2017年12月30日

蔵臼 金助選 #1日1本オススメ映画 2001~2050

「良い映画には2種類しかない。内容がすばらしいか、撮り方がすばらしいかだ」 スタンリー・キューブリック
1
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『死ぬまでにしたい10のこと』 余命2ヵ月と宣告された23歳の女性。彼女は自分の命が尽きる迄にしたいことをリストに掲げ、順番に実行していく。感傷的な描き方をせず、日常のささやかな出来事を丹念にスケッチする演出力に感嘆。台詞には哲学が込められ、情景には詩を感じる。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/j7ebRWHTOc

2017-12-19 00:11:56
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『スリーパーズ』 “大人の『スタンド・バイ・ミー』”です。ビターで陰惨。過ちをしでかした仲良し4人組が少年院に送られ、やったこと以上の報いを受けます。出所した彼らは虐待を加えた看守を血祭りに。この作品に郷愁はなく、復讐のカタルシスもなく、やるせなさだけが残ります。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/n1CunIzyvF

2017-12-18 00:49:36
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『メランコリア』 トリアー風味の『妖星ゴラス』+『渚にて』。家族の崩壊と地球の崩壊。家族に比べて地球の終焉は、諦念の入り混じった不思議な安らぎを感じる。「世界なんて滅びてしまえ」と一度でも想った人にとっては、馴染みのある理想的な世界の終わり。静謐なカタストロフ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/eLrZhGrw6C

2017-12-17 21:04:38
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『カリギュラ』 飽食悪趣味淫乱残虐無駄遣い大作。セットと配役に金かけました。巨大カリギュラマシーン(自動首狩機を勝手に命名)も登場。製作総指揮の名前からして破滅的にエロいボブ・グッチョーネが好き勝手やり、ロベルトの甥フランコ・ロッセリーニが少し格調を加えます。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/mLeBcqfIeP

2017-12-16 20:58:15
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ヒューマンネイチュア』 スパイク・ジョーンズとミシェル・ゴンドリー、チャーリー・カウフマンに奇想天外なお題を与えて対談する様子を観たい。彼らの作る映画より面白くなるのではないか? 『マルコヴィッチの穴』も奇天烈でしたが、本作もなかなか。少々アラン・レネ風味。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/V4xtYLTl2C

2017-12-16 03:52:19
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ハーレーダビッドソン&マルボロマン』 日本だと『ハイライト男とスーパーカブ夫』になりがちなのが、北米仕様だとサマになる。キャラが立ったバディ物ですが突っ込み所多いです。横一列に並んで歩くのは決闘に赴く前だけにしようとか。監督は19世紀〜20世紀初頭限定でお願い。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/oqemoUxcgR

2017-12-14 21:53:21
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

英国/フランス合作映画なので、珍しい銃器が色々登場するのだ。 木製ストック付FALによだれ垂らしていたら、ステイアー/ゾロターンMP34まで登場するじゃないですか。 スティーヴン・ハンター『魔弾』の中で“サブマシンガンのロールスロイス”的な(うろ覚え)紹介をされていたような。 pic.twitter.com/pPGiaYHWw4

2017-12-13 22:25:23
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』 かねがね『007/カジノ・ロワイヤル(1967)』以上にハチャメチャおバカ映画は無いものかと思ってましたが、肉薄してるのがこの映画です。濃いギャグ、痛い描写、豪華カメオ出演、ナンセンスCUTの波状攻撃でへろへろになるよ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/nFgEmH37cr

2017-12-13 22:23:10
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』の撮影は名手クリス・メンゲスが担当してます。 『ケス』『ミッション』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』などで情感溢れ、端正な構図のカメラワークを披露してます。『ロスト・サン』というフィルムノワールの監督作もあります。 pic.twitter.com/lEXPz9YSF3

2017-12-13 14:25:15
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』 刑期を終えて出所した男が堅気になろうとセレブ女優のボディガードになるが、暗黒街が放っておかない。腕っぷしも強く男気溢れる主人公をコリン・ファレルが好演。キレてる時はメル・ギブソンに、クールな時はブラピに見えます。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/Xc45NO7F6y

2017-12-13 12:58:23
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ギャング・オブ・ニューヨーク』 これはスコセッシ版“ONCE UPON A TIME IN AMERICA”。一人の若者の復讐と「父と子」の物語。ここに出てくるギャングは盗人や人殺しの集まりではあるが、ベースには移民同士の確執がある。さらには国家規模の内紛。覚悟して観るべき一大叙事詩。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/i8zeDHdocz

2017-12-12 21:06:27
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『狼たちの街』 観て下さい、彼らの面構え。この4人がインタフォンに映ったら、NHK受信料でもJASRACでも支払いますよ。エルロイが脚本書いてそうな'50年代を舞台にしたノワール。ジェニファー・コネリーが画面に出るだけでワクワクしますが、この映画以降、幻想は捨てました。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/Kchl1Fbq5b

2017-12-12 00:01:16
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『オリエント急行殺人事件』 銃撃に格闘、そして雪崩! よりアクティブな名作推理再度の映画化。ケネス・ブラナー自作自演w ミシェル・ファイファーの貫録とか、悪役が板についてきたデップさん。古風な台詞回しと演技、美しい風景に豪華な車内など、隅々まで楽しみましょう。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/moQ4UEjgI8

2017-12-11 19:11:42
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『原子人間』 クォーターマス博士シリーズ第一弾。宇宙には得体の知れない生命体が棲息していて、人を怪物に変えます。ハマー・プロ製作SFホラーを観た人達の間では常識。ヒトが化け物に変身する過程の手だけ異形とかの絵面が怖くてね。『遊星からの物体X』にも出て来たでしょ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/xkCAZkuHly

2017-12-11 00:21:23
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ワイルド・ワイルド・ウエスト』 西部劇と言うよりは、荒唐無稽なスチーム・パンク活劇。小道具、大道具、セットへの金のかけ方が素晴らしい。1999年のラジー賞総なめですが、言われるほど悪くはない。良かないけどw ギレルモ・デル・トロとかに監督させたら、たぶん傑作に。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/5HSRTaBkVu

2017-12-10 00:11:44
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ガンヒルの決斗』 先住民の妻を殺され復讐鬼と化した保安官が、犯人を追ううちにかつての親友に行き当たる。孤立無援の修羅と化した主人公役は般若顔のカーク・ダグラスにぴったりで、苦悩する役はアンソニー・クインにお任せ。犯人役の一人は後に『戦略大作戦』を監督するよ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/ELvLmDpACx

2017-12-09 00:16:20
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『はじまりのうた』 よく21世紀まで生き延びてこれたなあ…と思うくらい、善意に満ちた、銃声も聞こえず極悪人も出てこない、主役同士も交尾しない、清廉潔白なドラマです。まるでフランク・キャプラが蘇って演出したかの様でありますが、最後の最後で21世紀を感じさせます。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/OlgMsVv70K

2017-12-08 18:17:16
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

西部劇ファンはリンダ・クリスタルが出ているだけで、「ははーん♡」な気持ち pic.twitter.com/bAUoi9Pm0i

2017-12-08 00:51:29
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『マジェスティック』 脚本がエルモア・レナードなもんで、基本西部劇(レナードが書く話は時代がいつであろうとウエスタン風味)。スイカ畑を守る“ショットガンを抱いた農園主”がブロンソンで、存在感あり過ぎ。対抗する悪党もアル・レッティエリ持ってきて、何とか拮抗します。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/aMd0o3U1en

2017-12-08 00:42:09
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

息子のガールフレンド役のジョディ・フォスターの存在感がこの歳にして凄いけど、このカウンターにいるメガネの女の子は、当時6歳のローラ・ダーン。 pic.twitter.com/lShGPVBd5r

2017-12-07 13:30:49
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『アリスの恋』 田舎町のダイナーで働く母一人子一人の、歌手を夢見るプア・ホワイト中年女…愛すべき映画であります。人生は厳しく切なくつらいものですが、時折ひたすらに美しい瞬間、喜びに堪えない瞬間があることを、スコセッシ監督が切々と描きます。いい映画です。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/xyhC0riRU8

2017-12-07 13:28:19
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ゴダールの探偵』 Adieu,ジョニー・アリディ。 カサヴェテスとイーストウッド、エドガー・G・ウルマーに捧げられてはいるが、ゴダールはゴダール。ビザールでござーる。筋立てこそフィルムノワール風ではあるが、相変わらず演出は瞬間移動し、音楽はエモいがタッチは冷ややか。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/PbL3JhICpe

2017-12-06 22:03:45
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ウォルト・ディズニーの約束』 芸術や文化を一度咀嚼、消化しやすいよう吐き出して大衆に与えるのに長けたウォルト・ディズニー VS 頑固一徹トラウマ抱えた英国女。現実にはさらに肺腑を抉るやり取りが交わされたと思いますが、そこはデズニー映画。口当たり良くし上げてます。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/bxv2xq9Ypr

2017-12-05 18:18:26
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『グッドモーニング,ベトナム』 「この素晴らしき世界」の歌詞の意味を映画で知る。美しい歌詞は泥沼化する凄惨なベトナム戦へのアンチテーゼだったのだ。ロビン・ウィリアムズのために創り出された様なキャラだが、モデルになったDJがいる。後方支援から描かれたビターな一作。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/glT2X4uhde

2017-12-04 19:52:30
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『野蛮なやつら/SAVAGES』 インディーズで良質な大麻を栽培、販売して荒稼ぎ中の若者男女3人組が、麻薬カルテルに目をつけられてえらいことに。汚職警官、サイコな殺し屋、カルテルの女ボスに若者の傭兵仲間も巻き込んで死体の山が築かれる。 え? 監督オリヴァー・ストーン? #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/N51fRr1cQR

2017-12-03 22:38:02
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(48)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?