「戦後の人間が戦前や戦時中の人間と遭遇して、『日本は負けましたよ』と言って激怒される」ネタの初出はどこか。

ドラえもんは反日プロパガンダだった? https://togetter.com/li/1135062
13
芦辺 拓 @ashibetaku

ドラえもんまで反日扱いとは恐れ入るが、戦中にタイムトラベルした人が「日本は戦争に負けました。今は平和国家です」と言って憲兵に捕まるのは定番シーンだった。サンデー連載「タイムマシン戦艦大和」とか(図は尾形恭さんのサイトから)。これは敗戦とその結果としての繁栄をしっかり認識してた証拠 pic.twitter.com/l7fSTOv6Ba

2017-07-30 05:27:46
拡大
Tad @TadTwi2011

藤子F先生の「過去へタイムトラベル」→「日本は負けると告げる」→「激怒」ってパターンは定番中の定番で、当時はイチャモン付ける人なんかいなかったわけで。 pic.twitter.com/brSgQtiASY

2017-07-30 18:25:04
拡大
鳳 明日香 @phenixsaber

と言うか、昭和期のタイムトラベル物で戦中の日本に行ったら、大抵このシチュになるくらい定番のパターンだったな。 twitter.com/ashibetaku/sta…

2017-07-30 23:31:35
芦辺 拓 @ashibetaku

そこまで覚えてないんですよ。引用元のページ見ると由比正雪の乱が出てくるというのがうっすら記憶に。RT @hirorin0015: @ashibetaku 「タイムマシン」って江戸時代に行って自転車作る話でしたっけ?

2017-07-31 02:08:28
カスガ @kasuga391

この手の「戦後の人間が戦前や戦時中の人間と遭遇して、『日本は負けましたよ』と言って激怒される」ネタの初出ってなんだろうね。

2017-07-31 14:29:49
カスガ @kasuga391

ちょっと調べてみたら、小松左京の「風俗バー」がサンケイスポーツの1964年11月30日号で、冴吹稔氏の紹介された『オバケのQ太郎』の「戦争はおわったのに」の回(別冊少年サンデー1964年12月号)とほぼ同時期だった。 pic.twitter.com/0H5e62xD8W

2017-07-31 14:30:35
拡大
拡大
カスガ @kasuga391

小松左京のデビュー作である「地には平和を」(1963年『宇宙塵』63号掲載)にも似たような場面があり、私にわかる限りではこれが一番古い。 pic.twitter.com/pjesvOrSOF

2017-07-31 14:32:36
拡大
カスガ @kasuga391

ただ残念ながら小松左京や藤子不二雄ほどの才能をもってしても、戦後70年経った日本人が「日本は戦争に負けましたよ」と言われて激怒する状況は予想できなかったようだ。

2017-07-31 14:38:08

コメント

ヒジャチョンダラ @citabow 2017年7月31日
まさしく定番中の定番、うんざりするほど繰り返されてきたネタ。あまりに定番なので近年だと変化をつけてきたと思う、「ジパング」とか「夏のあらし!」とか。だから却って定番のネタが分らない人が出て来たのかも。
0
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2017年7月31日
「地には平和を」って創られた平行世界を収斂する物語じゃなかったかと記憶していたんで調べてみたが、戦時中と言っても昭和20年「10月」の物語だからねぇ(とはいえ、6月や7月に降り立っても同じことを言われるだろうけどね)
0
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2017年7月31日
大正時代に飛んでも怒られる作品なら、なろうにあった。 http://ncode.syosetu.com/n4154cc/
0
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月31日
そのうち日本国内でも、日本が勝ったという勝ち組と負けたという負け組で対立する時代が来たりしてw
2
ネットで通りすがるブラジル人 @ntbxp 2017年7月31日
Neko_Sencho こっちでは臣道連盟というものがあったけどね・・・
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年8月1日
まとめお疲れ様です。カスガ氏関連だけでも、たぶんこのまとめ以降につぶやいたツイートがあり「ブラジル勝ち組騒動」や「逆にこのネタはいつまで使われていただろう?」みたいな議論もあるので、可能なら追加収録を希望
0
たけ爺 @take_ji 2017年8月1日
時間を越えなくても、横井庄一や小野田寛郎などのように”リアルタイムで敗戦を信じていなかった人々”がいたからね。 ネタでなく”そのような人が戦地にまだ残っている(可能性がある)”というのは「ありうる」常識だった。
2
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2017年8月1日
take_ji 上の「オバQ」が未来とか○十年後ではなく「いまはみんな平和に」と言ってるので、まさしく時間遡行ではなくジャングルを訪れたエピソードなのでは? アニメの新オバQでは放送してる最中に横井庄一帰還がニュースになってたのでタイムリー。「沖縄も返還されたし」と言うと「元々日本のものだ」と南方残存日本兵に激怒されてたような。
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年8月1日
オバQではもっとさかのぼって「平家の落人部落が全く世の移り変わりに気づかず源氏打倒を目指して武力を蓄えている」というネタもありました。その回のオチがまた時代性があっておもしろいんだけど秘密(笑)
2
雨男 @ameot0k0 2017年8月1日
「日本が~」という条件にとらわれないなら海外の古典SFですでに同じ台詞がありそうな感じ
0
ShadowP @pre_shadow 2017年8月2日
そりゃ、「未来からきた」とか言う訳の解らん奴がいきなり「お前のやってることは無駄だぞ」って言ってるようなものだからなぁ。懸命にやっていればやっているほど、怒りたくもなるだろうよ。
3