10周年のSPコンテンツ!
0
mitomasan @mitomasan
これから(15:45から)お話するデブサミ関西2017【C-4】の資料です! 3000社の業務データ絞り込みを支える技術 #devsumiC slideshare.net/RyoMitoma/3000…
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC 3000社の業務データ絞り込みを支える技術 〜kintoneのアーキテクチャと高速化〜 三苫 亮 [サイボウズ]さんの話へ。去年のセッション内容が興味深かったので
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC スキーマ不定な業務データを扱うためのKindle現行アーキテクチャと現在進んでいるElasticserch利用の話
らん🐷🐽🐖 @run51502
ラーメン屋のリストは管理したい #devsumiC
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC RDBMSはスキーマ固定。スキーマ不定なデータは、構造はあるけど変わる。構造がないスキーマレスと異なる。
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC スキーマレスは全部連想配列/Map/Hashでやるイメージ。スキーマ不定は実行時に型が変わる、Rubyぽい世界観。スキーマ固定は実行時に変更は許さないJavaぽい世界観。
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC ビジネスの現場でありがちな要求「また話が変わったようだな」
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC kintoneはスキーマを自由に設計できるWebデータベースであるが、バックエンドはRDBMS
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC RDBMSでスキーマ不定データを扱う4つのアプローチ。1)構造写像アプローチ:型が変わる度にDDL発行。デメリット:インデックス戦略がアドホックになりがち
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC 2)モデル写像アプローチ…DBアンチパターンのEntity Attivuteパターン(何でもテーブルですね)。デメリットはパフォーマンスが悪い、インデックスを張るのが難しい
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC 3)salesforceアプローチ…リザーブ列を予め用意(それ、COBOLで見た)。検索用にインデックステーブルを使用。デメリット:項目数に上限がある
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC 4)friendfeedアプローチ…データをシリアライズして1カラムに放り込む。JSONみたいなイメージ。検索用にインデックステーブル。デメリット:データ更新やシリアライズ・デシアライズのコストが大きい
Wataru Sato @awwa500
kintoneはfriendfeedアプローチとのこと。データをシリアライズして1カラムに突っ込む方式 #devsumiC
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC kin toneはfriendfeedアプローチ。命名元のfriendfeedというサービス今はもうない
Wataru Sato @awwa500
データテーブルの他にインデックステーブルをカラムごとに保持する #devsumiC
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC SQLで書くとこんな感じ SELECT データ FROM データテーブル JOIN ●インデックステーブル ON データテーブル.テーブル=●インデックステーブル.テーブル AND データテーブル.番号=●インデックステーブル.番号 JOIN ●インデックス…
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC kintoneは業務システムなのでデータ量は 多くとも数万件のオーダーで済むという前提があった☺ < 我々は非機能要件で保護されている!続きは後半で…(あああああ、)
Wataru Sato @awwa500
データ量はそれほど増えない、という非機能要件が崩壊 #devsumiC
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC kintoneでのデータ絞り込みは、UIやREST APIから独自クエリを発行して、AST(抽象構文木)に変換後、SQLに変換している。ASTに変換するメリット:構文エラーを検出できる、安全に書き換えやすい、SQL以外に置換も可能
szkayeah @szkayeah
前回のふりかえりみたいになってるw #devsumiC
鎌玉 大 @kamatamadai
#devsumiC ここからはkintoneにまだ反映されていない処理について。パフォーマンス問題をどうするか?インデックステーブル、データテーブルを引っ張るSQLが遅く複雑。大量のJOINをどうする。そこでElasticsearch
近藤佑子🌸9/7DevRel/Japan @kondoyuko
サイボウズ三苫さんのセッション。kintoneのアーキテクチャの解説です。 #devsumiC pic.twitter.com/dskQm1wO8C
拡大
残りを読む(6)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする