働きたくない @marumasa58 2017年7月30日
あとは日照時間と効率だけで話進めると色々と問題ありそうで。極端な例だと静岡の地震のリスク、桜島の火山灰やら。逆に福島とか好立地なので時間をかけてでもそちらに作るべきだとか。原発を今止める為じゃなくて、今は原発動かしてでも長期的に見て移行する為の再エネであって欲しいとは思います。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino というかドイツは国全体で利益になってる以上「成功例」と言える訳で、むしろ2008年に市場大暴走→慌てて止めて市場全崩壊させたスペインとか、そういう明らかな失敗例の方が参考になると思うんですよね。なのに何故そこでデマや詭弁まで使ってドイツをわざわざ攻撃するかな、という感じです。
3
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2017年7月30日
kei_sakurai や、単純に電気料金が高ければ皆が化石燃料を直接熱源に使う方向にシフトして結果としてCO2が減らない、あるいはこれ以上値上がりするとそういうシフトを引き起こしてCO2を減らせなくなる、みたいな話が曲解されてあの記事になったのかなと。
1
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Holyithylene いや、そういう話じゃないですー。典型的なチェリーピッキングとか、そんなんですわ。(^^;;
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
marumasa58 私は原発即時全廃論者じゃありませんので、念のため。だいたいドイツにしても、きっかけとなったチェルノブイリから全廃まで40年近くかける訳で。(脱線しやすいから、これ以上こっち方面の話は避けたいですが)
2
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
ドイツの「エネルギー転換」が大失敗だったと明らかに 実は環境のためにもなっていなかった-https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170728-00052422-gendaibiz-bus_allこういうのはどうなるんでしょうかね?デュッセルドルフ大学の教授がドイツのフランクフルター・アルゲマイネに載せた記事で結構酷評してるそうですけど。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
その記事がまさに、このまとめ冒頭のデマと詭弁に基づいてる例ですよ。
6
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino そもそも国全体で利益になってる&火力並みに安くなってるのに、それらには一切言及せずに「失敗」などと断じる行為について、どう思われます?
3
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
デュッセルドルフ大学の教授がデマを流してるということなんでしょうか。だとすると大問題なのでは。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
fukusukehino ほら、日本にも「大学教授」なのにデマ流しまくってる方がおられるじゃないですか。それと似たような方がドイツにも居られる、ということかと。
4
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2017年7月30日
日本の太陽光発電については、幾らこれから安くなるといったところで、全電力の1割程度という枠のかなりの部分がすでに”高額買取の太陽光発電”で埋まってしまっていることが問題で、これは単純に現時点で安い太陽光の恩恵にあずかれないという点だけでなく、設置関連の技術的断絶を産んでしまう問題があると認識している。低コストで建設する技術や人員を維持するには一定量を作り続ける必要がある。
12
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2017年7月30日
とくに、ここ数年の大量導入期に導入された太陽光発電設備が2030年代にFIT切れになったとき、土地代などの維持コストが見合わずに即座に退役する分がかなり発生するはずであって、その埋め合わせのために新設が必要になるだろうし、退役せずとも20年経過は設備更新の時期であって、いずれにせよ設置作業が集中するはず。
4
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2017年7月30日
この設置作業の集中に対して、2020年代に太陽光発電所の新設が細々とおこなわれるだけの状況だと、ノウハウのある企業や人員について枯渇や断絶が発生してしまうために、設置コストの上昇が起こってしまう結果として、また高いFIT買取を始めなければならなくなることを心配している。
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Holyithylene 同感です。さらに他の再エネにも悪影響(送電線を先に埋めてしまう、そもそも金を単独で使いすぎ等)なので、結局は再エネ全体の普及を遅らせる危険性も。
5
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2017年7月30日
このあたり、先行事例であるドイツがどのように解決しようとしているかは興味のあるところ。
1
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
Holyithylene 自国企業にスキルが無ければ、他国企業が入ってくることになるのではないかと。 自国企業が海外に出て行って鍛えていれば、また話は変わるでしょうけど。
4
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
[c3992215] 現状はそもそも買い取り価格がまだ高いのが主因ではないかと…業者間のバラツキが大きいので。
3
つかれてるひと🐱🐾💞 @hiroukonpai 2017年7月30日
ドイツの買取価格7円って凄いですね、日照時間1200時間/年で1kwh辺り8400円/年 ここから資源エネルギー庁の算出したメンテ費用年間3600円を引くと年4800円 設置費用は家庭用で1kwh辺り大体30万円なので4800円で割ると62年、メガソーラーなら20万円ぐらいなので41年ぐらいでトントンになりますね 楽勝だ(ぐるぐる目)
1
つかれてるひと🐱🐾💞 @hiroukonpai 2017年7月30日
ドイツって初期の頃は馬鹿高い価格で買い取ってたんですよね?  既に投資回収が終わって損益分岐点超えてるから安くなってるんじゃ・・・?
4
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2017年7月30日
kei_sakurai すみません、リプライ先について書き換えようとして一度削除してしまいました。元を残しておきます。 >日本の場合は、先行して低コスト化が進んでいたはずのドイツあたりの企業が入ってきての現状なので、残念ながら他国企業もあまりあてにできないかなと思っています。
1
低浮上monolith@フォロー外から失礼します @se_monolith 2017年7月30日
これだけよってたかってもたった一人の学者を全く論破できてないとは。しかも反再エネのイチャモンばっか相変わらずイイネがついてるし
5
fukusukehino @fukusukehino 2017年7月30日
kei_sakurai なるほど、そういう人もいるかもしれないですね。ドイツ語は分からないけど翻訳ソフト使って確認してみます。さすがに読みもせずデマと断じることはできないので。
3
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
hiroukonpai 固定価格での買取期間が20年で、ドイツで普及が本格化したのが2003~2004年頃からですので、2023年頃からそれらの買い取り価格が高かった設備の分の賦課金が減少していくことになります。
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2017年7月30日
hiroukonpai ドイツでは設備導入費用も日本よりずっと安くなってるんで、収支もそちらで計算する必要がありますよ。欧州全体との比較ですが、下記既出資料のP9(12ページ目)あたりが内訳も載っててご参考になるかも。 http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy_environment/taiyoukou/pdf/report_01_01.pdf
4
秋ゑびす●神佛にも、人の詣でぬ日、夜 参りたる、好し。(吉田兼好) @yamashita99 2017年7月30日
太陽光発電って、『火力発電の為の石油を節約する』程度の効果とワキマエてる方が、賢明なのにな。夢のエネルギーなんて..
6
akiteru @akiteru000 2017年7月30日
なぁ、何度でも言うことになるんだが、再生エネルギーが本当に有効な手段であれば、とっくの昔に、それでなくても震災後からでも電力会社や東芝、日立、三菱、IHI等が本腰を入れて開発しているはずなんだ。
12
Kitty_Guy_Records @cherry_ITO 2017年7月30日
ドイツデワー ドイツデモー
10
Thomasunculus @thomasunculus 2017年7月30日
本筋と関係ないですけど、「日本の個別事情や地理条件」という文言は多数みられるなかで、「日本の再生エネルギー技術は低いから、ドイツのようにはいかない」という書き込みがないのが気になりました(見落としていたらすみません)。私はこれもあると思っていますが。たしか京大の安田さんも似たような指摘をなさっていたと思います(日本で再生エネルギーを普及させるに足るほど電力技術が発達していない)。
4
Thomasunculus @thomasunculus 2017年7月30日
日本企業の凋落っぷりをみれば、今後の議論としては「ヨーロッパではそういう技術があるが、現在の日本では導入が困難である」という局面がいろいろ出てくると思うのですよ。そうなってくるとヨーロッパをどれだけ参考にできるか、というところでも昭和のような追求型は困難になってくるかな、と。
2
キケリキー @KIKERIKI17 2017年7月30日
やはり面白いのが、ドイツでは停電が頻発するって話と、ドイツの電力供給は安定しているって言説が、両説もっともらしく語られること。このあたりも、自然エネルギーに転換が進んで技術が安定したから、もう大丈夫、ドイツの科学力はセカイイチって感じなのかもね。
4
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年7月30日
リスクって単純に「発生確率×想定される被害」なのですよ。で、「太陽光発電が何らかのトラブル抱え込んで使えない時に他所から電気を買えるや否や」というパラメーターで「想定される被害」は大きく変わるわけですよ。そこに関して地理的に(物理的に)陸続きのドイツと、海に囲まれて孤立してる日本では全然難易度が違うわけですよ。その点だけでもまず明確に条件が違うわけで、「ドイツでは~だから」という前提を使うなら、この差を埋める有効な方法を明示してくれませんかねぇ?
15
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年7月30日
Kagura_d34272 まあ「トラブルがなければ問題はないから想定する必要もない」というのも1つの解ではありますが、だったら別に原発でええやんって話になるわけです。程度問題でこそあれ原発も太陽光発電も過去に、発電方法が原因に近いトラブルは起こしてるわけで(原発は言うにおよばず、太陽光発電は洪水時にパネルが流れたり漏電を引き起こす、反射光による近隣住民とのトラブル等)、そういった経緯を無視して「リスクを度外視する」が可能なのかはかなり疑問ですがねぇ。
12
撃壌◆ @gekijounouTa 2017年7月30日
再生可能エネへの過剰な導入や礼讃は害にしかならないけど、それにカウンターしてるうちに魔物になってしまった人がちらほら見えるコメント欄…
6
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2017年7月30日
kei_sakurai 燃料費を再エネでコスト削減する発想でなく、火力発電の電気の価格をあげて維持、コスト削減は再エネ費用が安いことでバランスをとるということでしょうか。ちょっとまだ時間がかかりそうですね。再掲しますが、http://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/15111901.html 全体の制度設計は、ドイツの火力発電所の実態を見ますに、予測して制度設計するのはかなり難しいですね。
2
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年7月30日
至極当たり前のことですが、国によって技術力、地理的配置、割けるリソースや資源は違うわけでして。「他国でできるなら日本でもできる」という単純なロジックでいいなら、先ず「日本でもアラブ諸国のように石油を掘って原油輸出国になり、MSやApple、AmazonやGoogleのような企業を作って外貨ガンガン稼いで、北欧等のように福祉も手厚くして国民の負担を減らし、米中のように単独で戦える戦力を持ち、スイスのように独立を守る」ぐらいに国を改善すべきでしょう。再生可能エネルギーなんて些事より先に。
12
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2017年7月30日
日本では火力発電所や送電線などとのからみで再エネの購入に制限が出ますが、そうなっているのも仕方ないような気がします。 kei_sakurai おっしゃるように蓄電池あるいは蓄電システムによって変わる面は大きいと思います。コストは下がってます。。ただ蓄電使うと たとえば太陽光で発電する価格 に 蓄電をつかう価格 が上乗せされてしまうので、それでも安いとなると技術的にだいぶ先になってしまうのでそれまでつらいですね。
1
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2017年7月30日
また、蓄電池も大きいので、再エネも場所をとりますが、さらに面積をとることに。。。 namatyokoyaki 国土をどう使うかの設計も大事になってきますね。。ページ数多いのに指摘ありがとうございました
0
キケリキー @KIKERIKI17 2017年7月30日
ドイツのQセルズは倒産したし、飛ぶ鳥を落とす勢いだった中国のサンテックも破綻した。これは、2012年から、2013年あたりのお話。当時、ドイツも中国も、太陽光発電は国策レベルでバックアップしていたはずなんだ。もちろん、今は昔のお話だけれどもね。ドイツも中国も、自然エネルギーの利用では、世界を大きくリードしてる。国がある程度自由にできる分、中国は伸びるだろうな。世界最大の水上設置型とか作ってるし。
4
キケリキー @KIKERIKI17 2017年7月30日
ちなみに、ここ数年、長野とか群馬とかで、すごい勢いで太陽光発電のパネルが設置されだしてる。自由化とか買取価格とか、色々あるんだろうけれど、ここの話を聞くと「買い取りを高価格にすることで普及が進んでいるが、日本の遅れた技術レベルでは負債になるだけ」って感じ?
0
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2017年7月30日
ドイツならできる、再エネを発電しすぎたときにほかの国に安く売ってコストダウン、が日本ではできないっていうのもありますなあ。。日本だとそのまま。。。かまだコストがかかる蓄電をコスト回収できる分置くだけ、とか揚水(できれば)。。 ところで日本の技術が遅れているっていうの何かデータ出せる人いますか?
3
Chariot @BLACK_RX_24 2017年7月30日
ドイツはフランスの原発で作った電気買ってるしな
8
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2017年7月30日
温暖化が進むと、今でさえ荒廃が進んでる中国ヤバいからな。中国はこれからも再エネ進めるだろうし、原発はもっと進めるだろう。
3
yaya @yakumokumaneko 2017年7月30日
ああ、確かに太陽光発電で賄えるくらい普及させたらCO2の排出量は十分削減できるな。納得した。
0
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月30日
kei_sakurai これは制度の遅れなので研究者の方に責任はありませんが、現状廃棄コストがユーザー側の認識にほとんど入ってない点は、今後の問題になると思いますよ。
2
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月30日
一般家屋の場合、売電価格と発電量と耐久性のバランスで採算ラインを判断するわけだけど、発電量の上昇と売電価格の減少とがだいたい釣り合ってるので、過去に採算ラインに乗れなかった家は今後もおそらく採算ラインに乗れない。
2
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月30日
採算ラインにギリギリ乗った家屋が、20年後設備を更新しようと思ったら、同じくギリギリの採算ラインになるところに数十万円の廃棄コストが乗っかる。大抵の家では断念すると思われる。その結果「発電に適した条件をほぼ満たしているのに新設できない家屋」ができあがる。おそらく取り壊しまでそのまんま。
5
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2017年7月30日
家計の話なら別にそれで問題は特にないけど、発電計画に組み込むなら話は別。積極的に更新して貰う制度が必要になる。要するにコストの肩代わりがいる。で、電気代に反映される。太陽光発電に関わってない人の不満がまた大きくなる。
3