編集可能

「ネタバレして欲しい人」とはどういう人達のことを言うのか

あんまし雑にわかった気になっちゃうのは良くない。
20
朝凪時雨 @shigure_asanagi

私はネタバレ、特に結末をバラされるのがたまらなく好きで、何故かっていうと私の中では「結末がわからないワクワク感」よりも「結末を知ったうえでそこに至るまでの過程を知っていく楽しみ」方が格段に上だからです。

2017-12-03 13:04:38
朝凪時雨 @shigure_asanagi

つまり何が言いたいかというと、多くの人がネタバレされるのを忌避しているのはわかりますが、本人がネタバレを望んでいるのに「でもそれ言っちゃうとネタバレだから」とか「予備知識無しで楽しんでほしいから」とかって拒否られると逆に楽しめないんでそういうのほんとやめてくださいっていう話です。

2017-12-03 13:10:28
朝凪時雨 @shigure_asanagi

誤解なきよう付け加えますが、過程をバラされたらその過程がどんな結末に繋がるかが楽しいし、なんなら全編バラされても「わーほんとだ聞いてた通りの内容だー!」ってなって楽しいのでどんなネタバレもどんとこいです。私は。

2017-12-03 13:33:02
朝凪時雨 @shigure_asanagi

ネタバレの件で「それは二周目の楽しみ方」とか「二周すればよくね」とかちらほら見ますが、ちゃうねん、それとこれとは全然ちゃうねん!

2017-12-03 20:00:18
朝凪時雨 @shigure_asanagi

@nioza69r 申し訳ないのですが、そういう話ではありません。2周目とネタバレされたうえでの1周目とでは全く違うのです。

2017-12-03 22:21:03
矢野健太郎 @yanoja

>RT 「私はネタバレが全然気にならない」という人は以前からよく見たが「ネタバレしてもらわないと面白いのかどうかわからなくてモヤモヤする」とまで言う人は初めて見た。そしてぶら下がってるリプを見ると、実はネタバレOKの人の大半はむしろネタバレ希望だったのかとカルチャーショック。

2017-12-04 09:54:07
矢野健太郎 @yanoja

…これ、よく言われる「ネタバレ後の楽しみ方は2度目以降は自動的にできるけど、初見の驚きは1回きりだから最初はネタバレ無しで見ないと勿体無い」という反論が全く効かないよね。なにしろこの楽しみ方だと「先に知って安心して楽しみたい」のだから「初見の驚き」なんて無価値。むしろいらんと…

2017-12-04 09:55:13
矢野健太郎 @yanoja

…リプ欄に「このため 連続テレビドラマをリアルタイムで見るのが苦痛」「最終回以後にいろいろ情報を調べてからでないと見れない」といった話もあるので、本っ当に、心の底から「初見の驚き」が嫌いなんだなあと…とりあえず、そういう価値観の人がけっこういると知れて良かった。

2017-12-04 10:08:53
あでのい @adenoi_today

ネタバレ議論、出処のツイを「ネタバレしてもらわないと面白いのかどうかわからなくてモヤモヤする」と要約した矢野健太郎先生は「ネタバレ込みでの楽しみ」を根本的に理解できてないことが分かる。 twitter.com/shigure_asanag… twitter.com/yanoja/status/…

2017-12-04 20:06:42
あでのい @adenoi_today

自分に理解できない楽しみ方を無理やり自分の納得できる論理に置き直してる感がある。

2017-12-04 20:07:49
あでのい @adenoi_today

これあまりにも理解されてないのでメンション付きで言っちゃうんだけど、元のツイートは「ネタバレ込みで見る作品の楽しさ」の話をしてるのに、矢野先生 @yanoja はそれを勝手に「ネタバレ無しの作品の楽しみかたができない」と曲解してるんだよね。

2017-12-04 22:32:02
あでのい @adenoi_today

ちゃんと元ツイートをしっかり読めばわかるけど、明らかに元ツイートは「ネタバレありで見る初見の楽しみ」について語ってて「ネタバレ後の楽しみ方は2度目以降は自動的にできる」とは別の話をしてる。@yanoja

2017-12-04 22:32:29
あでのい @adenoi_today

もっとはっきり言うと「2週目以降の楽しみ方」と「ネタバレありで見る初見の楽しみ方」は全く別である、ということを示したツイートのはずなんだよね。@yanoja

2017-12-04 22:45:40
あでのい @adenoi_today

それを「ネタバレ無しの作品の楽しみかたができない」という方向での読解をした矢野先生は、端的に言えば自分には理解できない作品の楽しみ方を提示されていること自体を理解できず、無理矢理自分に納得しやすい論理に無意識のうちにすり替えて納得しちゃってるんだと思う。@yanoja

2017-12-04 22:45:55
あでのい @adenoi_today

矢野先生はこのツイートを受けて「「初見の驚き」なんて無価値」な人間なんだと言っているけど、私らからしたら矢野先生こそ「ネタバレという断片的な事前情報ありで味わう初見の面白さ」の価値を知らない人間なんだなって話なんですよね。@yanoja

2017-12-04 22:46:03
あでのい @adenoi_today

@yanoja ちょっと語調が強めになった部分もあったのは失礼しましたが、個人的に「そんな雑な理解で分かった気になられても困る」と思ったので連ツイートしました。お読み頂けますと幸いです。

2017-12-04 22:46:09
矢野健太郎 @yanoja

@adenoi_today 失礼。他の方のRTで今気付きました。誤読とのご指摘ですが「事前情報を得た上での初見が楽しいのであって、初回を情報無しで見た後の二周目の楽しみではその代わりにはならない」という意味だと思ったのですが違ってます?

2017-12-05 00:46:09
矢野健太郎 @yanoja

@adenoi_today 「ネタバレ有りの初見の楽しさ」を選ぶということは「ネタバレ無しの初見の驚き」は捨てるということですから、バレなしの初見は無価値という表現が外れてるとは思いませんが。そしてご指摘の通り私は「ネタバレという断片的な事前情報ありで味わう初見の面白さ」にはバレなしより価値を感じません。

2017-12-05 00:54:28
矢野健太郎 @yanoja

@adenoi_today これはもう単順にどっちが楽しいかという価値観の違いですから、自分には価値があるものを無価値に感じる人がいるという事実があるだけで、どちらが正しいともより客観的価値が高いとも言ったつもりはないのですが、貶めて歪曲しているように読めましたでしょうか?だとしたら申し訳ないです。

2017-12-05 00:59:02
あでのい @adenoi_today

@yanoja 先に述べておきますが、この2ツイートはあくまで「ネタバレありの初見の面白さ」について語ったツイートであり、「ネタバレ無しの初見が楽しめない理由」については触れられておりませんし、まして「ネタバレなければ不安」という意見を読み取る余地は無いように思います。

2017-12-05 01:25:48
あでのい @adenoi_today

@yanoja そしてこちらはさらにその直後の先生のツイートですが、こちらでも「先を知って安心して楽しみたい」という元ツイートに無い情報を強調した上で、「「初見の驚き」なんて無価値」と読解しております。 twitter.com/yanoja/status/…

2017-12-05 01:27:04
あでのい @adenoi_today

@yanoja 繰り返しますが、元ツイートは「ネタバレありの初見の面白さ」の価値について述べたツイートであり、「初見の驚き」の価値の低さについては一切述べておりません。

2017-12-05 01:27:20
あでのい @adenoi_today

@yanoja もちろん「価値」自体相対的なものであることを考えれば、「ネタバレありの初見」に重きを置いた人にとっては相対的に「初見の驚き」の価値は低いものではありましょう。ですが、何らかの価値観に重きを置いた主張をするツイートに対する反応として、

2017-12-05 01:27:38
あでのい @adenoi_today

@yanoja 「無価値」「いらん」等々、「それ以外のものの価値の低さ」を過剰に読み取るのは率直に言えば曲解の域にあるように思いますし、そこに「モヤモヤする」「安心したい」という、元の意見には含まれないメンタリティを付与するのも恣意的であろうと思います。

2017-12-05 01:28:01
残りを読む(55)

コメント

あでのい @adenoi_today 2017年12月4日
誰でも編集可能なので、何か追加したい方はご自由に。
1
かのすけ @kano_suke 2017年12月4日
ネタバレしてもいいから推しキャラの生死は早めに確認したいので、エピローグを確認してから(またはググって)作品を購入することはあります。あまりにも序盤で推しが死んだ場合はそのコンテンツに出費しないようにします。
1
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2017年12月4日
1回目で2回めの楽しみなのですたぶん
1
新坂 @sinzaka 2017年12月5日
18禁ゲームとかで、「この箱に描かれてるキャラが酷い目にあう」というのをわかった状態で最初からやる……というのとは似てるのかなあ。期待していた展開を望んで見る、という感じで。
0
新坂 @sinzaka 2017年12月5日
ネタバレをされたくない人は、大抵はネタバレをしたくないという気持ちもあると思うので、ネタバレされたい人は各々で検索してほしい……。
1
まかとちつ @podhgg0bt1kh 2017年12月5日
どう言い繕ったって、ネットに居る「どれが面白いの?覇権教えて」って絡んで来るイナゴと見分けが付かないんだあ
4
もこ @mocomb 2017年12月5日
映画は一回の視聴料が高いというのと一回の拘束時間が長いから、ある程度ストーリーや結末を調べてから行くかな。その上でつまらなそうなら見ない。テレビで見る分にはタダだしちょっと見てつまらなそうならテレビ消すこともできるから、テレビ番組系や無料配信系は事前知識なしでも見る。
5
タム @inthe7thheaven 2017年12月5日
mocomb立ち読みの 雑誌のページから必要な情報だけメモ取ってあとは用済みなので買わずに帰る「データ万引き」と言うそうです。よく似ていると思いませんか。
0
ペペロン @pprn1023 2017年12月5日
inthe7thheaven 思わないな。本当に求めてるのは結末じゃなくてそこまでの道筋をなぞる楽しみなんだから
8
もこ @mocomb 2017年12月6日
inthe7thheaven 思わないですねえ。「あらすじ」は公式ページにもあるし、その発言はレビューサイトの否定にほかならない。公式サイトやレビューサイトで事前に調べていくことすらデータ万引きというならネットは禁止するほかないね。
4
タム @inthe7thheaven 2017年12月6日
「真相を知った状態での1周目」と比べて「何も知らない状態での1周目」に殊更大きな価値があるように思えない、って煽りっつーかディスとしちゃ今世一だな。「貴方の作品は私好みに編集してから観たので味わい深く楽しめました! なお私好みの編集を優先したので未編集での味わいは犠牲にしました」なんて言われたらクリエイターは血管ブチ切れるべ。
1
もこ @mocomb 2017年12月6日
この人なにちんぷんかんぷんなことで息巻いてるんだろう。
5
タム @inthe7thheaven 2017年12月6日
mocomb あぁこれは失礼。ストーリーや結末を調べて、というのをまとめ主の求めるような文字バレ探しの類かと誤認しまして。あらすじやレビューで得られる情報量は常識的な範囲のものと仮定して、そのチェックまでどうこう言う気は毛頭ないです。
0
あでのい @adenoi_today 2017年12月6日
「作り手の想定する楽しみ方以外の方法で楽しむやつはクソ」みたいな考え方はそれはそれで過激にすぎるとは思う。まあ私が作り手の希望を軽視してるタイプだという自覚はある。けど究極的には「作品は作者のもの」「作品を楽しむ体験は読者のもの」であり、互いに互いの領域への侵犯は不可能なのが「創作」というものだと思う。俺がどう楽しもうが作者ごときに口が出せるか。
7
タム @inthe7thheaven 2017年12月6日
adenoi_today 作者が提供した作品の内容と、それを使って貴方が自作した「先にネタバレ見てから観てみたー別種の楽しみ方Ver」という非公式作品の内容は明確に違っており、ならばその評価、感想も区別されるべきです。あたかも観てもいない「作者が提供した作品」の感想であるかのように、別種Verを観た感想を述べてはいけません。それは別のものです。
1
あでのい @adenoi_today 2017年12月6日
inthe7thheaven それには同意します。何らかの方法で見た作品の感想を、あたかも別の方法で見た際の感想であるかのように述べるのは良い行為であるとは思いません。 ネタバレを見て楽しんだ人が展開の意外性の無さについて語るのであれば「〜〜というのを事前に知っていたのだが」と前置きすべきでしょう。
0
あでのい @adenoi_today 2017年12月6日
inthe7thheaven それは同様に、映画についても「映画館で見たのか」「DVDで見たのか」は明確に区別されるべきですし、漫画についても「大判でページ数の多い愛蔵版で一気に読んだか」「連載を毎週ごとに読んだか」でも明確に区別すべきです。 作品の感想は「体験の仕方」で大きく変わるものなのは当然です。
1
あでのい @adenoi_today 2017年12月6日
inthe7thheaven そしてその事と、「体験の仕方」を客の側が自由に選ぶことの是非との間には、直接の関係はなんらないように思います。どの「体験の仕方」が正当か、どの感想が「正当な感想か」を作者側が規定する権利は、すくなくとも私の世界観には存在しません。
1
タム @inthe7thheaven 2017年12月6日
adenoi_today 感想の正確性を求めれば、何で観たのかどうやって観たのかの区別は有意ではありますね。ただ劇場公開もDVDもTV放映も「その楽しみ方は権利者公認」という一般認識が備わっています。劇場版の大迫力もTV版の慎ましやかな楽しみも、字幕も吹き替えも初見の楽しみも何周も観返す楽しみも、等しくその作品の正当な評価として扱わっていいのです。そこも非公式作品と区別される理由です。
0
あでのい @adenoi_today 2017年12月6日
inthe7thheaven そもそも「権利者公認」という部分に拘っておられる理由が分からないですね。あなた個人が拘るのが自由ですが、それはあなた個人の拘りに過ぎないのでは? そちらの意見は「創作者が認めた楽しみ方が最も正当」というドグマありきで構築された循環理論のように思います。
0
あでのい @adenoi_today 2017年12月6日
inthe7thheaven そちらは「区別される理由」を述べておられますが、その根拠は「創作者が区別しているから」としか言っていないように感じます。それは「創作者は観客の楽しみ方の正当、非正当を区別可能」という前提から出発していますが、その前提がそもそも受け入れられない、というのが私のスタンスなので、その論法では私のような立場の人間には根本的に無意味となります。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2017年12月6日
楽しみ方は個人の自由だと思うけど、ネタバレされちゃかなわんので、ネタバレ積極派の人は見つけ次第ブロックしていきますね。
4
タム @inthe7thheaven 2017年12月6日
adenoi_today これをドグマと呼ぶならば。このドグマがないと作品の評価が成り立たなくなるからです。冒頭10分だけで語る感想もラスト10分だけ観て語る感想も同じ10分だから同じものを観た評価だ、とは言えません。本編の感想や評価をするなら足並みを揃える必要があります。ならば自分は「評価対象を開始から終了まで観る」のが作品としての評価を下していい最低ラインだと思います。
0
タム @inthe7thheaven 2017年12月6日
さらに最低ラインの「全編見る」を前提として、「劇場で見る」「TVで見る」「吹き替えで見る」「字幕で見る」「初見で見る」「原作を読んだ上で見る」「何周も見る」など、小分類した中でまた足並みを揃えることも可能ですが、それこそ権利者が口出しすることではないでしょう。みんな等しく「作品を全編観た」のだからそれだけでいい。
0
あでのい @adenoi_today 2017年12月6日
冒頭10分でも最後10分でも自由に感想を書けば良いのでは? それがあくまで「冒頭10分感想」「最後10分感想」であることを前提とした感想であるなら、それは自由でしょう。映画の配役にすら文句を言うな、と? もちろんその感想の中に、「冒頭10分」や「配役」から判断できる内容を超えた評価をしてしまえば、批判はされるでしょうね。
1
あでのい @adenoi_today 2017年12月6日
僕は金ロー映画の最初のCM部分まででもつまらなければ止めますし、おんな城主直虎は32話から見始めて楽しく視聴していますね。その楽しみ方を不当と言われても困ります。
2
タム @inthe7thheaven 2017年12月6日
途中で止めたり途中から見始めたりしたのに全編観たかのような口ぶりさえしなければ不当とは言われますまい。そしてそのことは既に重々理解してらっしゃるご様子ですので心配もしておりません。
0
タム @inthe7thheaven 2017年12月6日
あとはまぁ、不義理とか無礼とかそういう部類の話でしょうな。先程述べた「本編を開始から終了まで観る」これはつまり「起・承・転・結」をこのままの順に観るという意味であり、バレありの「結・起・承・転・結」にすることは作品の改ざんに等しい。それはその作品、その起承転結構造を作った人にとってとても失礼に当たると思います。結の部分はそうする必要があって起承転の後に配置されている(少なくとも作者はそう考えてその結を生み出した)ということも忘れないでおいてください。
1
あでのい @adenoi_today 2017年12月6日
「「観客は作者の想定した環境で作品を楽しむのが礼儀」という信念を自分は持っている」という以上の話は結局できないという話ですよね。他人がそうした信念を持つ事にとやかく言うつもりはありませんが、私は一貫して「作品は作者の物」「作品を楽しむ体験は観客の物」という信念です。 もし私とあなたの信念のどちらが正当か、どちらが上等かという話をするつもりなら反論はさせて頂きます。
11
タム @inthe7thheaven 2017年12月6日
「お金を払って出てきた料理はもう私のものなのだから、持ち込んだマヨネーズでとぐろを描こうが食わずに捨てようが座布団代わりに尻に敷こうがどうしようと楽しみ方は私の自由で口出しされる謂れはない」という類の信念ですかね。そこに作ってくれた人への感謝や敬意はあるのかないのか。それともそんなもの必要ないと思われてるのか。悲しいです。
0
空鳴り @karanari_shift 2017年12月6日
「作者はこう読んで欲しいはずだ」みたいなもの勝手に想像して「私は正しい読者、あっちはマナー違反の読者」と一読者が勝手に他の読者の裁定すること自体傲慢だと思う…し、ネタバレされたくらいでその作品の面白さがが弱まるとも思ってないな
10
空鳴り @karanari_shift 2017年12月6日
ネタバレを忌避する、なにも知らないさらっぴんの状態で体験したいの!という人もいれば、その作品の外回りの情報(口コミやネタバレ、その作品が好きな人から放たれるパッションとか)を、事前にじわじわと体に染み込ませながら期待値を膨らませてからはじめて作品に臨む、という人もいる。人それぞれでしょう。
3
空鳴り @karanari_shift 2017年12月6日
「絶対ネタバレしないで」という作品は自分にもあり、その時自分は「作品を大事にしているから誠実に向き合いたい」とかよりは「『なんの先入観もなくその作品と向き合って感じた私の感想の構築』が至上命題であり、それを穢されたくない」が大きいな。「作品」よりも、「自分の作品に対する感想」が前情報によってブレるのが許せないと感じる。だから人にどうこう言うようなものじゃなくて、自衛するものだよなと思う
3
ペペロン @pprn1023 2017年12月6日
inthe7thheaven 料理に対する礼儀なんてのはおいしく食うことだけだ。それができないなら最初から注文しなければいいし、おいしく食えるかどうかを確認するためにメニューや味を調べることに何の問題もねえよ。お前みたいな他人を貶めるためにそういう汚い例えをする奴が料理を語るな
3
タム @inthe7thheaven 2017年12月6日
pprn1023 おいしく食うために作った人に無礼な振る舞いをしといて「おいしく食べたので料理への礼儀は守った」なんて言わないでくれ
0
ペペロン @pprn1023 2017年12月6日
inthe7thheaven 無礼かどうかを決めるのはお前じゃない。それともお前が楽しんだ作品を別な楽しみ方した奴に、その作品の作者が何か文句言ったのか?
4
ペペロン @pprn1023 2017年12月6日
正しく karanari_shift だな。作者そっちのけで勝手に「そうに決まってる」で作法決めつけといて何が敬意か
4
タム @inthe7thheaven 2017年12月7日
「作者が最初のページに書いたことは、最初に読んでもらいたいから最初に書いたので、そこには最初に読むべき内容が書いてあるから、最初に読みましょう」なんてことまで説明が要るレベルなのか?あまつさえこれで納得せず反発されるとか、もうどうしたらいいんだろうな。
0
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
料理に例えるならむしろ、「本当に事前情報ゼロで読む」ということは「その料理がフランス料理なのか日本料理なのか中華料理なのかも知らない状態で席に着く」「料理が来るまでそれが高級レストランのものか定食屋のものかはたまたコンビニのアイスなのか分からない」「作法が合っているのか気にしながら食べるのは料理そのものを味わえないから、事前に何料理か、礼儀作法がいるか等を人から聞いておく」というくらいのものという感じがします。
4
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
もちろん作者や制作側の意図を汲むの自体は大事だと思いますし、その意図を余さず拾おうとする姿勢は素晴らしいと思いますが、「その意図を余さず拾うためにネタバレを見る」タイプの人もいるよなと感じますし
0
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
inthe7thheaven 「起承転結の結を先に読んでしまうのは作品の改竄だ」というの、分からなくはないんですが、商業で書いていて「最初からきちんと読む読者しか想定してない」ような視野の狭い…もとい、無垢な作者って、そんなに多いのかな?とも思うんです。これは私が週刊連載漫画が好きだからそういう感覚なのもあるかもしれませんが
1
タム @inthe7thheaven 2017年12月7日
karanari_shift 週刊漫画誌は自分も好きですし、あれこそ起承転結がきちんと作れないと難しい分野だと思いますよ。まず毎週1話20ページ前後で起承転結を作るわけですから。また急な打ち切りがろくなラストにならないのは、残った話数で起や承に見合った転や結を描けないからが大きいでしょう。
0
タム @inthe7thheaven 2017年12月7日
あ、誤解の生じる書き方をしてたので訂正。毎週一話ごとに完結する起承転結を20ページ前後で作ることを繰り返しやり続けてる、という意味です。開始一話から最終話までの起承転結もそうですが、まず一話一話で起承転結を作るお仕事なんです。
0
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
inthe7thheaven もちろんその通りです。1話1話に起承転結をしっかりしているからこそ、例えば偶然立ち読みでぱらっとめくって、重要なシーンの決めゴマを先に見てしまっても、そこから読者を惹きつけて最初から読もう、もっと言えば単行本を買って1話から見てみようと思わせ「こういう展開の先にあのシーンがあったのか!面白い!」となれるだけの力を持っている、と思ってるのですよ。そしてそういう体験はありふれていると思うし、殊更貶められるような読書・視聴体験ではないと思うんです。
4
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
「重要なネタバレシーンを先に見てから作品を読み始めるなんてありえない」とか、あまつさえ「作者への冒涜だ」とまで言う論調に同意できないのはその辺りの経験からです。
4
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
もちろん「制作側がオチは秘密にしてね、ネタバレなしね、って言ってる」場合は別ですよ。それでも気になる方はこそっと教えてもらうかもしれないですが、その時はルール違反の自覚はあるでしょう
0
nekosencho @Neko_Sencho 2017年12月7日
karanari_shift ネタバレ積極派の方のようなのでブロックさせていただきます。
0
タム @inthe7thheaven 2017年12月7日
karanari_shift 例え週刊漫画でも「どこから読み始めるのがベストか」と問われれば、普通は「一話から」と答えるんじゃないですか? 「途中の回から読み始めても面白い」と「途中の回から読み始めたほうが面白い」は別です。
0
タム @inthe7thheaven 2017年12月7日
karanari_shift 立ち読みで途中の話から入ったりパラ見で決めゴマから先に見たとして、その読み方が一話一コマ目から読むより面白いなんてありえるのでしょうか? もしそんなことがありえたり、ましてやそれを作者が想定していたとするなら、その途中の回に至るまでの間に作者が掲載してきたものは何だったのか、なぜその途中回の内容を一話に持ってこなかったのか、となってしまいます。
0
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
inthe7thheaven 「あり得るんでしょうか?」と言われたら「少数派かもしれませんが、そういう人もいますよ」「他者からのネタバレ含めて作品を楽しむ人もいますよ」という感じですが(私がそうなので)…「絶対ありえないと言い切るには早計では?」くらいの感覚です。
4
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
inthe7thheaven うーん、私は、「この作品の1話目から楽しめないなら読む資格はない、読者として失格だ」みたいな烙印を押されると、そちらの方が当惑してしまうのですよ。1話目はスルーしてても、5話目に出てきたライバルキャラにときめいてとか、10話目に描かれた力作見開きシーンから「おっ」と思ってとか、なんなら最終話の胸糞バッドエンドが話題になって初めて「これは自分の好みかもしれない」とかで読み始める人もいていいと思う…
8
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
inthe7thheaven ネタバレは「途中の回から読み始める」は、「先の展開を知った上で作品を最初から読む」を想定していました。1話目からそれまでの物語が不要だということではないですよ
2
タム @inthe7thheaven 2017年12月7日
karanari_shift 何も一話目から楽しめとは言いませんよ。起承転結にの起に起以上のものは求めませんし、作者も提示してきませんから。しかしそのライバルキャラも見開きも胸糞エンドも、一話からの積み重ねがあってその上に最後に乗っかった瞬間が最も映えていたはずだと思います。そこを外すということは、作品としてのベストパフォーマンスも、受け手側のベストコンディションも外してしまってる。そこでベストじゃなくベターでも満足するかしないかは個人の問題。
0
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
inthe7thheaven 事前に何も知らないさらっぴんから順に積み上げていく体験と、ネタバレを知った上で積み上げていく体験が別物なのは当たり前なんですけど、後者を殊更に貶める必要はないのではという話です。
7
空鳴り @karanari_shift 2017年12月7日
作者のベストパフォーマンスと受け手のベストコンディションがかち合うのは確かに素晴らしいですけど、ネタバレ知った状態がベストコンディションでないかどうかは人にも作品のパフォーマンスにもよるのでは?と思いますし、何も知らない1話目から積み上げていけるのはその為の体勢を作っている人(週刊誌毎週全作品チェックしてるとか)だけでは…?と思うとハードルたっかいなみたいな
3
タム @inthe7thheaven 2017年12月7日
karanari_shift その話をするにはまず週刊漫画が題材として不適切ですね。1話から順に載せるしかなく、完結まで年単位はざらで、その話を読める時にはその前の号は既に店頭になく、その次の話は次号が出るまでただ待つしかない。
0
タム @inthe7thheaven 2017年12月7日
となれば当然「途中から入る読者」がいるのなんか大前提で、どの回から読み始めても最低限の起承転結が用意されてるのはそのためですし、途中参加したぐらいでベストとベターの差が開かないような話作りがされています。※その上でベストは1話から読むことなのは揺るがないとは思います。
0
タム @inthe7thheaven 2017年12月7日
つまり週刊漫画は「途中から入ってもいいよ」という作者の意図が込められているので、大手を振って途中から入りましょう。理想を言えば、ちゃんと1話から追いかけていればもっと良かったですね、という程度です。
0
タム @inthe7thheaven 2017年12月7日
この状況でなお「漫画を気に入るためのハードルたっかいなー」と言っていいのは、「この号に載ってる回を1ページ目から最後のページまで読めってハードル高いなー」とか、極端に言えば4コマ漫画を四コマも読むのハードル高いなーとかいう人であって、残念ながらそういう人に跳べるハードルを用意することは非常に難しいかしてもあまり意味がないかと思います。
0