2017年9月22日

白鯨伝説感想

白鯨伝説全26話の感想になります
5
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんな訳で、サクラ大戦シリーズのOVAから変わりまして白鯨伝説について書く事にする。これはわとそんさんから主人公がアンドロイドですよと勧められて見るきっかけが出ていたのだが、出崎監督作品でもあり、また当時製作会社の倒産で中断したっぽく(その後再開したが) #白鯨伝説 pic.twitter.com/t7TuwU1UPM

2017-09-22 02:44:59
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

何やら色々と波乱万丈な作品だったり、出崎監督作品としてあけっぴろげでハチャメチャなノリからカルト的な人気を得ているっぽく、気になっていたと言えばそうなるのかもしれない。何やら白鯨を原作としているっぽいが、宝島とガンバの冒険辺りをスペオペにしてアレンジしたような作品だと #白鯨伝説

2017-09-22 02:46:32
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

今のところ第2話まで見て感じる所ではある。そんでもって個人的にキャラデザが大変素晴らしいと惹かれるものがある。出崎監督の相方こと杉野昭夫氏は連名で原作で表記されているが、キャラデザは高谷浩利氏な訳で……大分杉野氏のタッチを垢ぬけた当時のノリにアップデート出来ているなと #白鯨伝説 pic.twitter.com/GHYjaWCZd3

2017-09-22 02:57:26
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

これは見ていて凄い思った。何処となくからくりの君ではないが藤田先生のタッチを彷彿させるが、同時に杉野氏の雰囲気も備えていると思う。杉野氏はキャラクターデザインに関与されているかどうかわからないが、良く杉野タッチを御自身のものにしているなとは確かに思える。本当恰好よい #白鯨伝説 pic.twitter.com/p4YxbZyE9e

2017-09-22 03:00:19
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんでもって、概ねの粗筋はスペースバブル崩壊後、宇宙のデブリを回収してそれを売りさばいて生計を立てていく”鯨捕り”と呼ばれる者たちの物語だが。主人公の少年ラッキーが鯨を探して追う中で、エイハブ艦長らと出会い、彼らエイハブグループの一員として航海の旅に出るといった #白鯨伝説 pic.twitter.com/JjnFvBmuUK

2017-09-22 03:03:38
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

実はエイハブとラッキーが大塚明夫さんと水谷優子さんな訳でこれはブラックジャックではないか?と思うのはともかく。ラッキーが語り部を務めている辺り宝島のジム少年っぽく、またエイハブがジョン・シルバーに見えるなぁと感じるのは凄いある(笑)。そんでもってこの宇宙の鯨捕りを #白鯨伝説

2017-09-22 03:06:30
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

エイハブの部下達6人が単身で宇宙空間をエアバイクで駆けて戦う(あらかじめ2時間だけ真空でも活動できるように肌をコーティングしてる)辺りの命知らず、男たちが体を張って巨大な獲物を得ようとしている所はガンバだなーと思ったりしている。そんでもって #白鯨伝説 pic.twitter.com/JEixi4P5of

2017-09-22 03:08:55
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

やはり、エイハブ艦長が大変パワフルで素晴らしい。狩りの前の腹ごしらえで豪快に食べて飲むのはともかく、仕事敵からいちゃもんをつけられてモリを突き付けられても笑みを崩すことなく #白鯨伝説 pic.twitter.com/mr63l4FQpo

2017-09-22 03:12:10
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

おとといきやがれ!と一喝してそのモリを豪快に噛んで捻じ曲げてしまう辺りは脱帽せざるを得ない。これは確かに海の男としてあこがれの姿なのかもしれないとか。そんな彼らエイハブグループが獲物を手に入れる所で #白鯨伝説 pic.twitter.com/FfMPUcpBwR

2017-09-22 03:14:02
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そこにコールドスリープ状態だったアンドロイドのデュウを発見する。この辺りでプロローグが終わりといった所。戦闘もこなすデュウが狩りにどれだけ出て戦ってくれるかジャンルとしてかかっているのだが、はてさて…… #白鯨伝説 pic.twitter.com/ObENG19aTJ

2017-09-22 03:15:36
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

続いて白鯨伝説の第3~5話まで。この辺りでデュウが仲間に加わり、ラッキーの正体がサチコという少女だと判明。さらに彼女の故郷モレドが圧政に苦しみ、エイハブにとって因縁の白鯨がいるとの事から一同がモレドへ向かう事でプロローグが終わったような所だが #白鯨伝説 pic.twitter.com/wdv0fX0lDg

2017-09-24 16:44:56
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

しかし、出崎監督の熱血ものは良いと改めて感じる。白鯨伝説に早くもキャプテンハーロックに続く熱血アニメのような印象を感じているが、そちらが静かに燃えるタイプとすれば、こちらは激しく燃えるような作品として勢いがあるのだが、その勢いと別に視聴者を包み込むような #白鯨伝説

2017-09-24 16:47:46
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

包容力。ひいてはそれがエイハブ艦長のキャラクター性とカリスマにつながってくるのだろう。威厳があるのと豪快で思い込んだら即断の彼に親しみを感じてしまう。第3話でデュウに惹かれて勧誘する際のバイタリティーが素敵。 #白鯨伝説 pic.twitter.com/LiPtC8VUGv

2017-09-24 16:56:55
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そしてこのあたりの腕っ節の強さもまた恰好よい。なにかにとりつかれたようにおもいこんだら一途な彼だが。白鯨の存在を知るまで自分を演じ続けていたっぽく、ラッキーから白鯨が健在だと知るとまぁ #白鯨伝説 pic.twitter.com/S7HIOV8US1

2017-09-24 17:16:34
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんな訳でエイハブが自室へ閉じこもってしまい、クルーに緊張した空気が走るのだが。デュウに弱虫だと指摘されてそうじゃない!と結構本気で怒っている所が妙に萌える。最も彼自身白鯨との因縁があり、それを忘れようとしても名前を口にするたびに記憶が思い起こされるといった #白鯨伝説 pic.twitter.com/K9wV70UNlW

2017-09-24 17:23:06
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

いった様子だが、本人が必死に否定しているというより、笑いながら少し自虐っぽく語っている所に大人の余裕を感じせる訳で。それから忘れちまったんだー!と少し棒っぽく叫びつつ、デュウへ出てけー!と怒鳴る所も表情は寧ろ喜んでいるような(しかし凄い顔)様子に彼自身 #白鯨伝説 pic.twitter.com/XiZZClXW4F

2017-09-24 17:26:23
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

自分自身の過去を容赦なく呼び覚ましてくるデュウへわずらわしさより、堂々と自分のテリトリーへ入ってくる図太さを認めているような感情があったのかもしれない。そして彼がふっきれる一因が部屋にやってきたネズミであり、ネズミから慌てて逃げ出して、)厨房に入りこんで食料を運び #白鯨伝説 pic.twitter.com/h938W5QLjg

2017-09-24 17:28:32
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ネズミから食料を守る為かと思えば、自らの腹に平らげてしまう辺りが実にパワフルと言わざるを得ない。またラッキーが自分のせいでエイハブ達の空気を重くしたと悩むや否や部屋を飛び出したと聞いて、彼もまた大急ぎする描写も躍動感がある。 #白鯨伝説 pic.twitter.com/aVIDhS7dKa

2017-09-24 17:30:18
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

それから、エイハブの部屋の前でモレドへ向かってほしいとラッキーが必死に頼めば、一同も彼女に感化されて戸をこじ開ける。けども彼は既にもぬけのがらで、それどころか映画館へ足を運んで一服していた辺りも余裕を感じさせる。一同揃っての映画鑑賞の中で #白鯨伝説 pic.twitter.com/GNuKRQMIXP

2017-09-24 17:32:20
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

例え、その映画がどれだけチープなものであっても必ずしも終わりがあるもので、人間にだってストーリーに終わりがあり、自分は終わらせる事から目をそむけて鯨捕りをしていたと語る所が渋い。エイハブの過去が何となくコブラを彷彿させるが確かに破天荒さは健在であり、若い頃に無茶して #白鯨伝説 pic.twitter.com/kyTbrw2MpZ

2017-09-24 17:34:24
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

白鯨に片目片腕片足を奪われた事で因縁の相手と見なしていたという。今そのリベンジの為自分の人生を再開させるとのことで、その為に一度鯨捕りを解散させようとするが、既に彼の目的を看破していたクルーが退職金がてらの金貨をエイハブの元へぶっかけて #白鯨伝説 pic.twitter.com/7Q1BvAQ7nW

2017-09-24 17:36:19
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

今あるすべての宝よりまだ見ぬ財宝と一致団結してモレドへ向かう。こうしてみると本当にエイハブ艦長が格好良すぎて振るえる。冷静沈着でもあるが大胆不敵な豪快な男として。それと別に大食いで感情の表現がストレートな辺りに屈託のなさを感じさせる親しみがあるのかもしれない。憧れる #白鯨伝説 pic.twitter.com/3kd8why5lZ

2017-09-24 17:38:11
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

続いて白鯨伝説について第6~8話まで。惑星モレドへ向かっての旅路が描かれるが然程話が進んだ印象はない。だがその中で第6話からやってきたホワイトハット刑事が過去にエイハブが脱走したことでとにかく追っかけまわすいわば銭形ポジだが #白鯨伝説 pic.twitter.com/fhd7EacHRj

2017-10-09 14:52:14
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

過去に宿直だった特にエイハブが脱走したせいで、人生が狂ったとのこと。その責任を取らされて6割の減給処分を受けたショックで禿げる演出が笑いを誘うのだが #白鯨伝説 pic.twitter.com/mQPEJ5zdw8

2017-10-09 14:54:11
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんな彼だが、一時エイハブを逮捕するも結局奪回を赦してしまい、その上人質として捕まってしまう。彼としては何とも状況を打破したいのだが、エイハブからすれば過去に拷問を受けたことはそれはそれと流して、弄りつつも気に入っているっぽく #白鯨伝説 pic.twitter.com/izzP6rVkEc

2017-10-09 14:56:57
拡大
拡大
残りを読む(16)

コメント

ほうじ茶 @hot_Apple_Tea 2017年9月23日
白鯨伝説いいよねえ… いわゆる出崎演出っていうのかな?劇画調の止め絵が要所要所に入ってくるのがすごくカッコイイ ストーリーは重くてシリアスなのに仲間たちのオヤジギャグ?の応酬が軽妙かつものすごくくっっっだらなくて力を抜いて見られる
0